お世話になります。
ビジネスには全くの素人です。
友人から以下のような誘いがありました。
経過と疑問を箇条書きしますので、アドバイスお願いします。

経過:

1. エフアンドエムという会社がe-learningを広めようとしている。
2. あらゆるe-learningを月3000円で使い放題の会員を集める。
3. 一次代理店を縁故募集している。
4. 代理店が1万件になれば締め切る。
5. 出資額は約40万。
6. 自分で3人見つけると12万返る。
7. 顧客の契約自体は取次店が取るので、代理店は下に付いた人の収入も含めて儲かる。
8. 代理店になることを即決できる人を求めている。
9. 5月14日にお披露目をするので今は縁故募集している。
10. 一次代理店になるには今がチャンス。
11. 権利だけ持っていても儲かる。
12. この地区に代理店は始めてなので得する。


私の疑問:

1. マルチ商法とどう違うのか。
2. もし怪しい商売なら、10年で株式上場したエフアンドエムの名を汚さないか。
3. 営業活動はほとんど出来ないが、それでも代理店は儲かるのか。
4. ニュートンなど、似たような事をしている会社は他にないのか。
5. 本当にこの業界のパイオニアなのか。
6. 無料で情報がたくさん手に入る時代、3000円払う人がいるか。
7. e-learningも自分に合ったものしか必要ないのではないか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

この会社のことは全く知らないので一般論として書きます



 マルチ商法自体は違法ではありません。いわゆる
ネズミ講もどきですが違法ではないようです。

 しかし,こういう商売のトップにいるひとかたまりの人は大もうけをして,外車に乗ったりして優雅に暮らしているけれど,末端の会員は損をしてサラ金に行ったりして,しかし資金回収できず途方に暮れています。

 会員を増やすときに1人を数名で囲んで,洗脳的に
勧誘したり,デート商法したり,ファミレスで傍若無人に会合をしたりと・・・マルチ商法自体は一応は
違法ではないけれど,その勧誘の仕方とか運用の仕方に問題のある団体が多いのは残念なことです。

 ここで,あなたがその組織の「この地区の最初の
代理店なのでもうかる」と思うか,こんな楽して
もうかるうまい話は「ただより高いものはない。他の人の不幸の上に成り立つ,自分だけの幸福は身勝手だからやめておこう」と考えるのは,あなたの判断次第です。
 これは,あくまでも一般論で特定の団体組織を指すものではありませんので,念のために。
 
  しかし,私の回りには,たくさんのだまされて泣いた人がいるのは確かです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

自分だけ儲かれば得か、と思う一方、私の人生方針に反する、という内なる声があり、ご意見をもとめたわけです。

参考にします。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/22 09:33

#1です



 あるマルチ商法の「実態」が参考URLに載っています

真偽のほどは別にしても,いろいろと参考になると思います

参考URL:http://health.bbs.thebbs.jp/1079424866/0-
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
今読んでいます。
たくさんありますね。

お礼日時:2005/04/22 14:55

「即決」「今がチャンス」「権利だけで儲かる」怪しさのオンパレードじゃないですか。



考えるだけ損です。

40万円なんてポンと出せる金額じゃあありません。

商品が残るマルチの方がまだマシです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね、やっぱり。
考えて損した、というか勉強になりました。
友達は善意で言っているのはわかるので、この人もだまされたんでしょうかねえ。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/22 09:47

一般論で書きます。


上場とやっている事は関係ありません。
上場基準に達していれば業務内容と関係無しに上場は出来ます。「上場」を判断基準にしてはいけません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、上場企業だから信用できるとは限らないということですね。

ただ、この会社の社長は弱い人の味方で、金持ちが稼いでも意味がないので、口コミで代理店を求めているというふれこみでした。セールストークかも知れませんね。人柄は悪くないと聞いているのですが。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/22 09:36

企業は営利が目的です。


儲かる権利を格安で売るわけが無い。
それにその話は、
本当に大証上場企業の株式会社エフアンドエム?
HPにそのような事は一切書いてないですけど?
        

参考URL:http://www.fmltd.co.jp/company/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

そうです、このエフアンドエムです。
HPに書いていないのは、5月14日に正式披露するからです。そうなれば、代理店希望者が増えるので、今の間にトップの地位を確保できる第一次代理店にならないかという誘いでした。

お礼日時:2005/04/22 09:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不動産手数料のシステムについて教えて下さい。

土地を買おうと思っていますが、不動産手数料について教えて下さい。

600万円の土地があり、管理不動産会社を仮にA不動産とします。

もし、別の不動産会社(B不動産)経由で、この土地を買った場合は、不動産手数料等は、AとBそれぞれの不動産会社でどういう感じになるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この土地の情報をB不動産から知った場合は、B不動産に規定の手数料を支払うことになります。

ちなみに万一、Kiiyan-26さんがA不動産から紹介された情報なのに、B不動産経由で購入する場合(抜き行為)は、A不動産はおもしろくなくおそらく異議を唱えると思われ、A業者に支払うことになるか、業者間で取り分を決められその割合で支払うことになります。

余談ですが手数料の「3%+6万円」の6万円というのは何ででしょうか?これは簡易計算式で、正式には以下のようになります。

 200万円まで・・・・・・・・・・・5%
 200万円を超え400万円まで・・・4%
 400万円を越える部分・・・・・・・3%


 例えば600万円の場合、

 (200万×5%)+(200万×4%)+(200万×3%)
 =10万+8万+6万=24万円


 3%+6万円の「6万円」と言うのは、
 3%を超える部分の
 200万×(5%-3%)+200万×(4%-3%)=6万円
 のためです。

 よって400万円未満の不動産売買の場合(めったにないが)、3%+6万円ではありません。

この土地の情報をB不動産から知った場合は、B不動産に規定の手数料を支払うことになります。

ちなみに万一、Kiiyan-26さんがA不動産から紹介された情報なのに、B不動産経由で購入する場合(抜き行為)は、A不動産はおもしろくなくおそらく異議を唱えると思われ、A業者に支払うことになるか、業者間で取り分を決められその割合で支払うことになります。

余談ですが手数料の「3%+6万円」の6万円というのは何ででしょうか?これは簡易計算式で、正式には以下のようになります。

 200万円まで...続きを読む

QNTTフレッツ光の代理店を目指したく、資料やNTTの代理店窓口等を探しているのですが・・・

Webサイト等で調べてましたら、NTTのページ内でみつけられず・・・
そのかわり、悪質業者等の情報が多く掲載されているばかりで、なかなかみつけられません。

できれば、資料請求まで行いたいのですが・・・

ご存知の方、いらっしゃいましたら、詳細教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

一次代理店の事なら貴方ではまず無理でしょう。
個人が簡単に用意できない資金と実績と人脈が必要となります。
ここで聞いている時点で貴方には無いのは確実でしょう。

二次代理店なら各一次代理店に話しを持ちかけてみるのが手だと思います。
(光ではないけどこれは経験あり)
ただ、それならアフリィエイトやっているのとあまり報酬額変わりません。
自己申し込みOKなアフリィエイトでNTTの商品販売しているところ
選べば一番リスクもなく簡単かなと思います。

Q2軒以上の不動産屋さん

現在、中古一戸建てを検討中です。
半年前くらいから、お願いしていた不動産屋さん(仮にA不動産とします)が、情報公開日の初日に、物件を案内してくれました。
売主は、現在、居住中で、売主についている不動産屋が2軒ありました。(仮にB不動産、C不動産とします)
A不動産は、B不動産から、今回の物件は紹介を受けた・・・と言っていて、B不動産に、かなり、気を遣っているように見えます。
家の中の見学も、A不動産→B不動産→売主とコンタクトをとらなければならないし、見学の時は、B不動産も立ち会っています。
もし、このまま、購入に進むと、A不動産、B不動産、共に利益を出さなければいけないであろうなぁ・・・と思い、そうすると、値引きなどは、期待できないのかなァ?と考えています。
こんな風に、2軒以上の不動産を通す不動産というのは、損なのでしょうか?
この物件は、インターネットで見たら、他にも何社か、紹介していました。

Aベストアンサー

よくあることです。
手数料は、二社で折半するはずですから、こちらが気にする事もないでしょう。
値引きはあくまで売主に対する交渉なので、仲介者がどうこうということはないと思いますよ。

強気で交渉してください。

Qクロネコヤマトの取次店をやり始めたのですが・・・

この度クロネコヤマトの取次店を始めたのですが
この取次店っていう仕事は
正式な職業になるのでしょうか?
なるとしたらどのような職業でしょうか?
お願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは

サービス業のようですね

Q不動産番号を知る方法について

不動産に関する登記を自分でするつもりなので、目的の不動産の不動産番号を知りたいと思っています。
(不動産番号制度以前に取得した登記簿謄本(内容は最新)はあり、不動産の詳細は把握しているので、
不動産番号を記載しなくても不動産登記に不都合はないのですが)

登記所で登記事項証明書(1000円)を取得する以外に、不動産番号を知る方法はあるでしょうか?
たとえば、インターネット登記情報提供サービス(270円、770円)で閲覧できる内容に、不動産番号は記載されているのでしょうか?


ところで、登記完了証には不動産番号が記載されると聞きましたが、そのとおりでしょうか?
また、住所変更など権利者が変わらない登記でも、登記完了証は交付されるでしょうか?

Aベストアンサー

「不動産番号」とは、表題部に記録される番号、記号その他の符号のことです。
つまり、登記事項証明書の表題部に載っているものです。

ただし、不動産番号が付記されるのは管轄庁の
オンライン指定庁化後ですので、
現在オンライン指定庁でなければ載っていない事になります。

なお、法務局で取得する登記事項証明書と、
インターネット登記情報提供サービスで閲覧できるよう内容は同じものです。

参考URL:http://www.touki.info/fudosan.html#C6,http://houmukyoku.moj.go.jp/yokohama/static/online.fudosan.htm

Q代理店と特約店

代理店と特約店の違いとは何なのでしょうか?
特約店は地域を限定できるだけでしょうか?

Aベストアンサー

klubさんの業界の慣習が解らないのですが。
>代理店だからこんなことしちゃいけない
これは無いです。格付けの基本は「これだけのことをしてください」です。
私たちの代理店はユーザーから技術問合せがあった場合、代理店サイドで解決できるスタッフ(実は私たちの課)をそろえメーカ無しでも解決できるようにしています。
代わりにメーカーからは技術情報をもらっています(裏情報も含む)、また技術教育に関してもメーカーに協力してもらいます。
2次代理店・特約販売店はそのようなソリューションを持っていません。
また在庫の問合せにしても、すぐに回答できるようにメーカーのホストサーバーと直結したホストを社内に持っていますが管理にかなりな金額がかかります。
同じく2次代理店には無いです。
また大量の在庫を保有しています(一部メーカーに在庫の無い物まで)

メーカーからすれば「多く売れれば良い」だけですので、メーカーの手間のかからない販売店が優位になるだけです。事実ある2次代理店の販売量が増え1次代理店に昇格したことがあります(ただしこの場合、数年に渡り安定した販売量があった場合です)。

「してはいけない」事に近いですが、特約店の中には「代理店」と名刺に明記している会社もありますが、メーカーは黙認しているようです。(それで売上が上がるなら良いのかな?)

貴社がこれから代理店制度を取り入れられ、販売が多くなって来ると代理店間に格差をつけなければならなくなったとき2次代理店・特約店が必要となるわけです。


法律に関しては解りません。

klubさんの業界の慣習が解らないのですが。
>代理店だからこんなことしちゃいけない
これは無いです。格付けの基本は「これだけのことをしてください」です。
私たちの代理店はユーザーから技術問合せがあった場合、代理店サイドで解決できるスタッフ(実は私たちの課)をそろえメーカ無しでも解決できるようにしています。
代わりにメーカーからは技術情報をもらっています(裏情報も含む)、また技術教育に関してもメーカーに協力してもらいます。
2次代理店・特約販売店はそのようなソリューションを持...続きを読む

Q不動産屋について

土地購入を考え A不動産へ大変お世話になり、気に入った土地Fがあったが価格が高く、手がでずに1年位してその土地FがB不動産のチラシに載り、値下げになったので、その土地が確かにFの土地か確認の電話をし、資料を送ってもらいました。B不動産はその土地の専仲でした。しかし、初めA不動産にお世話になったので、A不動産で契約する事にしたのですが、1週間後になってB不動産の値下げはまだA不動産に公表してないので、B不動産でなければ、値下げ後の価格は手に入らないと、お詫びの連絡がA不動産からあり、納得いかないのですが、面識もないB不動産から、買わなければ値下げ価格で手に入らないのでしょうか?

Aベストアンサー

kanenai様とA不動産がどれ位親密なのかは存じ上げませんが、今回はどうしても土地が欲しいので直接契約する旨を伝えたら如何でしょうか。多分A不動産会社はあなたの気持ちを理解してくれると思います。もしくは、A不動産が不動産コンサルティングの資格を持っていらっしゃる方であればコンサルと言う形で参加して頂いては如何でしょうか。ただし、kanenai様の方には費用負担が掛かりますが。または、建物を建てる業者さんを紹介してもらうというのも一つの手です。何れにしてもA不動産にはいろんな形で御礼が出来ると思うのですが。次に、B不動産に関してですが不安が有るようでしたら県庁の建築宅地課で業者名簿を閲覧する制度がありますのでこちらを参考にしてみては如何ですか。くれぐれも慎重に良い取引が出来ることを願っております。

Q代理店と特約店

代理店と特約店の違いがよく分かりません

教えてください。

Aベストアンサー

代理店と特約店は、法律上はあまり違いがないようです。

代理店契約では、A社からの商品(製品)供給は、売買契約の場合がほとんどのようです。つまり、Legaさんの会社はA社から商品を購入して、それを○○社に販売する。が、一概には言えません。

お尋ねのパターンでも、結局、呼び方ではなく、契約内容が重要になってくると思います。供給元のA社の方で代理店と特約店の使い分けはされていないのですか?

Q別の不動産会社経由の場合の仲介手数料は?

教えてください。たとえば不動産会社A経由で不動産会社A取り扱いの戸建を購入する場合、仲介手数料は、戸建の価格が1千万円の場合、3%+6万(上限)ですので36万円です。

ここで、別の不動産会社Bで扱っている物件(たとえばインターネットで不動産会社Bの取り扱い物件と出ている場合で価格が1千万円)を不動産会社A経由で契約した場合でも、購入者は不動産会社Aに支払う仲介手数料は36万円であり、不動産会社Bには仲介手数料は払わなくていいのでしょうか?(つまり、購入者が支払う仲介手数料は、物件価格の3%+6万が上限ということが法律で保障されている?)

またそうであった場合、36万円の仲介手数料は不動産会社Aと不動産会社Bで折半(?)するのでしょうか?

今度、ひとつの不動産会社経由で、他の不動産会社の取り扱い物件も紹介してもらう予定であり、疑問に思いましたので質問させていただきました。

Aベストアンサー

>購入者は不動産会社Aに支払う仲介手数料は36万円であり、不動産会社Bには仲介手数料は払わなくていいのでしょうか?

はい、正しいです。実際には消費税が上乗せされますが。
ちょっと説明しますと
買主と売主がいて不動産会社Aだけが双方を媒介する場合は買主と売主にそれぞれ一方に36万円までを上限に請求できます。合わせて72万円が不動産会社Aに報酬額として入るわけです。

それでhidekeikoさんの知りたい複数の業者が関与する場合はどうなるかと言いますと。
買主を不動産会社Aが媒介して売主を不動産会社Bが媒介して契約が成立した場合は、不動産屋会社Aは36万円を上限に買主に請求でき、不動産会社Bは36万円を上限に売主に請求できます。ですので買主の払った36万円を不動産会社Aと不動産会社Bで折半するのではありません。

Q代理店と特約店の違い

代理店と特約店の違いはなんでしょうか。

自分なりに調べてみましたがわかりやすく解説していただける方

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 企業によって解釈はマチマチです。
代理店と特約店の違いに厳密な区別は無いというのが正しいのでは?

 gooの国語辞書によれば、

  代理店
  → (1)代理商の営業所。
    (2)特定の会社の代理として商品の販売などの業務を行う店や会社。

  特約店
  → 製造業者または卸売業者と販売方法など、商品の取り扱いについて
    特別の契約をして、その商品を扱う販売店。

となっていますが、商法などの法律でも特に定められていないはずです。

 例えば自動車でいうと、ディーラーは「特約店」で、中小の自動車販売・
修理店が「代理店」というのが、私のイメージです。
 ディーラーはトヨタならトヨタしか扱わないので「特約店」、中小の自動
車販売・修理店なら複数の看板がかかっておりメーカーに拘束されない「代
理店」かなという感じです。私の知っているところは国産車なら全て扱える
と豪語しておりました。後で詳しく調べると、メーカーやディーラーの場合、
エンドユーザー向けの販売と法人向け販売の2ルートあるからです。

 しかし、この例が全ての業界や会社に通用するかは保証の限りではあり
ませんし、99.9% 私の妄想だと考えて下さい。

 一度、「代理店 特約店 違い」でググってみてください。
私の話がもっと具体的にイメージできると思います。

 企業によって解釈はマチマチです。
代理店と特約店の違いに厳密な区別は無いというのが正しいのでは?

 gooの国語辞書によれば、

  代理店
  → (1)代理商の営業所。
    (2)特定の会社の代理として商品の販売などの業務を行う店や会社。

  特約店
  → 製造業者または卸売業者と販売方法など、商品の取り扱いについて
    特別の契約をして、その商品を扱う販売店。

となっていますが、商法などの法律でも特に定められていないはずです。

 例えば自動車でいうと、デ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報