教えて下さい。子供用にポリ塩化ビニル製のボールを買いました。

そこには「環境にやさしい(非フタル酸系可塑剤使用)」と書いてあります。
環境ホルモンとか影響ないのでしょうか?
環境にやさしい、とありますが、子供に影響あるかも、と心配しつつ遊ばせてます・・・。よくないでしょうか。

アドバイスよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

溶剤の揮発性物質は、蒸発しています。


非フタル酸系可塑剤使用・・・これは、柔らかを維持する為に、普通に使用しています。

別に食べる訳ではないので、問題ありません。
ご心配でしたら、口にくわえさせないように、注意してください。

この回答への補足

>(非フタル酸系可塑剤使用)」
すいません、間違えました。↑使用ではなく、不使用、です!
さっそくの回答、有難うございました。蒸発してますか・・・。お風呂に入れたがるのですが、やめたほうがいいでしょうか(^^;

補足日時:2005/04/09 20:23
    • good
    • 0

エンビの場合.可塑剤として.ステアリン酸鉛というものが使われている場合があります。


この場合.唾液程度で結構溶け出して.鉛中毒になるばあいがあります。
ただし.日本の鉛中毒の認定は.ヘム系色素の変化で認定しますので.多くの場合治療の対象とはならず「心因性である」との診断がだされ放置されます。
怒り易い・常に不機嫌等の各種神経障害で苦しむ場合があります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答有難うございます。恐い話ですね。気をつけていないと、知らずに使ってることになりそうですね。

お礼日時:2005/04/12 19:28

>(非フタル酸系可塑剤使用)」


すいません、間違えました。↑使用ではなく、不使用、です!

補足が混乱している様なので、もう一度見て下さい。その表記によって回答が全く違うものになります。
環境ホルモンと言われる可塑剤は「フタル酸系」のものです。従来はこれを使用していましたが、環境に良いとうたっているものにはこの可塑剤は使用されていません。よって表現としては「フタル酸系可塑剤不使用」となります。
「非フタル酸系可塑剤不使用」だとフタル酸系可塑剤を使用している世間で言う環境に悪い商品と言うことになります。
しかし、そういう商品でも口に入れてずっとなめているとか食べたとか極端な事をしなければ問題ないと思います。

塩ビの可塑剤としては「グリセリン酢酸脂肪酸エステル」使用のものが、他のものより安全性が高いと思います。使用品は少ないですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご指摘のとおり間違った補足を書いてしまいました。

●「非フタル酸系可塑剤使用」が正しい表記です。

間の抜けたことを書いてしましました・・・。混乱させてしまいすいません(><)ご丁寧な回答、有難うございました!

お礼日時:2005/04/12 19:22

NO.1です。



>お風呂に入れたがるのですが、やめたほうがいいでしょうか(^^;

正直に申しまして、全く問題有りません。
ポリ塩化ビニル製は、高分子の重合体です。
食べない限り、害は有りません。

現在では、色々な所に使われています。
むしろ、アルミ製のなべの方が危険性が有ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたび有難うございました!
アルミ製なべの方が危険ですかぁ。我が家では使用しておらず、よかったです。

お礼日時:2005/04/12 19:25

ご心配なようでしたら、熱湯で十分洗ったら水溶性の成分は溶出してしまいますから、通常の使用なら差し支えないと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。熱湯で洗う技もあるのですね。でも、変質しそうなので、そのまま使用することにします(^^

お礼日時:2005/04/12 19:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフタル酸

o-キシレンを酸化するとフタル酸が得られるのは知っているのですが・・・。
フタル酸またはフタル酸エチルメチルを酸化するとどうなるのでしょう?
反応の仕方がよく分からないので、完全酸化すると何分子の酸素が必要で、生成する二酸化炭素と水の分子個数も教えてくださると嬉しいです!!

Aベストアンサー

フタル酸の組成式を見れば分ります。
C8H6O4、2分子のCO2を差し引くとC6H6でベンゼンと同じ量の酸素が必要。生成物もベンゼン燃焼産物にCO22分子を足し直せば良いだけ。
だからフタル酸メチルエチルもエチルメチルベンゼンと同じ、と考えて計算してみて下さい。

Qポリ塩化ビニルとポリ塩化ビニリデンの見極め方

分光学的手法をもちいてポリ塩化ビニルとポリ塩化ビニリデンを見極めることは可能でしょうか。また、これらに関係するハロゲン化有機化合物の有用な吸収帯をおしえてください。

Aベストアンサー

双方の赤外吸収スペクトルを測定されればよいかと思います。ポリ塩化ビニリデンの方が対称性が良いため,吸収ピークの本数は少ないと思いますので,見極めは容易かと思います。

Qフタル酸水素カリウム-緩衝溶液について

0.1Mフタル酸水素カリウム溶液に0.1MHClを添加して中和曲線を描く実験をして、フタル酸水素カリウムが緩衝溶液として働くことを学んだのですが、

フタル酸水素カリウム{C6H4(COOH)(COOK)}はどうして緩衝溶液の効果があるんでしょうか?そもそもフタル酸水素カリウムって、どういうイオンを生じるんでしょうか?

分かる方いらっしゃったら教えてください。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

緩衝に関する正しい理解をするには,その辺の適当な説明を鵜呑みにしてはだめです.大学レベルの教科書でも,不十分な説明のものが非常に多いのが現実ですので.

こういってはなんですが,#1 の説明もいただけません.

>H+を添加すると、
>C6H4(COOH)(COO-) + H+ → C6H4(COOH)(COOH)
>となって、H+濃度はあまり変化しません。

ということはフタル酸2カリウムでも
>C6H4(COO-)(COO-) + H+ → C6H4(COOH)(COO-)
となるはずだからH+濃度は変わらないので緩衝するってことですか?
やってみればわかりますが,緩衝しませんね.

そもそも,この滴定の実験からわかることは,
「フタル酸水素カリウムが緩衝溶液になる」
ではなくて,
「フタル酸水素カリウムに塩酸を加えてpHを少し下げると緩衝液になる」
のはずです.
しかし,質問に書いてある条件の滴定だと pH 4くらいから始まって,pH3前後が本来の緩衝域だけど,塩酸を倍量入れても pH 2を切るくらいにしかならないから,当量点さえはっきりとはわからない滴定曲線で,緩衝の実験としてはそもそもとても不適切だってのもありますけどね.

なんにしても,せめてペリン,デンプシーの「緩衝液の選択と応用」くらいは読みましょう.

緩衝に関する正しい理解をするには,その辺の適当な説明を鵜呑みにしてはだめです.大学レベルの教科書でも,不十分な説明のものが非常に多いのが現実ですので.

こういってはなんですが,#1 の説明もいただけません.

>H+を添加すると、
>C6H4(COOH)(COO-) + H+ → C6H4(COOH)(COOH)
>となって、H+濃度はあまり変化しません。

ということはフタル酸2カリウムでも
>C6H4(COO-)(COO-) + H+ → C6H4(COOH)(COO-)
となるはずだからH+濃度は変わらないので緩衝するってことですか?
やってみればわかりま...続きを読む

Qポリ酢酸ビニルからのポリビニルアルコールの合成

ポリ酢酸ビニルを加水分解(けん化)して、ポリビニルアルコールを合成したら重合度が原料のポリ酢酸ビニルよりも低下してしまいました。これは一般によくあることらしいのですが理由がわかりません。ポリビニルアルコールの一部が水に溶け出したのでしょうか?どなたかご助力お願いします。

Aベストアンサー

ポリ酢酸ビニルの構造は
(-CH2-CH-)_n
    l
   OCOCH3
(nは下つきです)
ですが、この
OCOCH3のメチルの部分にラジカルが生じることがあります。(というか生じてしまいます)
つまりOCOCH2・
となってここからも成長が始まってしまいます。
すると
(-CH2-CH-)_n
     l
    OCOCH2(-CH2-CH-)_n'
               l
               OCOCH3
などという構造になります。(こう書いてしまうとすべてのOCOCH3がほかの酢酸ビニルと反応してしまうみたいに見えますね・・・。実際はどうなのかよく自分も分かりませんが)
まぁそれはともかく・・・。
これが酢酸ビニルの実際の構造です。つまりこれをけんかすると
(-CH2-CH-)_n
     l
     OH

HOOC-CH2(-CH2-CH-)_n'
             l
            OH
になります。
このようになるためポリビニルアルコールの重合度が減少します。

・・・なんか分かりにくい説明ですいません。

ポリ酢酸ビニルの構造は
(-CH2-CH-)_n
    l
   OCOCH3
(nは下つきです)
ですが、この
OCOCH3のメチルの部分にラジカルが生じることがあります。(というか生じてしまいます)
つまりOCOCH2・
となってここからも成長が始まってしまいます。
すると
(-CH2-CH-)_n
     l
    OCOCH2(-CH2-CH-)_n'
               l
               OCOCH3
などという構造になります。(こう書いてしまうとすべてのOCOCH3がほかの酢酸ビニルと反応してしまうみたいに見...続きを読む

Qフタル酸だけ特別にイソ、テレと呼ぶいう理解で良いですか?

お願いします。高校範囲の有機で教えていただきたいのですが
例えば、キシレンならオルト、メタ、パラと表記するようなベンゼンの
置換をフタル酸だけ、フタル酸、イソフタル酸、テレフタル酸と表記されています。
高校範囲の有機ではフタル酸だけが特別にそう表記するという理解で良いでしょうか?
ご教授よろしくお願いします

Aベストアンサー

それは「慣用名」と云う奴で、フタル酸の場合「歴史的」に、
分子内で無水物を作れるオルト位置のものが「先にありき」で接頭辞の無いフタル酸。
カルボン酸が「離れた」位置(パラ位)にあると(テレビ=テレ・ビジョン、tele-vision、遠く-見る)テレ-フタル酸。
他のと違うと云う意味でイソが付いてメタ位のものがイソフタル酸。
と云うことになっております。
慣用名は不条理です。

Qポリ塩化ビニルについて

ポリ塩化ビニルの、シンジオタクチック、イソタクチック、アタクチック構造の特性が調べても分からないので教えてください。

Aベストアンサー

PVC(ポリ塩化ビニル)は、工業的には、ほとんど懸濁重合で作られています(一部は乳化重合)。構造はわからないのですが、シンジオタクチックでしょうか?
実験室的には、色々な構造のPVCを作製できるのかもしれませんが、商業的には、色々な構造のPVCは存在しないと思います。

QPETはフタル酸エステル?

メーカーで環境調査業務を行っています。
客先からフタル酸エステルの調査を依頼されたのですが、PETはフタル酸エステルにあたるのでしょうか?
PETは無害とされていますし、今日問題とされている有害なフタル酸エステルには該当しないと思うのですが…。
ご回答頂けますよう、お願いいたします。

Aベストアンサー

環境関連の話でフタル酸エステルといえば、一般的には可塑剤として使用しているフタル酸ジエステルのことをさしていると考えてよいと思います。
したがって、PETは対象外でしょう。

ただし、ポリマー化しなかったものが混入している可能性があるのなら、一度分析したほうがよいと思います。フタル酸ジエステルが検出されれば、言い訳が難しいでしょう?

Qポリ塩化ビニルの穴を塞ぐ方法

お世話になります。
買ったばかりのバランスボールですが、すぐに空気が抜けるようになりました。
お風呂に持ち込んで調べたところ何かの針のようなもので穴が開いてしまっているのがわかりました。
バランスボールの材質はポリ塩化ビニルです。
この穴を塞ぐにはどうすればよいでしょうか?
ホームセンターに行ったところ、自転車用のパンク修理セットが\250であったので、これで塞げればよいのですが、ポリ塩化ビニルとゴムとは別物なので購入をためらっているところです。
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

軟質塩ビ用の接着剤を使用します。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
使い方もゴム用と異なります。

Q無水フタル酸からのFriedel-Crafts反応

無水フタル酸のFriedel-Crafts反応について質問です。生成したアントラキノンの粗結晶をアンモニア水で洗うという作業があるのですが、調べてみるとこの作業は未反応の無水フタル酸を完全になくす為とありました。しかし、それをレポートに書いたら「無水フタル酸が未反応であることは無い」ときっぱり返却レポートに書かれてしまいました。でも収率は100パーセントではなかったし・・・分からなくなってきました。どなたか「生成したアントラキノンの粗結晶をアンモニア水で洗う作業」を行う理由を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

アンモニア水で洗うという事は何か酸性物質を除くという事ですから、
1:無水フタル酸ではなくそれが加水分解して出来たフタル酸を除くため
2:F-C反応でのアシル化はルイス酸触媒を理論的には1.1当量(今回の場合は2.1当量)以上必要となるので、その触媒を除去するため。尚、アルキル化の場合は触媒量有れば良い(理由は教科書を読めば書いて有る)。

Q化学:ポリ塩化ビニルと他のもの

ポリ塩化ビニルとその他の化学物質で、ポリ塩化ビニルの製品には、「印刷」において文字が掘ってある(これはPVC等)でありますが、その他の化学物質には「印刷ではなく掘ってあります」
何故、PVCは「印刷」で記載されているのでしょうか?
それは、可塑性やPVCの特性に関連しているのでしょうか?
どなたか、お分かりの方教えてください。
お願いいたします。

Aベストアンサー

プラスチック類の材質表示等については、「JIS K6999-2004 プラスチック-プラスチック製品の識別及び表示」に規定されています。
これによれば、PVCについて特別な規程はないので表示については他のプラスチック製品と同様のはずです。

・金型に記号を彫り成形過程で行う。
・ポリマーのエンボス加工,メルトインプリント(刻印押し)
・その他で読みやすく,かつ,消えない表示方法で行う。

となっているので、「印刷」はないでしょう。

質問の「「印刷」において文字が掘ってある」というのがどういう状態なのか不明ですが、「印刷」だけというのはないと思います。印刷だけというなら、一時的な識別か、機能その他で表示しにくい部分での表示ではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報