手元の参考書によると
It was such a good book that I could not put it down.それから、
It was such lovery weather that we spent the whole day on the beach.
とあります。
形容詞の間に~a~があるのと無いのとでは、具体的にどういう違いがあるのかわかりません。
辞書の例文では、
Did you ever see such waves?(あんなすごい波をみたことがありましたか?)とありますが、such a waveではいけないのですか?考えてみるとわからなくなってきたので、皆様よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

such の基本は,


such +形容詞+名詞(時に,such +名詞)です。
この名詞が可算名詞の単数形の場合には不定冠詞 a, an がつきます。
ただし,such a 形容詞+名詞
という語順になります。
such a good book という形です。
a very good book とは異なります。
可算名詞の複数なら,
such good books です。
不可算名詞の場合は,無冠詞で
such lovely weather です。
不可算名詞でも,形容詞がついたら,具体的になって a を置く単語もありますが,weather はそうではありません。weather がもともと a がつかないから,such の後でも a がつかないのです。
wave は water と同じ種類のようですが,可算名詞で,a wave と単数形で用いられることもありますが,waves という複数形で用いられることの方が多いです(一つのかたまりというより,複数がうねっているという感じでしょうか)。
このように,such の後は,その名詞が可算名詞なのか,不可算名詞なのか,可算名詞ならば単数なのか,複数なのか,というように場合に応じて変化させることになります。
ただし,定冠詞 the がつくことはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやいご回答どうもありがとうございます。
可算か不加算かということですね。
すっきりしました(^^)

お礼日時:2005/04/22 23:47

良いポイントですね。

よく勉強しているからこその質問だと思います。

weatherは数えられません。ですから、aを付けてはいけないんです。

It was such a good book that I could not put it down.

It was such lovery weather that we spent the whole day on the beach.
もいわゆるsuch that構文ですね。
so that構文の仲間です。
同じ意味ですが、形がすこぉし違います。

soの後は形容詞か副詞
suchの後は(形容詞+)名詞です。

such a lovely weatherにしたら分かりやすいのですが、weatherにaを付けられないので、できないのですね。

It's fine today 天気がいい は
It's nice weather today と同じになります。
aは付かないですね?

suchのあとはaでも複数形でもありますよ^^
such a waveでもsuch wavesでも可能です。
ただ、波が一個か複数かという単純な違いがあります。

ポイントは、such a ~の語順です。
a such~としてしまう人が多いので注意ですよ!

namin
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやいご回答ありがとうございます。
皆さんにはいつも助けられます。
良回答差し上げたいところですが、先に回答いただいたほうを優先させていただきます。ありがとうございした。

お礼日時:2005/04/22 23:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング