某大学の4年です。ゼミで刑法をとっていまして今年の卒論のテーマを木曜日までに決めなくてはならないのですが、お恥ずかしい話ですがあまり成績は良いほうではないのでテーマを決めるのさえ悩んでいます。よろしければ何かお薦めの刑法のテーマを教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

刑法の勉強を多少なりともしておれば、何か興味があったり関心のあったりするテーマがあるはずですが。


自分のやりたいことをする、それが一番です。
    • good
    • 1

ふむぅ…まずテーマを決めるってことが、既に論文を書く作業なんですが…


現時点で漠然とでも「こういうこと書きたい」「こういう話がおもしろそう」ってのもないですか?

どの程度のテーマだと通してもらえるかもわからないけど、
刑法ならネタになりそうな論点てんこ盛りだと思うけどなぁ…

田島裕「法律情報の検索と論文の書き方」丸善
あたり読んで、論文を書くのにどういう手順が必要かを学ぶところから…でしょうか。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4621044 …
    • good
    • 0

このサイトの刑法関係の質問と回答を過去に遡って全部ご覧になれば、何かのヒントが得られるかも知れませんよ。


あなたの興味のある分野や得意な分野が分からないとなんともご提案はしかねますねぇ。
それと、他人から与えられたテーマで論文を書いても、あまり良いものが出来上がるとも思えませんね。木曜日ならまだ時間がありますからじっくりご自分でお考えになった方がいいと思います。 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法学部の卒論のテーマについて

卒論のテーマで悩んでます。司法書士を目指し、通信で法学部の授業を受けています。大学の卒論でADRをに関して書きたいのですが、テーマが決まりません。将来的には司法書士を目指してます ADRに関する何かテーマないでしょうか?

Aベストアンサー

出だしにきつい事を言いますので気を悪くすると思いますが。
卒論のテーマについてを、この質問板に聞いていながら、
「司法書士を目指す」なんて恥ずかしくもなく公言していては、
当事者の人たちに(司法書士、司法書士試験合格者の人たちに)笑われますよ。
「この人、本当に試験を通る気があるのかって」。

この程度の卒論のテーマも考えられないような人が、
果たして、これからの長い受験勉強(合格者の勉強年数は2~10年)を、
そして合格率3%の難関試験の過酷な受験勉強に耐えれる人間なのかと
思われるだけです。

数多くの法律資格の中で司法書士試験と司法試験は、失礼ですが、最初から絶対に
合格できないと思わせる人間が存在するのは事実です。
普通の試験は、だれでも頑張って勉強すれば合格できるのですが、司法書士試験以上になると
その範疇を超える試験になってきますので。

だから、この程度の内容をこんな質問板にしてくるようでは、合格者候補として考えるならば
最初から失格と言われる人間の部類にはいります。

ですから、そういう方は、もっと別の方面にエネルギーを使ったほうが、
その人の人生にとっては有意義なものとなるので、そちらの道(就職活動や公務員試験)を
薦めます。

私に罵声をくれるのは一向に構いませんが、この試験は合格できずに終わってしまう人間が
多いということを忘れないでください。

合格率3%の試験というのは、当然に100人中の3人しか合格できない試験です。
でも実質は、受験者の半分はただただ受験するだけの人たちなので問題外です。

実質のライバルは、受験者の3割が相手ですが、それでもその3割の中で合格
できるのは、たったの1割の試験です)

くれぐれも予備校などへの高い授業料をドブに捨てることのないように。
資格試験の学校(LECなど)に通いだしたら、百万円以上はすぐに消えていきますよ。

高いお金は捨ててしまって貯金はゼロ、また試験勉強しているおかげで(合格者レベルの人
たちは無職で勉強している人が多い)有名企業には就職できない、また結婚もできない、
気づいたら40歳になった、なんて人を痛いほど見てきましたので。

だから、そんな安易な気持ちならば、最初から受験勉強などやめておきなさい。

それでも、もし狙いたいと言うならば、最初からしっかりと計画をたてて勉強してください。
この程度の質問を投げかけるような、恥ずかしい質問はやめてください。


何よりも民法(特に抵当権や根抵当権、もちろん全般だけど)をしっかりと勉強して、
確実に押さえてください。民法は基本中の基本です。
ですから試験勉強の開始も兼ねて、民法の中から(相続や債権各論でもOK)題材を
選んでいけば良いかと思います。

もう少し具体的に書けば、

1.ADR自体を研究してみる
   ADRの特色は何か?
    ・法律要件に拘束されるのか、されないのか
    ・ADRは公開か非公開か
    ・和解契約の短所は強制力はないが、和解合意に至った場合は?
    ・その他、ADRの諸々の特色や手続方法などを研究してみてください。

2.ADRによって解決した事例とその経過を、あっせん事例によって研究する
    労働法の問題(解雇、労働内容の問題)や男女間のトラブル、
    売買・請負契約に関する問題、土地境界間の揉め事、相続問題
    不動産登記上の問題
 
    などを具体的事例に基づいてまとめる。

      
     一つの事例でも、民法等の条文や判例が関与してくるので、書きあげるには
     結構な時間を要しますが頑張ってみてください。

     ADRの事例本は紀伊国屋などの大手書店や図書館に、たくさん置いているので
     参考にしてみたらよいかと思います。
     そのくらいの本はよみこなせるはずです。

     勉強し易いのは身近で手っ取り早い相続問題を題材にすることです。
     これとADRと結びつけてまとめていけば、相続の勉強の復習ができるし
     まさに一石二鳥です。

     (例えは悪いですが)あなたの祖父母が亡くなった時を想定して、祖父母名義の
     財産はどうなるか(おじ、おばは何人いるか)を考えてみても構いません。

     叔父の誰かが相続に協力しなかったり、おじおば全員の名義で相続したのに
     実はあなたのお父さんだけが相続したもので、それで兄弟間で争いがあるとか
    「真正なる登記名義の回復」でもって、お父さんの名義の持分を他の兄弟に
     移転できるか 等々、民法なではADRの題材など山ほどあるはずですよ。
     

  

出だしにきつい事を言いますので気を悪くすると思いますが。
卒論のテーマについてを、この質問板に聞いていながら、
「司法書士を目指す」なんて恥ずかしくもなく公言していては、
当事者の人たちに(司法書士、司法書士試験合格者の人たちに)笑われますよ。
「この人、本当に試験を通る気があるのかって」。

この程度の卒論のテーマも考えられないような人が、
果たして、これからの長い受験勉強(合格者の勉強年数は2~10年)を、
そして合格率3%の難関試験の過酷な受験勉強に耐えれる人間なのかと
思わ...続きを読む

Q普通自動車の運転免許の正式名称

を教えてください。
履歴書になんてかけばいいかわかりません。

普通自動車第一種免許や第一種普通運転免許とかいわれていますが。

警察などの公式な場所に問い合わせてみた人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運転免許(以下「第一種免許」という。)、第二種運転免許(以下「第二種免許」という。)及び仮運転免許(以下「仮免許」という。)に区分する。
3  第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。)、普通自動車免許(以下「普通免許」という。)、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。)、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。)、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。)、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。)、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。)及び牽引免許の八種類とする。
4  第二種免許を分けて、大型自動車第二種免許(以下「大型第二種免許」という。)、普通自動車第二種免許(以下「普通第二種免許」という。)、大型特殊自動車第二種免許(以下「大型特殊第二種免許」という。)及び牽引第二種免許の四種類とする

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%c6&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運...続きを読む

QESで、会社選びのポイントについて。

現在、就職活動中の者です。
ESの『あなたの会社選びのポイントは?』という質問で、どう答えたらいいのか困ってしまいました。
一応書いてはみたものの、広すぎるかな…という印象です。
お時間のある方、ご意見いただけたらうれしいです。
ちなみに私は文系で、インフラとITを志望しています。
(このESの企業はITです。)

「あなたの会社選びのポイントは?」
私は会社選びのポイントとして、「支える」というキーワードを持っています。
私は、「自分がいなければ、社会は成り立たない」という実感を持って働きたいです。そうすることで、仕事に対するモチベーションを保ちながら、仕事が続けられると考えるからです。
そして、何かを成り立たせるためには、それを支える土台が必要だと思います。私は、自分がその土台となれるような仕事ができる会社で働きたいです。

Aベストアンサー

はじめまして、26歳の会社員です。

私も就職活動をしていた時期はESの書き方を随分と工夫しましたので
参考になればと思い、回答させて頂きます。

まず、あなたが会社選びのポイントとして選ばれている「支える」
というキーワードですが、それがあることは素晴らしいことだと思います。
モチベーションの糧になりえるという説明もきっとつきやすいでしょう。

しかし、企業が求めているのは結局のところあなたが質問されている通り、
「なぜ、うちの会社を選んだのか?」というところです。

その質問を前にするとあなたの回答では、どの会社でもいいんじゃないの?という結果に
なってしまうでしょう。

例えば証券業の面接官は質問として、なぜ金融業がいいのか。その中でなぜ証券業なのか?
では証券業の中でもなぜうちを選んだのか?と聞かれることがあります。
この質問に的確に応えることができる学生がいればその人を採用したくなるのは
当然です。そこまで真剣に考えている学生はやはり欲しいです。
なぜなら深く会社を理解しようとする姿勢が見られるからです。

あなたが受けようとしているITの企業を選んだ理由はなぜですか?

私がJALやANAを受けた時に使った簡単な例を出すと(どちらも受かりました)、
JALは当時日本で最大手でしたので、日本ではその体制を維持するために、
さらに世界で飛躍していくために御社で働きたいと書きました。
加えて、ANAの場合は国内2位の規模から1位になることをまずは目標として、
粉骨砕身努めるといった内容を書きました。
その他それぞれの企業理念に沿ったことを加えています。

私が気をつけていたのは立場の違いを市場シェアなどで明確にし、
自分なりに思う問題点を指摘するなど提案を交えながら選んだ理由を書きました。

当然ですが、企業はそれぞれ目標をもって経営活動をされています。
これはIRなど各種資料をよく読むことで理解を深めることができます。
さらに、企業のセミナーだけでなく、日経新聞主催で行われることがおおい、
経済フォーラムなどで社長が自らプレゼンを行うときの言葉の端々に出てきます。
そういった情報をフルに得た上で、ESを書くようにしていました。

それぞれの企業の理念をすこしでも理解しようと努力をし、それをESに書く。
この努力をすることができるかどうかで面接などでも大きな差がでることでしょう。
面接官はあなたの情報としてESしかありません。
そして、大企業であっても最終面接には役員クラスが必ずと言っていいほどでてきます。
そのときに企業理念も理解せずに適当な持論を振りかざしても
君はうちには合わないね。で終わってしまいます。
そういうことがないように努力をされるといいと私は思っています。

確かに今は就職活動も非常に厳しくなっていることだと思います。
しかし私は、しっかりと努力をしている人にとっては大した問題では
ないとすら思っています。
もちろん、今までの努力の積み重ねも大きく反映されますが、
それらを逆転する、もしくはさらに積み重ねるためにも、
企業に対する理解を深めてほしいと思います。
その上で、自分なりに一企業を選択した理由を明確にするべきだと思います。

最後になりましたが、とても大変でしょうけど最後まで頑張って下さいね。
長文失礼しました。

はじめまして、26歳の会社員です。

私も就職活動をしていた時期はESの書き方を随分と工夫しましたので
参考になればと思い、回答させて頂きます。

まず、あなたが会社選びのポイントとして選ばれている「支える」
というキーワードですが、それがあることは素晴らしいことだと思います。
モチベーションの糧になりえるという説明もきっとつきやすいでしょう。

しかし、企業が求めているのは結局のところあなたが質問されている通り、
「なぜ、うちの会社を選んだのか?」というところです。

その質問を前にす...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報