ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

タイトルの通りなんですが、アルミホイールの重量表示って(一部の高級鍛造ものを除いて)
どこの店に行っても、どこのショッピングサイト見てもないですよね。
それだけならまだしもメーカーのカタログにすら記載されていない物がほとんどですよね。

店頭ではスタイリッシュで軽量!なんて大々的にディスプレイしてるのにどうして?
ある店でのやりとり

店:「鍛造アルミなので高剛性・軽量です!」
自:「じゃ何kgなの」
店:「えっと・・・・、とにかくノーマルより軽いです」
自:「わしの車のホイールの重さ知ってるの?」
店:「・・・・」
ちょっとイジ悪だったかもしれないけど、こうなんです。

バカみたいにデカくて重い、鋳造アルミなどもあったりします。
そりゃ見た目も大事でしょうが、ノーマルより重くてバタバタになって
過度の扁平タイヤで乗り心地まで悪くして、オイオイって思ってしまいます。

少しでも性能や乗り心地にこだわりたい私にしてみれば
アルミホイールの重量表示がないのは疑問なんですが
みなさん不思議に思ったことありませんか?
軽い足ってホントにいいものなのに、案外気にならないのかな~ヽ(´~`;)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

#2ですが、肝心の重量表示がない理由を書き忘れていました。



1)ズバリ、重いから!
例を挙げれば(1本あたりの重量比較)
【某軽四駆】
5J×15鉄製ノーマルとの比較
同サイズディーラーオプション純正アルミ(鋳造)=500g増
5.5J×15のR社製鍛造アルミ=同重量
【某ミニバン】
6J×15ノーマルアルミ(鋳造)との比較
7J×16のO社製鋳造アルミ=約1kg増
7J×16のR社製鍛造アルミ=ほぼ同重量
7J×16のB社製鍛造アルミ=500g減

他、クロカン四駆、中型セダン、小型3ボックスなどでも各種のアルミ交換を試みましたが、同様の傾向でした。
以上の経験から、
極端な例では、ノーマル鉄と同サイズでありながら重いものも有るほどですから、重量明示し難いでしょう(--;)

※インチアップなどはワンサイズUP程度が実質的選択であると。

2)重量表示すると売り難くなるから。
カタログ比較から「軽ければ良い」とされがちになり、丈夫で軽い製品はコスト高に違いなくメーカーは大変なことになる。
と同時に、軽いだけの「安かろう悪かろう」製品の横行が危惧される。

3)重量表示のみでは分からないこともあり、困難な面がある。
細かく考えれば、同重量でも中心部とリム部が重いのとでは違う。
強度表示は、JWLなどの大雑把な表示と言うべきものしかなく、さらなる規格が必要になる可能性がある。
例えば、タイヤのLI(ロードインデックス)のような、1本のホイールが耐え得る重量の表示など。

4)購入者の重量表示要望は、極少数である。
ファッション商品と考える向きが多数派ですから、実質面は二の次。
例えば、安価な中国製(中国だからというわけではなく、低コストゆえ多い)の鋳造アルミでインチアップして、
結果重量増の弊害があっても、カッコ良ければそれで良しと。

以上は、個人的推測です。
できれば、せっかく大金(?)を払うのですから、重量表示して欲しいものです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

再度ありがとうございます。
人のことは言えた立場ではないんですが、おヒマですね~ご苦労様です(=^_^=)
私の場合は、7J-16から8J-17への変更で、タイヤも含めてほぼ同重量になってます。

売りにくくなることを恐れて実態を隠すなんて、なんか暗鬱な気分です。
どこかのリコール隠しと同じ考え方ではないでしょうか。
これじゃあダメになってしまいます。

強度面での規格に対するご指摘も同感です。
JWLの規格は、路面からの様々な種類の衝撃に対応し切れていないのは
もうだいぶ前から言われているはずなのに、何の進展もない。
業界全体がなめている証拠です。もっとも何も言わない消費者が一番悪いのですが・・・。
もっと私たちが「見る目」を持たないといけませんね。
ある意味、市場を育てるのは消費者なんですから。

実際にホイールを買う時に重量の情報がないからとても困るんですよね。
店頭に体重計を持参する訳にも行かないし・・・。

お礼日時:2005/04/08 01:02

三度すみません。



>売りにくくなることを恐れて実態を隠すなんて、なんか暗鬱な気分です。
>どこかのリコール隠しと同じ考え方ではないでしょうか。

ホイールメーカーの肩を持つわけではありませんが・・・。
カタログ等に記載するのは「売りになる内容」または「お客さんが購入時決め手にする内容」です。マイナス(売り逃がし)に繋がる内容は書かないのはある意味当然ですよ。極端なハナシ、ライバルメーカーでは当然付いている装備を(コストダウンの為などで)削除したとします。その機種(家電製品でもクルマでも)のカタログに、「**はついていません」なんて書きませんよ。
カタログは、あくまで「売る為のツール」ですから。
カタログに記載させたければ、「カタログに重量が載っていないので買いません」という意思表示をメーカーにしましょう。


リコール隠しは、「売った人間としての義務を果たしていない」事なので、同じ内容だとは思いません。

業種は違いますがメーカー勤務者のコメントです。


さらに余談ですが、ホイールが丈夫になってもそれを受ける足回りは丈夫になっていませんので、ホイールが歪む前に足回りが逝ってしまう事が多いように思います。(だから丈夫にしなくても良いという事では無いのですが・・・)実際ホイールが平気だったのに足回りがポッキリ折れた経験あります。無名メーカーのホイールでした。
    • good
    • 0

メーカーが重量を明記しない理由、考えてみました。



全モデルの重量を書くと、「重いモデルが売れなくなるかも」とかのマイナスがあるからかも知れませんね。軽量を謳うモデルのみ重量を書くという手もあるのでしょうが・・・。

あとは、やはり「見た目重視のお客が多い」という事でしょう。大半のお客は純正よりもインチアップ・幅もアップする人でしょうから重量を書く事にあまり意味がない(単純比較する事がナンセンスだから)という考え方もあるかも知れません。他の方が書いている通り、鉄ホイールは案外軽い為、インチアップ+幅アップして同じ重量というのは結構難しいですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんわ。回答ありがとうございます。

結局は、客の側の問題かなぁ。
客が求めなければ、売り手には必要ないものだしね。

ましてほとんどの場合、インチアップで元より重くなっているという事実が
重量という数字を隠さざるをえない本当の理由でしょうね。

それにしても店頭のディスプレイや、
いかにも走りそうなチューニングカーの装着写真を見せられ
アルミ=軽い。という先入観を持たされ、みんな騙されているような気がする。

お礼日時:2005/04/08 00:29

最近の風潮としては単なるファッションなのでしょうね。


自動車メーカーもその辺は分かっている?様で、デザインの凝った
純正アルミやホイルキャップも無いようですし。

一応、ホイルには強度の問題もありますので、
鋳造でデザインを意識してしまうと重くなるのは仕方有りませんね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

こんばんわ。どーもです。

やっぱりデザインが重要なんですかね。
「機能美」ってもんも考えて欲しい気はしますが・・・

そうは言っても流行・廃りのものの悲しさかな(T-T)

お礼日時:2005/04/08 00:20

私も基本的に同意見です。



昔のことになりますが、実際に測定していました。
その結果は、
ノーマルのテッチンホイールは意外と優秀。
自動車メーカーは、ノーマルホイールにももちろん大いに気遣っています。
ホイール製造メーカー(トピー工業など?)は、耐久性が高く、安く、軽い製品作りにシノギを削っているそうです。
で、ノーマルから自分好みのアルミに変える場合、皆さんインチアップとワイド化を図りますが、ほとんどの場合重量増(元の鉄より重い!)です。
軽量化可能なのは、一部の高級鍛造品のみです。
グリップ向上と重量増を考慮すれば、少なくともショックアブソーバー(ダンパー)強化は必須と思われます。

とは言うものの、「ドレスアップ」と言うとおり。
ファッションです。自己満足です。
現実問題として、その安全性は重要ですが、
こと高性能化には全く意味が無いといえます。
サーキット走行するわけではありませんからね。

大金をはたいて、もしくは借金までして、機能的に無意味なドレスアップを喜んでしているからといって、悪いとは誰も言えないことです。
例えば、元々15インチのミニバンに18インチ40扁平なんて!とビックリしますが、本人が楽しんでいるのですから、それでイイのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
鉄っちんは確かに軽いですよね。スタッドレスに使ってますが
夏タイヤから付け替えた直後のあのすっきり感は大です。

だいぶ前、ホイールをぶつけて使えなくなった時、
友人から一時借りた某有名B社の鍛造アルミを持ってかなりのショックを受けたのです。
乗り心地も当然ながら雲泥の差で、それ以来病みつきです。
サーキットとか走る訳じゃないですが、車高調にスタビまで手を入れてます。
最近はオッサン化して、固いのも疲れるのでオリジナルの減衰力設定にはまっていたりして(^.^;
しっかり&しなやかを目指しているけど、金かかってしゃーない・・・

もちろん、好み・考え方の違いがあって当然だし、
見た目重視のドレスアップを否定する気はさらさらございません。
あれはあれでカッコいいと思えるしね。

あくまでも「売る側の姿勢として」どうなのかな?という疑問です。
買う側が気にならなきゃどうでもいいことですが・・・

お礼日時:2005/04/06 20:13

店員さんが仰る、「鍛造の商品」は恐らくノーマルより軽いでしょうね。

鍛造のホイールを作っているメーカーはたくさんありますが、(市販品の場合はそのほとんどが)軽量にする為にわざわざ難しい工程を行っているのですから。

カタログやホームページに重量を記載していない理由はよく分かりませんが・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございます。

ま、確かにその店員の言うように、軽いのはわかりますが、
「たぶん」とかじゃなくて、具体的に数字的根拠を持って売って欲しいなと思うのです。
スーパーの肉にまで例える気はありませんが(^.^;
軽さをウリにしている以上はねぇ・・・
少なくとも10万円以上の高い買い物なわけだし。

メーカーにしてもせっかくいい物作っているのに
なんで重量を書かないのかねぇ・・・

お礼日時:2005/04/06 19:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車のアルミホイールの重さについて

車のホイールについて詳しい方にぜひ教えていただきたいことがあります。
お店の人などにはまだ聞いていませんが・・。

現在フィットハイブリッド、15インチのタイヤで、ホイールはオプションなど選ばなかった為
標準のホイール アルミで8.5キログラムのものがついています。
ホイールの変更を検討してますが、ENKEIというメーカーのALL ONE という商品を
候補にあげています。理由。。車が白なのでホイールも白にするとおしゃれかなと。。。
あとインチアップ?とか全く考えていないので、メーカーの適合車で調べて自分の車にあう
ものを基準にしています。
こういった質問コーナーを参考に読んでいたところ、15インチのタイヤで 4kgのホイールは
軽すぎて運転がしづらくなり、逆に8kgだと重すぎて衝撃がくる、純正は7kgに設定という重さに
ついてのコメントがありました。

候補のものは、4.8kgなのですが、8.5kgのホイールを4.8kgに変更すると運転に支障がでる
ものでしょうか?私は女性で、運転がうまい方ではありません。
あまり小さな運転の支障であれば気がつかないと思いますが、ホイールの変更ってそれほど
運転の感じが変わるものでしょうか?
よろしくお願いします

車のホイールについて詳しい方にぜひ教えていただきたいことがあります。
お店の人などにはまだ聞いていませんが・・。

現在フィットハイブリッド、15インチのタイヤで、ホイールはオプションなど選ばなかった為
標準のホイール アルミで8.5キログラムのものがついています。
ホイールの変更を検討してますが、ENKEIというメーカーのALL ONE という商品を
候補にあげています。理由。。車が白なのでホイールも白にするとおしゃれかなと。。。
あとインチアップ?とか全く考えていないので、メーカーの適合車で...続きを読む

Aベストアンサー

自動車の足回りは各自動車メーカーも苦労して軽量化しています。例えばスポーツ性を重視した車両はアルミ製のアームを使用したりアルミ鍛造ホイールを採用したりします。フォーミュラーカーのタイヤ・ホイールのセットなどを持ってみるとはりぼてのように軽いのでびっくりします。しかし、強度や耐久性、それに価格との兼ね合いが有るので、一般量産車はそこまで徹底して軽量化されていないのが現実です。なので運動性や燃費を重視すればホイールは軽いに越したことはないです。
有名な鍛造ホイールメーカーであるBBSの売り文句で「10kgの鉄の塊を持って走るのは何とかなるが、片側5kgの鉄下駄を両足に履いて走ることは難しい。」というのがありました。全くその通りだと思います。

しかし…。
車にもよりますが操縦性の癖を無くすためにわざと重い目の足回りにしているものもあるそうなので一概にホイール軽量化バンザイ!だとはいえません。重めにすることによって慣性質量が増え、直進性が良くなったりハンドリングに落ち着きが出るのも確かです。例えば独楽を考えてください。軽い独楽は回しやすいけれど停めやすいですよね。独楽自体の動きも落ち着きが有りません。重い独楽は一端回り出すと安定してどっしりと回ります。シビアに見るとタイヤ自体の重量も問題になります。ホイール中心部に10kgの重りを付けて回した場合とホイール円周部に10kgの重りを付けて回した場合と結果が異なるのは分かりますよね。軽すぎて運転がしづらくなった、といのはこういう事からではないかと推察します。

ただ、私なら多少のネガがあってもホイール軽量化を選択します。慣れもあるでしょうし軽い方がエライ、という頭があるもので…。乗り心地についてはタイヤが同一(純正品)であればダンパーの追従性が上がるため良くなります。

自動車の足回りは各自動車メーカーも苦労して軽量化しています。例えばスポーツ性を重視した車両はアルミ製のアームを使用したりアルミ鍛造ホイールを採用したりします。フォーミュラーカーのタイヤ・ホイールのセットなどを持ってみるとはりぼてのように軽いのでびっくりします。しかし、強度や耐久性、それに価格との兼ね合いが有るので、一般量産車はそこまで徹底して軽量化されていないのが現実です。なので運動性や燃費を重視すればホイールは軽いに越したことはないです。
有名な鍛造ホイールメーカーである...続きを読む

Q安くて軽量なホイール

軽量なホイールを探しています。

一般に軽量ホイールと言えば鍛造ですが、何分高価ですよね。
そこで思うのですが、鍛造というのは確かに「高剛性でかつ軽い」というのは分かりますが、鋳造でも容積の少ないものは、重量だけに着目すれば鍛造と同等以上に軽量と考えてよろしいのでしょうか。

別にサーキット走行なと極限の酷使をするわけではないので、究極の高剛性は必要なく、単に軽量化によって乗り心地、走りの軽快さ、燃費の向上が図りたいと思っています。

例えば、以下の鋳造1ピースホイールなら、安くても質が良さそうだなと思っているのですが、これらの物は、こと重量に関しては鍛造の物と比較して劣らないと考えてよろしいでしょうか?
(同サイズのBBS鍛造だと価格が4~5倍です。)

レイズ グラムライツ57G
http://www.rayswheels.co.jp/2009/products/wheel.php?code=GL_57G
エンケイ レーシング RS-M
http://www.enkei.co.jp/jp/products/wheels/rs+m/outline/index.htm
PIAA モトリスモ
http://www.piaa.co.jp/wheel/piaa-web07/moto.html
ウェッズスポーツSA70
http://www.weds.co.jp/products/wedssport/sa70.html#ch_wheel
WORK エモーション CR-Kai
http://www.work-wheels.co.jp/products/wheel_detail.php?id=ITEM&Brand_id=7&Item_id=47

軽量なホイールを探しています。

一般に軽量ホイールと言えば鍛造ですが、何分高価ですよね。
そこで思うのですが、鍛造というのは確かに「高剛性でかつ軽い」というのは分かりますが、鋳造でも容積の少ないものは、重量だけに着目すれば鍛造と同等以上に軽量と考えてよろしいのでしょうか。

別にサーキット走行なと極限の酷使をするわけではないので、究極の高剛性は必要なく、単に軽量化によって乗り心地、走りの軽快さ、燃費の向上が図りたいと思っています。

例えば、以下の鋳造1ピースホイールなら...続きを読む

Aベストアンサー

安価で軽量というとスチール製なんですが(苦笑)

一例としてこんなの
http://www.honda.co.jp/customer/faq-auto/models/fit/wheelweight/index.html

やはり軽量、ということでしたら素直に高価なものになります。(苦笑)

Qタイヤとホィールの重量を調べるサイトを探しています。

タイヤとホィールの重量のわかるサイトがないでしょうか。誰か知っている人お願いします。

Aベストアンサー

スーパーセブンの趣味の方々がデーターを集めたサイトです。
高扁平の重い仕様に興味の無い人たちなので種類も少ないですが、
少しは参考になるかと思います。

http://www.super7.ne.jp/ocean/tyreW2.htm
http://www.super7.ne.jp/ocean/tyreW.htm

高扁平になるとどんどん重くなりますね。
噂ではBSはサイドウォールの剛性に拘るので他社より重いようです。
(重量を出さないのは秘密にしたい為?)

Qアルミホイールの選択の仕方でアドバイスを頂けませんか?

アルミホイールの選択の仕方でアドバイスを頂けませんか?

現行型トヨタヴィッツに乗っています。
タイヤは165/70R14 スチールホイールです。

経年劣化だと思うのですが、タイヤに細かいヒビが増えてきたので、そろそろ交換しようかとカー用品店で見て来ました。
タイヤ(国産有名メーカー品)だけ交換すると26000円(バルブ交換・工賃等、すべて込み)

アルミを買う予定は全く無かったのですが、同じタイヤでアルミセットの商品は36000円(工賃等・すべて込み)。
ナット代が別途1000円ちょい掛るみたいですが、プラス1万円程度でアルミも買えるなら、一緒に買ってしまおうかと。
ただアルミは聞いた事も無いメーカー品でした。

さらにこれに1万円プラスすると、ブリヂストンか横浜ゴムのアルミを選択できました。

店員さんからは安い方の有名ではないメーカーのアルミでも、当然ながら品質試験をパスしている商品なので、使用に関しては全く問題ないと伺いました。デザインの気に入った方を選んで問題無いそうで。

わたし的には、どちらかと言えば安い方のアルミのデザインが気に入っています。

ただ、やはり有名メーカーのアルミの方が品質的に安心なのではないかと躊躇しています。

有名メーカー品とは言え、当然ながら廉価グレードでしょうから、それなりの品質だとは予想しています。
車もヴィッツですから、超高級車やリアルスポーツカーのようにアルミの重量やバランスに極度にこだわる必要も無いですし・・。

ネットで色々なタイヤショップのHP等を読んでみたところ「安い無メーカーアルミでは、タイヤと組んだ時にバランスがとりきれないほど、ひどい物がある」なんていう記事もありました。
なので、聞いた事も無いメーカー品よりは、やはりブリヂストンや横浜のアルミの方がホイールバランスもある一定レベルを満たしているとか、そういう違いがあるものなのでしょうか?

店員さんは「別にブリヂストンや横浜が作ってるってわけじゃないです」とは言っていたのですが・・。

すいません、最後にもう1点・・。

純正スチールホイールのリム幅は「5J」です。
有名で無いメーカーのアルミでは「5J」と「5.5J」が選べました。
ブリヂストンと横浜は、たしか「5.5J」のみだった記憶・・。

これもどちらでも問題無いと伺ったのですが、仮に有名で無いメーカーのアルミを選択した場合、出来れば純正と同じ「5J」を選択した方がいいのでしょうか?

長々と書いてしまいましたが、よろしくお願いします。

アルミホイールの選択の仕方でアドバイスを頂けませんか?

現行型トヨタヴィッツに乗っています。
タイヤは165/70R14 スチールホイールです。

経年劣化だと思うのですが、タイヤに細かいヒビが増えてきたので、そろそろ交換しようかとカー用品店で見て来ました。
タイヤ(国産有名メーカー品)だけ交換すると26000円(バルブ交換・工賃等、すべて込み)

アルミを買う予定は全く無かったのですが、同じタイヤでアルミセットの商品は36000円(工賃等・すべて込み)。
ナット代が別途1000円ちょい掛るみ...続きを読む

Aベストアンサー

■最近は、安いアルミが多いですね。我が家の軽自動車もその手のアルミを使用しています。通販で購入しました。格安アルミホイルでもホイールバランスをとれば、高速でも安定して走れます。

■リム幅はタイヤの扁平率には関係なく、タイヤごとに決められています。
 タイヤとリムの結合を保障するサイズです。
例:
http://toyotires.jp/size/teoplus60.html
この例では、175/70-R15のタイヤは、4.5インチから5.5インチまで使用できます。
タイヤのカタログで、そのリム幅を保証している限り問題はありません。

Qアルミホイールの利点って?

初心者的な質問なのですが、
アルミホイールの利点って、何なのでしょうか?

「デザイン的にかっこいい。」等外観の他に、です。

また、もしスチールホイールに比べて
デメリットがあるならば、それも教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

アルミホイールの最大の利点と言えば、やはり、
スチールホイールに較べて軽量な事でしょう。
ホイールやタイヤなど、サスペンションよりも
本体寄りでない物(地面寄りの物)の事を『バネ下』
と呼んだりしますが、バネ下重量が軽くなると、
それだけ、脚回りに余計な慣性がかからなくなりますので、
走行性能が少し良くなります。サスペンションの動きに
余計な慣性がかからなくなる為、タイヤの路面追従性が
良くなったり、極端な話、ハンドルを激しく左右に切る
場合なども、切り易くなるハズです。
当然、慣性は回転方向にも働きますから、軽いホイール
を使えば、加速性能も良くなる事が期待できます。

よく言われるのが、『バネ下重量の軽量化は、バネ上の
軽量化の10倍効く』と言う事です。つまり、ホイール1本
1kgずつ軽量化すれば、4本で4kg、それが、トータル車重の
40kgの軽量化に匹敵すると言う事になります。40kgも
痩せるのは大変ですからねぇ(車を軽くしろって?)。

ただし、これはちゃんと作られたアルミホイールの場合で、
メーカー純正のアルミホイールなどでは、溶かしたアルミを
鋳型に流し込んで成形する『鋳造』のホイールを使って
いたりしますが、鋳造の欠点は、金属の組成的に、脆く
なってしまう点で、それを補う為には、余計な肉を付けて
余剰強度を稼いでおかなくてはなりません。その為、
スチールホイールに較べて、重量的なアドバンテージが
あまり得られていない物もある様です。そうなるとメリット
としては、プレス(打ち抜き』のスチールホイールに較べて
鋳造(キャスト)の方が形の自由度が高い為、見た目の
カッコ良さを求めたり、ブレーキへの冷却の為の送風を
有利にできるデザインができたり、と言う物だと思います。

ホイールメーカーが出している、高いアルミホイールは
金属を叩いて成形する『鍛造』と言う方法で作られて
いる物が多く、鍛造ですと、金属の組成が鋳造に較べて
強固である為、同じ強度のホイールであれば、鍛造の方が
軽く作る事ができます。
本当に軽いアルミホイールを使えば、燃費の向上などにも
役立つかも知れませんね。

アルミホイールの欠点としては『変形に弱い』と言う事
でしょうか。例えば、穴にハマッたとか、縁石を踏んだ
とかで、ホイールを曲げてしまった場合。少しの変形で
あれば、アルミでも修正はできるのですが、あまり大きな
変形になると、鋳造だと、まずその変形に耐えられずに
割れてしまう場合があります。鍛造であれば、もう少し
強いかも知れませんが、元々アルミと言うのは、そんなに
強い金属ではありませんので、やはり割れてしまう可能性
はあります。警察車両やタクシーなどがスチールホイール
を使っているのには、価格が安いと言う事以外にも、
この修復のし易さ、と言うのも、理由になっているのかも
知れませんね。

アルミホイールの最大の利点と言えば、やはり、
スチールホイールに較べて軽量な事でしょう。
ホイールやタイヤなど、サスペンションよりも
本体寄りでない物(地面寄りの物)の事を『バネ下』
と呼んだりしますが、バネ下重量が軽くなると、
それだけ、脚回りに余計な慣性がかからなくなりますので、
走行性能が少し良くなります。サスペンションの動きに
余計な慣性がかからなくなる為、タイヤの路面追従性が
良くなったり、極端な話、ハンドルを激しく左右に切る
場合なども、切り易くなるハズです。
...続きを読む

Qセンターハブ径があわない?

欲しい中古のアルミのサイズで
純正アルミとサイズぴったりなのですが
唯一センターハブ径が純正56(センチ?)にたいして
72なのです。小さくてはまらないより
ぶかぶかでもはまるからいいかとか思うのですが
聞くと、ちゃんとセンターがでないから
がくがくした乗り心地になるとか言う人もいます。

ほんとのところどうでしょう、56にたいしての
許容量はどのくらいまでなのでしょう。
その数字によっては今ほしいアルミをあきらめようかとも思っています。(振込寸前)

Aベストアンサー

No.7 No.10 です。

現時点で私のNo.10に対する「回答に対するお礼」はまだ頂いておりませんが、No.9さん“まで”の「回答に対するお礼」を拝見させて頂きましたところ、hololon様はホイールについてはお詳しいわけではなく、一般的な知識のかたのようですね。そうしますと、「ハブリング」という単語が出てきたあたりから、余計に混乱してしまう結果になってしまっているようで、もう少し分かりやすくなるお手伝いが出来ればと思いまして少し補足させて下さい。


質問の「小さくてはまらないより」より:
たしかに、車側のセンターハブよりホイール側のセンターボアが小さいですと物理的に取り付けられませんが、大きい分にはなんら問題はありません。車によってはハブに出っ張りなんて無い車(ボルトしかない)だって有る位です。
国産車であれば、わざわざセンターボアの合うホイールを探してくる必要もありません。ホイール側の方が大きければそれで良しです。
センターボアの合うホイールなんて、純正ホイール(スズキスポーツ含む)しかありません。(超例外的に、市販品で専用設計が有る場合はありますが。)


「ちゃんとセンターがでないからがくがくした乗り心地になるとか言う人もいます」について:
たしかにそういう人はいますが、変なボルトの締め方をしなければがくがくはしません。ショップでインパクトレンチ(プシュンババババと音がするボルト締め付け工具)で締め付けられたときには特に要注意です。あとで自分でジャッキアップしていったん緩めてから、下記 No.10 のやり方でやり直しておいて下さい。
「ハブリングは絶対に必要だ!」と言う人がたしかにいますが、べつに私はその意見に反論は致しませんが、たいていの場合はハブリング無くても何の問題も無いことがほとんどです。
ホイールを取り付けるときに、ほんの少し時間をかけて丁寧に取り付ければ、ハブリングがあるのと同じ位の精度で取り付けできます。


「ほんとのところどうでしょう、56にたいしての許容量はどのくらいまでなのでしょう」について:
56より大きければ何でも大丈夫です。
ニュースイフトのセンターハブのサイズはまだ分かりませんが、仮に56ミリだとして、ホイール側ボアが57ミリもあれば、67ミリでもそれ以上でももう変わらないでしょう。変わらないので、何を選んでも大丈夫です。
“許容量”の意味が、“センターハブボアを合わせる事による恩恵”でしたら、純正と全く同じサイズのセンターボアだけです。
ところで、現在、純正のホイールとセンターハブとは、前輪後輪とも、すき間無くぴったりくっ付いていますか?


ハブとボアのサイズをあわせるメリット:
タイヤホイールを車体に取り付ける作業が少し楽になります。
ラリーにでも出場するのでしたら、合わせた方が合わせないよりはよいです。ジャンプして接地したときなどにボルトが折れるリスクを減らせます。


ハブリング購入にあたって。
もしハブリングを購入される場合は、ハブリングの外寸はホイールセンターボア内にぴったりすき間無く入り、ハブリング内寸は車側センターハブにぴったりすき間無くはまるようでなければ全く意味がありません。前輪と後輪とではセンターハブにサイズ違いがある場合もありますため、お気を付け下さい。


ハブリングの問題点:
No.8様がご説明下さっております。そのほかには、
ハブは鉄製なのですが、これが錆びてハブにハブリングががちがちに張り付いてしまうことがあります。こうなるとパンクの時スペアタイヤが付けられなくなりどうにもならなくなります。
ホイールに付けたら二度と取れないタイプのハブリングもありますが、せっかくのホイールを別の車につけようとしたらハブリングが邪魔で付かなかったなんてことになります。


以上のことから、今回のhololon様のご質問の答えは、「お車のセンターハブより大きいボアのものであればなんでも良い。」です。
ハブリングのことは忘れてしまってよいと思います。
万が一、購入された中古のホイールがぐらぐらしましたら、真っ先にハブリングを疑うことはしないで下さい。中古の場合、キズが全く無くてもホイールの歪みや変形がある場合があり、それが原因でぐらぐらすることの方が可能性としてはずっと高いです。


最後に、No.10 のところの(1)の「ナットを1ミリ位ずつ緩め」の1ミリは、指でナットをほんのわずか緩めると言う意味です。角度にして6゜位です。ぐるり288゜も左に回して緩めないで下さい。
No.10 に記載しました通りに取り付けて下さい。


もし、ボルトが折れることが心配でしたら、トルクレンチをご購入されてはいかがでしょうか。4本のボルトが均等に適正トルクで締め付けられていませんと、ボルト一本だけに無理な力が掛かり続け、折れてしまうことがあります。

No.7 No.10 です。

現時点で私のNo.10に対する「回答に対するお礼」はまだ頂いておりませんが、No.9さん“まで”の「回答に対するお礼」を拝見させて頂きましたところ、hololon様はホイールについてはお詳しいわけではなく、一般的な知識のかたのようですね。そうしますと、「ハブリング」という単語が出てきたあたりから、余計に混乱してしまう結果になってしまっているようで、もう少し分かりやすくなるお手伝いが出来ればと思いまして少し補足させて下さい。


質問の「小さくてはまらないより」より:
た...続きを読む

Qアルミホイールの性能に差はあるでしょうか・・・

通販でスタッドレスとアルミをセットで購入したいと思っています。

スタッドレスの第一候補がヨコハマアイスガードトリプルプラスなのですが、
購入しようと思うセットの商品のアルミが、ブランドルというものです。
フジコーポレーションというお店です。

もうひとつが、他店ですが、上記より3000円くらい安いのですが、
ダンロップDSX-2で、アルミがZACK JP-101 というもので、
アルミは、塩水腐食防止加工済となっていました。

アルミの差や値段も気になり、ダンロップのタイヤにしようか、
それとも、アルミは別に大差ないなら、タイヤ重視でヨコハマにするべきか。

車はスバルインプレッサG4 4WD で、こちらは北海道です。
アドバイスいただけると助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こちらも北海道です。

どんな加工が施してあっても、必ず融雪剤の影響を受けてサビてボロボロになります。
高価なホイールは無用だと思います。

それに自分が思うほど他人は他人の車のホイールなど興味を持っていません。
まして冬のタイヤですし、大抵走ればすぐに汚れます。

私は適当に軽くて安い、洗車の時汚れが落としやすいデザインを選んでいます。

QBBSとRAYSの違い(差)

基本的にはBBSが欲しいのですが(有名、F1多数)、RAYS VOLK RACINGと比較すると、BBS最軽量、高剛性のRG-Rでさえ、1キロ以上重いです。LMに限っては2キロぐらい重くなります。バネ下重量1キロで車体側15キロの-になると言われています。RAYSも知名度、性能共に申し分ないのですが、BBSは軽い、高剛性のイメージがありましたが、昔の話なんでしょうか?それともBBSにはさらに何か秘密があるのでしょうか?
詳しい方教えてください。サイズは17×7.5です。

Aベストアンサー

耐荷重・許容重量に違いがあるかもしれないですね。

どちらも鍛造アルミホイールの技術的うんちくはサイトに載っていると思いますし、国内安全基準JWL[JAPAN LIGHT ALLOY WHEEL]の条件を満たしているのは確かですが、それ以上どのくらいの耐性・性能であるかは書かれていないようです。
おそらくホイール本体に書かれている許容重量も、双方のメーカーのテスト方法が違うと思われるので、同じ数値だったとしても最終的に破損や変形が起きる重量・条件は違うと思います。

100という強度保障をしていても、102で変形するのか106で変形すら起こらないのかとかは差が出るところでしょう。
レースシーンの重量負荷よりも、一般道での路面状況悪での負荷にどれくらい耐性を持たせるかの違いも各社の考え方に差があると思います。

どちらを選ぶかは個々の判断で良いと思います。

Qアルミホイールの重量増による乗り心地改善

いつもお世話になります
ふと気になったので質問させていただきます
最近日産に言ったときに現行シーマのカタログを見ていました
その中に気になる記事がありました
乗り心地を良くする為にアルミホイールの重量を増やした
と書かれている一文です
ここのサイトで調べても軽量化すれば乗り心地は良くなると書かれている方が多数見受けられます
どちらが正しいのでしょうか?
ディーラーに聞いたらトータルバランスで乗り心地を作っているから重量増も有りかな
とのことでした
皆さんのご意見お待ちしています

Aベストアンサー

おかしな話ですね~。
同じ最新シーマのオプションカタログのアルミホイールの売り文句がこう書いてあります。
「路面追従性、ハンドリング、放熱性が向上。鉄製スチールホイールと比べ軽量なアルミニウム素材は走行性能などに様々な効果を発揮します」

軽量アルミホイールも重量を重くしてあるって事でしょうか。

いずれにしても、純正アルミホイールは強度を十分に確保するためにかなり重いですから、へたをすればスチールホイールの方が軽いなんてのも見たことがあります。

ばね下をわざと重くしてバランスを取るという考えも少々無理があるように思いますよ。
結局そのしわ寄せはダンパーとスプリングに負荷が掛ってくるわけですから、より高性能な物が必要になってくるはずです。
ばね下を重くするという事は、タイヤの上下動の慣性が大きくなるという事で、その慣性を抑え込むためのパワーと緻密な精度がダンパーに要求されます。
解りやすく言うと、慣性が大きいと、ウォッシュボードのような連続した小さな上下動に対して反応できなくなり、振動が吸収されなくなるという事、そのような開発に負荷が掛るようなことを敢えて行うのかが疑問に思います。

強いて肯定するならば、速度域が低く、路面の綺麗な日本仕様として、コストダウンを誤魔化すセールストーク。
これならば納得いきますが・・・(笑)

おかしな話ですね~。
同じ最新シーマのオプションカタログのアルミホイールの売り文句がこう書いてあります。
「路面追従性、ハンドリング、放熱性が向上。鉄製スチールホイールと比べ軽量なアルミニウム素材は走行性能などに様々な効果を発揮します」

軽量アルミホイールも重量を重くしてあるって事でしょうか。

いずれにしても、純正アルミホイールは強度を十分に確保するためにかなり重いですから、へたをすればスチールホイールの方が軽いなんてのも見たことがあります。

ばね下をわざと重くしてバランス...続きを読む

Q17インチホイールの一般的な重量

いつもお世話になってます。

17インチアルミホイールで5本スポークの1本あたりの一般的な重量ってどの位なのでしょうか?

9kgというのは重い方なのでしょうか?
それとも一般的?


購入に対して参考にさせて頂ければと思います。


宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#3.4です。

>別に50とかでも良いんですか?

えっとですねぇ・・・
質問者さんのお乗りの車種や純正サイズがわからないので
50でもいいのかと聞かれても正直 答えられません(笑

タイヤ幅とタイヤ内径(=ホイール径)が同一で扁平率が変わると
タイヤ外径が変わるというのはご理解されてますよね。
このタイヤ外径を純正サイズの外径の近似値になるようにサイズをチョイスします。
質問者さんの純正サイズから215-45-17が近似値になるのでしたら
そのサイズをチョイスするようになりますね。

質問の中で17インチ・7Jとの情報だけしかありませんでしたので
#4では車種関係なく 単純に7Jに215幅のタイヤを履かせる場合の
扁平率(40・45・50・55)で回答しました。

>また燃費は45で太いタイヤか50で細いタイヤどちらが良いのでしょうか?

これは後者(50で細いタイヤ幅)の方が燃費には若干有利ですね。
でも1サイスでしたら走らせ方次第でどうとでもカバーできる範囲だと思います。

>実際メーターの誤差(スピード・走行距離)ってどの位なんでしょう?

これも純正サイズがわからないとなんとも・・・です。
こうゆう時に便利なページがあります。

http://www10.plala.or.jp/cutism/other_size.html

ここでサイズ情報を入力して計算をクリックすると誤差を計算できます。
フリーで使えますので活用してください。

参考URL:http://www10.plala.or.jp/cutism/other_size.html

#3.4です。

>別に50とかでも良いんですか?

えっとですねぇ・・・
質問者さんのお乗りの車種や純正サイズがわからないので
50でもいいのかと聞かれても正直 答えられません(笑

タイヤ幅とタイヤ内径(=ホイール径)が同一で扁平率が変わると
タイヤ外径が変わるというのはご理解されてますよね。
このタイヤ外径を純正サイズの外径の近似値になるようにサイズをチョイスします。
質問者さんの純正サイズから215-45-17が近似値になるのでしたら
そのサイズをチョイスするようになりますね。

質...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング