【3月6日実施】システムメンテナンス実施のお知らせ

こういうQ&Aとか掲示板とかのコミュニティで、一番価値のある体験というのは、自身の論を張ってそれが完膚なきまでに叩きのめされることです。それが自身の成長につながるからです。
論破されると何が起こるかというと、
『うわっ(゜-゜)!その通りだ!なんという勘違いをしていたんだろう。ここで間違いが修正されてほんとに得した!論破してくれた人には感謝しかない(*'▽')!』
という気持ちになり、実際に自身の思考の成長にもなり、人生を変える契機ともなるからです。
ところが実際は何十年やってもそういう機会はないに等しく、いつもすれ違いとか論がかみ合わないとか私の方が論破する側になってしまうとか、そういうことしかありませんでした。
論破されるという体験は期待できるのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • うれしい

    私は「シュミレーション」という日本語は存在しないと思っているのは、かくあるべきではないという私の美意識が関与しています。しかし一般的には美意識を上位の価値観にもってくる人は少ないです。綴りではsimulationだからそれに準ずるべきだというのは美意識の現れです。

    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/07/18 22:08

A 回答 (29件中1~10件)

私もその気持ちなんとなく理解ができます。


論破とは、恐らく自分の考えている事とは反対(もしくは範疇外、自分の意見を否定するような別意見)の事を意見で納得してしまう事だと思います。
しかし、例えばこの掲示板に多いのは
・一方的な否定的意見
・文脈を読めていない、そもそも前提が間違って捉えている意見
⬆上記のような回答が殆どを占めている様に思えます。他の場合でも意見の捉え方なんて人それぞれですから、相手の方が、質問者様の意見を間違えて捉えて(間違えてなくても重要な所を捉え間違えている。それは問題じゃないんだって…みたいな)見当違いな意見を言ってしまって→噛み合わない…みたいな。

だから、もし、論破されたいのならば、論破される為の鍵を探すことです。例えば、相手の意見をどんな物でも受け止める事も1つです。意見を受け止め、そういう考え方もあるのか、そうその人は考えるのか。。とか、どんな事でもいいので多角的に捉えて、腑に落ちる様に自分をコントロールします。自分の意見が絶対!なんて誰もが無意識に思ってますから、そういう気持ちを一旦無くして見てください。それが少し嫌でも…。
そこから、相手の意見や捉え方を自分の生き方に取りいれれば、貴方の視界はもっと広くなりますし、考え方も柔軟に…即ちそれは成長です!
私はその様にしています。

もし、周りの人の意見とかちょっとレベルが低い気がする…なんて思うのならば、本を読む事をおすすめします。自己啓発本は正直、当たり前じゃんと思う事は多いかもしれませんが、プロが当たり前の事…だけど気づきになる、もしくは考え方は違うけれど納得出来る内容になっています。論破された気分になるかもしれませんし、成長にも繋がるのでオススメです。
それでもぬるいのならば、有名な哲学書をおすすめします。ソクラテスとかブッダとかニーチェとか。。その他にも色々いますので。。。哲学の道において歴史に名を刻める位、考えに考えぬいた方々が書いた本ですから、共感する所もあれば成程と納得させられる所、いつも思ってた価値観を多角的に見て書かれた物もあって論破された!と感じるところあるかと思われます。凄く勉強になると思います!図書館に置いてあると思うのでどうぞ!

ネタにマジレス。。とか言われてしまうかもしれませんが、きっと同じ様な方々いらっしゃると思うので!
    • good
    • 8
この回答へのお礼

あくまでここで質問に対して論破されたいのです。ですが実情はまずは論点が噛み合わないで終わってしまうことがほとんどです。

お礼日時:2023/07/23 08:20

確かに、あなたの文章を読んでいると、


まったく成長できていないようです。

論破されるって大切ですね。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

さっさっと論破してくれ。

お礼日時:2023/07/23 08:17

こんにちは、



いままで
論破されてることに
気づいてなかったのかも
しれませよ、、

論破することに
長けている方の中には
相手を思いやる気持ちが
論破することと、同等もしくはそれを上回る思慮の深さを兼ね備えてる方がいます。
そういう方の論破は
とても優しくて丁寧です。

論破しましたよ、と
言われないと
気がつかないことも
よくあります。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

論破された!と強烈に思えないのはやっぱり違う。実例もないし。

お礼日時:2023/07/23 08:17

無理でしょう。

    • good
    • 8
この回答へのお礼

Why not?

お礼日時:2023/07/22 01:01

他の方も指摘されていますが 過去の質問を見ると普通に色々論破されているように思うのですが。


皆さんがあげたのの他にも
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/13533702.html
これとか
本人が論破なんかされてないと思っていても周りから見て論破されている場合は論破されていると言えるんでしょうか?
それとも本人さえ認めなければ論破されている事にはならないのでしょうかね?
どっちなんでしょうね?
    • good
    • 8
この回答へのお礼

これはどう考えても論破されてませんね。感情抜きの幸せ感などありえないからです。

お礼日時:2023/07/20 10:52

縫いさんおはようございます。



ナムルさんおはようございます。

No.6https://oshiete.goo.ne.jp/qa/13534773.html?pg=1# …さんがよかったです。

No.6さんからの引用が「例えば下の話。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/13514206.html
「【シュミレーション】は日本語であるから間違いではない」と言われたのに対し、あなたは「日本語じゃない」と言うがなんの根拠も示さない。
」です。


綴りの正しさと日本語であるかないかが面白かったです。

文字表記があります。

Simulation です。

上の表記は英語による表記です。

音にすると /sìmjʊléɪʃən/です。

日本語に表記にする方法が2通りあります。

1つ目は英語の音にして英語の音を日本語の音にして日本語のを音を日本語の文字にする方法です。

辞書を web で引くと右 https://ejje.weblio.jp/content/simulation の link がでます。

上の link で発音が聞けます。

聞いた発音をカタカナで表記します。

スミレイションと聞こえます。

2つ目は英語の綴りをカタカナに変えます。

Simulation がシムラチオンです。

『CM 任天堂 ファミコンウォーズ (FC) [ Famicom Wars ]』

です。

上記の動画の0:11頃の歌ではシミュレーションと聞こえます。

上記の動画の0:22頃のナレーションではシュミレーションと聞こえます。

シュミレーションが間違いだと言い出した最初の人は誰か気になります。

シュミレーションが日本語であるかないかの判別ができません。

文の中で名詞だったり動詞の一部だったりします。

英語の simulation が名詞です。

英語の simulate が動詞です。

「相談員が面接官になり、実際の面接をシュミレーションします」と『堺地域若者サポートステーション』https://www.saposute-sakai.net/voice/614.htmlさんにありました。

洗濯すると simulation するが似ています。

『「洗濯に」と「洗濯しに」と「洗濯をしに」の違い その2』https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11864844.htmlさんがいます。

中国語だと洗濯が動詞です。

英語だと simulation が名詞です。

水上さんおはようございます。

『急に語り口調が激変の回答が目立ちます。』のNo.47https://oshiete.goo.ne.jp/qa/13434896.html?pg=2# …へのお礼 comment で「ローマ字すら苦手ゆえ英語などとても……(^◇^;)」とあります。

次の投稿さんへのお礼 comment にあるように Janis Joplin さんの歌が好きなのはどうしてですか?

洗濯が中国語で動詞なのだから simulate するが正しいとすると論破できそうです。

漢字を導入したように alphabet を導入してカタカナで音写するのは間違いだとすると論破できそうです。

シがより正しいならミュよりムが正しいとすると論破できそうです。

ググるのようにミレるというのがかっこよくミュレるだと言いにくくでダサいですとすると論破できそうです。

スミレーションと聞こえると論破できそうです。

シュミレーションが間違いだと言い出した最初の人の社会的評価が低かったりすると論破できそうです。

Festival がヴァルではなくバルなのだからミュではなくミなのですとすると論破できそうです。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

社会がどうだというのは理由になりません。

お礼日時:2023/07/20 10:54

アナタ様の質問は興味深いものも多いので時々目にしています。



ただ、気に食わぬ回答へのニベの無さ、タメ口回答、鼻であしらうような小馬鹿にした返信、が目に付きます。

(私も時に目には目に的になってしまい、人の事は言えませんが)

ただ、コレでは論破以前の問題だなぁ…と。
だって論じようとしてないのだから……。
ただただ排除している感じです。
アナタの中にかなりの驕り高ぶりがあるのだと。

確かに頭がいい方だと思いますし、そんな人々は難しい言葉や専門用語や、横文字、現代用語にも詳しい。

私はとても頭が悪いので、議論や、論破や、論争とか詳しい意味さえも解りませんが、もっと論破されたり、したりというのは、物事を論理立てて、お互いに〇〇は◇◇だから△△になって□□になるのだと思うけれど、あなたはどうですか?
と言うやりとり(バトル?)があっての中でコソの論破なのだと。

気に食わない回答だと小馬鹿にしたり、ぞんざいになったり、急に吐き捨てたりでは論争にすらならないと。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

なるんじゃないの?それに議論なんて言ってませんよ。一発回答で撃破してくれと言うのが基本です。

お礼日時:2023/07/20 10:53

>論破されると何が起こるかというと、『うわっ(゜-゜)!その通りだ!なんという勘違いをしていたんだろう。

ここで間違いが修正されてほんとに得した!論破してくれた人には感謝しかない(*'▽')!』
という気持ちになり、実際に自身の思考の成長にもなり、人生を変える契機ともなるからです。

まったく違います。論破というのは、論理的に考えた結果、あなたの言っていることより、相手の言っていることが論理的に正しいことが明らかになることです。あなたがその通りだ・・・と気づいて、認めて、折れるなどとはまったく関係ないのです。

>ところが実際は何十年やってもそういう機会はないに等しく、いつもすれ違いとか論がかみ合わないとか私の方が論破する側になってしまうとか、そういうことしかありませんでした。論破されるという体験は期待できるのでしょうか?

論破されるには、

・ 論理にもとづいて論議をする。
・ 自分の論理も、相手の論理も客観的に判断できる能力を持つ。

ことが必須です。それがない人は、論破されても気がつかないのです。論破された経験がないと言うは、論理がわからず何度も論破されているのに、持論に固執し、論破を認めないだけのことです。

試しにディベートの大会に出ればすぐはっきりします。論破されたことがないと言っている人は、論理能力にかけているので、すぐに負けます。あなたが、論破されていない!!と叫んでも、第3者がルールにもとづいて客観的に判定を下すので、だれの目にも、論破されたことがはっきりとかります。

ちなにみ補足の文章には、論理性がまったくありません。意見の是非以前に、日本語としても、論理としてもおかしな文章で、支離滅裂です。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

どのように日本語としても論理としてもおかしいですか?

お礼日時:2023/07/20 10:49

質問をする場ですね



あなたの質問が論破される為にはどうしたらいいのですか・・・ではないのですか?

だから、その回答があなたの場合されている事が議論と呼べるものでは無いので、まず論破される為にはきちんとした議論が出来る様になってください・・・というものになります
    • good
    • 8

その為には、まずあなたが相手と論議をする必要があります



今されているのは論議ではないと思います

先程のは論議ではなくて、あなたの願望だと思います

あなたの質問に対して純粋な回答の中であなたに革命を起こす・・・それは、ここの場では難しいのではないでしょうか

ここの場では、そこまであなたに向き合うことは難しいと思います

直接的に対面していませんので・・・

あなたの願いを叶える場は、ここではなく・・・例えば、カウンセラーの様な場所ではないでしょうか・・・あなたと直接的に対面して、きちんとあなたと向き合ってくれる様な場です

で、あなたか本当に論破される事を望んでいるのなら、今の様なやり方ではなく、ちゃんとした議論を相手とする事だと思います

まず、相手の意見に対して自分の意思表示を明確にする・・・〝私はあなたの意見は違うと思います〝など

そして、自分が違うと思う理由を明確に答えるべきです

そうすれば、おのずと相手と議論をする事が出来ると思います
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ここって議論する場ではないです。

お礼日時:2023/07/19 19:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A