特に最近都市部で増えてきたカラスには特別な天敵というのはいないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

野鳥、カラス全般の研究をしている方のサイトです。


柴田佳秀さん
カラス研究室
柴田さんはNHK生き物地球紀行などのディレクターを経て、野生生物コンサルタント、現在は科学ジャーナリストとしてご活躍中です。

ご興味があれば、お時間がある時にご覧になってください。カラスの秘密にびっくり。エッセイなども楽しいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示有難うございます.早速拝読いたします。

お礼日時:2005/04/21 09:09

#4です


大変失礼しました。もう一度つけ直します。
柴田佳秀さんサイト

http://homepage3.nifty.com/shibalabo
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に有難うございます。

お礼日時:2005/04/21 09:09

いちおう、人間も天敵です。


自らが天敵であることを忘れている人間が多いですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示有難うございます。餌を供給しているという一面もありますが、彼等の環境を破壊してしまったのでしょうか。

お礼日時:2005/04/20 04:25

猛きん類のオオタカ、フクロウなど。



http://www.city.ichihara.chiba.jp/kankyou/kanri/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示有難うございます。実際にもこれらの猛禽類がカラスを襲う事例も観察されているのでしょうか。

お礼日時:2005/04/19 15:52

鷹・鷲・鳶などが天敵です。

しかし都市部の開発が進み巣を作れないので、都市部にはあまりおらず、カラスが大繁殖していると考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速お答え頂き、ありがとうございました。大繁殖しているということが天敵がそれほどいないということを意味しているということですね。

お礼日時:2005/04/19 15:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカラスの天敵

カラスの巣って、他の動物とかに襲われたりするんですか?
あと、成体にも天敵はいるのでしょうか?

Aベストアンサー

>親が不在の時に巣の雛を襲う、なんてこともやっぱりあり得ませんか?

私は鳥類とかカラスの専門家では無いのでハッキリとした事は云えませんが、カラスは樹木などの10m以上の所に巣を作りますからそこを襲うのは猫としてはハイリスクです。
そんなリスクを負わなくても普通の野良猫なら残飯漁りをした方が安全確実です。
但しこれもカラスとの競争になってしまいますが、カラスがたかっているごみ捨て場で猫を見た事は私の経験ではただの一度も有りません。
加えてカラスが厄介なのは知能が高いと言う事です。
よく危害を加えた人間を覚えていて襲うなんて話も聞きますから、猫とて同じ事をされるのではないでしょうか。

Qカラスを退治したいのですが

歩いて通勤途中にゴミ捨て場所があります。ゴミ出しの日の朝はいつもカラスがゴミ袋を漁って散らかしています。いつか退治したいと虎視眈々と狙っております。そこで質問です。
(1)同じカラスが週2回やってくるのでしょうか? 味をしめて..
(2)どのように退治すればいいのでしょうか?棒で叩こうとしても逃げられるのでしょうね。
(3)0歳時の子供がいるのですが、攻撃されることはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
おたずねのカラスですが、餌となる生ゴミが出るのを知って来るのでしょう。日を覚えているのか、毎日上空を飛んでいて、ゴミが見えると下りてくるのかはわかりませんが。

No.3にお答えの方が人を覚えるとおっしゃています。その通りですが、覚えているからといって、遠くまで追いかけてきて仕返ししたりするほどカラスも暇ではありませんのでご安心ください(「仕留め損なうと危ない」とは物騒ですが、そんな心配はありません)。

カラスが攻撃するのは、基本的に近くに雛や卵のある巣があるときに限られます(だいたい4月から7月ごろのみです)。ごく狭い区域を防衛するのみで、追いかけては来ません。また、カラスの攻撃で直接怪我をしたという例はほとんどありません。人間が巣のそばに来るとカラスは卵や雛に危険が及ぶと考えて、飛んできて頭を軽く蹴ったりしますが、それで血の出るような怪我をすることはまずありません。怪我をしたという例をよく調査すると、あわてて転んだというような二次的なものがほとんどだそうです。ですので、カラスのようすをよく観察して行動し(怒っていれば、枝を激しくつつくなどの行動ですぐわかります)、飛んできてもあわてないようにすれば問題はほとんどないはずです。

ゴミ集積場にいるカラスは、すぐそばに巣があるような例をのぞけば、人に危害を加えることはないと思います。また、0歳の乳児ですが、大人の方がそばにいてみていらっしゃるのであれば問題ないでしょう。

カラスの退治ですが、カラスは野鳥であり、鳥獣保護法で保護されていますので、勝手に傷つけたり捕獲したりすると法律違反となります。すでに書かれているお答えにあるように、カラスはゴミ出しを工夫することにより、ゴミ散乱等の被害を減らすことができます。都会のカラスはゴミに依存して数が増えた結果、人間との摩擦が起きるので、地域レベルで、カラスに荒らされないようなネットかけを励行することにより、ゴミ集積場にカラスが集まるという光景をなくすことが可能です。

カラスの餌となるゴミ対策をせずに、カラスがけしからんと言って殺そうとしたりするのは、人間の自分勝手な行動と非難されても仕方ないと思います(台所の生ゴミを夜も片付けずに放置していれば、どんなにゴキブリホイホイをあちこちに置いてもゴキブリはどんどん増えます。本当にゴキブリが嫌なのなら、まず生ゴミをきちんと始末して、台所を清潔にすることですよね。カラスも基本的に同じで、住宅地から餌を絶つことにより森に帰って行きます)。

実際に多くの自治体では、ゴミにかぶせるネットや、ゴミの夜間収集で効果を上げています。
http://www.city.ichikawa.chiba.jp/net/siminsei/sogosim/karasu.htm

カラス対策ネットの使用を市民にお願いしているある自治体関係者のお話をうかがったことがありますが、家族で住まわれているような地区ではネットをかけたゴミ出しをきちんとしてくれるのでちゃんと効果が上がるが、一人暮らしの方のアパートなどが多い地区では、ゴミ出しのマナーの悪い方もいらっしゃって、効果が上がらない場合があり苦慮されているそうです。このことが逆に、いかにゴミ対策によってカラスをコントロールできるかを示しています。

繰り返しますが、カラスも野鳥であり、自然環境の一部です。自然保護とか環境保全の論理というのは、可愛いから守れとか、憎たらしいから殺せということではありません。自然環境問題はそういう「情」ではなくて「知性」で考えなくてはいけません。それによって、自然のメンバー全体が共存できるように考えることが、大げさに言えば、最終的には人類が生き残ることにつながるのです。カラスも人間の出す生ゴミで増えすぎてしまっているのですから、なるべく殺すことなく、我々の智恵できちんとコントロールして、共存の道を探るべきものだと思います。住宅地からは生ゴミから餌を取れないような対策をすることにより、気にならない数まで減らすことが可能と思います。

http://www.env.go.jp/nature/karasu-m/index.html
http://www.wbsj.org/topics/karasu/qanda.html

こんにちは。
おたずねのカラスですが、餌となる生ゴミが出るのを知って来るのでしょう。日を覚えているのか、毎日上空を飛んでいて、ゴミが見えると下りてくるのかはわかりませんが。

No.3にお答えの方が人を覚えるとおっしゃています。その通りですが、覚えているからといって、遠くまで追いかけてきて仕返ししたりするほどカラスも暇ではありませんのでご安心ください(「仕留め損なうと危ない」とは物騒ですが、そんな心配はありません)。

カラスが攻撃するのは、基本的に近くに雛や卵のある巣がある...続きを読む

Qカラスには天敵はいないのか

先日カモメがカラスを追い回している風景を目撃しました。
あのカラスが必死になって逃げる姿を見た事がありませんでした。
今カラスを駆除する為に巣を取り払ったりしていますが、天敵を捜して
カラスの増加を防ぐと言う手段はないのでしょうか?

Aベストアンサー

天敵は、確かにいるとは思いますが、大きさ・数・頭の良さが、問題と思います。鳶にまとわりつくカラスを、よく目にしますが、コレは、逆に鳶が自分の仲間の所まで、誘って居るんだと聞きます。また、ツバメに、追い回されるカラスもよく目にしますし、あのハヤブサでさえが、ツバメに追い回されています。「ハヤブサ」がいたずら?したんでしょうが、スピードではツバメが勝って居ますから・・・ね。
自然界は、弱肉強食ですから・・・最大の天敵は、人間でしょう。!!

カラスに限らず増加を防ぐには、自然界のバランスを取ることに尽きるのでは?・・・崩しているのは、他ならぬ人間なのですから。・・・
人間には迷惑でも、自然界では大切な歯車の一つなのです。
それ故に難しい問題です。

しかし、動物愛護団体のように、何でもかんでも保護するのではなく、
バランスを崩して増えすぎた種、テリトリーに入ってくる者に対しては、駆除もやむ得ずです。

Q何故スズメって飼っちゃいけないの?

スズメはペットとして飼ってはいけない、と聞いたことがあります。
特に数が少ないとは思いません。
理由を知っている方、教えて下さい。

Aベストアンサー

残念ながら#1-3の方は皆様間違いです。
合法的に飼育できる鳥はメジロとホオジロの2種のみで一人に1羽と規定されています。ただし、最近はそれも認めない方向にあります。
それ以外の鳥はスズメであってもドバトであっても、極端な話、移入種であるセキセイインコでも野生のものは捕獲、飼育はできません。

なぜといわれると、たいへん困ります。理由はわからないのですが1種で認めるとそれが2種、3種・・・・となるからでしょうか?

その反面、害獣駆除では申請が認められればかなりの種類の鳥をかなりの数、駆除出来るようになっています。#3さんのおっしゃる、取って食べてもいいというのは有害駆除が認められた場合の事です。

病気やケガなどでの一時飼育は1ヶ月以内であれば飼育する事は合法です。それを過ぎても放鳥できない合理的な理由があれば飼育許可を受けて飼育を継続する事は可能です。ただし、自治体によっては許可はほとんど出さないようです。
#3さんのご紹介のHPをざっと見ましたが飼育許可については触れられていませんね。本来は許可がなければ飼育できませんので、違法飼育という事になるでしょう。許可があるのであればごめんなさい。

ペットショップで野鳥を売っている事がよくあります。あれらは日本の鳥ではなく、輸入が禁止されていない中国などからのものです。ただし、区別しようがないので国産の野鳥がそれらに混じっている事は十分考えられます。

学術捕獲というのもあって研究の為に捕獲、飼育する事も認められれば可能です。

残念ながら#1-3の方は皆様間違いです。
合法的に飼育できる鳥はメジロとホオジロの2種のみで一人に1羽と規定されています。ただし、最近はそれも認めない方向にあります。
それ以外の鳥はスズメであってもドバトであっても、極端な話、移入種であるセキセイインコでも野生のものは捕獲、飼育はできません。

なぜといわれると、たいへん困ります。理由はわからないのですが1種で認めるとそれが2種、3種・・・・となるからでしょうか?

その反面、害獣駆除では申請が認められればかなりの種類の鳥...続きを読む


人気Q&Aランキング