ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

「栄転」というと「転勤を伴った昇進」というイメージがあります。この場合反意語は「左遷」です。

この「栄転」という言葉は必ず「転勤」を伴うものなのでしょうか?それとも「栄誉をもって職格が転ずる」と考えて、同一企業内での転勤を伴わない「昇進」と同義語と考えても差し支えないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

#3です


私の早トチリでしたね。質問者さんの質問意図と少し違う回答になっていたようです。

#4&5の方が述べられている「転任」を「転属」と考えた方がわかり良いかもしれません。
「属するところが変わる」
エクスプローラをイメージしてください。
トップに社長があり、その下にいくつかの部長職が存在しますよね。さらに下にはいくつかの課長職が存在します。
現在、自分が所属している所をフォルダと見たて、そのまま上のフォルダに行くことは「昇進」です。
そして、別ツリーのフォルダに行くことを「栄転」と考えていいと思います。
質問者さんの新しい定義では、部長が支社長になるのですから、単に上のフォルダに上がるだけですので「昇進」です。 これが別の支社の支社長になる場合はツリーが変わるわけですから「栄転」になります。
こんな答えで良いでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うわぁ~!すごく分かりやすかったです。
きっちりイメージできてスッキリしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/07 00:47

No.4です。

補足質問に回答します。

> 例えばある企業の同一支社内で「営業」という「職務」の責任者だった
> 「営業部長」が・・・「支社長」に抜擢された場合は、引っ越しも転勤もなしに
>「栄転」という言葉が使えるとお考えでしょうか?

私の頭の中では、これは間違いなく「昇進」であって「栄転」ではないと思ってしまいます。
レベルの低い話で恐縮ですが、グループの大小の違いは別として、
少なくとも「送別会」と「歓迎会」を伴うものが「栄転」と理解しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

繰り返しのご回答ありがとうございます。

送別会と歓迎会の例は参考になりそうですね。

お礼日時:2005/04/07 00:50

文字通り「栄えある転任」ですから


1.単なる昇進とは違う
2.転勤しなくても部署が変わる場合を含む
だと思います。

役所や企業では同じ役職であっても本庁、本社へ行くのも「栄転」と言いますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

回答のヒントとなりそうな「転任」という言葉をgooの国語辞典で調べました。

(1)任地や職務が変わること。転勤。
「担任の先生が―する」
(2)律令制で、同一の官庁内で昇進すること。
→遷任

とのことです。

任地が変われば転勤なのは分かります。またご回答いただいた部署が変わるのも分かりやすい例でした。ただこの辞書に書かれた「職務が変わる」というのはどういうことでしょう?すなわちymmasayanさんのおっしゃる「部署」でしょうか?

例えばある企業の同一支社内で「営業」という「職務」の責任者だった「営業部長」がその他の職務や部署を統括するという新しい「職務」を担って「支社長」に抜擢された場合は、引っ越しも転勤もなしに「栄転」という言葉が使えるとお考えでしょうか?

お礼日時:2005/04/04 20:10

昇進とはまた別物ですね。

先の方が答えられている通りです。
極端な例を言えば、昇進しながら左遷もありえますし、逆に役職は降格でも栄転となる場合もあります。
この極端な例は、職場にかなりの格差がある場合にしか起こり得ませんがね。
昇進が明らかに肩書きが変わるのに対して、栄転は以前より「良い」環境に変わるということなので、人によっては栄転か左遷かは違ってきます。

この回答への補足

質問の仕方が悪かったせいか「栄転と昇進は同義語か?」という質問に回答が集中してしまいました。この一文はメインの質問への補足のつもりで書いたもので、本当に聞きたかったことは「栄転という場合、必ず転勤や転籍が伴うのか?」という点です。

人や立場、ケースによって内容や受け止め方が違うことはよく分かりますが、そういった個々のケースを捕らえるのではなく、あくまでもカテゴリーの「国語」として、言葉の意味を質問したつもりでした。拙い文でご迷惑をおかけしております。

補足日時:2005/04/04 19:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「昇進とは別物」とのご意見は非常によく分かりました。「転勤が必ず伴うのかどうか?」の方はいかがお考えでしょうか?

お礼日時:2005/04/04 19:44

そもそもの語源や難しい話は分からないのですが、一般的には転勤を伴う昇進という風に理解されていると思います。



>同一企業内での転勤を伴わない「昇進」と同義語と考えても差し支えないのでしょうか?

すごく差し支えると言うわけじゃないでしょうが、単に昇進だけした人に「栄転おめでとうございます」と言えば、きっと「いえいえ、転勤はしないんですよ」とのお答えが返ってくると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

同意見です。なので疑問を感じて質問した次第です。

ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/04 19:40

栄転とは、「今までよりも良い(高い)役職に転任すること」ですので必ずしも「転勤」を伴うものではありません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

gooの辞書機能ですね。私も確認しました。
ここで言う「転任」の意味も調べ済みです。

そもそもこの質問のきっかけがこの辞書機能の
記載でした。おっしゃるとおりこれを読む限り
転勤を伴わないように読み取れます。しかし
ながら実際はそのようには使われていないように
感じて質問しました。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/04 19:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカオスとはどういう意味なんですか? 分かりやすく教えて下さいm(__)m

カオスとはどういう意味なんですか?
分かりやすく教えて下さいm(__)m

Aベストアンサー

混沌としているって意味です。

Q「口語」、「文語」、「話し言葉」、「書き言葉」

 日本語を勉強中の中国人です。「口語」、「文語」、「話し言葉」、「書き言葉」とこの四つの言葉の関係について、次のように思いますが、皆様はどう思われますか。

口語=話し言葉
文語=書き言葉

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>口語=話し言葉
>文語=書き言葉
というのは言葉本来の意味からは正しいのですが、

日本語の歴史の特殊事情により、実際には違う意味で理解されています。

結論から言えば、
口語=現代語
文語=古語
というのが普通の理解です。

「口語」はいわゆる「共通語(明治以降の東京方言をもとにしています)」としての「書き言葉=話し言葉」を指し、
「文語」は書き言葉としての古典語を指す呼称です。

江戸時代(19世紀)までの日本では、共通語としての「話し言葉」は成立していませんでした。
江戸時代までの日本は、統一国家というよりも、各地域をそれぞれ「殿様」が治めるゆるやかな集合体であったため、それぞれの地域の「お国言葉」が話されていたのです。
そのかわり「共通語」の役割を果たしていたのは専ら「書き言葉」として用いられていた「古典語=文語」でした。
日本では「書き言葉」としては共通語としての「文語」を用い、
「話し言葉」としては地方によって異なる「お国言葉」を用いていたのです。

現在でも「お国言葉」は「方言」として残っていますが、明治時代以降「共通語=口語」が国策によって成立したので、公的な場面の話し言葉はほぼ全国で統一が取れています。
中国の事情はよくわかりませんが、「北京語」が「共通語」となって、「広東語」などは「方言」という扱いになっているとすれば、そのような関係が成立したのです。
そして、「書き言葉」としても新しく成立した「共通語=口語」を採用する方針が定められたので、「文語」は一部を除いて姿を消しました。

そういうわけで、
現在は、「口語」=「現代語(話し言葉=書き言葉)」
「文語」=「古典語」ということになりました。

ところで、現代の日本において「書き言葉/話し言葉」の区別は、
「常体/敬体」の区別と考えられることが多いようです。

すなわち、「書き言葉」は、「だ・である体」で、
「話し言葉」は、「です・ます体」を指すことが普通になっているようです。
もちろん、「だ・である体」の文章も「です・ます体」の文章も、両方が存在するので、外国人の方には非常にわかりにくいことと思います。
お気の毒です。

>口語=話し言葉
>文語=書き言葉
というのは言葉本来の意味からは正しいのですが、

日本語の歴史の特殊事情により、実際には違う意味で理解されています。

結論から言えば、
口語=現代語
文語=古語
というのが普通の理解です。

「口語」はいわゆる「共通語(明治以降の東京方言をもとにしています)」としての「書き言葉=話し言葉」を指し、
「文語」は書き言葉としての古典語を指す呼称です。

江戸時代(19世紀)までの日本では、共通語としての「話し言葉」は成立していませんでした。
...続きを読む

Qあまのじゃくってどういう意味ですか?

あまのじゃくってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

かっこつけたり、恥ずかしがったりして、自分の感情や思いをうまく表現できないこと。天邪鬼。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BE%E3%81%AE%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8F

Q「左うちわ」はなぜ「左」?

くだらない質問で申し訳ありません。
質問タイトルそのままなのですが、
なぜ「左」うちわなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

着物を着たとき、自分から見て襟の右が下になるように着ます。
(現在の男性のシャツなどもそうですね)
着物を着た場合財布は懐に入れますが、これは右手でないと
うまく入れられません。
したがって右手でお金を懐に入れるのが忙しくて
左手で団扇を使わなくてはならないほど金銭が儲かっている
状態から「左団扇」で安楽に暮らしていること、
が、語源ときいています。
左利きの人は左手でも団扇を上手に使いますからねぇ...

Q2025年までに定年65歳 定年と働く意味ある?

そのうち、70,75,80,、、100歳になりそう。

それだったら、定年という制度は意味あるのだろうか?

働きたい老人が、若者の仕事を補っている。

仕事の総量は一定で、日本人全員に仕事があるわけじゃない。

別に、1人が働かなくとも、仕事を募集すればわんさか人が集まってくる。
それなら、定年も伸びるし、若者も経験を得られないし、益々経験者=老人の仕事の価値が高まる。

何もしなくとも、他の人が勝手に仕事をやるのだから、仕事をする、働く意味って、ほとんどないのでは?
そもそも、産業革命で機械が人の代わりに働いているのに、日本人全員が働かないと生活できないのって異常では?
また大昔のように全員で農作業でもするのなら別ですが。それなら、生きるための食べ物を作るという名目はできる。

現状はまさに仕事の奪い合い。戦国時代と現代がどう違うのか?

Aベストアンサー

雇用について

改正高年齢者雇用安定法
2006年4月施行されました。

内容としては、
65歳までの段階的な雇用確保措置が企業に義務づけられました。
また、企業の求人・採用の年齢制限が原則として禁止になりました。


しかし、企業は給料が安く使い安い若者を採用したいのが本音。
それで国は、試行的に採用する企業や、定年引き上げをする企業に奨励金や助成金を出している。


なぜ国は、そのようなことをするのか。

建て前は、少子高齢化、人口減少化の社会状況の中で将来予想される労働力不足への対応策。

しかし実際は、団塊世代の大量退職時代を迎えて、年金制度の崩壊。

だから年金の支給開始年齢を引き上げて、できるだけ払わずにすむよう頑張っている。


社会保障への信頼は地に落ちた…

この国は、自分の老後生活は、自分で何とかしなさいと丸投げです。

Q「後継」の反意語は「前継」ですか?

「後継」の反意語を考えているのですが、
「前継」だとしっくりきません。
gooの辞書にも載ってませんし、もっとしっくりくる
言葉があるような気がするのですが、
思い出せません。

教えてください。

Aベストアンサー

人を指す意味で使用して「後継者」の反意語なら「前任者」
物(商品)を指す意味で使用して「後継商品」なら「先代商品」

こんな感じでしょうか

Qスターウォーズの観賞順について

スターウォーズを一度も観賞したことがありません。
当然内容も全く知りません。現在、1~6まであるようですが、劇場公開順は異なると聞きました。メジャーな作品ですので観賞したいのですが、劇場公開順に観賞すべきか、1から順に観賞すべきか、どちらが良いのか教えてください。

Aベストアンサー

劇場公開順が良いです。エピソードで言うと4~6のあと1~3です。なぜならダースベーダーの秘密が徐々に明かされていくので、1~3を最初に見てしまうと、4と5のおもしろみが少し薄くなります。後悔順に見て初めて、「こうつながるのか?」って思えますから。

Q上司が先に帰る時、なんと言葉をかければよいのでしょう?(「お疲れ様」「ご苦労様」「お世話様」「お気を付けて」以外で)

「ご苦労様」や「お疲れ様」は相手をねぎらう言葉なので目下のものが目上の人に使ってはいけない、という風潮の職場で、上司が先に帰る時「お先にね~」と言われて、かける(交わす)言葉が見つからなくて、どうにも困ってしまいます。だまっているわけにもいきませんし…。

会釈のみや言葉を濁す(「どうも」など)のが本来は正しいという回答もあるようですが、上司がそれで正しいと認識していればそれでよいのですが、「きちんと挨拶もできない」と思われそうですし、できれば言葉でなにか挨拶を交わしたいのです。

「お気を付けて(お帰りください)」ならOKかなと思うのですが、どこか偉そうな感じがしますし仮にこれでOKだとしてもこればっかり毎日使うのも何だかなぁ…と思います。
「お世話様でした」もなんだか偉そうですし、別に直接関わりがあってお世話されたわけでもないし…それに何か「お世話」という言葉があまり好きではありません。
どちらにしても“ねぎらって”いる言葉のように思います。

やはり上司をねぎらう言葉がタブーの場合は、かける言葉は日本語にはないのでしょうか・・・(><;
「ありがとうございました」でも帰る時に毎日かける言葉としては何かヘンな気がしますし…

他にも同じような内容の質問で何度も議論されているようなのですが、どうも納得のいく答えがなく気になるので、質問させていただきました(^_^;
答えは見つからないかもしれませんが…
何か他の適切な言葉がありましたら、よろしくお願いいたします。
(「お疲れ様」でも構わない、という回答はナシでお願いします)

「ご苦労様」や「お疲れ様」は相手をねぎらう言葉なので目下のものが目上の人に使ってはいけない、という風潮の職場で、上司が先に帰る時「お先にね~」と言われて、かける(交わす)言葉が見つからなくて、どうにも困ってしまいます。だまっているわけにもいきませんし…。

会釈のみや言葉を濁す(「どうも」など)のが本来は正しいという回答もあるようですが、上司がそれで正しいと認識していればそれでよいのですが、「きちんと挨拶もできない」と思われそうですし、できれば言葉でなにか挨拶を交わしたいので...続きを読む

Aベストアンサー

>かける言葉は日本語にはないのでしょうか
…………実はないのです(T_T)本当に困りますよね。

「明日はよろしくお願いします(翌日、上司と出掛けるとか、上司と一緒に行動する普段とは異なる予定がある時)」
「今日は○○の件、ありがとうございました(上司に助けてもらったとき)」
「今日は○○の件、申し訳ありませんでした(迷惑をかけたとき)」
何かある(あった)ときはこんな感じですが、何もないときは、「あっ、はーい(ニコッと会釈)」で乗り切っています(^^ゞ
「お気をつけて」は言葉としてはいいのですが、お客様向けのような感じがしてなかなか普段の会話の中では使い辛いですよね。

この場をお借りしてanytime-さんへ
anytime-さんの貼られた最初のURL中にも記述がありますが、「ご苦労様」も「お疲れ様」も、どちらも相手をねぎらう言葉です。
実は、目上の方をねぎらうことはNGなのです。「自分は能力がないから苦労したり疲れたりするけど、能力のある偉い方はその程度のことで苦労したり疲れたりするはずがない」と考えるものなのだそうです。ですから、今でも年配の方の中には「お疲れ様」「ご苦労様」のどちらも目下から言われることを嫌う方がいます。しかし目上の方にかける言葉がないままでは不便なので、最近のビジネスマナーでは「お疲れ様でした」なら目上にも可、となってきたのです。

>かける言葉は日本語にはないのでしょうか
…………実はないのです(T_T)本当に困りますよね。

「明日はよろしくお願いします(翌日、上司と出掛けるとか、上司と一緒に行動する普段とは異なる予定がある時)」
「今日は○○の件、ありがとうございました(上司に助けてもらったとき)」
「今日は○○の件、申し訳ありませんでした(迷惑をかけたとき)」
何かある(あった)ときはこんな感じですが、何もないときは、「あっ、はーい(ニコッと会釈)」で乗り切っています(^^ゞ
「お気をつけて」は言葉としてはいいのですが...続きを読む

Q躯体(クタイ)ってどういう意味ですか?

建屋などの設計に躯体(クタイ)という言葉が良く出てくるのですが,明確な意味がわかりません。どなたか専門分野の方,教えてください。

Aベストアンサー

大雑把に言うと、骨組みです。単に躯体とか、構造躯体とか言います。

筋交いなんかは躯体ですが、梁は力がかからないものもあったりして、躯体では
ない場合もあります。

Q「やはい 」という言葉は、本来、危ないなど、悪イメージて用いられてきましたが、最近は良い意味での、「

「やはい 」という言葉は、本来、危ないなど、悪イメージて用いられてきましたが、最近は良い意味での、「すごい 」といつ解釈がされるようになってきました。

このような変化が起こった理由はなんだと思いますか?

Aベストアンサー

「ヤバい」は本来危険な様子で、別に意味が逆になったわけではなく、危険なくらいある物事に「ハマってしまった」「魅力にとりつかれた」「好きになった」ことを言うのでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報