ID登録せずに、ニックネームで質問できる♪教えて!gooアプリ

母親が投資信託を始めたいというので母親が自身でカブドットコムの口座を作り自分の口座から自分のお金で証券口座へ入金しました。

さて、投資信託を試しに購入しようと思い試したのですがパソコンの操作がいまいちわからず
母の言うとうりの銘柄を私の操作で購入いたしました。
その日の売上ランキングが一位のものがいいと言われたので一位のものを購入しました。
目論見書などは目を通させました。

そのごカブドットコムの営業から挨拶の電話が来たのですが、その時購入銘柄の話になり母親は投信売上ランキングが一位の物を購入したのは覚えてたのですが銘柄名までははっきりと覚えていませんでした。

パソコンに不慣れなので息子に操作してもらったと白状したら投信を全て解約されてしまいました。

口座を本人以外が開設することは出来ないと記載されているのでそれは解りますが、本人と一緒に家族が操作しては行けないとは何処にも見当たりません。
投資信託を解約させられたのは事実なのでこちらが悪いのは理解しましたが、
これは何かの罪になりますか?
それともカブドットコム内のみの規約違反というだけしょうか?
規約違反にしてもそのような記述が見当たらなくて。。。

詳しい方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

その時電話をかけてきた担当者とうまく意思疎通ができていなかったと思います。



本人の意志で、本人の同意を得て、本人が目論見書に目を通して納得した上で本人の資金で購入したのなら、ご子息がパソコンの操作を行っていても特に問題はないはずです。

代理人としての登録は、本人ではなく代理人になった方が代理人の投資判断で投資ができるようにするものであって、本人の投資判断によっての投資なら本人と一緒にご子息がパソコンの操作をされても問題ありません。

ご質問の経緯で購入された投資信託なら、解約させられるような事はないはずです。

恐らく電話をかけてきた担当者へ上手く経緯を伝えることができず、ご子息が投資判断をされて購入されたと思われたのではないでしょうか。

そのようなケースでは、経緯がどうであったのかを本人・ご子息にきちんと確認した上で判断すべきだと思います。
私は以前証券会社で勤務しておりましたが、その時に同様のケースがあった場合はしつこい程経緯をしっかり確認しました。
「その投資信託を買おうと言ったのはご本人ですか?それともご子息ですか?」「目論見書はご本人がご覧になりましたか?」など…。

また同様のケースで誤解があるかもしれませんので、カブドットコム証券にはひとこと経緯を伝えた方が良いかもしれません
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答有難う御座いました。

>ご質問の経緯で購入された投資信託なら、解約させられるような事はないはずです。

私の質問した通りの内容です。
ログインも本人が私の指導のもと自身で入力して行いました。
私にも落ち度があったとしても、保有銘柄名が解らないという理由で証券会社の想像のみで解約させられてしまう何てことは、ちょっと恐ろしいことなので現在はまだ投資信託の解約したとの連絡は無いようですが他社へ移る手続きもしくは投資信託、口座の解約をさせたいと思います。

お礼日時:2012/09/15 12:16

#4です



ネット証券なのでパソコンでの購入だったと思いますが、ご子息がパソコンの操作をされた=口座番号やパスワードもご子息が入力してログインしたと思われているのかもしれません。
パスワードを他者へ漏らしてはいけないというような規約ならあるのではないでしょうか。

もしログインなどパスワードが必要な箇所の入力をすべてご本人がされて、投資信託の購入画面の操作のみご子息が行われたのなら問題ないと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答有難う御座いました

お礼日時:2012/09/15 12:17

#2です。



SBI証券は、家族での借名取引に関しての注意事項が書かれていました。

http://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/home/p …

ここにはしっかり家族間でもだめといった内容がかかれていますね。


郵便局の件ですが、法定代理人である事の証明が必要です。

http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/start/kj_s …

郵便局ほか金融関係の違法でも問題も時折ニュース等で見ますが、
「問題ない」との発言をした局員も違法を認識したうえで、質問者さんにそうお話されたのかもしれませんね。

郵便局は、預け入れは家族間の名義でもATM等でできてしまいますが
(コンビニ等で家族のキャッシュカードを使って入金するのも、どんな銀行でもできてしまいますが。。。)
本人確認または委任状無しでは家族間でも一定額以上の引き落としはできません。

もしできるのであれば、行員や局員のコンプライアンス違反と、利用者のモラルの問題となりますね。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難う御座いました

お礼日時:2012/09/15 12:16

まず、家族のかわりにPCを操作して身内が注文をする場合は、代理人選任登録というものが必要になります。


これは、例えば指や言語の障害等で売買注文ができない方に認められています。

質問者さんの場合、これをされていません。

これをカブドットコムが本人確認をせずに売買注文を受け付け、資金を運用したとなると、証券会社の自主規制機関または金融庁の定める委員会で監査が行われます。

いわゆる本人確認法(顧客等の本人確認、及び、預金口座等の不正な利用の防止に関すす法律)の違反と、借名取引(家族間でもだめです。)が疑わしい口座を利用した入出金、売買等の防止に違反します。

本人確認に関しては、カブドットコムでも以下のページに書かれています。

http://kabu.com/company/hecheck.asp

そしてここに、「>お客さまが本人確認に際して本人特定事項を偽ることを禁止しており、本人特定事項を隠蔽する目的をもって本人特定事項を偽った場合には罰則が適用されます。 」とあります。

当たり前のようですが、本人の名義ですから、本人しか使えません。
本人が口座開設書類を書き、本人しか売買注文や入出金はできないのです。

質問者さんのケースは、さも口座名義の本人が操作して売買注文を出しているかのようにみせかけている事になります。

これが無登録でできるという事は、例えば親の通帳を銀行に持って行って子供が勝手に引き落としても、親の指示だと偽ればOKという事になります。

資産目当てで年齢等により売買判断のつかない親や親族名義の借名口座を作り、同居する親族が「本人の指示だ」と偽って自由に取引ができてしまうような事を防ぐ為、このような法や規則があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難う御座いました。
反省いたしました。

>例えば親の通帳を銀行に持って行って子供が勝手に引き落としても、親の指示だと偽ればOKという事になります。

ただ銀行は解りませんが郵便局は家族が家族のために口座を開き貯蓄するのはなんの問題も無いと仰ってますよ。
子供が親の老後のために貯蓄したいので今ある親の貯蓄枠を減額してもう一つ通帳を作ってくださいと本人同席申込で頼んだところ簡単に作ってくれました。問題ないとも言ってました。
ゆうちょの件は別の方にもう一度問い合わせた方が良いかもしれませんね。

お礼日時:2012/09/10 21:18

後になってトラブルになるのを恐れた証券会社の対応だと思います。

頼まれて操作したということですが、見方によれば「他人名義の証券口座を開設して取引した。」という借名口座とも受け取れることです。借名口座だと規約に反しているはずです。親子というのは証券取引では他人ですから。企業としても、取引はありがたいものの、トラブルはなるべく避けたいのは当然だと思います。警察ざたになるとかいうことではないと思います。
しかし、ネット証券が「あいさつ」なる営業をするとは、初めて聞きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難う御座いました。

カブドットコム証券は営業が私の時にもありましたよ。。。。

お礼日時:2012/09/10 21:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFXで他人の資金を運用し利益還元は違法?

FXをやってますが、友人から「このお金で運用してみて」みたいな感じの話がありましたが、自分は他人のお金を運用する気も無いし、仮に運用して負けでもしたら、友人関係にも影響しそなので、
その旨を友人に説明もしましたし、FXは常に勝てるものでもなく、預けたお金が0になる可能性もあると伝えましたが、友人は「大きな金額では無いのでやってみて」って感じです。
まぁ話しを受ける気は無いのですが、ひとつ疑問がわいたので、質問してみました。

質問内容はタイトルの通りなんですが、上記の様な場合に仮に他人から預かったお金を運用し利益が
出た場合に、その利益に対する税金も支払ったうえで、税引きの利益を他人に還元するのは違法になるのでしょうか?
また、その利益還元に対するインセンティブを受取ることも違法でしょうか?

お分かりの方がいらっしゃいましたら教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問と補足の質問への回答です。

ご質問の「資金を個人または法人に預け、預かった個人または法人が運用して利益還元する」と、出資法違反になります。
また資金を預からずに売買の指示や具体的な指し値の助言などをすると、「投資顧問」「助言業」となり、こちらも個人・法人にかかわらず金融庁の登録が必要です。
インセンティブも名義貸しのロイヤリティなど全ての利益が対象ですので、登録を受けていない個人の助言や利益関係のある契約自体が違法との扱いです。

有料の投資クラブ、有料の投資助言サイト、指し値提示の有料メルマガなど、違法のグループや個人も多々ありますが、注意喚起があっても名義を変えて再開するなどしている為、数が多く金融庁も取り締まれていないのが現実です。

個人で助言業となるには、財務事務所へ、必要書類は(業務を執行する役員の身分証明(法務局証明書)、印鑑証明、具体的な運用実績、資本金の明細など)を提出します。
同時に、登録免許税15万円を日銀(日本銀行か日本銀行銀行歳入代理店)に、営業保証金(個人なら500万円以上)を財務事務所に供託します。

全部の提出が終わると、2~3カ月の審査の後、「○○○財務局長(金商)第○○○号」といった登録番号が届き手続き終了です。
手続きが終わると、財務局や金融庁などの登録名簿に代表者の名前や住所などが掲載されます。

開業後は、年度ごとの3カ月以内に業務実績、運用実績など詳細な届けが必要です。
投資顧問協会というものがありますが、これは任意なので加入しなくても問題はありません。私の知る限り、個人で登録されている方はあまり加入されていないようです。

必要書類は様式が決まっていて、様式に沿って記入したり書類を用意するだけなので、個人でもそれほど難しい物ではありません。
今年4月からまた審査基準や必要な事項が増えるとのことです。
上記の回答は改正前に登録した際の手順なので、登録されるなら改正後の基準を御調べになられてください。

ご質問と補足の質問への回答です。

ご質問の「資金を個人または法人に預け、預かった個人または法人が運用して利益還元する」と、出資法違反になります。
また資金を預からずに売買の指示や具体的な指し値の助言などをすると、「投資顧問」「助言業」となり、こちらも個人・法人にかかわらず金融庁の登録が必要です。
インセンティブも名義貸しのロイヤリティなど全ての利益が対象ですので、登録を受けていない個人の助言や利益関係のある契約自体が違法との扱いです。

有料の投資クラブ、有料の投資助言サイト...続きを読む

Q夫の親が、夫名義で株取引をしている

夫の親が、夫名義で株取引しているのですが、これって大丈夫なんですか?
というのもまだ結婚したばかりで、これからの将来、住宅や子供の教育にたくさんのお金がかかります。

夫は親が株取引をしていることをもちろん知っていますし、むしろ頼んでいるようです。でももし今後夫の親が亡くなった場合に多額の税金を取られたり、株に失敗して大損するようなことがないかどうかとても心配です。

本人ではない人が株取引をすることについて、メリット・デメリットを教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

証券会社はどこでも、口座名義人が取引の操作をするよう、また、IDとパスワードの管理をするよう規約に定めています。実際には、口座名義人のIDとパスワードの入力があれば、口座名義人の操作とされます。規約違反ですが、ネットでは顔は見えませんから確かめようがないです。

取引が口座残高の範囲で株を買い、そして売る現物取引なら、損失は口座残高の範囲です。しかし、口座残高の3倍まで取引できる信用取引だと、口座残高を上回る損失になり借金を負う可能性があります。よく、株で損して家を売ったというのは、こちらのほうです。

株の税金は儲かったときにかかります。また、儲けから税金を引いて確定申告を省略できる特定口座・源泉徴収ありという口座があります。儲けと損失は、誰が操作しようが口座名義人のものです。

お金は親子も他人、儲かれば「オレのおかげだ分け前をよこせ」だし、損すれば「オレの財産を減らしたのはアンタだ。どうしてくれる。」であって、人間関係が壊れます。お金の出所がどちらかはっきりしませんが、、、。

3の方が書いているインサイダー取引(父親が証券に関わる仕事をしていて、本来は自分名義で取引ができない立場なのに、借名で取引しているケース)は、犯罪です。

証券会社はどこでも、口座名義人が取引の操作をするよう、また、IDとパスワードの管理をするよう規約に定めています。実際には、口座名義人のIDとパスワードの入力があれば、口座名義人の操作とされます。規約違反ですが、ネットでは顔は見えませんから確かめようがないです。

取引が口座残高の範囲で株を買い、そして売る現物取引なら、損失は口座残高の範囲です。しかし、口座残高の3倍まで取引できる信用取引だと、口座残高を上回る損失になり借金を負う可能性があります。よく、株で損して家を売った...続きを読む

Q他人の資産を運用するという行為について

為替証拠金取引を始めて3年になりますが 私が利益を得ていることを知り 同僚に自分の分も運用してくれと頼まれ 少額ですが運用しています。もちろん 元本割れの危険性もあることは承知してもらっていますし その同僚のぶんの運用についても今のところ うまく行っており 特に問題はありません。利益に比例してリベートをもらうことにしています。取引自体には自信があるので 小遣い稼ぎぐらいにはなるかなと考えています。

しかし 仮にこの経済活動を広げ 何人もの人の資産を預かって個人的に運用し 手数料をもらうとなれば これは違法行為となるのでしょうか。また こういう経済活動を行うのに資格はいるのでしょうか。

Aベストアンサー

為替取引の一任売買については現在規制する法律がありません。日本国内では為替取引に関する一任勘定の投資顧問契約は、OKです(証券会社のみ規制のようなものがあります)。
法制不備でOKだという状態なのですが、早ければ今秋を目処に為替についても規制法の立法案提出が検討されているようで、そこで規制される可能性はあります。
法律は遡及効果は持たないので、立法されるまでは合法です。実際に業としてやっている会社もあります。
規制法案が国会で可決しても施行まで半年~1年ぐらいは猶予期間があるはずですから、向こう1~2年は合法的に行なうことが出来るということになると思います。


有価証券及び商品先物の一任投資顧問業については以下のようになります。
まず、いわゆる私募の範囲の一任形態ファンドでしたら、民法上の契約自由原則で問題無しです。
50人以上を対象に勧誘行為をすると(客が50人ではなくて勧誘対象者が50人)、私募の範囲を超えて投資顧問業の許認可が必要になります。
この場合資本金何億円みたいな会社を設立しなければいけません。


つまり、意義としてはご質問の内容は上記投資顧問業の規制に該当する内容だと考えられるものの、現在のところ為替取引は上記規制対象の範囲に含まれていない為、違法性は無い。ということになります。


出資法は利息又は元本を保証して不特定多数の人からお金を集める行為を規制しますので、ご質問の範囲では該当すると言えません(変な特約をつけると該当します)。

為替取引の一任売買については現在規制する法律がありません。日本国内では為替取引に関する一任勘定の投資顧問契約は、OKです(証券会社のみ規制のようなものがあります)。
法制不備でOKだという状態なのですが、早ければ今秋を目処に為替についても規制法の立法案提出が検討されているようで、そこで規制される可能性はあります。
法律は遡及効果は持たないので、立法されるまでは合法です。実際に業としてやっている会社もあります。
規制法案が国会で可決しても施行まで半年~1年ぐらいは猶予期間が...続きを読む

Q家族の口座で株売買をすることはダメですか?

自分が家族の口座に入金をして株売買をすることは
財産の譲渡などと疑われることはないでしょうか?
また他に何か問題などはありますでしょうか?
売買の利益に対する税金については計算をして
家族にはらうこととなっています。

Aベストアンサー

>>財産の譲渡などと疑われることはないでしょうか?
疑われると言うより贈与として見られます。

他人名義行う意味が分りませんけど・・・
特定口座の源泉徴収にすれば、売買の記録は一切税務署に出ません。
また、分離課税ですから、損失が出て繰越をしない限り申告も不要です。

わざわざ他人名義で株取引をしていればインサイダー取引を
隠す目的とも取られかねませんよ!

Q何故脱税にならないのか理解できません

どうしても理解できないことがあるので具体的に理由を教えてください。

よく親が子供名義で口座を作り、その子供名義で株の売買や投資信託を
するケースがありますが、子供名義であっても子供はその金に触れることはできず、
実質的な権限を親が持ち続けます。当然ながら、配当や儲けは親の物です。

これを仮に親自身の口座で全てやった場合、分けてやるよりも税金の利率があがり、
納税額が増えることになります。しかし、子供名義に分けてやることで結果的に納税額を
抑えることができる、とあたかも合法的ないいまわしを聞くのですが、根本的に
おかしいのではないでしょうか?

具体例を挙げますと、
私(父親から見れば息子)も父親も投資信託をやりますが、私は当然私名義しか持っておらず、
父親は自分自身の名義は勿論、私や他の兄弟たちの名義を使ってもいます。

例えば、私が株で1000万儲かったとすれば、税率は33%ですが、
父親が私名義でもう1000万儲かったとすれば税率は40%に上がります。
これによって、私が支払うべき税金も増えるでしょう。
そこが仮にも親子の間で合意が取れており、私が損しないように父親の方で補填するのであれば、
私に損はないでしょうけど、同時に父親は自分ひとりでやるよりも納税額が減るわけですよね。

極端な話ですが、多くの親戚の名義で口座を利用し、儲けが195万の範囲内に収まるように、
株だけでなく、その他の儲けなども計算してそのようにすれば、最終的に税務署が
父親から得られる税収は減るわけですよね。


本来ならば、誰の名義を使おうともその儲けを得る者(その実権がある者)の名前で
集計し、税率計算をするのが筋ではないでしょうか?
口座の名義こそ他人ですが、その他人が口座の金を自由に出し入れできないのであれば、
それを何故、「所得」と言えるのでしょうか。
会社に置き換えて言えば、社員に給料を振り込んだと言いつつ、その通帳もカードも
社員に渡さないで会社がその給料を牛耳る(特に自営業でそういうケースが多いようです)
のと同じことではないでしょうか。

それが法律的に赦される、脱税にもならない、というのが理解できません。
何故でしょうか?

どうしても理解できないことがあるので具体的に理由を教えてください。

よく親が子供名義で口座を作り、その子供名義で株の売買や投資信託を
するケースがありますが、子供名義であっても子供はその金に触れることはできず、
実質的な権限を親が持ち続けます。当然ながら、配当や儲けは親の物です。

これを仮に親自身の口座で全てやった場合、分けてやるよりも税金の利率があがり、
納税額が増えることになります。しかし、子供名義に分けてやることで結果的に納税額を
抑えることができる、とあたかも合法的な...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。

>そうですか、では、何のために家族名義の口座でわざわざ取引をするのでしょうか?自分の口座で全部したらいいではないですか。わざわざそうするということは何かしらのメリットがあるからこそするわけですよね。
私にもわかりません。
所得税では何のメリットもないでしょう。
それは貴方の親に聞いてみてください。
でも、いずれにしろ、自分のお金を使い貴方の名義で行うというのは本来ではありません。

まあ、ひとつ考えられるのは「相続税対策」ということかもしれませんが、預金もそうですが名義がどうなっていようと、いわゆる”名義貸し”であれば、たとえ貴方の名義であっても父親の財産であり、相続税の対象になります。

>こういった行為を税金対策とよく耳にしますが、私は先に述べたことが税金対策(私はこれは脱税行為ではないかと思った)だと思っておりましたが違うのでしょうか?
そのとおりです。
前に書いたことを意図したのなら、”脱税行為”でしょう。

Q他人の名義を借りて証券会社口座を作り、株取引は法的に問題ありますか?

他人の名義を借りて証券会社口座開設し
株取引をするのは、法的に問題ありますか?

親、兄弟、等身内の場合
友人等他人の場合でも、一緒でしょうか?

友人納得の上、友人の口座で売買をしたりするのですが
詳しく解りませんが「みなし取引?」でまずいとかと言う話を聞いたのですが
調べてもよく解りません。
ご存知の方いらっしゃいましたら、宜しくお願い致します

Aベストアンサー

家族であろうと借名口座といって、証券取引法違反でしょう。自分の意思で自分名義で取引して下さい。

だいいち、儲かった税金はどうするの?そこまで行くと脱税にもなりますよ。

QFXで他人(妻)の名義を使うことは違法ですか?

30代会社員です。給料が漸減している昨今、小遣い稼ぎのためにFXを始めました。

さて、現時点ではまだ20万円以上の収益が出ていないので確定申告の必要はないと思いますが、順調に収益が上がっていった場合、気になるのが税金です。私はスキャルピング派なので、くりっく365ではなく非取引所で取引しています。

そこでふと考えたのですが、実際に取引をするのは私でも、専業主婦である妻の名義で口座を開けば税金が安いのではないか、と思いました。もちろん、収益が上がれば所得税の扶養控除から外れることは理解していますし、年金や社会保険料も別途支払うことは構いません。
いっそのこと妻に取引してもらえば悩むことはないのですが、妻は投資というものにまったく無関心で、やってくれる見込みがありません。私が睡眠時間を削ってやらないといけないようです(まあ、そんなことはこの際どうでもいいのですが)。

先輩諸氏にお伺いします。妻の名義でFXを取引することは違法行為に当たるのでしょうか? それとも正当な節税行為なんでしょうか?

Aベストアンサー

仮名・借名取引となるので違法行為に当たります。
また、節税目的で行ったと認められる場合は悪意ある行為(脱税行為)として見られるかもしれません。
売買は本人であるあなたの名義で行ってください。

【仮名・借名取引】
架空の名義や他人の名義などを使用し行う取引を仮名取引といい、家族や友人など本人以外の名義を借り、名義人になりすまして行う取引を借名取引といいます。このような取引は、脱税やマネー・ロンダリングといった行為の温床となる可能性があることや、相場操縦といった不公正取引に利用される可能性があり、法令諸規則等により禁止されています。

【仮名取引の具体例】
・架空の名義で口座を開設し、取引をしている場合等 ・ 他人の名義を勝手に利用して口座を開設し、取引をしている場合等

【借名取引の具体例】
・家族や友人から取引を全て一任されている場合等(口座の名義人の方が投資判断を行っていない)
・数人のお客様で一つの口座を利用して取引をしている場合等

Q借名口座について

こんばんは、お世話になります。

「子供名義の口座だが、親の管理下にあり、入出金をしているのも親」のような口座のことを借名口座といい、財産権は親にある。
よって、子供がその貯金を受け取る時は、110万円を超えていれば、贈与税が発生する。

というふうに理解しているのですが、

1:子供が、自分の意志で親にお金を預けた場合も、借名口座に該当するか。
(例:もらったお年玉を、自発的に親に預け、「おかーさん貯金しておいて!」と頼んだ場合)

2:子供が自発的に預けたお金と、親がこっそり家計から貯金してくれたお金が一つの口座に混在している場合、「自発的に預けた分は贈与税なし」「家計から出した分は贈与税あり」などと、分けて考えることは可能か。

3:混在していることは確かだが、それぞれ何円だかハッキリしない場合はどうなるか。


それとも、親の管理下にあれば、「お金を預ける意思」が子供にあったとしても、すべて借名口座なのでしょうか。

何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

追記です。

>「借名口座のお金を、親から子へ渡す → 贈与税がかかる」のは分かるのですが、
>「子から親へ渡す」場合はどうなのでしょうか?

>名義は子供なので、これもまた贈与になってしまうでしょうか?
>それとも、もともと財産権は親にあるということで、贈与にはあたらないでしょうか?

税務署は、名義と実態の両面で見て、疑わしいと思った際に問い合わせや調査などを経て課税するのです。

したがって、子の名義のものを親に渡せば、借名口座かどうかの実態をつかんでいなければ、子から親への贈与を疑う可能性があります。ですので、他の質問の回答にも書きましたが、借名口座であれば借名口座の、借名口座でなければ借名口座でないことの説明資料や根拠などを整理して保管されることをお勧めします。

税務署は、素人が思っている以上に情報を持っています。しかし、目に見えない部分などは推測などから説明を求めてくることになりますからね。
ですので、正式にいえば、預金取引上守るべき預金の約款に反するような借名口座などをすべきではありませんし、紛らわしいこともすべきではないのです。ただ、親心と昔の慣習もわからないでもありませんが、税務署が認めるかどうかはわかりませんからね。

追記です。

>「借名口座のお金を、親から子へ渡す → 贈与税がかかる」のは分かるのですが、
>「子から親へ渡す」場合はどうなのでしょうか?

>名義は子供なので、これもまた贈与になってしまうでしょうか?
>それとも、もともと財産権は親にあるということで、贈与にはあたらないでしょうか?

税務署は、名義と実態の両面で見て、疑わしいと思った際に問い合わせや調査などを経て課税するのです。

したがって、子の名義のものを親に渡せば、借名口座かどうかの実態をつかんでいなければ、子から親への贈...続きを読む

Q父が認知症で、株式の管理が困難になって来たので、某大手証券会社の内部規

父が認知症で、株式の管理が困難になって来たので、某大手証券会社の内部規定において、
私が売買を代行できる後見人となる手続きをとりました。しかし、それ以降、私は一切、株式の売買に手をつけずに1年経ちました。損を出すワケにもいかないので、売買は必要最小限にして資産の現状維持が目的です。が、何もしないので役に立たないと証券会社が思ったのか、今頃になって後見人制度は毎年、本人との面談によって更新する事になっており、1年経ったので、更新の為、後見人を私から姉に変更したいと言って来ました。理由は私は遠隔地に住んでおり、面談など更新手続きが難しいので、証券会社と同じ地域に在住の私の姉に後見人を移したいとの申し出がありました。姉は株式のことは全くわからないのでお断りしているのに、しつこく代理人になるように勧めているようです。
と言っても、法定後見人などではなく、当該証券会社内で勝手に規定されたモノであって、自分たちの都合で好き勝手に言いたい放題のような気がしています。1年前、株の所有者である父と、私がわざわざ帰省して、その場に同席して、証券会社の人達と面談の上、手続きがなされたものなのですが、この後見人は本当に1年ごとに更新手続きをやらないといけないのでしょうか? 私の感触では私が後見人では証券会社側の思うようにならず、外債の購入などの勧めも聞かず、売買手数料をかせげないので、株式の事は全く知らない姉であれば丸め込めると思って、後見人を移そうとしているとしか思えません。
今までアドバイスに従って父は売買を重ねて来たようですが、投資成績もすこぶる悪く、損が大幅に出ており、その証券会社に管理を依頼し続ける意味も義理も無いように思います。いっそのこと株式移管して父名義の他の証券会社に株式を移して、この証券会社とは縁を切りたいのですが、そうすると、法定代理人じゃない人が勝手にそういうことはできないなどと都合の良いことを言って来る事が予想されます。父や姉などの手をわずらわせる事なく、すみやかに株式移管するには、どういう方法があるでしょうか? それと当該証券会社内だけの規定にすぎないと言っても、株主の意向をまったく確認せずに、勝手に長男の私から、近所に住んでる姉に移そうとしているのですが、そういう身勝手な行為のは許されることなのでしょうか?ちなみに姉は代理人になろうという気は全くなく、証券会社とのすべてのやり取りは逐一、私に報告してくれています。

父が認知症で、株式の管理が困難になって来たので、某大手証券会社の内部規定において、
私が売買を代行できる後見人となる手続きをとりました。しかし、それ以降、私は一切、株式の売買に手をつけずに1年経ちました。損を出すワケにもいかないので、売買は必要最小限にして資産の現状維持が目的です。が、何もしないので役に立たないと証券会社が思ったのか、今頃になって後見人制度は毎年、本人との面談によって更新する事になっており、1年経ったので、更新の為、後見人を私から姉に変更したいと言って来ました...続きを読む

Aベストアンサー

質問文から察するに、裁判所を通じて正式に手続きをした成年後見人制度の利用ではなく、取引証券会社で決まっている規定に沿って、質問者様が代理人になっている、で間違いないですかね?

>今頃になって後見人制度は毎年、本人との面談によって更新する事になっており、1年経ったので、更新の為、後見人を私から姉に変更したいと言って来ました。

おかしな話ですね。証券会社が顧客の後見人を指定するなんて話は聞いたことがありません。余計なお世話ですよね?

1年ごとの更新と面談は、社内規定でそうなっているのでしょう。あり得る話です。

>理由は私は遠隔地に住んでおり、面談など更新手続きが難しいので、証券会社と同じ地域に在住の私の姉に後見人を移したいとの申し出がありました。

何となくですが、見えてきました。証券会社は遠隔地取引というのを金融庁や証券業協会から制限されています。理由もなく遠方住所の顧客との取引は、厳しい検査事項です。不正取引や、電話で簡単に営業を済ませようという証券会社主導の安易な取引になる可能性が高いので。ですから、お取引支店より近いお姉さまにすることによって、問題なく取引をしよう、という目論見のような気がしてなりません。ただ、私の勝手な憶測ですので、真意はわかりませんが。

>この後見人は本当に1年ごとに更新手続きをやらないといけないのでしょうか?

お取引証券会社の社内規定だと思われます。これは言うことを聞いた方がいいでしょう。

いわゆる”言いなり客”だったわけですね、お父様が。それを証券会社の都合のいいように、質問者様に言うわけですね。

>法定代理人じゃない人が勝手にそういうことはできないなどと都合の良いことを言って来る事が予想されます

その通りです。相当都合のいいことを言うでしょう。本人からの申し出ではないから受けられない、とか言われそうですね。

この手の話は実はよくあるケースで、結構昔からこじれるネタなので、証券会社も防衛線を張って、わけのわからない社内規定を設けて、トラブルを防止する努力をしている、と協会にアピールしているにすぎません。

一番説得力のあるのは、司法書士にでも頼んで(もちろん自分でもできる)、成年後見人制度を利用して法的に資産を守ってもらうこと。

http://www.seinen-kouken.net/1_tetsuzuki/index.html 

手続きには時間がかかります。

あとは、手荒なやり方ですが、自らクレーマーになって、鬱陶しい顧客になること。親族からのクレームが度重なると、少なくともトラブルを抱えたくない証券会社は勧誘してこなくなる可能性が非常に高いです。連絡もめっきり減ります。

あとは、何もいじらないこと。上がろうが下がろうが、相続が発生するまで何も手をつけないこと。これが一番、角が立たない方法ではあるのですが。

証券取引の基本は本人取引、本人の資金で本人の意思で投資判断を下す、というもの。今は昔と違って細かいルールができて、金融庁やSESC(証券取引等監視委員会)の締め付けが厳しい。あなたが判断を下すと、仮名取引だの借名取引だの、もっと面倒なことになります。

よく担当者と話してください。話がまとまらない場合は本社の相談窓口に、取引経緯を、今後の家族の方針をしっかり伝え、支店の担当者によく言っておくように要請をしておくこと。あ、ちなみに電話で喋ったことはすべて電話録音されているのであまり感情的にならずに平然としゃべった方がいいですよ。

質問文から察するに、裁判所を通じて正式に手続きをした成年後見人制度の利用ではなく、取引証券会社で決まっている規定に沿って、質問者様が代理人になっている、で間違いないですかね?

>今頃になって後見人制度は毎年、本人との面談によって更新する事になっており、1年経ったので、更新の為、後見人を私から姉に変更したいと言って来ました。

おかしな話ですね。証券会社が顧客の後見人を指定するなんて話は聞いたことがありません。余計なお世話ですよね?

1年ごとの更新と面談は、社内規定でそうなって...続きを読む

Q証券会社の社員が株の個人的に株の売買をすることについて

私は証券会社への就職が決まっていますが、証券会社で働く場合(証券外務員資格を取得し営業)今やっている自分名義の特別口座(kabu.com)での取引を辞め解約しなければいけないのでしょうか。また株の取引を辞めければいけない場合自分以外の名義でもダメなのでしょうか。

Aベストアンサー

証取法違反で逮捕者を出さないための予防策であるともいえます。
勤務期間は、少なくとも半年スタンス以上の中長期型投資しか出来ないはずです。
しかも現物のみ。

ただ、これが非効率的な投資かと言えば、個人の考えようです。

ただ、6ヶ月ごとの入れ替えなので、バフェット式の手法を今から学んでおけばWで美味しい思いも出来るでしょうが。(自己資産形成+給与査定α)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング