半導体製造装置向けに耐オゾンに耐えられる静電塗装のフッ素樹脂コーティングを探しています。
原料メーカー及びグレードをご存知でしたらお教え願います。

A 回答 (2件)

耐オゾン性に関してはどのフッ素樹脂も優れているようです。

NALGENE Labwareカタログ(ナルジェヌンクインターナショナル)によれば、FEP, TFE, PFA, ECTFE, ETFEすべて耐オゾン性"AA"(20℃および50℃で30日間の反応でダメージなし)となっています。

原料メーカとしてはやはりデュポン(日本では三井・デュポンフロロケミカル)ですが、自社でコーティングされるのでしょうか?下地処理や樹脂の焼成などがあるので、専門メーカに頼んだほうがよいと思いますが。コーティング会社として吉田SKT(参考URL)を挙げておきます。

参考URL:http://www.y-skt.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2001/09/09 20:13

半導体製造装置向けのコーティング会社として、こんな会社もありました。


詳細な説明がHPにありましたので、ご覧になってみたら参考になるかも?

参考URL:http://www.nipponfusso.com/ja/tec_pro/semicon.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2001/10/15 23:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフッ素樹脂なぜ静電気を帯びやすい?

フッ素樹脂(特にPTFE)が静電気を帯びやすい理由が理解できません。
フッ素樹脂(特にPTFE)は分子内の原子配列が緻密で対象的で分極は小さいのでほぼ極性はありませんが、極性が小さいことと、静電気を帯びやすいことは関係ないのでしょうか?私は極性が大きい方が静電気を帯びやすい気がするのですが。
 フッ素樹脂(特にPTFE)が静電気を帯びる場合、FとCのどちらが電子を引き寄せるのでしょうか?
Fの外殻が電子を引き寄せる?それとも分子内の極性により+のCが電子を引き寄せる?どちらでしょうか?
 マイナスに帯電した塩化ビニルをフッ素樹脂に近づけると電子はフッ素樹脂に移動しますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大雑把な説明になりますが、

それぞれの原子核についている電子には、最も安定な数というものが
あります。
分極が大きいと、その安定な数から電子が抜かれ、不安定な隙間が開くことになりますなるわけですが、
こういった、不安定な隙間はよそからの電子を受け入れ、また放出し易く、電気の逃げ道となります。
逆に、このような不安定さがない物質は、溜まった電気を逃がすことが
出来ずに帯電し易くなります。

Fは既にCより電子をとり、やや安定な状態になっているので、C(+)へ引き寄せられると思います。

電気の通り道がないため、積極的に移動はしないと思われますが、
同様の理由で、わずかに移った電気はそのまま残留し、帯電の原因
となると思われます。

Qフッ素樹脂コーティングと母材の熱による剥離について

初心者です。
PTFEやPFA等、フッ素樹脂コーティングについて質問です。

これらのコーティングがされている市販のフライパン等、かなりの高熱にさらされるものでも線膨張係数による剥離という問題をあまり聞くことがありません。

例えば鉄にこれらのコーティングをしていたと仮定すると、鉄→1.2×10^-5 /℃ で、フッ素樹脂コーティング →10×10^-5 /℃ となり、10倍近い差があります。

これだけの差があると、100℃の熱でも母材の大きさによっては、それぞれの実膨張寸法が大きく異なる為、剥離する可能性があるのではないかと・・・?

あるメーカーサイトでは、「樹脂コーティング時に残留応力があるが、収縮側の応力である為、熱によって応力が緩和方向に働くため、剥離しにくい」 とありましたが、いかがでしょうか?

Aベストアンサー

そのために、コーティングする金属を酸で腐食させて緻密でかつ深いエッチング処理をしてから塗布されます。塗布するときは高温で融解させて同時に高分子化させる--熱硬化性樹脂--のために普段は無理やり押し縮められている状態です。

 フライパンに使用する最大の利点は、それでも劣化するために寿命が短く回転率がよいため、利益が上がるからです。本来は通常の鍋に使うと良いのですがね。

Qフッ素樹脂の溶媒

教えて下さい。フッ素樹脂を溶かすような溶媒は存在するのでしょうか?フッ酸溶液中にガラスを入れると溶けるように、フッ素樹脂基板を溶かすような溶媒について教えて下さい。宜しく御願いします。

Aベストアンサー

フッ素樹脂と言いましても、幅広いのですが

有名な材質として、テフロン(デュポン社商標)と言われる

PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)で回答致します。

テフロンは、非常に耐薬品性に優れ、有機溶剤や酸・アルカリ

薬液で分解されません。

金を溶解する王水や逆王水でも溶解しません。

溶かす⇒変形や減肉すれば良い と言う定義で有れば

高熱で処理する、プラズマ等のエネルギーにて処理する

ことが可能と考えられます。

私感では、化学反応のみでの溶解は不可能と考えます。

Qフッ素樹脂チューブについて

現在、会社でフッ素樹脂チューブ(PFA・PTFE中心)の加工を行っております。

その中で、PFAチューブ同士の溶着を研究しておりますが、どのような方法でやれば上手く溶着出来るか分かりません。どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて頂けないでしょうか。

また、市場ではどのようなチューブ加工が人気(欲しがっている物)があるのでしょうか。

変な質問で申し訳ございませんが、御回答宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 溶着の方法ですが、直感的にはレーザー溶着や赤外線溶着などの、波長を当てて行う手法のほうが良いような気がします。
 というのも、振動溶着や超音波溶着などでは、摩擦係数が低い物質同士ですのでやりにくく、また熱板溶着では、表面自由エネルギーの低い同士の材料は、仮に同じ材質であっても、十分に接合しきれないと感じるからです。無論、表面処理(化学的または物理的な手法による粗化処理)を行えば可能性はありますが・・・。

 ちなみに私、溶着技術に関してはあまり詳しくないんで、まぁ、参考程度に・・・(^^;

 次に市場ニーズについては、ちょっと分かりません。それこそ営業に聞くのが一番早いかと思いますよ。

Qエポキシ樹脂の耐メタノール性

一般的にエポキシ樹脂の耐溶剤性は高いと思われますが、
エポキシ硬化物をメタノールに長期間浸漬すると強度低下が起こる
という問題があり、耐メタノール性が高いエポキシの主剤や硬化剤
を探しています。官能基数が多いと吸湿率が高いということはわかったのですが、耐メタノール性につながるのかどうか?はわかりません。
現在、クレゾールノボラック型を使用していますが、よりメタノールに
強い構造とはどういう構造が考えられるでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

硬化剤次第で用途はかわりますね。

アミン型エポキシ樹脂は特に構造材料、複合材料用途に、広く応用されています。

こちらのサイトはいかがですか?
専門メーカーの商品案内ですが、お探しの用途が見つかれば幸いです。
http://www.nscc.co.jp/tohtokasei/seihin_index.html
http://www.jers.co.jp/products/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報