ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

タイトルそのままなのですが、ultramarine(ウルトラマリン。ラピスラズリの色)は日本語ですと「群青色」(ぐんじょういろ)になりますが、なぜこういう呼び名になったのでしょう? 「群」は漢和で引いても、「むれ」「なかま」「もろもろの」といった意味ですので、「青のなかま」ぐらいの意味なのでしょうか? それとも「群」には「淡い・薄い」のような意味があって、「群赤」「群緑」のような表現もひょっとしたらあるのでしょうか? 何かご存知の方いらっしゃれば教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちわ(/は)。



>「群青色」(ぐんじょういろ)になりますが、なぜこういう呼び名になったのでしょう?
「群青色」の「群青」は、中国から日本に移入さえた言葉です。(中国語では普通「色」は省きます。なぜなら群青は色を表す言葉なのでわざわざ「色」を付加しません。中国漢文は簡潔を良しとする言語なので)。

推定ですが日本の中世代には入って来ていると考えられます(日本の古文などにも群青の言語が散見できます)。

中国の古い時代からの、「群青」のもともとの綴り文字は「佛頭青」です。後世になって「群青」という綴りが出現したという順です。
この色を日本人的感覚で翻訳すると、紺青色(こんじょういろ)と群青色(ぐんじょういろ)になるかと思います。すなわち濃い鮮やかな青色のことですね。現代中国語でも「佛頭青」やその略形の「佛青」や「群青」の三者が多く使用されています。その色は日本人が描く色と同じ感覚です。三者共に中国語の検索エンジン(google.cnなど)で検索すると無数にヒットします。群赤・群黄・群緑などはヒット数ゼロです(涙)。
--------
以下中国語について;
佛頭青:(中国語)。
fo tou qing:(中国標準語-北京語の発音記号(ピンイン)。
フォー トウ チン:(上記のピンインの片仮名表記)。
意味は、文字の通りでしょうか。

群青:(中国語)。
qun qing:(中国標準語-北京語の発音記号(ピンイン)。
チュン チン:(上記のピンインの片仮名表記)。
意味は、色のぐんじょういろ のことです。
「群」の意味は、
a:羊の群れ。
b:動物が寄り集まっている状態。
c:同類の人または物が集まっている状態。
d:人が集まっている状態。
熟語の「群青」は、青が多く集まっている。→ → 濃い青色 です(c:から来ています)。
------
ここから先は、不肖私の推測です。
お坊さんは普通、剃髪します。剃髪直後の坊様の頭は青々としています。特に若い坊様は見事なまでに青々しいです(日本人的感覚ですが)。昔の中国人も似た様な感じ方をしたのかもしれません。そこで、いわゆるultramarine blue/濃い鮮やかな青色を「佛頭青」「佛青」としたんではないでしょうか。
----
余談で「群赤色」などという中国での新造語?もあります。意味は、共産党員の群れ を言うことがあります。あまり良い意味では使用しませんが(^^♪。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

tennnouさん、こんにちは。
詳しいご説明と検索をありがとうございます。
中国語はほとんどわかりませんので、解説していただいてたいへん勉強になります。

『群青(色)』は中国から移入の、日本語としてもかなり古いことばだということ。『群』→『多く集まる』→『濃い』。ということとして理解いたしました。中国からの移入された言葉なのか、国産の言葉なのかという点は実は気になっていた点でしたので、助かります。

『佛頭青』という言葉も、もちろん初めて知りましたが、若い坊さまの頭の色なのではないかというご解説、そのとおりなのかもしれませんね。私も少し想像してみて、高価な顔料だったので、仏像や仏画の頭部の彩色など、ごく限られた貴重な部分にのみ用いられたということなのかも知れないとも思いました。調べたわけでありませんので、もちろんこれも想像にすぎませんが。

貴重な見識をお分けいただいて、ほんとうにありがとうございました。質問させていただいてよかったと思います。

お礼日時:2005/04/14 01:50

No.1の方がもう回答されているので補足です。


日本の伝統色/長崎盛輝著/青幻社
という本(文庫本)では、
群青色→Forget-me-not Blue
紺青色→Ultramarine Blue
と説明されてます。この本では一般に群青色でイメージする色は紺青色です。時代によって微妙に色名と色調が変わってきてるみたいです。

こんなサイトもありますよ↓

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~sakamaki/dentouiro.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅れてすみません。お答えくださり、ありがとうございました。
ご紹介してくださったサイトでは、たしかに一般に『群青色』としてよく説明されている色は『紺青色』になるんですね?
Forget-me-not Blue, Ultramarine Blue というご説明もとても分かりやすいです。
Red, Blue, Green, Yellow と一口に言ってもお国によって(もっと言えば一人一人)イメージされる色彩は微妙に(時には大いに)違うのでしょうね(同じ名前の花の色も土地土地でさまざまの色合いと匂いを持っているように)。
『時代によって微妙に色名と色調が変わってきているみたいです』というご説明にも頷かされました。
ご親切に感謝いたします。ありがとうございました。<(_ _)>

お礼日時:2005/04/14 01:14

「青が群れ集まる」という意味で「群青」と名づけられたそうです。


http://www.geocities.co.jp/Technopolis/4307/fcol …

また、「群赤」という色は見当たりませんでしたが、
日本画に使われる岩絵具には「群緑」という色もありますよ。
http://www.mifuya.co.jp/shop/egu1_06.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。(御礼が遅れてすみません。)
放送大学の英語番組で、13世紀のイタリアではgold, silver, ultramarine の三色がたいへん高価で、パトロンが肖像画などにこの色を使わせることは富の象徴だったという一節を聞き、ultramarineの訳語の『群青色』の意味を理解していないのに気付いて質問させていただきました。辞書で調べてもわからなかったのですが、お蔭様で納得できました。<(_ _)>
『青が群れ集まる』という意味でしたら、『ラピスラズリ』(『天空の破片』と例えられたそうです。lapis lazuliは『青い石』)の形容としてもぴったりですね。『群緑』についてもお調べいただいてありかとうございました。紹介していただいたサイト、たいへん丁寧に作られていて、『由来』が知りたかっただけにとても助かります。あらためてありがとうございました。

お礼日時:2005/04/13 22:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜウルトラマリンのことを「群青色」というのでしょう?

タイトルそのままなのですが、ultramarine(ウルトラマリン。ラピスラズリの色)は日本語ですと「群青色」(ぐんじょういろ)になりますが、なぜこういう呼び名になったのでしょう? 「群」は漢和で引いても、「むれ」「なかま」「もろもろの」といった意味ですので、「青のなかま」ぐらいの意味なのでしょうか? それとも「群」には「淡い・薄い」のような意味があって、「群赤」「群緑」のような表現もひょっとしたらあるのでしょうか? 何かご存知の方いらっしゃれば教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちわ(/は)。

>「群青色」(ぐんじょういろ)になりますが、なぜこういう呼び名になったのでしょう?
「群青色」の「群青」は、中国から日本に移入さえた言葉です。(中国語では普通「色」は省きます。なぜなら群青は色を表す言葉なのでわざわざ「色」を付加しません。中国漢文は簡潔を良しとする言語なので)。

推定ですが日本の中世代には入って来ていると考えられます(日本の古文などにも群青の言語が散見できます)。

中国の古い時代からの、「群青」のもともとの綴り文字は「佛頭青」です。後世になって「群青」という綴りが出現したという順です。
この色を日本人的感覚で翻訳すると、紺青色(こんじょういろ)と群青色(ぐんじょういろ)になるかと思います。すなわち濃い鮮やかな青色のことですね。現代中国語でも「佛頭青」やその略形の「佛青」や「群青」の三者が多く使用されています。その色は日本人が描く色と同じ感覚です。三者共に中国語の検索エンジン(google.cnなど)で検索すると無数にヒットします。群赤・群黄・群緑などはヒット数ゼロです(涙)。
--------
以下中国語について;
佛頭青:(中国語)。
fo tou qing:(中国標準語-北京語の発音記号(ピンイン)。
フォー トウ チン:(上記のピンインの片仮名表記)。
意味は、文字の通りでしょうか。

群青:(中国語)。
qun qing:(中国標準語-北京語の発音記号(ピンイン)。
チュン チン:(上記のピンインの片仮名表記)。
意味は、色のぐんじょういろ のことです。
「群」の意味は、
a:羊の群れ。
b:動物が寄り集まっている状態。
c:同類の人または物が集まっている状態。
d:人が集まっている状態。
熟語の「群青」は、青が多く集まっている。→ → 濃い青色 です(c:から来ています)。
------
ここから先は、不肖私の推測です。
お坊さんは普通、剃髪します。剃髪直後の坊様の頭は青々としています。特に若い坊様は見事なまでに青々しいです(日本人的感覚ですが)。昔の中国人も似た様な感じ方をしたのかもしれません。そこで、いわゆるultramarine blue/濃い鮮やかな青色を「佛頭青」「佛青」としたんではないでしょうか。
----
余談で「群赤色」などという中国での新造語?もあります。意味は、共産党員の群れ を言うことがあります。あまり良い意味では使用しませんが(^^♪。

こんにちわ(/は)。

>「群青色」(ぐんじょういろ)になりますが、なぜこういう呼び名になったのでしょう?
「群青色」の「群青」は、中国から日本に移入さえた言葉です。(中国語では普通「色」は省きます。なぜなら群青は色を表す言葉なのでわざわざ「色」を付加しません。中国漢文は簡潔を良しとする言語なので)。

推定ですが日本の中世代には入って来ていると考えられます(日本の古文などにも群青の言語が散見できます)。

中国の古い時代からの、「群青」のもともとの綴り文字は「佛頭青」です。...続きを読む

Q「の」「こと」「というの」「ということ」「と」の違いについて

 言語学の宿題で補文標識の使い分けを分析してこいという問題が出たのですが、調べても考えてもあまりよくわかりません。

 補文標識というのは、主文の中に別の文章を組み込むときに入るつなぎの言葉のことで、「の」「こと」「というの」「ということ」「と」などです。例えば、
「私はあなたが来るということを予想していた」
 という文だと、「ということ」が補文標識です。
「彼が来ないというのは本当ですか?」
 ならば、「というの」が補文標識です。

「田中さんは寒いですと言った」
 は日本語としてOKですが、
*「田中さんは寒いですと思った」
 はダメで、
「田中さんは寒いと思った」
 にせねばなりません。
 また、
「花子が明日出発することを忘れていた」
 はOKですが、
*「花子が明日出発すると忘れていた」
 はダメです。

 私の考えでは、「ということ」は間接的な感じで「と」が一番直接的に文をつないでいるような気がするのですが、論理的に説明できるかと言えばできないし、例文を何度も言っているうちに混乱してきて結局わからなくなってしまいました。

 一応今日図書館に行って本も調べてみたのですが、探し方が悪いのかよい本は見つかりませんでした。何かこうした「の」「こと」「というの」「ということ」「と」の違いを分析するにあたって役に立ちそうな本とかサイトをご存じの方がいたら、どうか教えて下さい。あと、こういう補文標識を使った面白い例文なんかを思いついた方がいたら、是非教えて頂きたいのですが…

 やはり宿題なので自分で考えないといけないと思うので、ヒントだけで結構です。よろしくお願いします。

 言語学の宿題で補文標識の使い分けを分析してこいという問題が出たのですが、調べても考えてもあまりよくわかりません。

 補文標識というのは、主文の中に別の文章を組み込むときに入るつなぎの言葉のことで、「の」「こと」「というの」「ということ」「と」などです。例えば、
「私はあなたが来るということを予想していた」
 という文だと、「ということ」が補文標識です。
「彼が来ないというのは本当ですか?」
 ならば、「というの」が補文標識です。

「田中さんは寒いですと言った」
 は...続きを読む

Aベストアンサー

久野すすむ(すすむは日へんに章)さんの『日本文法研究』(1973年、大修館書店)はチェックしましたか?このトピックについての基本的な説明が17章にあります。言語学の授業があるような大学の図書館なら必ず置いてある本です。

Q蔵之介や東幹久の他に独身俳優と言えば誰ですか???(複数回答可。)

蔵之介や東幹久の他に独身俳優と言えば誰ですか???(複数回答可。)

Aベストアンサー

小泉孝太郎
竹野内豊
佐々木蔵之介
中村俊介
加瀬亮
阿部寛
速水もこみち
斎藤工
佐藤健

Q【日本語】日本語の「御大将」を「おんだい」と読むそうです。 「大将」は「たいしょう」なのになぜ「御」

【日本語】日本語の「御大将」を「おんだい」と読むそうです。

「大将」は「たいしょう」なのになぜ「御」が付くと「だい」に読みが変わるんですか?

大将と御大将はどっちが偉いですか?

大将と御大将の違いは何ですか?

Aベストアンサー

おん‐たい 【御大】解説
〔名〕
(「おん」は接頭語。「大」は「大将(たいしょう)」の略)
(1)一つの団体や仲間の中で、中心的な地位にある人を親しみをこめて、または気軽な感じでいう語。かしら。親分。大将。
(2)刑事をいう、盗人仲間の隠語。〔特殊語百科辞典{1931}〕
 [日本国語大辞典]

Q英語版ウィキペディアが翻訳できません

以前は英語版のウィキペディアも、翻訳サイトを使って読むことができたのですが
去年の末頃から、翻訳サイトで翻訳しようとすると
「インターネットサイト~を開けません。操作は中断されました」と表示されてしまいます。
そして「ページを表示できません」の画面に移行してしまいます。
ニフティ翻訳でもグーグル翻訳でもヤフー翻訳でも同様です。
でも、以前は問題なく翻訳できたんです。一体何がいけないんでしょうか?
みなさんはどうですか?また、英語版ウィキペディアを翻訳して読むためには
どうすれば良いのでしょうか?どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いますので、『○ダイアログを表示する』か『○無効にする』にチェックを入れて[OK]をクリック⇒『このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?』に対し[はい(Y)]をクリック。
(『○ダイアログを表示する』にチェックを入れた場合には、翻訳しようとすると、何回も『スクリプトは通常、安全です。スクリプトを実行できるようにしますか?』というメッセージが表示されますが、その都度[いいえ(N)]を選択してください。)

『Excite翻訳による英語版ウィキぺディアのトップページ』(上記の設定後なら、翻訳できるはずです。)
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

『Google翻訳による英語版ウィキペディアのトップページ』(同上)
http://translate.google.co.jp/translate?u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FMain_Page&hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja

参考URL:http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いま...続きを読む

Q「惣菜」の「惣」はなぜ「物」の下に「心」をつけるのでしょうか。

 日本語を勉強中の中国人です。

 「惣菜」という単語の中の「惣」という字は中国語にはありません。お伺いしたいのですが、なぜ「物」の下に「心」をつけるのでしょうか。何か由来があるのでしょうか。ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

 また、質問文に不自然な日本語がありましたら、ご指摘いただければありがたく思います。

Aベストアンサー

「惣」は「總」の俗字です。つまり「惣菜」=「總(総)菜」ですね。
「惣」は[物]と[心]から成る字ではありません。
「總」の左旁[糸]を[手]に換えた異体字があります。
http://www.unicode.org/cgi-bin/GetUnihanData.pl?codepoint=6460
また「總」の右旁を[怱]に換えた異体字もあります。
http://www.unicode.org/cgi-bin/GetUnihanData.pl?codepoint=7deb
これを組み合わせて[手]+[怱]に作る異体字もあります。
http://www.unicode.org/cgi-bin/GetUnihanData.pl?codepoint=63d4
この字の[手]が[牛]に、[匆]が[勿]に訛変し、更に[牛]+[勿]を上、[心]を下に配置替えした結果「惣」という字体が生まれたものと考えられます。

質問文に不自然な日本語はありません。

Q英語上級者の方or 英英辞書使ってる方へ

英語上級者になると英英辞書が必須になると聞いた事があります。
理由は省略します。理由を心得ている方、または英語上級者の方へ質問ですが、
実際、英語上級者になると英英辞書で辞書を引くべきなのでしょうか?

また、英検2級程度の英語力の時点でも英英辞書の既知の定義を読むことにより、
英語力を向上出来るそうですが、実際、有効な手段ですか?

Aベストアンサー

英語を仕事にしている者ですが、英和翻訳でさえ、英英辞書は欠かせません。
英和辞書というのはそれなりにできているのですが、しっくりする訳語がないことや、
ニュアンスが違っていることがあります。そういうときは、英英辞典を読んで、
しっくりする訳語を「自分で決めた方」が効率的です。

また、英和辞典の日本語を表面だけ見ていたのでは、言葉の誤用は決してわかりません。
たとえば、助動詞のshouldですが、英和辞典では「...すべき」という訳が先頭にいるので、高校生とかは機械的に「...すべき」と訳しますが、実際にはニュアンスが違っていて、話し手の提案を表す柔らかい言葉です(使用マニュアルなんかでよく出てきます)。一方のhad betterは「~した方がよい」とかが英和辞典に載っていると思いますので日本人はよく使いがちですが、実際には「~した方が身のためだ」という脅迫の意味に近いので、相手の気分を害する言い回しになることがあります。

英和辞書に載っている訳語は特定の状況下での目安的な訳で、それを金科玉条や聖書のように守っていると、文脈を正しく理解する上で大きな障害になるので、できれば英英辞書を引く回数を増やすようにしてください。

英語を仕事にしている者ですが、英和翻訳でさえ、英英辞書は欠かせません。
英和辞書というのはそれなりにできているのですが、しっくりする訳語がないことや、
ニュアンスが違っていることがあります。そういうときは、英英辞典を読んで、
しっくりする訳語を「自分で決めた方」が効率的です。

また、英和辞典の日本語を表面だけ見ていたのでは、言葉の誤用は決してわかりません。
たとえば、助動詞のshouldですが、英和辞典では「...すべき」という訳が先頭にいるので、高校生とかは機械的に「...すべき」と訳...続きを読む

Q「鶴」「亀」や「鬼」、仙人の「仙」はなぜ縁起がいい?

「鶴」「亀」や「鬼」、仙人の「仙」は日本語で縁起が良いそうですが、これはどういった言われからなのでしょうか?何かの故事がありますか?

Aベストアンサー

中国の道教の理想としたのは羽化登仙。仙人になることです。仙人の「仙」は、変遷の「遷」に通じます。別の次元、ステージに移った人間が仙人です。肉体を捨てて飛んでいくのです。そしてその仙人が住むとされるのが東海(中国から見て、です)の蓬莱山。蓬莱山には長寿の鶴や亀(鶴は千年、亀は万年)と仙人が住むと信じられています。時間や世俗の束縛を超越して生きるのが道教の教える理想という訳です。

で、鬼ですが、中国語の文脈の中では、「鬼才」とか「鬼神」という言葉に見られるように超越的な霊力を持った存在、という意味合いと、「鬼籍に入る」という言葉に見られるように死後の霊魂、という意味を兼ね備えた言葉です。

Q日本は他国に比べてスポーツにお金をかけない国ですよね?

日本は他国に比べてスポーツにお金をかけない国ですよね?

Aベストアンサー

海外では個人にお金を掛けますね。スポーツ選手ではなく、もう国家公務員じゃないのかと思うほど国からの援助がある国もあります。
そんな国と比較した場合はたしかに日本はスポーツにお金をかけていないように見えるでしょうが、スポーツ施設にはとてもお金がかかっていますよ。協議によると思いますけどね。

Qなぜ「聞」の部首が「耳」で「開」の部首が「門」になるのですか?

部首の考え方がわかりません。「聞」の部首が「耳」、「開」の部首が「門」と書かれているのですが、どうしてでしょう。どちらも門構えのように思えるのですが。

Aベストアンサー

ここ↓なんか参考になるんじゃないですかね。
http://chroma.hatenablog.com/entry/2014/07/14/122928

結構、複雑な規則があるようですよ。

で、
「聞」という漢字は、意味を表わす「耳」と、音を表わす「門」が合わさってできた漢字。
対して、
「開」は、門を左右にひらくという意味を表わしていて、ちょっと漢字の種類が異なるんですよ。

「聞」は、耳できくワケですから、意味の上から「耳」に分類されるのは妥当である。
「聞」の「門」は音を表わすだけで、「門」の部分は他の漢字や部首であっても構わないわけですからね。


こういうところで納得していただけませんでしょうか。


人気Q&Aランキング