電子書籍の厳選無料作品が豊富!

画家のカラバッチョと同じ描き方で作品を作りたいのですが、
質問があります。

カラバッチョはどんな布のキャンバスに絵を描いていたのでしょうか?
絵を描く際に、彼は鉛筆や木炭、あるいは筆で下書きをしてから作品を作っていたのでしょうか?
また、仮に下書きをしていたとして、下書きをするためにキャンバスに下地を塗ったりしていましたでしょうか?
仮に塗っていた場合は、キャンバスに塗るその下地を買いたいのですが、何という名前でしょうか?

どうかよろしくお願い致します。

特に、
手の皺や関節の皺をどのように描いたのか気になります。

細い筆で薄く描いたのかなど。

血管はテレピンとかで薄くした緑色を塗ったと思いますが、
その血管の影はどうやってつけたのかなど。

A 回答 (1件)

カラバッチョ(Michelangelo Merisi da Caravaggio)は16世紀末から17世紀初めにかけて活躍したイタリアの画家です。



キャンバスについては、当時の一般的なキャンバスは麻の布であったとされています。カラバッチョもこの麻の布を使っていたと思われます。

下書きについては、カラバッチョは一般的な方法として、下書きを行うために鉛筆や木炭を使用していたとされています。また、彼は直接キャンバスに描くことが多く、下書きをしない場合もあったとされています。

下地については、カラバッチョは多くの場合、キャンバスに下地を塗ることはありませんでした。ただし、特定の作品においては、下地を塗った場合もあります。下地の名称については、具体的には分かりません。

手の描き方については、カラバッチョは手の表面にはあまり皺を描かず、手の輪郭や影を強調して描くことが多かったとされています。また、筆の種類については、カラバッチョは幅広い筆を使い分けていたとされていますが、細い筆で薄く描くことも多かったと思われます。

血管については、カラバッチョは血管をリアルに描くことが多かったとされています。影の表現については、筆を使って薄く塗り重ねて表現していたと思われます。また、テレピンやその他の材料を使用して、細かい表現を施していた可能性があります。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!