たしかページの開く側が輪になっていて(袋とじ?)
読むときは一枚ずつペーパーナイフで切り開きながら読む
というものだと訊いたことがあるのですが、あってますでしょうか?

それからフランス装の本は、どこかで現在でも出版されているのでしょうか?
いまどういうところでてに入りますか?
フランス装に関すること、ご存知の方教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

フランス装というのは、後で購入者が装幀をしなおすことを想定した簡易製本です。

フランスで昔は個人の趣味に合わせて皮装幀をするのがステイタスでした。ですから、装幀をし直すのに都合のいいように、途中まで作った中身に簡単な表紙カバーのようなものでくるんだ状態です。本の中身は、4か8ページごとに一枚の紙に印刷してあり、それをたたんで端を切ります。これを一折りと呼びます。フランス装の場合は、この時のカットも省いているため、端が輪になっているのです。

日本の出版事情から言って、これはかえって手間になりますので、めったにありません。オシャレな出版社(サバト館など)は「フランス装もどき」を作ることはありますが、中身はたいてい普通ですね。凝った自費出版や、フランス装幀の作家が、独自にそういうテキストを販売していることはあるようです。高価です。とてもマニアックな世界ですね。
本場フランスではもうすこしみつけやすいかもしれません。あるいは、洋書の古書などでみつかるかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

fitzandnaoさん、ありがとうございます

■>後で購入者が装幀をしなおすことを想定した簡易製本・・・
■>個人の趣味に合わせて皮装幀をするのがステイタス・・・

なるほど、そういう成り立ちだったんですね。全く存じませんでした。
ということは古いフランスの本は、同じ中身で異なる装幀のものが
ある、というかみんな違うわけですね。いや、勉強になります。

■>日本の出版事情から言って、これはかえって手間・・・

「和綴じのフランス装」なんか作ってみたらオシャレかな
とか思っていました。ムリそうですね。

■>本場フランスではもうすこしみつけやすいかも・・・

やはり手に入りにくいんですね。
切ってない本の方が高そうですね。
気長に古本屋さんや蚤の市なんかを探してみます。

fitzandnaoさん、ホント勉強になりました。
ありがとうございました<(_ _)>

お礼日時:2005/04/21 17:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPower書院プラチナパックを入手したい。

シャープのワープロソフトPower書院のユーザーでした。多くの文書・表を保存していましたが、WindowsXP対応のPower書院プラチナパックを購入しないまま発売中止になってしまったために、パソコンをWindowsXPにバージョンアップすることができず困っています。発売中止になってしまったPower書院プラチナパックをどこかで入手できるでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

NO.1064983と同じ質問ではないですか。そちらも生きてますが。
Power書院プラチナパックでWEB照会すれば数十件出てきますし、照会先電話も載ってました。特定のソフトに付いては、該当ユザーがOKWEB回答者におれば良いですが、
ワープロ使用者層と違うような気がします。
製造元に中止になっても、在庫がないか照会されたのでしょうか。

Q18ptの字を読むのと10ptの字を読むのとどちらが目がより疲れますか?

ちょっと変な質問かもしれませんが
論文など長文をよむ時、18フォントと10フォントの字だったらどちらがより疲れないですか?

Aベストアンサー

18ptでの論文など考えられません。

18ptであれば、1ページあたりの文字数は少なくなりますから、それだけ情報量は減ることになります。

まったく同じ論文であれば、18ptの方がページ数は増えます。

ダラダラとページ数だけが増えるのでは、読みながら思考する流れが阻害されます。

もし、18ptの論文があったら、内容がないので文字を大きくして枚数を稼いだだけだと思いますね。

Q90年代の書院→XPパソコン

95年頃のモデルの書院(SHARPのワープロ)のなかの
テキスト変換機能を用いて
書院で作成した文章をXPパソコンで読み出そうとしていますが、うまくいきません。
そもそもこういうことは出来るのでしょうか?
またやり方がなにかまちがっているのでしょうか?

書院の中の、フロッピーをMSDOS化する機能によって新しいフロッピーを初期化する。
そこの中に、書院の機能で、MSDODファイルとして書き込む。
それをXPパソコンで読み取る。


そうすると、『フォーマットされていません』という警告がXP上で出ます。

Aベストアンサー

 一般に95年ごろのワープロ専用機のFDDだと、2HDフロッピーの場合MSDOSフォーマットは、1.25MBフォーマットになってると思われます。
 今の一般的なPCは、1.44MBなので、1.25MBのフロッピーは読めないので「フォーマットされていません」というメッセージが出ていると思います。
2DDのフロッピーは、ワープロも今のPCも対応しているので、2DDのフロッピーを使えばPCでも読めるはずです。

Q積ん読している本の読む順番

書店に行っては読みたい本を買い、ブックオフに行ってはついつい買ってしまい、ネットサーフィンをしては本を買ってしまいます。
常に積ん読している本が10冊は下らない状況です。

本好きの方はついついこのような状況になってしまいがちだと思います。

積ん読している本をどの様な順番で読みますか?
・古い物から
・新しい物から
・読みたい物から
・手に取った物から
・永遠に積ん読
などが考えられますが、
どのような順番で読むのが積ん読を減らせるのか参考にしたいと思います。

もちろん積ん読がなくなってから新たに本を購入するのが一番なんですが(笑)

Aベストアンサー

積ん読はなくなりません。あるのに買ったり、図書館で借りたりしてしまいます。一度読んだ本を再読することも。読みかけで放置して違う本を読むことも。

そして、読む順番は読みたい物からです。

積んである本がなくなるが怖いので、多分このままこのパターンだと思います。

Qpower書院のカルクをPCへ持ってきたい。

Power書院プラチナパックは、もう販売していません。ページを検索したのですが、在庫のある所も見つけられません。Power書院があれば、カルクが、SYLKへ移行できるようです。ヤフオクにも出品なし。何か良い方法ないでしょうか?

Aベストアンサー

的外れでしたらごめんなさい。

データコンバートソフトで書院形式を他の形式に変更するというのではだめでしょうか?
・リッチテキストコンバータ
http://www.antenna.co.jp/RTC/RTC2005R2/
・コンバートスター
http://www.systemport.co.jp/product/cs16/index.html

※あちこちの掲示板にPower書院プラチナパックを探していることを書かれている人物ですよね?>bb2005さん

参考URL:http://www.antenna.co.jp/RTC/RTC2005R2/

Q本は読んでも次の日には90%は忘れてしまうそうです。読む意味ってありますか?

本を読んでも忘れてしまうのです。
この本を読んだという満足感だけはあるんですが、時間がたっていざ内容がどうだったか?というと「あれ?どういう内容だったかな?」なのです。しかも読んでからだいぶ月日が経ってしまうと、ほとんど覚えてないんです。

私見ですが
「どうせ忘れてしまうのだったらはじめから読まないほうがいいのでは?」って思いました。
ですが、多くの著名人は読書は良いことだとおっしゃってます
本を読むのは良いことなんでしょうか?(どうせ忘れるのに。しかも次の日には記憶の9割は飛んでしまってるという・・・どういうメリットがあるのでしょうか?)

私は主に評論や啓発書、人生論などを読みます。小説は読みません。とにかく自分を成長させるために読むのに、内容を忘れては意味ありません。

Aベストアンサー

1.読んでいるとき充実している。
2.実に10%もおぼえている。100冊読めば10冊相当分です。
3.忘れているのではなくて思い出せないだけだ。という話も有ります。あるときヒョコッと思い出すことも有ります。

価値は大いにあると思いますが。先の人も書いておられますが文章は憶えていなくても心には何か残っていると思います。

Q書院造と西洋建築、近代建築について

書院造と西洋建築、近代建築を比較してどのような点が違うのか具体的に教えてください
また、書院造は日本的であるがなぜそうなのかも教えてください

Aベストアンサー

 根本的な違いは、家に自然を取り入れるもしくは家ごと自然の中に居るのが日本建築。

 自然を排除して、自然と人間の支配領域を截然と区別するのが、西洋建築だと思っています。


 日本人にとっての家は、夏を旨とするべきもので、冬はどんな格好をしても住むことができるもの(兼好法師)。

 そのような文化的背景からして、日本建築は元来木造であり、引き戸であけっぴろげであり、明かりは障子戸を通して取り入れ、池や築山などとともに、自然の一部としておかしくないように建てられます。

 庭は、自然の池や海をイメージした不定形なもので、樹木は、自然の中の年数などを誇張はしていても、あり得ない形にはならない。

 その典型が書院造りですね。

 それに対して、西洋建築は自然を排除します。

 ガッチリと窓にはガラスが入っていて風を拒絶し、扉はドアで基本的に閉まる物だったりしますし、家は角張っていて、材料は石材など硬い物を使用します。

 付属する庭は、カクカクしたシンメトリーな形状。あんな形状は自然の中にはありえず、人間による「自然支配」の象徴です。


 質問者さんの言われる近代建築というのがナニを指すのか、いまいちわかりませんが、私にいわせると、複数の日本の有名建築家などが設計した建物、その環境のような、自然と人間の(一体化ではなく)調和した建築が「近代建築」と呼ぶに値すると思います。

 自然と人間、別な物は別なんだけど、一緒に仲良く存在します、的な、和風と西洋建築の良さを取り入れたようなもの。

 だれのどこの建築がいいか、ちょっと名前が出てきませんが、何度か「これぞ近代建築」というふうに思ったことがありますね。


> 書院造は日本的であるがなぜそうなのか

 一つにはハッキリした四季があることと、もう一つは八百万の神々への信仰が原因ではないかと思います。

 季節の移り変わりは美しいから、当然、それを眺めたい、壊したくないという気持ちになりますし、シンメトリーなものは自然にはありえないのに、あえてそのようなものを作るような、畏れ多いことはできないし、すべきでない。

 寺院なども、中国や朝鮮半島などのような、伽藍(建物)と塔を左右対称に作ったのは最初だけ。すぐ、片方にだけ塔を建てるようなアシンメトリーな形状に行き着きました。

 陶器などの好みも同様で、朝鮮の陶工などがキッチリとできあがった作品を王家から求められたのに反して、日本ではいびつな、一見失敗作のようなものが好まれたのもまた同じ。

 完璧な形なんて自然にはありえない!あってはならない!

 それらの思いを追求し、追究し、突き詰めたところあるのが、書院造りではないでしょうか。
 

 根本的な違いは、家に自然を取り入れるもしくは家ごと自然の中に居るのが日本建築。

 自然を排除して、自然と人間の支配領域を截然と区別するのが、西洋建築だと思っています。


 日本人にとっての家は、夏を旨とするべきもので、冬はどんな格好をしても住むことができるもの(兼好法師)。

 そのような文化的背景からして、日本建築は元来木造であり、引き戸であけっぴろげであり、明かりは障子戸を通して取り入れ、池や築山などとともに、自然の一部としておかしくないように建てられます。

 庭は、自...続きを読む

Q西尾維新の戯言シリーズについてです。 読む順番を教えてください。 今クビキリサイクルを読んでるのです

西尾維新の戯言シリーズについてです。
読む順番を教えてください。
今クビキリサイクルを読んでるのですがそれが一番目で合ってますか?

Aベストアンサー

・クビキリサイクル
・クビシメロマンチスト
・クビツリハイスクール
・サイコロジカル
・ヒトクイマジカル
・ネコソギラジカル

……の順番となっており、その後には「人間シリーズ」「最強シリーズ」というスピンオフが続いています。

Q帝国書院の地理の教科書、気候区分の間違い?

最初にkabo-cha さん。帝国書院の間違いでした。
すいません。

ふと気になって帝国書院の地理の教科書を見てたら、温帯気候の分類がありました。
そこには
温暖湿潤気候
地中海性気候
西海岸性気候
の3つが色分けしてありました。
なのに、北陸から東北にかけての日本側は白く何もぬられてないんですよ。
帝国書院では北海道も塗られてなかったので同じ亜寒帯と思っているのでしょうか。
私と同じく変だと思った方はいないのでしょうか。

写真がないので信じててもらえるか不安です。


それと、帝国書院に苦言を言った方がいいですかね。

Aベストアンサー

たぶん図の精度が低い(小さい)のではありませんか?
世界地図の気候区分で日本だけ見ているとか。
おそらくケッペンの気候区分図が見にくくて勘違いしているかもしれません。

岐阜から青森までの山岳地帯は亜寒帯(灰色)が点在しています。
図が小さいとこれがべた塗り(細かくて色分けできない)になります。
そして亜寒帯以外の場所も灰色になります。
秋田~富山あたりまで灰色にみえたりします。

もし帝国書院の地図をお持ちなら日本の気候のところを見てみましょう。
中学生用だとケッペンの分類が載ってないかもしれませんが
高校生用ならDfaとDfbも見分けられるくらい細かく書いてあるでしょう。
もしかしたらケッペン以外の気候区分例も載ってるかもしれません。
私が今使ってるのにはケッペン以外に2つの区分図が載ってます。
用途に応じて分類の仕方も変わる。
地図が何種類かあるのと同じですね。

ちなみに「日本、ケッペン、気候区分」で検索するとケッペンの分類の修正をあつかった
論文が見つかると思います。
外国の分類では日本の気候の分析が不十分なので見直し作業をしてるんですね。
将来教科書の区分図が変わるかもしれません。

それにしても質問が高度ですね。
大学受験でもここまで細かいことはなかなか調べられませんけど。
勉強頑張って下さい。

たぶん図の精度が低い(小さい)のではありませんか?
世界地図の気候区分で日本だけ見ているとか。
おそらくケッペンの気候区分図が見にくくて勘違いしているかもしれません。

岐阜から青森までの山岳地帯は亜寒帯(灰色)が点在しています。
図が小さいとこれがべた塗り(細かくて色分けできない)になります。
そして亜寒帯以外の場所も灰色になります。
秋田~富山あたりまで灰色にみえたりします。

もし帝国書院の地図をお持ちなら日本の気候のところを見てみましょう。
中学生用だとケッペンの分類が載っ...続きを読む

Q本を読んでも内容を忘れてしまう。それでも読む必要はあるか?

多くの成功者が読書することはとてもいいことだと言われてます。
私もたくさんの本(中古ですが)を買いました。
しかし、いざ本棚を見てみると、読んだのに内容を忘れてしまってるのが多すぎます(小説を除く)。私は人生論や精神論が好きでそっち系が多いのですが、最近ふと思いました。読んでも忘れるのでは読む意味ってあるのかな?って・・・

質問は
1.読書することはどんなことに役立つのか?
2.本はやはり買うべきでしょうか?(借りるのでもいいかなと)

回答お願いします
私的には自分を成長させたいから今まで本を読んでました。しかし、内容を忘れてたんじゃ・・・

Aベストアンサー

1.読書することはどんなことに役立つのか?
普通に考えれば感性が広がり、いろいろな事を受け入れることができるということでしょうね。
自分とほかの人たちとの考え方の違い、言葉の違いなど
実際に出会うことのできない相手のことを知ることができます。
人との出会いだけでは経験できないことって結構あると思います。

2.本はやはり買うべきでしょうか?(借りるのでもいいかなと)
全部買えとはいいません。
でも借りて読んだ中で心に残るものがあれば、買ったほうがいいでしょう。

>しかし、内容を忘れてたんじゃ・・・
忘れたということは、現在までの自分の成長の糧になる内容ではなかったのでしょう。
でもこれから先、その文書の一節が何かのきっかけで思い出されることもあるかもしれません。
そう考えれば、決して無駄とはいえないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報