私の実家は自営業を営んでおりますが、不況のあおりか、自宅(店舗兼自宅)が競売にかけられることになりました。

 私が買い戻せれば良いのですが、私個人の貯金ではとうてい払えない額です。主人の会社でしている財形貯蓄にはそれなりの貯金がありますが、それを出して実家を買い戻すのもどうかと思っています。というのも、これまで、実家の資金繰りの為に、私は数百万実家に援助しています。主人の貯金からも、100万程援助しました。(その当時は貸す、という名目でしたが、返ってこないことは想定の上でした。)

 両親も、私の主人には申し訳ないと思っているらしく、主人のお金を使ってまで出してくれとはいいません。ただ、私個人の名義で銀行からローンが組めないのかという相談はありました。現在私は契約社員をしておりますが、そのような身分で銀行からローンが組めるのかどうかもわかりません。
 
 やはり、主人の貯金は、現在賃貸に住んでいる私達の今後の生活の為なので、出したくないという思いもありますが、資金があるのに(といっても、競売の金額は、貯蓄額のかなりの割合を占めてしまいます)親を助けないというのは、ひどい子供なのかなぁ、とも思ったりします。

 両親が実家を出た場合、店も手放すことになるので、高齢の両親が今後どうやって生活していくのか非常に不安です。賃貸住宅、仕事などをみつけるのは簡単ではないんですよね?私が何をすべきなのか、ご意見いただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>主人の会社でしている財形貯蓄にはそれなりの貯金がありますが、それを出して実家を買い戻すのもどうか


私も全く同意見です。ご主人からみてご質問者の両親はなんの恩義もないのですから。

>主人の貯金からも、100万程援助しました。
なんの恩義もないのに100万の援助というのはなかなかのものです。やさしいご主人ですね。

>現在私は契約社員をしておりますが、そのような身分で銀行からローンが組めるのか
通常は困難です。

>資金があるのに(といっても、競売の金額は、貯蓄額のかなりの割合を占めてしまいます)親を助けないというのは、ひどい子供なのかなぁ、

ご主人は子供ではありません。おかしい話ですよ。世話になったこともない人たちを膨大な負担をして助けるなんて。ご主人のお金とご質問者のお金を混同してはいけません。

>高齢の両親が今後どうやって生活していくのか非常に不安です。
仕事がそもそもうまくいっていないのだからこういう事態になります。つまりこれから先続けても同じです。
店があろうとなかろうと状況は同じです。むしろわずかでも働いて収入があるのであれば、その方が経済的にはよいでしょう。

>賃貸住宅、仕事などをみつけるのは簡単ではないんですよね?
住宅は公営住宅(市町村が低所得者向けに貸している)を検討下さい。
仕事はなんともいえません。欲を言わなければ多少なりとも収入は得られるでしょう。

>私が何をすべきなのか、ご意見いただければ幸いです。

プランを描いてあげるのがよいですね。基本的には、

・公営住宅の入居
・仕事探し

ですが、夫婦であればまじめに国民年金をかけていれば夫婦で月13万ちょっとの収入が65歳から生涯得られます。これに夫婦で月3~5万程度の職があればそんなに困らずに生活できるでしょう。

このあたりの状況がどうなっているのかですね。どうしても厳しいようであれば生活保護申請も視野に入れる必要があるでしょう。
    • good
    • 0

http://security.okweb.jp/kotaeru.php3?q=1327552

の質問者さんですよね?

↓さんが仰っているように,ご主人が納得されれば
ご主人の名前で入札する方法がありますね。
その入札をする目的が営業を続けるためであるのならば
やめた方がいいでしょう。
いずれ,行き詰まると思いますよ。
そもそも,細々とでも利益が出ていたのならば,
質問者さんが援助するようなことも
競売にもならなかったと思うのですが。

ご両親のお歳が判りませんが
お店の営業は諦められて,質問者さんが援助するのであれば
毎月,生活費としていくらかを援助した方が
良いのではないでしょうか。

でも,

>任意売却では、買い手がつかなかったようです

となると,競売が行われても返済が残る可能性がありますね。
そうなると最悪・・・・・・。
    • good
    • 0

数日前に同じ件で質問された方ですよね?


(前の質問の補足のほうが答えやすかったのですが・・・)

これはあくまでご主人が納得しての話ですが・・・
ご主人とご両親とが同居もしくはお亡くなりになったら夫婦で移り住める状況なら、ご主人の名前で入札するのもひとつの手です。
それならご主人が承諾をすればご両親はそのまま住むことが可能です。
その上で、お亡くなりになった際には相続放棄をすればいいのです。
(法的には揉めませんが、あなたのご兄弟などと心情的に揉める可能性があります。)

逆に直接、商売のための資金援助はこれ以上しないほうが良いでしょう。
詳しい状況がわからない以上、何とも言いがたいですが、商売をやめていただいて、毎月いくらか送金したほうがいいような気もします。
で、今回の話で気になったのですが、本当に利益が出ているのですか?

専門家を交え、しっかりと話を詰められることをお勧めします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング