この度、土地を購入いたしましたが、ひとつ懸案事項が出てきました。
購入した土地は東道路(6m公道)に間口10mあり、南側の隣屋との境界に電柱がたっています。(公道上です)
電柱自体は特に問題としないのですが、電柱を支えている支柱(NTT 東電の2本)が購入した土地に4Mにわたってかかっております。
東道路の間口全部を駐車場とするため、この支柱の存在が非常に邪魔となりました。
東電は支柱だけの除去は行動的に無理で、支柱+電柱を私の土地の前を移動することによって駐車場の開口部の確保を考えている様ですが、前記したとおり、間口全部を駐車場とするため電柱の移動なんてとんでもない話です。
そこでお聞きしたいことがあります。
電柱の位置は変えずに支柱をなくす方法を知っていましたら教えて下さい。私は支柱付きの電柱そのものを強強度の電柱に変えることで解決したいと考えています。その他、良い方法や金額的(工事費用はの負担者)なことも解りましたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

電柱の支柱(支線)をなくすことは可能です。



電柱を支えるために三方から引っ張りをつけてやればいいことで、これは支柱に頼らずに別の電柱とワイヤーで結んでしまえばいいのです。空を見上げればそんな電柱はたくさんあります。

しかし、近くに結べる電柱がない場合は不可能ですが・・。

無いようを読むと住宅街の様子ですので、おそらく結べる電柱はあるはずです。もし、電柱と電柱を結ぶワイヤーが他の住宅の上を通過する場合はそのお宅に許可をもらわなくてはいけません。この場合東電ではいやがります。が、やれないことはありません。わたしもそれで他の住宅の屋根のうえを通しました。

がんばってください。

ども。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仲介の不動産屋を通して東京電力に要望したところ、daizfacさんと同じことが出来ると返答がきました。多少の費用がかかるようですが、最初は50万円位を覚悟していたので、それに比べるとやすいものです。ご返答、ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q垂直の電柱を支えるような斜めの電柱って?

おはようございます。

こちらで質問していいかわかりませんが、以前から気になっていた疑問があります。

それは電柱です。
1本は垂直に立ち、もう1本が斜めになってそれを支えているような所をたまに見かけるのですが、どうしてなのでしょうか?

最初は、災害等で傾いた電柱のそばに新しい電柱を立てたのか?と思ったりしたのですが、そんな事はないですよね?

ご存知の方よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

>災害等で傾いた電柱のそばに新しい電柱を立てたのか?と思った…

おもしろい発想ですね。
それは「支柱」といいます。
もともと電柱は電線を支えるものですが、電柱自体が固定されているのは根本だけです。
電線がまっすぐ右から左へ渡っているだけなら、電線の重みが垂直にかかるだけですから、根本でじゅうぶん支えきれます。

電線がその電柱のところで曲がったり、引き留めになったりするときは、根元だけでは支え切れません。このときは曲がりの反対方向、引き留めの反対方向にワイヤーを張って支えます。これを「支線」といいます。

土地の形状によっては、支線を張れない場合があります。曲がりの内側、引き留めと同じ方向でしか支えられないときは、ワイヤーでなく太いものでないといけません。
これが「支柱」です。

支線はいたるところで見られますが、支柱は限られた場所にしかありません。

Q電柱を支える支線が、建築予定の家の玄関のまん前にきてしまいます

電柱のバランスを取るための二本(一本はNTT、一本は東電)の支線が、建築予定の玄関を遮るように張られています。支線ワイヤーの太さは1~2センチ程度のものです。
電柱、二本の支線とも土地の前の公道に埋められています。
建築メーカーさんが、NTTと東電と掛け合ってくれたのですが、その公道での張りなおしは、支線を埋めている位置が直線で少々ずれるだけで、根本的な解決にならないようです。しかも工事有料と言われました。
自分の土地に支線を埋めなおしてもよい(この場合工事無料)とも思っているのですが、私の望む位置での張りなおしは、電柱の上部のケーブルの張力とのバランスが取れないことから、不可と言われてしまいました。
元々、読んだ本に「NTTや東電に電柱の移動を要求できる」と書いてあったので、メーカーさんに対応お願いしたのですが、望むような回答ではありませんでした。
支線の位置変更ではなく、電柱自体の要求をすればよかったかも知れませんが、そこは分譲中の土地の一角であり、何処に移動してもだれかが「ババ」を引かなければならない状況であり、素人目にも無理だと思ってしまいました。
支線を避けるように設計が出来ればよいのですが、日当たり、家のバランスを考えると、どうしてもその位置に玄関がきてしまいます・・・。
そこで、質問なのですが、
・電柱・支線の移動(公道から公道)は自己負担になるものなのでしょうか。
・一個人の要求で、(公のものではあるが「諸悪の根源の」)電柱の移動をしてもらえるものなのでしょうか。

「分かってて土地を買ったのでしょう」と言われればそれまでですが、家の玄関になるであろう位置まで想定することはできませんでした・・・。

電柱のバランスを取るための二本(一本はNTT、一本は東電)の支線が、建築予定の玄関を遮るように張られています。支線ワイヤーの太さは1~2センチ程度のものです。
電柱、二本の支線とも土地の前の公道に埋められています。
建築メーカーさんが、NTTと東電と掛け合ってくれたのですが、その公道での張りなおしは、支線を埋めている位置が直線で少々ずれるだけで、根本的な解決にならないようです。しかも工事有料と言われました。
自分の土地に支線を埋めなおしてもよい(この場合工事無料)とも思っている...続きを読む

Aベストアンサー

#3です。
>私有地への移転が無料になるのは何故なのでしょうか。
●原則として既設が官有地であれば無料とはなりません。しかしながら、民有地に移設するということは、それだけで負担となるので、運用として無料になっているのでしょう。

>私の場合、一番はじっこにある電柱を引っ張る支線です
●電柱の基礎強度計算により、無支線とすることが可能な場合もあります(B種柱といいます)。
まずは、質問者さん自身が電力会社に相談なさってください。私の過去の経験から言っても、事情をよく分かってもらうことが先決だと思います。

Q敷地内の電柱設置は断れないか?

地鎮祭の日に、電力会社で、電柱を立てさせて欲しいと言って来ました。
景観上も嫌ですし、それだったら裏側にと言いましたが、そこには電力側がウンと言いません。
一区画分となりに1本電柱が立っているのですが、そこから我が家へ引くには、隣の土地をナナメに横切る形になるので避けたいようです。
自分の家へ引く電気ですから、嫌だとか言わずに敷地内の設置を受けなければならないでしょうか?
拒否を続けたら、我が家へ電気は引かれないでしょうか?

Aベストアンサー

どういう状況下なのかよく解らないので
電信柱が本当に必要かどうなのかまでは判断出来ませんが
初めから電信柱が立っている土地を購入したのでは無い。というのがせめてもの救いです。

基本的に電信柱は道路部分の端に立てる事が多いですがそれが出来ない状況なのですか?
また、電信柱と言ってもいろんな大きさ・タイプがあるのですが
どのような電信柱なのでしょうか?
あなたの家に電線を引く為の物であれば鉄製で出来た細い簡易な電柱だと思いますが
そこからまた他の場所に電線を廻す様な本格的な電信柱になれば
コンクリ製の大きな電信柱になります。

鉄製の細い簡易なタイプの物で自分の家に電線を引き込む為に
どうしても必要な物であれば、これはもう我慢して邪魔にならない場所を選んで設置するしかないでしょう。
もしそれを拒んで他人の敷地の上をまたぐ形で強引に電線を引いてしまうと
その土地の所有者とのトラブルにまで発展する可能性も出てきます。

また、一番問題なのは後者のコンクリ製の大きな電柱を家の近くに立てる場合なのですが
この場合はあなたの家に電線を引く目的。というよりは
その地域全体の配線の拠点となる電柱になるので
場合によってはその電柱にトランス(変圧器)などが設置される可能性があります。

変圧器があると、その変圧器からジジジジという音が常に発生して騒音問題になったり
低周波被害が発生して体調にまで被害を及ぼす場合があるので、
そういう電信柱は家の近くにはなるべく設置しないようにしたいものです。

まずは、電信柱が本当に必要な物であるか?
必要だとされた場合にどのような電信柱を設置するのか?
そこをよく業者に聞いて確認し
自分の土地ではなく、道路部分に設置出来ないかの相談もしてください。
またどうしても自分の土地に設置しなくてはならない場合は
その所有権の問題もちゃんと把握しておいた方が良いと思います。

先方所有権で設置許可を許した場合
何年か後に電柱を大きな物に変えられたり
電柱に途中から変圧器を設置されたりする危険も無きにしも非ずなので
その辺の話し合いもしておくと今後のトラブルも回避出来るかもしれません。

どういう状況下なのかよく解らないので
電信柱が本当に必要かどうなのかまでは判断出来ませんが
初めから電信柱が立っている土地を購入したのでは無い。というのがせめてもの救いです。

基本的に電信柱は道路部分の端に立てる事が多いですがそれが出来ない状況なのですか?
また、電信柱と言ってもいろんな大きさ・タイプがあるのですが
どのような電信柱なのでしょうか?
あなたの家に電線を引く為の物であれば鉄製で出来た細い簡易な電柱だと思いますが
そこからまた他の場所に電線を廻す様な本格的な...続きを読む

Q電柱の横にあるこれは何

最近、新築物件で気に入った物件があり
その駐車場のまえに電柱によくある斜めがかった黄色いやつがあり少し止めずらいのが気になります。

これは現物ではないのですが
私が迷ってる物件にはなぜか2つ 黄色いのが


これがなにか知ってるかた教えてください!

Aベストアンサー

それは電柱に取り付けしてある支線です。
電線の張力その他の外力で電柱が傾斜しないように地面から引っ張ってあります。
その黄色いのは支線ガードと言って、支線に接触した人が怪我しないように、遠くからでも目立つようにカバーしてあります。

公道上の電柱にはNTTのものと各地域の電力会社のものとがあります。
どちらの設備か不明な時は電力会社に問い合わせすると確認して対応してもらえますが、NTTではそのような対応はとても悪いです。
移設についても電力会社は割りと俊敏に対応してくれますが、NTTはやはり対応はとても悪いです。
特に公道上はNTTは工事負担金を取る場合が多いです。

Q新築住宅建設における電柱の移動について

いつもお世話になっております。
建築条件付き土地の購入をすることになりました。
以前は違う建物のため、電柱があっても関係ない土地だったようなのですが
今回私が購入することで、戸建住宅になりますので
設計の関係上、電柱が邪魔になる可能性があります。
電柱をみると関電とNTTのマークがついていました。基幹電柱(電柱の上側に丸い入れ物のようなものがついている)ではなさそうです。

1)そういった場合は、電柱の移動を関西電力に申請したらいいのでしょうか?
2)申請した場合の費用負担は?
3)地域住民の同意もいるのか?
4)移動可となる理由はどんなものになるのか?

以上、4点についてお伺いできたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

某電力会社の配電線工事を請け負う工事会社を経営しております。

電柱の地表から3メートル程度のところに電力会社なりNTTの線路番号標識が付いています。
その標識で上にある方がその電柱の所有者という決まりがあるので、関電とNTTの標識のどちらが上になってるかを確認してからいずれかの方に電話して下さい。

電力会社所有の電柱であれば民地敷地内に電柱が建ってる場合は、何らかの理由で支障になるのであれば移設してもらえます。
その際には周囲の電柱との関係だったりその電柱から引き込まれている電線の関係だったりで、必ずしも希望の場所に移設できるとは限りません。
民地内での電柱移設等は、その内容がよほどでない限りは無償です。
状況によっては敷地内から敷地外へ出す場合もあるので、周辺住民への配慮が必要になる事もあります。

元々電柱が建つ場所が公道上であれば、電柱移設を申請する人に負担金の支払いが求められます。
たとえ住宅建築の支障とか居住の支障とかであっても、公道上に建つ電柱は無償では移設してくれません。
もちろん道路や歩道や側溝だったり縁石であっても一部改修するなら、所有者である市町村などから許可をもらい全額発注者持ちで工事します。
当然電力会社やNTTも同じ事であり、電柱を移設させる発注者がその工事に係る経費を支払う事になります。

基本的にいかなる電柱であっても移設できないとか移設困難とかいうものは、よほどの都市部でないかぎりないと思います。
ただし近隣住民の中には目障りだとかなんだとか理由をつけては、極力自分の家の近くに電柱を建てさせたくないという人もいます。
先ずはその電柱の所有者に電話して移設のお願いをしてみることです。

某電力会社の配電線工事を請け負う工事会社を経営しております。

電柱の地表から3メートル程度のところに電力会社なりNTTの線路番号標識が付いています。
その標識で上にある方がその電柱の所有者という決まりがあるので、関電とNTTの標識のどちらが上になってるかを確認してからいずれかの方に電話して下さい。

電力会社所有の電柱であれば民地敷地内に電柱が建ってる場合は、何らかの理由で支障になるのであれば移設してもらえます。
その際には周囲の電柱との関係だったりその電柱から引き込まれている電線の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報