ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

建設業を営んでいる個人事業主です。
フリーの会計ソフトを使って試算表を作成しています。
早速質問なのですが・・。
 完成工事未収入金 / 完成工事高   100万
 普通預金     / 完成工事未収入金 90万
 完成工事高    / 売上値引     10万
と、仕訳をすると完成工事未収入金の残高が残るのですが、売掛金の値引処理の勘定科目は何になるのでしょうか?もちろん、売上高の金額は合っていました。
どなたか、ご回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

建設業の仕訳は未経験なのですが、単純な売上値引として、



 完成工事未収入金 / 完成工事高   100万
 普通預金     / 完成工事未収入金 90万
 売上値引      / 完成工事未収入金 10万

こんな感じでしょうか。
売上の値引きは借方です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

売上値引が逆ですね。回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/21 13:25

 完成工事未収入金 100万 / 完成工事高  100万


 普通預金  90万   / 完成工事未収入金 90万
 売上値引  10万  / 完成工事未収入金 10万

となります。

売上値引の貸借が逆です。
完成工事高は消えずに残ります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!早速訂正します。

お礼日時:2005/04/21 13:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売掛金が値引きされて振り込まれた時の仕訳

個人で自動車整備工場をしております。売掛金が値引きされて口座に振り込まれました。振込手数料も当方負担の金額です。どのように振替伝票に記載すればよいのかよろしくお願いします。

売掛金       100,000円
値引き        5,000円
振込手数料       630円
実際に振込まれた金額 94,370円

このような場合です

Aベストアンサー

値引きはお客さんがするものではなく、お店側がするものだとは思いますが・・・
単純な売上値引きとすれば、

(借方) (貸方)
預金 94,370 売掛金 100,000
支払手数料 630
売上値引 5,000

これが、「すぐに振込むから安くしてよ」
ということであれば、売上値引ではなく売上割引(営業外費用)になります。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/6363.htm

Q仕訳を教えてください 値引きについて

個人事業の経理初心者です。
値引きの仕訳を教えてください。

請求書、領収書ともに10万円で出していて
1万円の値引きをしました。
1.銀行振込の場合、9万円の入金が通帳で確認できます。
2.手渡しの場合、1万円の値引きをした証明がありません。

帳簿は現金出納帳をつけています。
預金用の帳簿はなく現金同様につけています。

売上10万 値引き1万 と二つ書くのか
売上9万 のみとするのか・・・。
でも請求書、領収書は10万なのです。
また「値引き」という科目はOKですか?

簡単に教えてください。(?)
あまり用語が出てくるとわからないもので、申し訳ありません。

Aベストアンサー

#1の追加です。

振り込みの場合は、実際に90.000円しか振り込まれていないので、値引きで処理して、領収書はそのままにしておくしかないでしょう。
税務調査で聞かれたら、値引きされたい答えれば大丈夫です。

現金で支払われた場合は、次の仕訳をしましょう。
現金   90.000 / 売上 100.000
事業主貸 10.000

ご自分で使ったことにして、帳尻をあわせましょう。

Q建退共の証紙。 購入のときの勘定科目は

建設業の労働者など用に購入する建退共の証紙ですが、勘定科目は何になるでしょうか。ある程度まとめて購入し、後ほど各現場に振分けする予定です。

Aベストアンサー

最初預かり勘定にしておき、現場決定後現場経費(厚生福祉費)に振替。

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q未成工事受入金の借方勘定科目がわかりません

建設業の経理事務をしています。

工事全体の売上500万円の内、150万円を未成工事受入金として処理することになりました。
先方から銀行振込で150万円を先月にもう振り込んでもらっています。

貸方 未成工事受入金 150万の振替伝票を切りましたが、
借方 振込先の銀行で良いのでしょうか。

本当ならば振替伝票を切ったのも銀行振込も同じ月だったので、プラマイゼロになるのですが、
社長からきちんと、試算表に”未成工事受金 150万円”として残して欲しいと言われています。

先月の事なので、とりあえず、
貸方 未成工事受入金 150万、
借方 振込先の銀行 150万

今月で、
借方 未成工事受入金 150万  の場合貸方は売掛になるのでしょうか。
数年前に同じような例があったので、伝票を遡って調べてみましたが、
貸方が売掛にも関わらず、未成工事受入金はそのままの金額が計上されており、
売掛台帳にはその売掛金額は記載されていませんでした。
それでも貸方借方がピッタリ合っているんです。

周りに経理に詳しい者もおらず、ネットでも色々調べているのですが、わかりません。

どういう処理にしたら貸方借方が上手く出来るのでしょうか。
教えて下さい。
よろしくお願いします。

建設業の経理事務をしています。

工事全体の売上500万円の内、150万円を未成工事受入金として処理することになりました。
先方から銀行振込で150万円を先月にもう振り込んでもらっています。

貸方 未成工事受入金 150万の振替伝票を切りましたが、
借方 振込先の銀行で良いのでしょうか。

本当ならば振替伝票を切ったのも銀行振込も同じ月だったので、プラマイゼロになるのですが、
社長からきちんと、試算表に”未成工事受金 150万円”として残して欲しいと言われています。

先月の事なので、とりあえず、
...続きを読む

Aベストアンサー

(1) 契約金・手付金を受け取った

   普通預金     100   /  未成工事受入金  100


(2) 中間金を受け取った

   普通預金      50   /  未成工事受入金    50

(3) 建物が完成し引き渡した

   売掛金       350   /  売上          350
   未成工事受入金 150   /  売掛金        150

(4) 残金を入金した

   普通預金      200   / 売掛金         200

・ 売上は完成引渡しをして初めて売上が発生します。
・ (3)の仕訳は、いったん総額を売り上げにして、前受である未成工事受入金と相殺するほうが分かりやすいと思いますので、このようにしました。

    未成工事 150  / 売上 350
    売掛金   200

  という仕訳の仕方もあります。  


   この仕訳を検証してみると

   普通預金 350  売上    350
   未成工事 150  未成工事 150
   売掛    350  売掛金   350 

  になることが、ご理解いただけると思います。   

(1) 契約金・手付金を受け取った

   普通預金     100   /  未成工事受入金  100


(2) 中間金を受け取った

   普通預金      50   /  未成工事受入金    50

(3) 建物が完成し引き渡した

   売掛金       350   /  売上          350
   未成工事受入金 150   /  売掛金        150

(4) 残金を入金した

   普通預金      200   / 売掛金         200

・ 売上は完成引渡しをして初めて売上が発生し...続きを読む

Q相殺分の仕訳の仕方について

建設業の経理仕訳ではなく商業簿記での仕訳で教えていただきたいのですが、元請会社から材料費を相殺されて、毎月の出来高分を支払われます。
請求書は材料分も込みで請求をします。
その請求書をあげた時の仕訳と
相殺されて、残りが入った分の仕訳はどうすればよいのでしょうか?
(今までは、請求書を出した時点で、
 売上計上していました)

請求書 10万
 
入金時  現金     5万
     相殺分明細書 5万

申告締め切り直前で あせっております、どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私の経験では、以下のように処理をしています。

・請求書を発行した時点

 売掛金 10万円/売上高 10万円

・入金された時点

 現金   5万円/売掛金 10万円
 仕入高  5万円
 (伝票で処理)

ご参考になれば幸いです。

Q建設業の決算のときの仕訳

11月決算の小さな建設業の法人に勤めている知り合いから、初めて決算をするそうでよくわからないということで相談を聞いてみました。

私なりに調べたり、その知人から聞いたりしたのですが、間違っていたら教えてください。(工事完成基準でやっているとのことです)決算期をまたぐような取引が不安なのだそうです。

例えば、8月に工事に着工して12月の中旬ごろに施主に引き渡すといった下記のような取引があったとすると、
(1)9月末に外注業者からの請求書が来る→製造原価の外注費××/買掛金××
(2)10月末に材料を仕入れた→製造原価の材料費××/買掛金××
(3)施主から中間金の振込→銀行預金××/未成工事受入金(前受金みたいなもの)××
(4)11月末に外注業者からの請求書が来る→製造原価の外注費××/買掛金××
----------(決算日)---------
(5)12月中旬に施主に引渡し→未成工事受入金××+売掛金××/売上××
(6)12月末に外注業者から請求書が来る→製造原価の外注費××/買掛金××

期中、この工事に対して売上は計上できない(工事完成基準)が、工事に必要な費用だけは払っている(買掛金とかで計上している)状態なので、決算のときに(1)(2)(4)の製造原価の外注費などを未成工事支出金(仕掛品みたいなもの)に振り替えたらいいのでしょうか? 
中間金として期中に振り込まれた金額はとりあえずそのままにしておいて、売上に計上される次の期に取り消すという、でよろしいでしょうか?

11月決算の小さな建設業の法人に勤めている知り合いから、初めて決算をするそうでよくわからないということで相談を聞いてみました。

私なりに調べたり、その知人から聞いたりしたのですが、間違っていたら教えてください。(工事完成基準でやっているとのことです)決算期をまたぐような取引が不安なのだそうです。

例えば、8月に工事に着工して12月の中旬ごろに施主に引き渡すといった下記のような取引があったとすると、
(1)9月末に外注業者からの請求書が来る→製造原価の外注費××/買掛金××
(2)10月末に...続きを読む

Aベストアンサー

おはようございます!(・・・でいいのかな?)記帳代行のKSKです。

質問者様のお考えの通りでよろしいかと思います。

売上の計上基準を会社でお決めになっている「工事完成基準」とするならば、

未成工事支出金××/期末仕掛品棚卸高××

未完成工事に係る材料費、外注費、人件費、経費を「期末仕掛品棚卸高」にまとめて計上します。

初めての決算ということですから、期首仕掛品棚卸高は無いので、当期の製造原価は材料費+外注費+人件費+経費-期末仕掛品棚卸高
となります。

翌期:期首仕掛品棚卸高××/未成工事支出金××
となります。

完成基準は面倒ですが、決算時に未成工事の一覧表を工事現場ごとに作成・保存しておくことは、会社として管理もできるし、いつかくるかもしれない税務調査に対しても、どういった経緯で未成工事としたか説明できる証拠書類ともなるのでお勧めです。

Q建設業の「安全協力費」の会計処理について

建設業の会計処理で、よく「安全協力費」が出てきます。これは実質は、元請けがかけている「労災」の下請け負担分ではないかと思っています。この会計処理ですが、「雑費」、「諸会費」などの通常の経費処理でいいのでしょうか?それとも「交際費」とする必要があるのでしょうか?ご教示よろしくお願いします。(消費税はいずれにしても、課税仕入と考えています。)

Aベストアンサー

こんにちは。
以下に記しますことは、私の独り言と思って下さいね。

「安全協力費」と書くと、いかにも安全のための費用と取られがちですが、実体は協力会の主催者側に確認してみないと判らないというところが真実だと思います。

確かに「安全協力費」の多くは、そこで集めた分を現場労災などの保険料に充当している場合もありますが、こちらの負担金と保険料掛金の対応関係が明確ではありませんし、最近では元請が力関係を行使して徴収を義務化し、使途は福利厚生等に充てている会もあるとのことです。
実際、主催者側に聞いてみても、明確に保険料に充てていますと答えてくれる方もいれば、保険料以外にも当該工事にかかる諸々の支払に充当していますという回答を受けたこともあります。

ですので、私が実務をしてた時は、まず関与先に処理方法を聞き、関与先の求める方法に従って処理してました。
そして、関与先自身もその内容が分からなく、元請さんなどに聞いてみてと言われた場合は関与先の同意を得た上で相手先に電話で聞き、それに基づいて処理していました。
建設会社に税務調査があった際などには、この質問を税務署員にしてみたこともありますが、その時も「協力会に確認して下さい」という回答で終わっちゃいました。


>「雑費」「諸会費」などの通常の経費処理でいいのでしょうか?それとも「交際費」とする必要があるのでしょうか?

勘定科目に関しては、「雑費」でも「諸会費」でも継続的に使用されるのであればどちらでもいいと思います。
私の場合は、主にC/Rの「雑費」で処理していました。
ただ、「交際費」ではないと思います。
「交際費」であるなら何らかの反対給付を期待できますが、「安全協力費」の多くは取られっぱなしです。
そして消費税については、相手先が明確に「内容は主に保険料」と答えられた場合は非課税、領収書等に消費税の課税対象である旨が記載されている場合や判断材料が無い場合は納税者有利に課税仕入としていました。


今後のためにも、一度協力会側に規約の確認を求められてはどうですか。
長々と記しましたが、melmelbanz様が求める回答ではなく第三者を不快にするような内容と思われましたら削除依頼をなさって下さい。
明確な基準がないことにもどかしさをおぼえる経験者の独り言でした。

こんにちは。
以下に記しますことは、私の独り言と思って下さいね。

「安全協力費」と書くと、いかにも安全のための費用と取られがちですが、実体は協力会の主催者側に確認してみないと判らないというところが真実だと思います。

確かに「安全協力費」の多くは、そこで集めた分を現場労災などの保険料に充当している場合もありますが、こちらの負担金と保険料掛金の対応関係が明確ではありませんし、最近では元請が力関係を行使して徴収を義務化し、使途は福利厚生等に充てている会もあるとのことです。
...続きを読む

Q事業主の資格取得費用の仕訳で困っています

よろしくお願いします。私は今年、個人事業主として独立しました。仕事は重機のリース、オペレーターです。もちろん必要な資格(免許)は持っています。ところが同業者の方からある資格(国家資格)を取ったほうがこれから先仕事が取りやすい、またこれまで外注に出していた重機の定期点検が自分でできる(経費節減)ということで受験しました。この受験費用は経費になりますか(事業主本人でも)また、その際どの勘定科目で処理するのが良いですか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

業務を行うに直接必要な資格であれば経費は可。
そのときの科目は雑費でよい。
そもそも個人事業の場合は必要経費か否かが問題なんだから、青色申告決算書や収支内訳書に既に記載の科目でよい。ただ金額的に大きいのであれば空欄を利用して資格費等作ればいいけどね。

Q消費税・法人税の中間申告の納付時の仕訳のやり方について

いつもお世話になっております。
消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時
の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。(実際の処理は税理士さんにお願いしております)
また、違う会社では、消費税については「仮払金」(資産)であげているのは同じなのですが、法人税については中間納付の時点で「法人税および住民税等」(費用)という科目で処理しており、同じく期末で税理士さんにお願いして最終処理しているようです。
仕訳の方法については特に指摘もないことから、この2社どちらのやり方でもかまわないの(間違いではない)だろうとは思うのですが、上記2社のやり方では法人税の期末の仕訳はそれぞれどのようになる(違いがある)のでしょうか?
実際の部分は税理士さんにお願いしていることから、期末の仕訳がどうなるのか、いまいちわかりません。
すいませんが、大まかでかまいませんので、期末の仕訳がどうなっていくのか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・仮払金の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[仮払金]*****
           /[未払法人税等]*****

・法人税等の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[未払法人税等]*****


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング