今度、エマルジョンとは、どんなものなのか教える機会があります。学術的に教えることは可能なんですが、だれでもわかり易くしたいと考えています。
そこで、こどもでもわかる簡単な実験をしたいんですが、なにかありませんか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

マヨネーズを作ってから再びエマルジョンを壊す実験はどうでしょう?酢(水でもいいはずです)に卵黄を落として徐々にサラダ油を加えていくとマヨネーズができます。



マヨネーズができたら、これを加熱する、あるいは食塩を大量に加えてイオン強度を上げて再び水と油に分離する という実験です。

油は実際のマヨネーズより少な目の方がいいと思います。油が多くなると粘度が高くなってエマルジョンの安定化に貢献しますから。

O/Wのエマルジョンの方が理解しやすいと思います。そのままセッケンの説明もできますしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2007/11/23 15:46

転相を用いて説明されるとどうでしょうか?



(1)水性色素(メチレンブルー・メチルオレンジ)を用いる

水中油(O/W)型  --(転相)--→ 油中水(W/O)型
乳剤全体が着色状態       内相が着色になる


(2)油溶性色素(スダンIII)を用いる

油中水(W/O)型  --(転相)--→ 水中油(O/W)型
乳剤全体が着色状態        内相が着色になる


視覚的に訴えることができるので良いかと思われますがどうでしょうか




    
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2007/11/23 15:45

手づくりバターなんてどうでしょう?


純生クリーム(乳脂肪40%以上)をビンに入れて数分間ふるだけで簡単にできますよ。

水中油滴型のエマルジョンが、油中水滴型になるのが確認できます。バターになることで、液体であるクリームの中に水と油が存在しているということが説明できるのではないのでしょうか。

参考URL:http://www.fureaibokujyo.jp/events/farm/book10.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2007/11/23 15:44

水と油の混ざったものということで、水系と油系をまずはシェイクなどしてその仲の悪さを教えます。

次にその仲を取り持つものとして少量の界面活性剤を加えて超音波などをかけます(超音波は長すぎるとNG)。「エマルジョンというのは水と油が安定的に存在するもの」としてそのために界面活性剤と力が必要だと説明。
エマルジョンができたら牛乳を出し、乳脂肪と水分のエマルジョンが身近にありますね と話を持っていけばいいかと思います。(牛乳の話は実験の前後どちらでも)
より良いアイデアが浮かんで成功するといいですね☆
頑張ってください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2007/11/23 15:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエマルジョン燃料の研究ですすんでいる国は?

エマルジョン燃料なるものがあることを知りました。
日本でもいろいろな企業で「エマルジョン燃料」の実用化に向け、研究がすすんでいるようですが、世界的にみた場合、この分野の研究、実用で一番すすんでいるのはどこの国ですか?
さらにどんな分野での実用が可能になっているのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2です。どこの国での研究が進んでいるかの知見は残念ながらありません。小規模にはさまざまな国で行われているようです。大規模に行われている国の例としては、ベネズエラでオリノコタールに応用されていおり、日本でもオリノコタールを発電に使う研究も行われています。
ただ、省エネや大気汚染防止技術は他にもいろいろあります。質問者はどうしてエマルジョン燃料を次世代燃料として注目されているのでしょうか。私が知らないだけかもしれませんが、もし注目すべき理由がありましたら教えてください。

Q可溶化・マイクロエマルジョン・エマルジョンについて

こんにちは。

題名のとおりなのですが、この3つ、定義はなんとなく理解しているつもりです。

可溶化・・ミセル内に難水溶性物質などが取り込まれ、あたかも溶けている状態になる。

マイクロエマルジョン・・可溶化の状態で多く取り込まれて、ミセルが膨張している状態??
乳化と可溶化の間と考えています。

乳化・・一方の分散相(液体)がもう一方(多相の場合もありますが・・)の連続相中に微粒子として分散している状態

しかし、乳化と可溶化の違いというのが自分の中でわかったようで分かっていません。
乳化状態のときは、可溶化は起こっていないのでしょうか??
それともサイズの問題なのでしょうか??

どうぞよろしくお願いします

Aベストアンサー

 可溶化-分離する水/油を界面活性剤を用いて、前者(分散相)を後者(連続相)に、或いは後者(分散相)を前者(連続相)に分散させること。
 マイクロエマルションとエマルションはサイズの違いと思います。調整法も違います。
 界面活性剤は、その化学構造、親水・疎水性などの構造因子、また温度、濃度などの外的因子により、水中(油中)での分子集合体の形態が変化し、サイズも変化する。
 ところで私は、ミセルとエマルションをよく間違えます。

Q水エマルジョン燃料について

夏のオープンキャンパスで、水エマルジョン燃料の研究を見てとても興味を持ちました。
重油や軽油・廃油などに細かい水滴を加えて燃焼させると、燃焼効率をあげることができ、
また燃えカスや窒素酸化物の生成を抑えることができると聞きました。

軽油を利用した水エマルジョン燃料でディーゼル車(トラックとか)は実際にもう走っているのでしょうか。
また、素朴な疑問なのですが、ガソリンに応用して、
ディーゼル車以外の自動車で利用することはできないのでしょうか。
日本中の車の排気ガスがきれいになれば、どんなにいいかと思ったのですが・・・。

まだまだこれから発展の余地のある研究なのだと思いますが、
今後水エマルジョン燃料が普及していくために必要なこととはどんなことなのでしょうか。

素人なので、トンチンカンな質問だったらすみません。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なかなか鋭い質問ですね。
水エマルジョン燃料は色々な方法で製造されます。
その効果は燃焼温度を抑制することで、空気中の窒素を有害な窒素酸化物にまで酸化することを抑制するのです。

ガソリンエンジンはガソリンをガス化し空気と混合してエンジン内で点火爆発させる構造ですから水エマルジョン燃料では水の気化が困難なので使用に適しません。

ディーゼルエンジンは燃料をシリンダー内に噴射、圧縮しその時の内部発熱を利用して爆発させるので水エマルジョン燃料の使用が可能なのです。

これから必要な改良研究はエンジンの構造を燃料噴射式に変更する工夫でしょう。  また水エマルジョン燃料の安定性を増すことも必要です。

Qエマルジョンについて・・・

全くの素人で申し訳ないのですが・・・・
エマルジョンについて教えてほしいのですが・・・
1、どういう性質なのでしょうか?
2、どういったものに入っているのでしょうか?
3、将来性のある物質?なのでしょうか?

その他何でもいいです。教えて下さい。・・・

Aベストアンサー

接着剤や牛乳に入っているとは言いません。
接着剤、牛乳がエマルジョンそのものです。

油が石鹸で落ちるように油の表面に界面活性剤が
付着して、水と親水性が出来るのです。

薄いエマルジョンが石鹸で落とした後の洗濯液、
ある程度濃いものが牛乳、もっと濃く
50%位のの固形物が含まれるのが接着剤です。

不安定ですから、牛乳、豆乳などは弱アルカリ性です、
にがりを入れたら分離してしまいます。
接着剤は界面活性剤としてポリビニルアルコール、
家庭用洗濯のり、などを界面活性剤として使っています。

Qエマルジョンタイプのパフ選び。

初めてコンパクトに入ったパフ(スポンジ)に取るとさらっとしたパウダーっぽくなるタイプの
ファンデ(エマルジョンタイプって言うんですよね?)を買いました。付属のスポンジが
あんまりよくないので他のスポンジを使おうと思っています。
持っているのはパウダー用とパウダー・リキッド両用のどちらかなのですがこれって
エマルジョンタイプにも使えるんでしょうか?使うとしたらどちらが適していますか?
専用に買い足した方がいいのであればアットコスメで観てもエマルジョンタイプ用の
パフを見つけられませんでした。500円以内で買えるオススメを教えてください。
カバー力がなくてもいいのでつやっぽくナチュラルにつく、肌に刺激がないようなものを
希望しています。

Aベストアンサー

こんにちは!
キレイな肌作りのためには用具選びが大切ですよね。

お勧めは
資生堂スポンジパフ・角(固形乳化タイプ用)108
税込価格¥525

すっごく肌当りがソフトでエマルジョンタイプのファンデをムラなくキレイに仕上げられます
エマルジョン専用のものの方がファンデの良さを引き出してくれると思います
これはあまり大きさも大きくないので大抵にコンパクトケースにも収納できると思います

参考までに・・・敏感肌さんのようですのでパフの洗浄にも気をつけると肌トラブルも起こりにくいですよ
同じく資生堂のスポンジ専用のクリーナー(小420円)で洗うようにしておけば
いつも、おろし立てのような優しい肌さわりで長くキレイに使えます

Qw/oエマルジョンの作成法

本日、日本化学会に参加した際に、逆ミセル法による量子ドット作成についての話を聞きました。逆ミセル(w/oエマルジョン)についてはわかるのですが、具体的に逆ミセルはどのようにして作成するものなのでしょうか。単に界面活性剤を含んだ有機溶媒に水を滴下するだけなのでしょうか?演者曰く、量子ドット作成以外にもタンパク質の濃縮などにも使われているとおっしゃっていました。上記のような作成法だとタンパク質の濃縮は変性などの問題でうまくいかないような気がします。ネットで検索してもなかなか出てきません。
現在、タンパク質の分離分析を行っているものとしては、この逆ミセル法をうまく活用できないかと先ほど思いつきました。
どうかこの逆ミセル法について知っている方はご助言お願いします。

Aベストアンサー

詳しくは書けませんが、、、
まず作り方ですが界面活性剤を含んだ有機溶媒に水を分散させるのは単に攪拌で行います。普通はホモジナイザーを使います。

たんぱく質の分離は10年以上も前から既に行われていて、もう下火になっています。
論文にも沢山ありますよ。調べてみてください。
化学工学の分野で出ています。

Qエマルジョンタイプについて

乾燥肌のため夏場もリキッドタイプのファンデーションを使っております。ただ化粧直しが上手にできなくて困っています。一度エマルジョンタイプに変えてみようかと思います。エマルジョンタイプをお使いの方、また使った経験のある方、お話をお聞かせください。@コスメもみていますが、個々の商品の感想になってしまっていて いま一つ参考になる声がなっくって。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使用感については、リキッドとあまり変わらないと思いますよ。
最近の商品は、のびもすごいよくなりましたし、乾燥もしませんし。

メリットは、乾燥しないことや、カバー力があるわりに自然に仕上がることでしょうかねえ。
リキッドみたいにテクニックがいらないので、朝は早く仕上がりますよ。リキッド+お粉で、目元口元がよれたりすることがありますけども、べたつかないタイプのエマルジョン(お粉を使わなくてもいいもの)だと、それがないのは、なかなかの感動ものですよ。

デメリットは、べたつく物があるので、化粧直しでも押さえのお粉が必要なものがあることと、化粧直しの時によれるものがあること、そして減りが早いことでしょうか。

商品によりますし、化粧直しの頻度にも拠りますが、私はエマルジョンタイプでの化粧直しはほとんどしませんね。
最近は、パウダリーでもしっとりしたものが多く出ていますので、朝はエマルジョンでも、化粧直しはパウダリーですることが多いです。
なので、ほとんどリキッド扱いになっています(汗)

まずはサンプルで様子を試してみてくださいね。
個人的にはマックスファクター系が優秀だと思います。

使用感については、リキッドとあまり変わらないと思いますよ。
最近の商品は、のびもすごいよくなりましたし、乾燥もしませんし。

メリットは、乾燥しないことや、カバー力があるわりに自然に仕上がることでしょうかねえ。
リキッドみたいにテクニックがいらないので、朝は早く仕上がりますよ。リキッド+お粉で、目元口元がよれたりすることがありますけども、べたつかないタイプのエマルジョン(お粉を使わなくてもいいもの)だと、それがないのは、なかなかの感動ものですよ。

デメリットは、べたつく...続きを読む

Qエマルジョンについて教えてください

ふつう油と水に界面活性剤などを入れて攪拌すると乳濁色液になるが時間の経過とともに分離してしまいますが 特殊な界面活性剤やその他のもので長期間安定して分離しないものがあるのでしょうか?
又 牛乳はなぜ分離しないのでしょうか

Aベストアンサー

安定なエマルジョンは水性塗料、化粧品、ドレッシングなど多数あります。
多くの場合安定なエマルジョンです。乳化したいものと界面活性剤をまぜて乳化させます。
安定化させるためには、界面活性剤の選定が一番重要でスペック値を参考に選択します。次に重要なのがいわゆる保護コロイドです。中味は専門書で調べないといけません。(誰も教えてくれませんので。)
牛乳は固形分がすくないため安定であり、さらにカゼインが保護コロイドになっています。エマルジョンはPHの影響を非常に受けやすいので腐敗すれば凝集します。
安定な乳化は非常に困難です。

Q二液式エマルジョンタイプの塗料

既に水性にすでに塗装してある廊下に二液式エマルジョンタイプの塗料を塗ろうと思いますが下の水性ニスを剥がさなくても大丈夫ですか?

Aベストアンサー

自分で塗装するのですね。ニスを剥がすことは素人では困難なのではありませんか。再塗装したいのは、水性ニス塗装面が相当に汚れているのでしょうから、プロならば溶剤を使って剥がし、綺麗に仕上げるでしよう。

プロならば水性ニスを塗らないので、それも貴方が塗ったのですね。水性ニスは湿気を吸いやすいので雨の日などではべた付いて、とても汚れ易いのです。

化学反応硬化する2液型エマルジョン塗料はやり直しができません。透明塗料であると汚れの固定化になるので、下地の汚れをカバーするために着色塗料が必要になりますが、廊下は面積が大きいので、斑塗りになる危険性があります。

2液型エマルジョン塗料の種類が分りませんが、反応性塗料なので接着性が良いものが多い。ニスを剥がさなくても、塗料が剥がれる心配はないと思います。

Qこの実験について分かる方お願いします(TLCによる還元糖の同定実験)

これがプロコトールなんですが・・・

【使用試薬】
A液:AgNO3を1.5g、0.5mlの脱イオン水に溶かす。
  (溶け残りが出る)
 
   この、飽和硝酸銀水溶液200μlにアセトン40mlを加えると
   白沈ができる。
   これを攪拌しながら脱イオン水を5,6滴加えると白色沈澱が溶ける。
   これをA液とする。

B液:0.5MのNaOH/エタノール溶液

C液:5%NaS2O3溶液

【操作】
 薄層クロマトグラフィーで展開後のプレートを風乾後、
 A液を噴霧、乾燥後、B液を噴霧。
 そして、C液を噴霧する。

 還元糖のある部分が黒~こげ茶色になる。

 というものですが、この一連の化学反応について詳しく知りたいのですが、
 なにぶん知識不足なもので・・・(^^;)
 何か知見のある方、どうかおねがいしま~す。

Aベストアンサー

アルカリ性硝酸銀発色ですね

糖にあるアルデヒド基と銀の還元反応、要するに高校で習う銀鏡反応です。

アセトンに硝酸銀を溶かすのは溶液の蒸発を高めるため、DWを入れるのは硝酸銀を溶解させるためです。

NaOHはアルカリ性にするため。エタノールを使うのは蒸発しやすいようにするのと、糖からの水分の脱水のため。
局所濃度を上げるのですね。

展開後A液の噴霧により、銀イオンと糖を接触させます。
そこにアルカル性溶液を加えることで、銀の還元と糖のアルデヒド基がアルコール性水酸基に変わるわけです。(糖アルコール)黒くなったのは銀ができたからです。
最後の亜硫酸ナトリウムは定着のために使います(反応終了液、酸化還元力を利用)。

感度はマイクログラムのオーダーまで検出します。

各溶液、反応の意味はこの通りです。さらに詳しくはMiJunさんのご紹介の本でよろしいと思います。
なお元の論文は
Robyt,J and D,French(1963)Arch.Biochem.Biophys.100,451になります。


人気Q&Aランキング