中学の子供が、昨日から 熱のはな?口唇ヘルペス?が出来ています
毎年1~2度なって 繰り返して 以前は皮膚科にも行った事があるのですが 塗り薬がもうないし 
今日医者に行きたいのですが
あいにく近くの皮膚科はお休みなんです・・
今日の夜しか時間がないので 他の科の病院にでも行きたいんです
近所には整形外科、内科、耳鼻咽喉科、小児科がありますが
わがままですが 皮膚科以外でしたら どの科が一番いいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

整形外科や耳鼻咽喉科では無理でしょうから、中学生のお子さんということなので小児科が良いと思います。


内科は高校生からです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早くて的確な回答どうも有難うございました!
良くわかりました。

お礼日時:2005/04/19 10:32

はじめまして♪


あたしもよく風邪ひいて熱が出ない時に出ます
のぼせ症状の一種だと言われました。
もし口唇ヘルペスなのであれば、内科でも小児科でも大丈夫です。
    • good
    • 0

こんにちは。



私も口唇ヘルペスに悩まされているひとりです。
一番良いのは皮膚科ですが、内科でもきちんと診てくれますので、内科で受診されてみてはいかがでしょうか。

完治せず、再発する病気ですので身体には気をつけてくださいね。

参考URL:http://herpes.jp/l/01.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早い回答で安心しました
どうも有難うございました!

お礼日時:2005/04/19 10:31

内科か小児科で良いと思います。

お大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました
早い回答どうも有難うございました!

お礼日時:2005/04/19 10:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「熱の花」の語源

「熱の花」の語源

今、下唇が荒れてできものが出来ています。
頻繁に起こることはありませんが、子どものころは胃腸が弱ったときなどによく出来ていました。

ちょうど感覚としましては、唇ににきびのようなできものが出来たような感覚でしょうか?
よく似た「口内炎」が口に中に出来るのに対して、唇や口の周りに出来たといった感じです。

子どものころ、よく母に「これは「熱の花」というんやで。胃腸が弱ったときなどに出来ることが多いかな?」と教えてもらっていました。

もちろん、「口角炎」が正しい名前で、「熱の花」というのは通称名か方言的なものなんだと思いますが、特に「熱」が出るわけでもないのに、なぜ「熱」なのかなとずっと不思議です。

「熱の花」の語源について知っている人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

<もちろん、「口角炎」が正しい名前で>

正しい名前では有りません

正しくは#1の方が言われている様に「口唇ヘルペス」です

これは性病の一種で親子感染、性交感染など粘膜の接触で感染します

「熱の花」の謂われですが

体調が悪くなって風邪などを引いた時などに熱が出て

ついでに口唇ヘルペスが頭を持ち上げて来て発症する

この様に体温が高くなった時などに発症するので「熱の花」と呼ばれるように成ったのです。

Qおすすめの耳鼻咽喉科を教えて下さい。(東急田園都市線or世田谷線で)

三軒茶屋近辺に在住の一人暮らしの者です。もう、1週間ほど前から毎日38度~39度の熱が出て毎晩うなされています。2つの総合病院、耳鼻科の開業医院などに診てもらい、注射、抗生物質の点滴、座薬、カプセル等の内用薬、うがい薬・・・
すべて医者の言う通りに処方したのに回復の兆しがありません。自分は熱があると決まって扁桃(腺)が腫れあがります。今回もそれに雑菌がついた炎症としか考えられません。
しかし、今回は抗生物質を投与しても腫れと熱がおさまらないんです。
最近、都内に越してきたという事も有り、信頼の置ける病院がわかりませんし、車もありません。そしてなにより一人暮らしなので徒歩、もしくは電車で行ける耳鼻咽喉科、できれば大手の総合病院をご存知の方、教えていただけませんか?助けてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

慣れない土地での体調不良は、本当に心細いことでしょう。

お薦めは2軒あります。
まず、西洋医学での治療をお望みでしたら、下記の「神尾記念病院」です。耳鼻咽喉科専門の大型病院はなかなか無いのですが、ここは総合病院といえる規模の耳鼻咽喉科専門で、わたしは10年以上前にメニエル氏病の疑いがあると地元のクリニックで言われ、内科での治療に効果が無かった為、タウンページでこの病院を見つけ、総合的な耳の検査をしました。とても良い病院です。三軒茶屋からは近くはありませんが、地下鉄直通で表参道で千代田線に乗り換え、淡路町で降りればすぐです。下記URLをご覧になってみて下さい。

もう1軒のおすすめは、整体です。これはカイロのようにボキボキッというような動きは一切無く、背骨を中心にその人の身体の状態を診断し、その人の自己治癒力を高めるもので、病気を悪と見ず、病気に罹っても自己治癒力でやり過ごせるように持って行くものです。
現在のyu-ji3さんの状況を拝見した限り、夏のお疲れが出た事と、流行っている夏風邪ではないかと思われます。もしかしたら、引越しの肉体的なお疲れ、精神的な気疲れが出ているのではないでしょうか?
実はわたしは、ほんの少しですが、この整体の勉強をし、殆ど薬を飲まなくなりました。今、行かれれば、先生はすぐに精神的なものによる症状なのか、肉体的な疲れによるものなのかなど、診断して下さると思います。そして、どのくらい通えば良いのかも答えて下さるはずです。痛みは全くありません。中国の気功の影響もありますので、むしろ心地良い感じすらすることと思います。
扁桃腺の問題も、改善されていくはずです。

どちらかと言えば、わたしは整体の方をおすすめします。
ちなみに場所は、世田谷線の上町より歩いて5~6分の所です。

全生治療院(ぜんせいちりょういん)
電話:3426-5965

どうぞお大切に

参考URL:http://www.kamio.org

こんにちは

慣れない土地での体調不良は、本当に心細いことでしょう。

お薦めは2軒あります。
まず、西洋医学での治療をお望みでしたら、下記の「神尾記念病院」です。耳鼻咽喉科専門の大型病院はなかなか無いのですが、ここは総合病院といえる規模の耳鼻咽喉科専門で、わたしは10年以上前にメニエル氏病の疑いがあると地元のクリニックで言われ、内科での治療に効果が無かった為、タウンページでこの病院を見つけ、総合的な耳の検査をしました。とても良い病院です。三軒茶屋からは近くはありませんが、...続きを読む

Q熱の花?

口の横に、熱の花が出来ています。
ピリピリと痛いのですが、早く直すいい方法はないでしょうか?
おすすめの薬があれば教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。一般に熱の花と言われますが、性格には口唇ヘルペスという病名です。これはHSV(単純疱疹1型ウイルス)というのが起因しています。このウイルスは普段、顔面の三叉神経節という部分で眠っているのですが、疲れたり、風邪をひいたりしたいわゆる抵抗力が弱まった状態の時に出ます。治療薬は「バルトレックス」という抗ウイルス剤がひじょうに有効です。ただこれは要指示薬ですから医師の処方がないと入手できませんので近くの皮膚科で診察を受けられたらいいかと思います。この疾患は処置が早ければ治癒も早くなります。口唇ヘルペスの場合皮膚症状が出る前に何となく唇のあたりがムズムズした自覚症状があるはずです(気付かない場合もあり)その段階で抗ウイルス剤を飲めば皮膚症状も痛みも短期間で治癒します。抗ウイルス剤には軟膏などもありますので近医で相談されたらよいでしょう。おだいじに!

Q今日皮膚科行ってきましたが

今日皮膚科行ってきましたが、症状が出なかったので、お薬だけもらって帰りましたが、おもい症状でないことを祈ります。

Aベストアンサー

写真を拝見すると、蕁麻疹みたいな感じですけど
カユミは、ありますか?

>症状が出なかったので

写真の、この症状は、何時ですか?
皮膚科に行った後でしょうか?

>お薬だけもらって帰りましたが

症状が出て無い時に、薬を貰ったという事は、
ご自分で、痒い。や、赤く盛り上がる。などの説明をしたのですよね?
それとも、写真を持って行ったのかしら?
写真を見て、処方された薬なら、合ってるかも?ですけど、
写真が無くて、説明しただけなら、全然、違う病気の薬の場合がありますね。

多分…抗ヒスタミンの飲み薬か?ステロイドの塗り薬あたりを、貰ってると思いますが。

もし、全くカユミが無くて、上記の薬だと、あまり意味が無いですから、
皮膚科に、写真を持って行ってないなら、
面倒ですが、持って 再診を された方が良いと思います。

Q感染症の分類について

感染症法による感染症の分類について、以下にお尋ねします。

感染症法では、感染症の病態の重篤さから1類~5類に分類されていると理解しております。

例えば、サルモネラ感染症の中で腸チフス・パラチフスは3類感染症に分類されています。しかし
他のサルモネラ感染症の分類は見当たらないように思います。腸チフス・パラチフス以外のサルモネラによる感染症は、感染症法では分類されていないのでしょうか。

また細菌性食中毒(食品媒介性感染症)である腸炎ビブリオ感染症は、感染症法による分類では、何類に分類されるのでしょうか。

動物由来感染症であるネコひっかき病なども、第4類感染症に相当するように思います。特に記載がないように思いますが、どのような扱いになっているのでしょうか。

このように考えると、感染症法で規定している感染症には、一般市民が考えている感染症の全てが網羅され分類されていないのかと考えるのですが、如何でしょうか。重篤な感染症のみを対象にして、分類されているのでしょうか。

基礎的な質問で恐れいりますが、ご指導よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 >基礎的な質問で恐れいりますが、ご指導よろしくお願い致します。

 感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)に全部書いてある。書いていないのは、対象外。

 厚生労働省のHPから検索できます(うろ覚え)。

Q耳鼻咽喉科に行きたい、でも

3日前に40度の熱と咳、悪寒、のどの痛みに悩まされ病院にいったのですがインフルエンザようの薬はもらいませんでした。
今日になってようやく熱と悪寒はなくなったのですがのどの異常の痛みは日ごとに増して水もつばも飲み込めません。
当然声も出せません。
耳鼻咽喉科に行きたいのですが休日診療所は内科しかないです。

処方してもらった薬を飲んでも治る気配が一向に見えそうにないのですが、内科でも休日診療所に行けばそれに見合った処方の薬を出してもらえるでしょうか?

Aベストアンサー

インフルエンザと診断されたのであれば,当然タミフルが処方されたのでしょうが,普通のかぜのようですね.
解熱剤と炎症止めの薬が出たと思います.その他抗生物質も出たでしょう.

残念ながらかぜに効く薬はありません.症状を抑えるだけですが,喉の腫れはある程度時間が経たないと治りません.

恐らく他の病院へ行っても同じような薬をまた出されるだけで時間の経過しかありません.お金と時間がもったいないし,暖かえくして寝ているのが一番です.
但し,熱が40度以上なら即病院です.

せめて,濃い紅茶を3~4倍にお湯で薄め,まめにうがいをして下さい.(カテキン・ポリフェノールがウイルスをやっつけてくれます.)
濡れマスクをして喉を潤しておくことです.(飴をなめていれば幾らか気がまぎれます.

QHIV感染者の精子を飲むと・・・

タイトルの通りなのですが基本的にHIV感染は性行為・血液感染・母子感染と言われてますが
HIV感染者の精子を口から飲んだ場合感染するのでしょうか?

Aベストアンサー

口内も粘膜なので感染経路になりえます。
唾液にはHIVウィルスがほぼ含まれないので、キスでの感染はほぼありません。口内に傷があった場合は別です。

Q内科と耳鼻咽喉科のどちらに行けばいいのでしょうか?

一週間位咳が止まらないのですが
内科と耳鼻咽喉科のどちらに行けばいいのでしょうか?

熱・鼻水はないです。

Aベストアンサー

内科と云っても万能ではありません。耳鼻咽喉科でよくならなければ、
席喘息の疑いがありますので総合病院の呼吸器科にかかられるようにお勧めします。

近頃は専門バカの医者が多いですので、私も耳鼻咽喉科に懸って2カ月治らなかったのが、
呼吸器科でよくなりました。

Q病原菌の感染の仕方

空気感染
血液感染
接触感染
いろいろありますが、他にはどんな感染の仕方があるんですか?

Aベストアンサー

 獣医師です。ウイルスに専門知識を有しています。

 ○○感染、という言葉は様々な角度から見た感染様式を包括しているので、単に言葉を並べてもあまり意味がありません。

 「誰から誰に感染するか」という観点では、大きく分けて「垂直感染」と「水平感染」があります。垂直感染は親から子に伝わる感染で、水平感染はそれ以外です。
 垂直感染は狭義には「胎盤感染(胎盤を通して母親から子に伝わる)」のみを指しますが、「産道感染(分娩時に産道で母親から子に伝わる)」を含める場合もあります。
 「経乳感染(母乳を通して感染する)」は、たいていの場合は水平感染に含めます。

 「感染する経路」で分類する方法もあります。

 厳密には「食物感染」という言葉はなく、「経口感染」と言います。口から病原体が入って感染するものですが、口から咽喉頭~気道に病原体が感染するものは経口感染とは普通言いません。口から入って消化管に感染するものを経口感染と言います。その意味では確かに経口感染のほとんどが「食物感染」なのですが、食物以外、例えば手に付着したウイルスがたまたま手で口に触れたときに口に入って感染するのも経口感染なので、食物感染とは普通言いません。
 上で触れた「経乳感染」も「経口感染」のひとつですね。

 飛沫感染と空気感染はけっこう重要です。空気感染は正しくは「飛沫核感染」と言います。
 どちらも咳やくしゃみ、呼気などに含まれる病原体が「飛沫」に含まれていて、それを吸引することによって感染するものです。
 定義的には飛沫感染と飛沫核感染は、その「飛沫」の粒子の大きさが違います。飛沫感染の方が大きく、従って飛距離が短く浮遊時間も短いのですが、飛沫核感染は飛距離も浮遊時間も長いです。

 インフルエンザは「飛沫感染」です。

 ただ、テーブル等に落ちた「飛沫」も感染力をしばらく持っています。それを手で触れて、その手を口に持っていったなどして口から感染することもインフルエンザなどでは多いです。(というよりそちらの方が実際には遙かに多い)
 この場合は、「経口感染」とは言わず、「接触感染」と言います。インフルエンザは消化管に感染するウイルスではないからです。

 飛沫核感染はエアロゾル感染とも言いますが、代表的なのは麻疹や肺結核です。
 ただ、飛沫核感染と飛沫感染が大きく違うのは、単に排出された病原体の飛距離や浮遊時間というだけではなく、飛沫核感染の場合は一度テーブルなどに落ちた病原体が再び舞い上がって空中に浮遊することがある、という点です。
 ノロウイルスがそういう感染の仕方をします。
 つまりウイルスは嘔吐の際の吐瀉物に含まれるのですが(もちろん下痢便にも大量のウイルスが含まれる)、床や雑巾などに付着した吐瀉物が乾燥してエアロゾルが舞い、それを吸引して感染することがあります。

 また、口蹄疫も飛沫核感染があり得るのですが、こちらは数kmは飛んでいくこともあります。これまでに海上で250kmも飛んで伝播した記録があります。

 他には感染の経路として「粘膜感染」という言葉もありますが、まあこれはほとんどの病原体が粘膜から感染するので、専門用語としてはあまり使われません。経口感染も経乳感染も気道感染も結膜感染も、ほとんどが「粘膜から感染」しますから。経皮感染といって粘膜ではない皮膚から感染するものもありますが、一部です。血液感染するウイルスはたいてい粘膜感染ですし。
 接触感染も、接触することによって感染することを意味するのですが、ではどうやって感染するかというとほとんどが粘膜を通して感染します。

 皮膚に傷があったりした場合に皮膚から血中に病原体が侵入して感染する場合は「血液感染」ということになるのでしょうが、当然その場合は「接触」があるから感染するわけで「接触感染」という言い方もできます。
 また、そのような病原体はもちろんたいてい粘膜感染もします。

 他に「性行為感染」もありますが、これもほぼ全て「粘膜感染」です。HIV等一部は血液感染でもあります。

 なので「粘膜感染」という言葉はあまり役に立たない言葉なのであまり使いませんね。

 獣医師です。ウイルスに専門知識を有しています。

 ○○感染、という言葉は様々な角度から見た感染様式を包括しているので、単に言葉を並べてもあまり意味がありません。

 「誰から誰に感染するか」という観点では、大きく分けて「垂直感染」と「水平感染」があります。垂直感染は親から子に伝わる感染で、水平感染はそれ以外です。
 垂直感染は狭義には「胎盤感染(胎盤を通して母親から子に伝わる)」のみを指しますが、「産道感染(分娩時に産道で母親から子に伝わる)」を含める場合もあります。
 「経...続きを読む

Q熱が38度あるのですが、全くしんどくないんです。 初めは喉が凄く痛くて、耳鼻科に行かなきゃなぁーって

熱が38度あるのですが、全くしんどくないんです。
初めは喉が凄く痛くて、耳鼻科に行かなきゃなぁーって思ってたんですけど、次の日には治ってしまい元気だったのですが、その日の夜少し体が熱いなーと思って熱をはかると37度薬を飲んで寝ていまに至ります。
38度もあるのに頭も痛くないし鼻水といった鼻水は出ていません。
どうするべきでしょうか?

Aベストアンサー

病院へ
土曜午前中空いてると思いますので。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報