人類が絶滅したら地球や生態系はどうなりますかね??
食物連鎖の頂点はどの生物になるのかな??

家畜や養殖なんかはそのまま死ぬのかな!?
それとも自然界で生き延びられるのかな!?
なんだかんだいって人類が絶滅したら
生存不可能な生物って結構いると思うんですね…


お暇な時でいいので
多方からの御意見お聞かせください♪

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 A2さんと同じく、人類が絶滅した状況によると思います。


 人間がある日一斉にぱたっと死に絶えた場合、60億の死体があるわけですから、その後のバクテリアや細菌の爆発的増殖が問題になりそうです。
 また核兵器や原子力発電所の管理の問題も。

 核戦争で各国多数の核を撃ち合い死に絶えた、という場合、高い確率でたとえ生き延びる生命体があったとしても非常に原始的な存在のみということになるのではないでしょうか。

 家畜の中でも生き延びられるものと生き延びられないものがあり、たとえば大型犬でもゴールデンレトリーバーなんかは生き延びるのが難しいかもしれません。その他の犬の一部は現在人間が絶滅させてしまったオオカミがいた地位に取って代わるでしょう。猫の多数は食料がある限り、間違いなくかなり簡単に野生化(?)して生存可能です。
 世界で数十億、数百億いるニワトリ他、ヒツジ、ウシ、ウマの家畜も割合としてはかなり数を減らすでしょう。これらの家畜は野生に戻るのは比較的簡単ですが、生存に適さない条件ではもちろん死ぬのでその割合が多いこと、また自然界で種が反映するのに不適合な性質を持っていることで死ぬものが多いでしょう。(ヒツジはえんえんと毛がのびる、馬種のほとんどは高カロリーな配合飼料を必要とする、ニワトリは白かったり捕食されやすいなど)
 それ以前に、つながれている・閉じ込められているために、最初に大部分が死ぬでしょうね。
 海で養殖されている魚介類もそうです。
 野菜類も、野生に戻れないものはなくなりそうです。

 ただし、人間絶滅後の混乱を乗り越えることができれば、良いことは多いと思います。
 まず、今現在何種類の生物が地球上に存在するのか、誰もわかっていません。少なく見積もって2千万から多くて6~8千万と言われています。
 19世紀以降、人間の生活・繁殖のために人間以外の動物は急速に数を減らしており、このままでは人類滅亡より先にその他の大部分の動物が絶滅する現状です。
 人間の開発が原因で一ヶ月に数百種類の動植物が絶滅している、という試算もあり、21世紀をどれだけの生き物が乗り越えられるかかなり危ういです。人間が絶滅することで生存不可能になる生物よりも、生存可能になる生物の方が数千倍からひょっとすると数万倍は多いと思われます。
 どちらにしても、人間が養殖している魚介類などは自然界にも同種の天然ものがいるわけですし、家畜や野菜も品種であって種ではありません。

 基本的に、人間が絶滅する際に、人間の作り出した何かで(前述のような死体も含め)環境が大幅に悪化しない限り、ゆるやかに人工物を植物が覆って、多種多様な生物相が戻り、緑豊かな世界になるでしょう。
 人間のように一種で多くの資源を独占するような生物はなく、つまり「食物連鎖の圧倒的頂点に立っている」ような生き物は存在せず、地球のそれぞれの地域でいろんな動植物が見られるようになるはずです。
 それでも一番広く分布する生き物を挙げよと言われたら、私はイヌでしょうか。現在でもイヌ科の生き物はかなり広範囲に生息する生き物です。(アラスカからサバンナ、インドや南米のジャングルまでいます。)
 高度な社会をもち、大型ネコ科ほど体も大きくなく、雑食で寒さに耐えますので、可能性は大きいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

長文と詳しい説明ありがとうございます。
こういう事にとても興味があります♪
KINGBIRDさんを見習ってもっと勉強したいと思います.

お礼日時:2005/04/10 14:31

ないことだと思いますが人のみが絶滅した場合について考えます(ヒトが全部絶滅する状況なら、だいたいの生物も死にますけど、そこらへんは無視します。

隕石とかで地球の全生物が居なくなったら、新たな生物自体発生しなくなると思います。)

ヒトのみ居なくなった場合、類人猿(チンパンジーとか)が今の人間の立場にたったりするかも知れません。やつらは結構賢いですから…

生態系は大きく変わるでしょう。
人工物(非生物である生態系の要素の一部)が時間をかけて変化していきますし、ヒトの利用した場所をほかの生物が使えるようになりますから…
でも人が著しく汚染した地域は、しばらく緑とか、ないと思います。
あと農作物などの、人が品種改良した生き物(多くの農産物は人の手を借りないと生きていけないです。蚕とかの虫もです。)も居なくなります。

家畜や養殖なんかもえさを与える者が居なくなるのでそのまま死ぬか個体数が減少するかします。

かってな予想でしたが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり人類のみが絶滅することなんてないですよね。。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/24 18:05

家畜化された生物は、一種の人間との共生関係ですから、生き残っては行けません。

早い段階で食料がなくなり、絶滅するでしょうが、恵まれた環境がもしあれば細々と生存するかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはり生き残っていけないのですね…

お礼日時:2005/04/24 18:02

人類は知能を持って食物連鎖の頂点にいますが、生命体としては極めて弱い立場の生き物です。


食物連鎖の頂点はクマやトラ、ライオンなどの肉食獣です。それは人類が滅亡しようと変わらないです。

人類「だけ」が「いきなり滅亡」っていう状況はちょっと考えにくいんですけど、仮に「ある朝突然人類だけが死に絶えた」とするなら養殖やペット、家畜など人類が面倒をみなければ死んでしまう種の幾つかは死に絶える可能性もあるでしょう。ですが人類がこれまでに絶滅させてきた動物の種類に比べれば微々たるものでしょうし、養殖やペット、家畜などの幾つかの種が絶滅しても地球全体の生命体のバランスからみれば問題のないレベルだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ぅ~ん 人類の絶滅原因は何が一番可能性高いんだろ?!
それによって状況も変わってくるよな…

すみません大まかにしか考えてなかったです。。

お礼日時:2005/04/10 14:37

ヒマ人です。


人類が絶滅する原因によって、状況は大きく変わると思います。例えば、巨大隕石が地上に落下して・・・みたいな状況だとゴキブリなんかが頂点になる気がします。人類に特異的に、致死的な病原性を持つ治療不可能なウィルスの蔓延・・・みたいな状況だと、現状とそんなに変わらないのかな思います。家畜なんかは閉じ込められていない限りは、生き延びることはできると思います。多大な犠牲をともなうでしょうが・・・(自分の知識や希望的観測以外の根拠はありません、あしからず)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
絶滅の原因まで考えてませんでした。。

お礼日時:2005/04/10 14:26

まさにそれをテーマとした本がありますよ。



参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478860 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
買いたいけどお金が・・・笑

お礼日時:2005/04/10 11:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生物学の系統樹について質問です。

生物学の系統樹について質問です。
NJ法などで系統樹を描くとき、たとえばA,B,C,D,E,a,b,c,d,eの10個から作ったとします。
このとき系統樹の枝が大文字と小文字で大きく分かれたとして、次に全く同じプログラムを使って、A,B,C,a,b,cで系統樹を描いたら、大文字と小文字がサブツリー内に混在する系統樹が描写された・・・のようなことは経験ありますか?
この様に系統樹を描き、その後その系統樹のいくつかのものだけをピックアップして再度NJ法による計算を行うと、大元の系統樹を反映していない図が描かれてしまいます。
このような事例について、なぜ起こるのかと言った原因から、どうすれば対策できるのかまで、何でも構いませんので、同じような体験をされている方からアドバイスを頂きたいと考えております。
ご存知の方ご教授をお願いいたします。

Aベストアンサー

再登場です。このパズル、とっても頭の体操になって楽しかったです。
添付した図のような場合にCTABさんのような状況が起きます。
上の図ではBとDが100個もの共有派生形質をもっていて、この影響でBはAやCよりもDと近縁とみなされます。
BとAの間にも、赤で描いた50個の共有派生形質があるのですが、これらは平行進化と解釈した方が最節約な説明になるわけです。
ところが、Dを解析から取り除くと、この50個の形質はAとBが近縁であるということを支持するので、
上の系統樹ではAとCを結び付けていた2個の派生形質が平行進化とみなされるようになるというわけです。

実際に、一部の枝で突然変異が多くなると、他の部分に影響が出るようです。

Q「人類」は生物学的には弱いものでしょうか(絶滅人類の考察で)

現生人類(ホモ・サピエンス)は繁栄を極めていますが、過去の人類はすべて絶滅しました。特に兄弟ともいえるような優秀なハンターであったネアンデルタール人が消えてからは、まったく一人っきりで地球上に生きている種です。
そこで考えたのですが、このすべて過去の人類(猿人、旧人)が絶滅してしまったのは、生物として弱かったからなのでしょうか。それとも十分成功できる種だったが、現生人類がはびこって淘汰してしまったのでいなくなったのでしょうか。もし前者なら、現生人類だけが今までの人類とは違う特別に強い人類であると言う事になり、後者なら他の人類には問題がないが、現生人類だけがなにか生態系破壊の怪物のような存在だったようです。実際のところ、「人類」種というのは、どう考えたらいいのでしょうか。

Aベストアンサー

意味的には両方でしょう。
生物的に弱かったと言うことと、ホモサピエンスとの繁栄競争で淘汰された。というのは同義です。

まぁ、そのホモサピエンスでさえ、生物的な弱さを克服するために、進化しています。
たとえば血液型。元々はO型のみでO型の抗体を偽装するウイルスを識別するために、A型やB型の抗体を持つ血液型が生まれたと言われています。
単純な血液でさえ、1/4に分類でき、リスク分散を計っているわけです。
事実、O型は梅毒に強かったりします。アメリカ原住民の大半はO型ですし、梅毒も風土病ですから、他の血液型の人類を梅毒が駆逐したとも言えます。

気候変化、環境変化、ウイルス等、どれか一つに対応できなくても、種は絶滅します。
ただし、いったん生き残ると、後は爆発的に増加します。

身近な例では大腸菌で、バンコマイシン耐性菌などが居ますが、耐性菌以外は死にます。すると、餌が余ります。すると耐性菌は爆発的に増殖します。同じ事が、歴史上繰り返されているはずです。

なので、ホモサピエンスが生き残ったのは様々な複合要因でしょうね。

Qクロマニヨン人

クロマニヨン人が人類の祖先という根拠は何でしょうか?アウストラロピテクスは二足歩行してないのですか?

Aベストアンサー

クロマニヨン人は、現在のヨーロッパ地方の人々の祖先と考えられています。全人類の祖先ということになると、20万年位前のアフリカ東部出身までさかのぼる必要があると思います。いずれにしても、これはDNAと骨格研究の考古学の両面からのアプローチで矛盾のない見方ということで最も有力な見方といわれています。

アウストラロピテクスは、類人猿から分離した、初めての猿人と分類されており、猿人の特徴は、直立二足歩行することです。

クロマニヨン人は、ネアンデルタール人から枝別れしたわけではなく、古い古い時代に共通の祖先の原人から枝分かれしたのです。ですから、直系の子孫ではないという意味です。

参考URL:http://kamakura.ryoma.co.jp/~aoki/paradigm/neanderthal

Qもし人類が絶滅してしまったら、どんな生物が繁栄しますか?

もし人類が絶滅してしまったら、どんな生物が繁栄しますか?

もし現在の地球から人類だけがなんかの理由で絶滅してしまったら、
次はどんな生物が繁栄すると考えられますか?(類人猿は除く)

Aベストアンサー

もし人類が絶滅する・・・ではなく、近いうちに必ず絶滅します。

なんらかの理由ではなく、絶滅する理由はすでに明らかなうえ、対策も手遅れと思われている分野が複数あります。
地球温暖化、窒素・リンの汚染などすでに手遅れと思われます。
しかし、残念ながら人類だけ絶滅するのではなく多くの生物が人類より先に絶滅しています。
それも人類のせいで。
これは地球の生物界で初の大量絶滅パターンです。

専門外でしょうが、S.ホーキングが来日したとき人類が環境に与える影響が加速度的に増大していると語っていました。
たとえば、モアイで知られるイースター島は、かつて豊かな森があったのですが人類がそれをすべて費やしてしまいました。住民はカニバリズムという悲劇的な結末を経ていなくなりました。
それが島ではなく地球規模で進んでいるのが現代です。

本職の生物学者デューガル・ディクソンの著書「アフターマン」(1982年日本語版出版)は、人類は自らが作り出した人工的環境に毒され4000~5000年後に絶滅するという前提で、人類後(アフターマン)の生物世界を描きました。
この本の特徴は、大型の動物に注目していることです。
生物界の大部分を占める単細胞生物である「細菌」、「古細菌」および真核生物のうちの単細胞生物は、人類が繁栄しようが絶滅しようが関係なく繁栄していますから。
人類が繁栄していると思うのは、人類の錯覚なのです。
よくもまあ人類は、ここまで複雑に進化したと思うのですが、地球上の生物のほとんどは単細胞生物です。本当に繁栄しているのは単細胞生物です。

さて、人類後をディクソンはどう考えているのでしょう。
彼は生物学者なので、生物学の法則に基づいて考えています。

彼が重要視しているのは2つあります。
1つは、生態系における地位の承継
1つは、収斂進化
クジラのように特殊化した生物はシーシェパードがいくら頑張っても、人類絶滅後すぐに絶滅します。
その生態系における地位を埋めるべく登場するのは、巨大ペンギンだと予想しています。
クジラのような形のペンギンが今後数千万年後には現れるということ。

生物は同じような環境で同じような地位を占めると形が似てきます。
魚類のサメ、爬虫類のイクチオサウルス、哺乳類のイルカは違う種であるにもかかわらず、よく似た形です。
ペンギンも巨大化すれば、イルカやクジラのような形に進化するでしょう。

また、犬や猫科の生物はほとんど絶滅し、その跡を継ぐのはネズミの仲間と予想しています。
ネズミの仲間は、哺乳類の中でも基本的な生物です。
ここから色々な進化を遂げるでしょう。

「アフターマン」で検索すれば、面白い画像が見られますよ。

もし人類が絶滅する・・・ではなく、近いうちに必ず絶滅します。

なんらかの理由ではなく、絶滅する理由はすでに明らかなうえ、対策も手遅れと思われている分野が複数あります。
地球温暖化、窒素・リンの汚染などすでに手遅れと思われます。
しかし、残念ながら人類だけ絶滅するのではなく多くの生物が人類より先に絶滅しています。
それも人類のせいで。
これは地球の生物界で初の大量絶滅パターンです。

専門外でしょうが、S.ホーキングが来日したとき人類が環境に与える影響が加速度的に増大していると語っ...続きを読む

Q系統樹

系統樹の類似性を評価する方法ってあるのでしょうか?
もしあるなら教えてください。
(例:哺乳類と植物の系統樹の類似性の評価)

Aベストアンサー

系統樹を作成する元になる2種類の行列データ間の類似性を検定する手法にMantel testという方法があります。

系統樹そのものの類似性をテストするもっと洗練された検定があるかもしれませんが…。

参考URL:http://userwww.sfsu.edu/~efc/classes/biol710/spatial/spatial.htm

Q人類は生物学的には絶滅しかかっているでしょうか

絶滅しかかっている動物というのは、その種を減じて、一種類しか残っていないという状況にあると思うのです。例えば象なんかは、昔は多系統がいましたが、今は2種類だけです。これは絶滅危機動物ですよね?
では、人類も、かつては多系統いたのにいまは一種類だけです。これはすなわち、生物学的には絶滅危機種であると言うことでしょうか?

Aベストアンサー

一種類しか存在しない種族だろうと、複数の環境に適応出来る生物というのは、絶滅が近いとは言えないです。
一種族しかいない生物が絶滅が危惧される理由に関しては、ある特定の環境になったら一気に死滅してしまう可能性が高い場合が基本です。

では、人類が絶滅する場合どれくらいの環境変化が必要かを考えた場合、
温暖化しても氷河期を迎えても、シェルターを作ったり生態系操作したり特殊な都市でも造ったりして、おそらく生き延びてしまうでしょう。
案外それくらい強い力を持ってます。
絶望的なウィルスが誕生しても、ありとあらゆる手段を使えばたぶん生き延びてしまうでしょう。
それ以上の危機が来れば自分の周りの生物を根絶やしにしてでも、人類が生きる為に必要な生活環境にしてしまうくらいの力はあります(有史はまさにそれ。繁栄する為に他生物を根絶やしにしてる)

ちなみに街角で見かける猫がいますよね。
あれも細かく分類すれば数十から百くらい種類がいるはずですが、その猫のほとんどがイエネコに分類される猫だったりします。
で、そのイエネコも毛色や尻尾、耳などが少しずつ違うだけで、ほとんど単一の種族と言えるくらい遺伝子的には近いです。(交配出来るというのはそれだけ近い種族で無ければいけない)
その単一に限りなく近い猫は世界中にいるのです。それこそ砂漠から万年雪が存在する地域にまでいます。
これだけ世界中に広まって対応してしまった生物が何らかの環境変化だけで絶滅する可能性があるとは言えませんし、猫が絶滅するような事象というのもかなり限られているでしょう。
そして猫も絶望的なウィルスの危機に襲われても、人間が対処し生かし続けてしまいます。


ちなみに人とは言え、肌の色だけで亜種と言う分け方も出来ますし、ミトコンドリアDNAの細かい分類をして日本系亜種とか中華系亜種とか分ける事も出来ますよ。
別に分ける必要も無いし、倫理的な問題になると困るから別の分け方をしてるだけ。

一種類しか存在しない種族だろうと、複数の環境に適応出来る生物というのは、絶滅が近いとは言えないです。
一種族しかいない生物が絶滅が危惧される理由に関しては、ある特定の環境になったら一気に死滅してしまう可能性が高い場合が基本です。

では、人類が絶滅する場合どれくらいの環境変化が必要かを考えた場合、
温暖化しても氷河期を迎えても、シェルターを作ったり生態系操作したり特殊な都市でも造ったりして、おそらく生き延びてしまうでしょう。
案外それくらい強い力を持ってます。
絶望的なウ...続きを読む

QMrBayesで系統樹を書く方法

MrBayesで系統解析を行い、Ver.3.1の時は’con file’が出てきて、Seaviewなどのソフトで系統樹が書けたのですが、Version UpしてVer.3.2にしたらconsensus treeである’con file’が得られず、’con.tre file’が出てきて、Seaviewで系統樹が書けなくなってしまいました。ただ’con.tre file’はTreeViewやFigTreeなどのソフトでは系統樹が書けますが。このconsensus fileである’con file’を得る方法と、Seaviewで系統樹が書けるようにする方法を教えて下さい。そのほかrun1.tやrun2.t、run1.p、run2.pなどのファイルは出力されます。

以上宜しくお願いします。

Aベストアンサー

先ほど回答した者です。
(1)について、SeaViewの最新バージョン(Version 4.3.5)をダウンロードして‘con.tre file’を開いてみたら、taxon nameが数字になることはななく、きちんと表示されました。
ですので、MrBayesで、sumt コマンド実行時に、conformat=simple をつければ、Seaviewでも系統樹が描けます。

Q【生命体・神様はなぜ人間に死という寿命という生物界の頂点として作った生命体の生物に期間を与えたのでし

【生命体・神様はなぜ人間に死という寿命という生物界の頂点として作った生命体の生物に期間を与えたのでしょう?】

人間を神様が作ったとしたらなぜ生物界のトップに人間を作っておいて、わざわざ生物界のトップとして作ったのにそのトップ自体に寿命という絶対に死ぬタイムリミットを作る必要があったのか教えてください。

生物界のトップでない生物に下級生物に寿命がない生物が存在している。

神様は寿命がない生物を作り出す力があったのに生物界の頂点として作った人間には不死を与えなかった。

興味深いと思いませんか?

神様はわざわざ人間にどんなに豊かになっても確実に殺す死のタイムリミットをセットされて生成された。

なぜだと思いますか?

頂点でない生物には不死を与えた。

これも興味深い。

Aベストアンサー

いやそれは当たり前で、進化論を持込むと楽ですが、現在最高レベルの生物がのさばっていたら、もっと進化した生物には「邪魔」です。だからどんどん場所を空けて貰わねばならない。大体人間の中に次の世代の生物の遺伝子が蓄積されつつあるという「集団進化論」的には、我々が老化し死ぬのは新しい種族に生きる場所をあけるためです。人類がアフリカから脱出して50万年、日々「進化圧」が加わり多くの種族が出来ましたが、ミクロに見ると上記の様に日々進化は起きており、交通の進歩がそれにささやかな抵抗をしているだけです。

Q系統樹の読み方について

系統樹の読み方について


生物学の初心者です。


系統樹で、図の下の方にこのような図がありますが

|――――| 
 0.01

(解りにくくてすみません)

どういった意味か教えてください。


距離のことを示しているということはだいたいわかりますが、

なんの距離なんでしょう?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

おそらく図の説明文にスケールバーの説明はあるはずですが・・・

系統樹の種類によってスケールの正確な意味は変わってきます。
今回の場合,おそらく塩基配列かアミノ酸配列を利用した分子系統樹ではないでしょうか?
仮にそうであれば,スケールバーは「座位あたりの置換数」を意味するはずです。
(系統構築の方法によっては違う意味の場合もあり得なくはない)

つまり,系統樹上で枝の長さがスケールバーと同じ長さであれば,
その間に特定の座位で,0.01回の置換(塩基置換またはアミノ酸置換)が起こったと推定される,という意味です。
なお,普通は多数の塩基かアミノ酸情報を用います。
そうすると,例えば 1000 塩基の DNA 配列を用いたのであれば,スケールバーと同じ長さの枝の距離は 1000 x 0.01 で 10 塩基の置換が起こったと期待される進化的距離,ということになります。

注意が必要なのはこれはあくまで理論的な期待値だということです。
実際に 2 種の間が "0.01" の距離で隔てられていたからと言って 2 種の DNA 配列に 1000 塩基あたり 10 塩基の違いがあるとは限りません。
(系統樹作成時に様々な数学的補正がかかるためと思ってください)

この他にも系統樹を読み解くには落とし穴が色々とありますので,
一度なんらかの参考書を調べてみることをおすすめします。

おそらく図の説明文にスケールバーの説明はあるはずですが・・・

系統樹の種類によってスケールの正確な意味は変わってきます。
今回の場合,おそらく塩基配列かアミノ酸配列を利用した分子系統樹ではないでしょうか?
仮にそうであれば,スケールバーは「座位あたりの置換数」を意味するはずです。
(系統構築の方法によっては違う意味の場合もあり得なくはない)

つまり,系統樹上で枝の長さがスケールバーと同じ長さであれば,
その間に特定の座位で,0.01回の置換(塩基置換またはアミノ酸置換)が起こった...続きを読む

Qミツバチ絶滅で人類滅亡!?

ミツバチが絶滅すると、その4年後に人類は滅亡すると、アインシュタインの説にありました。
どうして四年後なんでしょうか。具体的な理由が聞きたいです><
よろしくお願いします;;

Aベストアンサー

ミツバチ・・・と言えば、やはり植物の受粉ですよね。

植物が受粉出来なければ、植物が増えない・・ということはつまり減る。
→植物を食料としていた動物達が減る。
→それを食料としていた肉食動物も減る。
→その連鎖で生態系全体が崩れる。それがまわりまわって最終的に、食物連鎖の頂点の人間に影響。
→人類滅亡。
・・ってことでは。まことに大まかではありますが。そのプロセスが4年と言いたいのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報