をするつもりなのですが、経験者の方に審査の詳細を伺いたく思います。

当方どこの証券会社でも信用の経験はなく、今まで楽天証券にて現物取引だけをしておりました。
最近、取引しておりませんので余力は小銭程度です。
預金は100万円ほどです。

素人がこの程度の小銭で信用取引等すれば危ない。
とのご注意も聞かれると思いますが。
宜しければ経験者の方の審査内容をお教え頂ければ幸いと存じます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちわ。



私は楽天証券で3月に信用口座を開設しました。
口座残高85万円程度です。

一応カバーワラント口座を12月に開設してはいましたが、信用取引は
他証券会社を含めて初めてです。

私の場合は理由が単純で、20万円以上の現物を取引するのに、信用取引
だと735円で取引できてお得だから...という理由です。
#もちろん本当の信用取引もしたいとは思っていますが。

ご存知だとは思いますが、楽天証券はすでに電話面接を廃止していて、
”一部のお客様のみ”電話面接をします、と書いてありましたが、私は
電話なしで口座開設できました。
#つまり、Webページに記入して待つことしばし、書類が送付されてきて、
#それを記入して返信したら、そのまま口座開設できました。

個人的な見解ですが、口座開設から一定の期間が経過しており(私の場合
は5年程度)、口座残高が信用取引の最低ライン(30万円)をある程度
上回ってれば、大丈夫なんじゃないかと思います。

この回答への補足

こんにちわ。
実を言うと私も回答者様と同じ理由で、手数料が今回のきっかけであります。

初めての信用取引にもかかわらず、電話審査がないとは以外でした。

> 口座開設から一定の期間が経過しており(私の場合
は5年程度)
質問の趣旨と少し外れますが、それはDLJ?の頃から開設されておられたという事でしょうか?

親切的確な回答をありがとうございます。

補足日時:2005/04/05 11:05
    • good
    • 0

> 質問の趣旨と少し外れますが、それはDLJ?の頃から開設されておられたという事でしょうか?



はい、そうです。

実は株式を始めた当初、どうしても米国のVerisignという会社の株を買いたくて、その株を扱っている会社を探したらDLJだった...というのが真実です。

ちなみに今でも50株保有していますが、ほんのちょっとプラスです。
持っている間の最高値は200ドルくらい(ITバブルの頃)、最低は8ドルくらいで、ジェットコースターに乗った気分でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度、ご丁寧に回答頂きありがとうございます。
Verisign存じております。
5年程前と言えばオンライントレードが盛んになり、米国からデイトレードたるものが
日本を賑せだした黎明期ですよね。感心致します。

改めて回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/05 13:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株式投資の窓口選定

初めて株式投資をします(約170万円)。株は、某自動車メーカーの一点張りです。株価が倍になれば売ってしまいます。まずは、この一回限りの投資です。さて、窓口をどこにするか2者択一で迷っています。1つは、野村證券。売買手数料は高く、土曜日は休み。県都から離れたところに住んでいる私には平日出向くのが難しいのですが、おそらく電話でファイナンシャルマネージャーと相談できるはずです。人的支援が魅力です。2つ目は、楽天証券。ネットで気軽に売買できて手数料が安い。しかし、ファンドマネージャーに相談できそうにありません。また、システム障害を度々起こしています。さて、どちらを選択すべきでしょうか。

Aベストアンサー

人的支援が重要なら、必要なら、野村證券で
不要ならネット証券で、楽天にこだわる必要が無ければ、他の証券会社でも良いのでは(松井・オリックス・ジョインベスト等)
参考:手数料比較
http://www.hikaku.com/sec/search/com.html

Qネット証券 信用取引のほうが現物の取引より手数料が安いのはなぜ?

ネット証券の手数料の比較をしていて気が付いたのですが、現物株取引の手数料より信用取引の手数料の方が安い証券会社が多いようです。

普通に考えたら信用の方が高そうですが、この差はどこから生まれるのでしょうか?

Aベストアンサー

信用は、委託手数料のほかに金利、維持管理料などがかかります。
安いのは、委託手数料だけを比較した場合です。

QSBI証券か楽天証券

第一生命の株式の割当てにつき、SBI証券か楽天証券のどちらかに株式受領し、運用して行きたいと思います
つきましては、どちらにすれば良いかいろいろアドバスをください。
特に良い点・悪い点等にわけてお願いします

またSBI証券と楽天証券以外は、証券会社は作らない予定です

Aベストアンサー

楽天カード(無料)、楽天証券口座(無料)、FX口座(無料)をつくれば、かなりのポイントがたまります。
http://card.rakuten.co.jp/

取引をしないならそのくらいの違いしかないと思います。

Q信用取引で分割が起こった場合の信用建余力は?

こんにちわ,

今信用取引をしているのですが,仮に信用買している株式が分割をした場合,その株の単価自体は変更されますが,信用建余力はどうなるのでしょうか。

たとえば,今100万円のA株を2株を信用買いして,信用建余力が300万円ある場合,その株が1:2の分割になった場合は,A株は50万円×2株となると思うのですが,そのとき用建余力が400万円とかになるのでしょうか。また,その反映される時期は分割後なのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

信用の担保に分割前株を持っている場合、信用余力は子株分減少します。

同様に建てている場合、信用枠が広がります。
ただ、子株流通までに建て下部を適正値にもどさないとわかりますよね。

発生日は、権利行使後です。

Q楽天と楽天証券について

今楽天とTBSがやりあっていますが、楽天が倒産した場合楽天証券はどうなるのですか?

現在楽天証券で取引をしていますが、楽天が倒産した場合預入金は返ってこないのでしょうか? 返ってこない可能性があるのなら、他の証券会社に替えようと考えてるのですが、いかがでしょうか?

楽天証券に問い合わせようかと思いましたが、危ないことは言いそうになさそうなので、こちらに書いてみました。

Aベストアンサー

楽天証券は儲かってますから安く売りに出されれば喜んで買う人は国内にも国外にもいっぱいいます。楽天が倒産したらイメージが悪いので社名ぐらいは変わるかもしれません。

預入金は、仮に楽天証券が負債を抱えて倒産した場合でも原則として返ってきます。
全額ないし全額に近い資金が返ってくる確率は銀行が負債倒産する場合よりもかなり高いです。なぜなら銀行に預金するということは預金したお金を自由に(銀行法で認められている範囲で)使っていいよというということ、つまり用途を定めず担保も取らずに銀行に貸し付けているのと同じことなので、銀行が不良債権を抱えていた時期というのは、概念的にはぼくたちが銀行に貸し付けている預貯金の半分ぐらいが焦げ付いて事実上回収不能になっている、という状態だったんです。不良債権はだいたい償却したようですが。これに対して証券会社にお金を預けているということは、文字通り株を買うための資金を一旦置いているだけで、証券会社に対して使っていいよと貸し付けているわけではないからです。預かり資金は自己資金と別にして100%信託銀行に保管することが義務付けられています。そんなにしょっちゅうではありませんが、ときどき証券取引等監視委員会が検査に入って調査します。
ただ、楽天証券が倒産ということになると返還手続きや株を持っている場合の口座の移管手続きなどで最悪の場合には数ヶ月間程度引き出したり売却したりできない可能性はあります。楽天証券は通常営業していて大株主である楽天が倒産しただけなら楽天証券には関係ありません。

考えられる最悪のケースは、楽天証券の役員或いは会社ぐるみで詐欺行為を働いてお客さんのお金を使い込んでたりなんかしている場合で、この場合は上限1000万円が保証されるだけです。以前に南証券という会社の社長が客の金を横領して逃げたことがありますので無いとは言えません。
しかしその頃は顧客資金の分別保管が義務付けられておらず丼勘定の経営が認められていた時期ですし、相当ムチャクチャな大悪党じゃないとそんなことはしませんので、現在の楽天ではたぶんそんなことは無いと思います。

楽天が現在危なそうかどうかにかかわらず、証券取引の口座はいくつか持っておいた方がいいと思います。倒産じゃなくてもシステム障害で2~3日取引できないなんて事態もあるかもしれませんから。

楽天証券は儲かってますから安く売りに出されれば喜んで買う人は国内にも国外にもいっぱいいます。楽天が倒産したらイメージが悪いので社名ぐらいは変わるかもしれません。

預入金は、仮に楽天証券が負債を抱えて倒産した場合でも原則として返ってきます。
全額ないし全額に近い資金が返ってくる確率は銀行が負債倒産する場合よりもかなり高いです。なぜなら銀行に預金するということは預金したお金を自由に(銀行法で認められている範囲で)使っていいよというということ、つまり用途を定めず担保も取らずに...続きを読む

Q丸三証券&ジョインベスト証券の信用枠と現物枠について。

丸三証券&ジョインベスト証券を使おうと考えています。
口座に100万円入れたとして。
300万円信用で売買した後に、その日のうちに現物の100万円を使ってループトレードをすることはできるのでしょうか?
初歩的な質問で申し訳ありませんが、どなたか教えてくださいませ。

Aベストアンサー

>300万円信用で売買した後に、その日のうちに現物の100万円を使ってループトレードをすることはできるのでしょうか?
丸三証券&ジョインベスト証券は分かりませんがEトレード証券ではできません。300万円を使う前でも担保の100万円ではできませんよ。どこも同じと思いますけど?

Eトレの場合信用口座でループトレードはできません。ループトレードができるのは現物取引の口座だけです。

Q楽天証券の口座を開きたいのですが・・

楽天証券の口座を開きたいのですが、どうすればいいでしょうか?

ネット証券を始めるにあたって初心者にも易しく
手数料も安い楽天証券から始めようと思ってます。

ネット初心者でしてちょっと不安なのですが
どうすれば楽天証券の口座を開くことができるでしょうか?

すいません、教えていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

楽天証券から始められるのですね、賛成です。
まずはホームページから資料請求しましょう。
あなたのお名前や住所を入力するだけで完了します。

数日後に口座開設に必要な資料が届きます。
そちらに従って、口座開設手続きを進めてください。
簡単ですよ。

こちらから資料請求できます。
http://www.journey-x.sakura.ne.jp/fx2011/index.html


よろしくお願いします。

参考URL:http://www.journey-x.sakura.ne.jp/fx2011/index.html

Q【信用取引】中国人の信用取引額が45兆円らしいですが、日本人の信用取引額は幾らですか?東証で。

【信用取引】中国人の信用取引額が45兆円らしいですが、日本人の信用取引額は幾らですか?

東証で。

Aベストアンサー

回答がないと削除出来ないというのを初めて知りました。

ありがとう、感謝です。

Q楽天証券は

楽天証券は一日の中で、例えば前日前から保有していた銘柄を、売って - 買って - 売る という事はできますでしょうか?
以前、楽天証券では、売って - 買う ところまでしかできなかったような記憶があるのですが、勘違いでしょうか。


楽天証券をお使いの方、ご回答をいただけたらと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

証券会社に限らず差金決済の決まりは同じです。
参考URLにいくつかの具体例が書いてありますが、簡単に言うと、ある一種類の銘柄は、1日の内に、1往復(売って買う、または、買って売る)に限って可能です。

たとえばある銘柄の株を前日から10株持っていた場合、
10株売って→10株買って、とした時点で(10株分の)1往復になってしまいます。これで前日から持っていた10株の「ちから」は、それでもう使い果たしてしまっていることになり、その後さらに売るということはできません。売るためには別に「ちから」を調達してくる必要があります。
証券会社に預かり金があればそれが使えますし、あるいは別の銘柄の保有株を売っても良いです。

なお、差金決済の計算はかなり複雑なので、どの証券会社も多少いいかげんで、誤差があります。楽天証券はこのいいかげんさが大きい証券会社ですが、普通に売買するぶんにはまず気になりません。複数の種類の保有銘柄を持っていて、売ったり買ったりを繰り返していると、たまに、ちょっと変だ(余力の計算がおかしい)なと感じるときはあります。

参考URL:http://www.tse.or.jp/comp_report/kousa-sakinkessai.html

証券会社に限らず差金決済の決まりは同じです。
参考URLにいくつかの具体例が書いてありますが、簡単に言うと、ある一種類の銘柄は、1日の内に、1往復(売って買う、または、買って売る)に限って可能です。

たとえばある銘柄の株を前日から10株持っていた場合、
10株売って→10株買って、とした時点で(10株分の)1往復になってしまいます。これで前日から持っていた10株の「ちから」は、それでもう使い果たしてしまっていることになり、その後さらに売るということはできません。売るためには別に「ちから」を調...続きを読む

Q現物取引と信用取引の違いは?

この2点なんですが、どのように違うのでしょうか?

簡単でいいのでだれかご説明おねがいします、、、。

Aベストアンサー

現物取引:自前の現金もしくは株の範疇で取引すること

信用取引:自前の現金や株券を担保にして、買い付け代金や売却証券を借りて取引すること。
借り物なので利息の支払いも発生します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報