プロが教えるわが家の防犯対策術!

20歳女。中学生の頃に、知らない大学生の男に言われたことが今でもトラウマ、コンプレックス。

こんばんは。
私は幼い頃からお洒落や美容に敏感で、中学生の頃も休みの日はメイクをしていました。
ある休みの日、1人で電車に乗っていると、向かい側に大学生の男子グループが乗ってきて、私の事をジロジロ見て来ました。
視線を感じた私は、スマホから顔を少し上げました。
すると大学生が「可愛いと思ったけど、ブスやった」と言い放ったのです。
それを言われて以降、私は鏡を毎日みたり、外カメラで自分の顔を撮ってみたりして完全に病んでいました。

そして15歳で二重整形をしました。
その次は18歳で鼻整形をしました。

微妙と言われることは少なくなり、代わりに、可愛い、美人と言われる事が多くなりました。

でも未だに、あの時言われた「ブス」という言葉がフラッシュバックして涙が溢れてきます…。

私は身長も167と高く、肌の色も生まれつき白いので目立ちたくなくても目立ってしまい、視線恐怖症になっている気がします…。

トラウマからの立ち直り方、フラッシュバックを治す方法、視線恐怖症を治す方法を教えてください。

A 回答 (5件)

まじでそーゆーモンスター人間結構いますよね。

私も過去に猿みたいな顔面と言われ、そこから他人の目ばかり気にしてしまい、他人にブスと思われたくなくてメイクしたり可愛い自分を繕ったりしてました。でもそれってすごく疲れます、なんか他人のために生きてる感じがして(-_-)!てか、まず思っていることを心の中で留めず口に出してしまう大学生、おかしいですよね。そうやってこの先も誰かを傷つけて生きていくんでしょうね。
私は自分軸で生きることにすると心が超軽くなった気がします。
誰に何を言われようと自分は自分、他人が貴方のことを評価する資格もないし人生は貴方が主役なんですよお!!!!!!!
そーゆー変なことを言う人は世界に無数といると思いますが、人の悪口しか言えない可哀想なポンコツと思って生きれればいいと思います!
上手いこと言えないですが人生一緒にたのしみましょ!
    • good
    • 2

「あなたに否はない」です。



世の中には酷いことを平然と言うやつが居るもので、あなたの様に心に傷を付けられる人が絶えません。突然刃物で刺されたようなものです。

言葉の暴力は最も悪質な犯罪です。特にひとの容姿を冒涜する行為は万死に値します。通り魔殺人事件に比較しても刃物で刺したほうが軽いぐらいです。

あなたはたまたま外出して通り魔に出食わせた。そいつは若い可愛い女性を見つけては言葉の刃で刺すことに快感を覚える快楽犯だったのです。

そんな奴が未だ捕まって居ないことは腹立たしい限りです。しかし、「天網恢恢疎にして漏らさず」ひとたび冒した罪は必ず裁きを受けなければならない。それが天の定めです。

あなたは被害者です。悪くはないです。深い傷もいつかは消えるでしょう。恨みを忘れ新たな人生を楽しく活きてくださいね。
    • good
    • 1

人生嫌な思い出は必ずある、貴方は彼らへの恨みと共にしつこく考えてる。

既に整形してそんな状態では無いのでしょ。それをいつまでも考えるのは駄目ですよ。
    • good
    • 0

真面目に回答しました。


治す方法は「こう考えればいいよ」とかの部類に当てはめられるものではなく、充分ラインを越えた異常な状態であるので、精神系の病院行ってください
    • good
    • 0

うーん、これは気の持ちようとかの問題じゃなくて病院コースかな。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

嫌味ですか?

お礼日時:2023/04/01 02:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!