アメリカのお土産屋さんで見かける光景。

10ドル以下のみやげ物
例えばキーホルダーで
同じデザインでサイズが2種類あるとき
大と小の価格差が40~50セントということがままあります。

日本だと同じデザインのサイズ違いで40~50円の価格差という設定はまず有り得ないと思うのですが、
アメリカの1セントが持つ価値は日本の1円が持つ価値よりも社会的に重いのでしょうか?
あるいは40セントの価格差という設定をする背景を教えてください。


ちょっと漠然とした疑問で答えにくいかもしれませんが
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>日本なら最低でも100円単位(あるいは100円以上)で値段を変えてくるような気がします


その感覚が私とちょっと違うような気がします。
まあ経験として値段が全く同じというものに出くわしてどちらを買うか悩んだことも何度かあるので(日本で)、そのせいかもしれませんが。。。

私のイメージでは差のあるものもあるけど意外と値段はあまり変わらないものもあるという感じです。
合理的に考えれば材料費は安くて加工代等が大半ですから値段はあまり違いがなくても不思議ではないですけどね。
もちろんご質問者の言うように値段に格差のあるものもあるのですが、逆にそちらの方が何故そのようになっているのか不思議に感じませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり前提が微妙だったみたいです。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/22 09:19

>日本だと同じデザインのサイズ違いで40~50円の価格差という設定はまず有り得ないと思うのですが、



これが理解できませんでした。
補足された方が良いかとも思います。

この回答への補足

すみません。
例えば国内の観光地のキーホルダーで
同じデザインのサイズ違いが
「大570円」「小530円」という価格設定という意味です。

統計的根拠はないのですが、私の感覚だと
日本なら最低でも100円単位(あるいは100円以上)で値段を変えてくるような気がします。

補足日時:2005/04/14 20:25
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング