dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

写真の問題のB点以後の物体の運動についてですが、
もし、最高点Cでは、鉛直方向の速度成分が0ですが、C以外の場所で、エネルギー保存の式を立てるときの運動エネルギーには、鉛直方向のvも含みますか?

「写真の問題のB点以後の物体の運動について」の質問画像

A 回答 (1件)

運動エネルギーは (1/2)mv^2 なので、速度は |v|^2 ということです。


つまり、運動エネルギーには「水平」も「鉛直」も関係なく、速度方向の「速度の絶対値」が関係します。

実際、速度の絶対値 v を v・cosθ と v・sinθ に分解しても、
 (v・cosθ)^2 + (v・sinθ)^2 = v^2 [cos^2(θ) + sin^2(θ)] = v^2
です。

最高点だけでなく、最低点でも「速度の鉛直方向成分」はゼロになりますが、水平方向成分がある限り「速度の絶対値」はゼロにはなりません。つまり運動エネルギーはゼロではありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!