アプリ版:「スタンプのみでお礼する」機能のリリースについて

犯罪者の人権について質問がありますが犯罪者に人権はないという人がいますがそういう人はハラスメントや誹謗中傷や人権侵害や嫌がらせを普段からやっている人達なのでしょうか?
似非人権派が言っているだけとか犯罪者に人権がないというのがマトモな社会通念とかが言い分ですが人権は全ての人の権利ですし法律や憲法でも容認されてますから誰でも自由権や幸福追求権はあります。
犯罪者に人権がないという人は誤解してますし犯罪者とはいえ人権を蔑ろにすることは自分の人権を蔑ろにすることです。
感情や被害者感情を優先したら法治国家は成り立ちません。
公共の福祉により犯罪者に人権はないということも正しいと言う方がいますが公共の福祉は人権のバランスを調整するための存在で単なる人権制限という考えは誤解です。
バランス調整が必要なだけであって公共の福祉を盾に自由権や幸福追求権を侵害することは許されません。
犯罪者に人権がないという人は憲法や法律の知識がないか誤解している人達でしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 許せるかわかりませんが感情で行動や判断したくはありません。
    ちゃんと頭で考えて法律や憲法を尊重したいですしその理念を貫く権利は誰でもあるはずですし貴方にとやかく言われたり邪魔や妨害される筋合いはないはずですよ。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/08/13 11:26
  • これまで同様の質問をした時にそういう回答者達がいたのです。
    少なくともNo.1のリッチリッチがまさにそれです。

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/08/13 11:27
  • 裁判員裁判って感情ありきでマトモな裁判と思えませんし法治国家としてどうなのかとしか思えませんが裁判員や対象事件は減っていると聞きましたが消滅までどれくらいかかるのでしょうか?

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/08/13 11:31
  • 極端ではありませんよ。
    犯罪者とはいえ人権は全ての人達にありますしそれは憲法でも法律でも容認されてます。
    つまり法治国家では国民全員に自由権や幸福追求権が認められているのです。
    公共の福祉も国民の人権を制限するためというのは誤解で人権のバランスを調整するためです。
    犯罪者の人権を蔑ろにすることは自分の人権を蔑ろにするということです。

    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/08/13 12:23
  • この国は法治国家ですし憲法や法律で全国民に幸福追求権や自由権は容認されてます。
    それを蔑ろにすることは自分の人権さえも蔑ろにするということです。
    公共の福祉も人権のバランス調整が目的で人権制限は誤解で公共の福祉を盾に自由権や幸福追求権を制限することは許されません。

    No.7の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/08/13 12:43
  • 貴方こそ憲法や法律をよく理解してないのでは?
    この国は法治国家ですから犯罪者とはいえ自由権や幸福追求権はありますしそもそも人権は犯罪者とはいえ全ての人権にあります。
    それを蔑ろにすることは自分の人権を蔑ろにすることと同じことなのです。
    公共の福祉がありますがあれは人権のバランス調整が目的で公共の福祉を盾にして自由権や幸福追求権を制限することが目的ではないのです。

    No.8の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/08/13 12:47
  • その根拠は何ですか?
    ネットで聞いただけなら話になりませんよ。
    人権は全ての国民にありますしそれは犯罪者とはいえ同じです。
    幸福追求権や自由権は憲法や法律で平等ですしそれを蔑ろにすることは自分の人権を蔑ろにすることです。
    犯罪者とはいえ法治国家で人権は容認されてますからそれを破壊することは人権侵害です。
    人権侵害を当然と思う貴方こそ法治国家のルールを理解してないのでは?
    公共の福祉も人権のバランス調整が目的で人権制限というのは全くの誤解です。
    公共の福祉を盾に自由権や幸福追求権を侵害することは許されません。

    No.9の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/08/13 12:58
  • 感情優先では法治国家は成立しません。
    貴方こそ憲法や法律を理解してませんし犯罪者とはいえこの国では人権は全員にあります。
    犯罪者とはいえ人権を蔑ろにすることは自分の人権を蔑ろにすることです。
    感情で刑罰を決めることこそ平和ボケでお花畑では?
    感情で決めた判決はマトモとは言えませんよ。

    No.10の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/08/13 13:23
  • それは貴方の主観では?
    実際にそうなのかわかっているのですか?
    貴方の想像か空想だけではないですか?
    責任や義務は必要でしょうが法治国家では人権は全員に容認されてますから誰でも自由権や幸福追求権はありますしそれを侵害することは自分の人権を侵害することと同じです。
    現実を知らず貴方の考えだけなら事実とは言えないのでは?
    それに貴方にとやかく言われる筋合いはあるのですか?

    No.11の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/08/13 13:29
  • 憲法13条ですがそれは貴方の主観やそう思い込みたいだけでは?
    公共の福祉は国民の人権のバランス調整が目的で人権制限は誤解です。
    公共の福祉を盾に自由権や幸福追求権を制限することは許されません。
    それに人権は国民全員にありますから最大の尊重を必要とすることは事実ですし最低な人権というのは貴方の思い込みで大間違いの誤解では?
    感情や被害者感情を優先しては法治国家は成立しないことは事実です。
    つまり厳罰化は法治国家に反しているのでは?
    貴方の考えは面白くないどころか貴方こそ公共の福祉を理解してないとしか思えませんし憲法や法律を自分に都合良く解釈してるだけでそれを人に説いてるところを見ると貴方こそ正真正銘の詐欺師レベルの嘘つきです。
    貴方こそ理性的ではないですし小学生から勉強をやり直したらどうですか?
    それと憲法や法律をちゃんと勉強した方がいいですよ。

    No.12の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/08/13 13:46

A 回答 (15件中1~10件)

人権はなくならないと思うけど


目の前に万引きした人とただ買い物してる人がいて同じには扱えないでしょう。
    • good
    • 0

刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律1条をみてみれば分かると思います。

    • good
    • 0

お前もなんのためらいもなく日本弁護士連合会の事を日弁連と揶揄している事に気付けよ、だから日弁連と国民からバカにされ揶揄されていることも知らないのか?さすが平和ボケを通り越しお花畑だよ。



日弁連は揶揄というのは、日本弁護士連合会(日弁連)の活動や主張に対して、批判的な見方をする人が使う言葉だ、日弁連の意見が偏っているとか、政治的に中立でないとか、弁護士の多数意見を代表していないとか、様々な批判があってな、その中で、日弁連の意見を「憲法教」という新興宗教だと揶揄する人もいるくらいなんだよ。 少しは学べよお花畑ちゃん
    • good
    • 3

う~ん・・・・・



犯罪者に「人権がある」「人権はない」ケースバイ(設定、論点の違い)で「アリ」が正解であったり、間違いだったりするのが、なぜ公共の福祉を知ってって理解できていないのか?が疑問です。

あなたは「アリ」なので「ナシ」の論点、ケースを説明しますね。
ひとつは前の回答者様のように「許せない感情(論)」があります。

これはあなたの返信内容(言いたいこと)でもあるように、社会人なり、社会としたら論理的。理性的に判断する必要があります。

ただ、その返信は「感情」でなされているために反論とも否定ともいえないダメダメと言えます。
「根拠(証拠や事実)」に着目していない…
>…あるはずですし貴方にとやかく言われたり邪魔や妨害される筋合いはないはずですよ。

「はず」というのは思いたいだけ…あなたの感想もしくは感情(論)でしかありません。

それも踏まえて「人間の感情はそういうものだ(感情的思考しかできない人間は実に多い)」ということを理解すべきです。
あなたがそうですから…


ではその正しい反論にもなるので次の例です。

第13条 すべて国民は,個人として尊重される。 生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利については, 公共の福祉に反しない限り,立法その他の国政の上で,最大の尊重を必要とする。

あなたの主張するのはこれですが、これも視点(論点)を変えれば真逆の解釈ができます。

①公共の福祉に反しない限り
犯罪者は公共の福祉に反している=人権は尊重されない

②最大の尊重を必要とする。
犯罪者と言えど最低な人権は尊重される(最大の人権尊重は必要としない)

これは以下の例で考えるとわかりやすい…
・量刑、刑罰問題
③刑務所の快適化
④「万引き=死刑」=厳罰化

量刑とは昔から一定値ではなく、常に変動していると考えられます。
最近は厳罰化の意識が強まっていますので④に傾きつつあります。(死刑にはなりませんが)

面白いと思いません?

人権擁護が強まり刑務所は快適になってきています。
労働の強制はなく、快適に過ごせるので、重犯罪者が再犯を繰り返すシステムができつつあります。
人権派の引き合いとして「奴隷」を盾にして主張しているそうです。
(死刑肯定論:無期懲役犯罪者の主張より)

逆に厳罰化を求めている…

「矛盾」

いわば、あなたの主張が③で
被害者感情に傾倒しているのが④となります。

どちらも感情の上(主観)では正しく、公共の福祉の観点(客観)で均衡が保たれています。

ですので、あなたの主張も正しく、反面間違っている…と認識し、これをどうしたら調整できるか?を考えるべきかと思います。

それにはやはり公共の福祉を理解することが重要かと…

④万引き=死刑
というのは【冤罪】という観点からありえまえん。
そんなに安易に死刑にすると必ず冤罪が起きます。

それすなわち「他人(社会)の迷惑になる行為」と言えますので「やめたほうが良い」と言えますね。

③刑務所の快適化
も再犯をすれば…という思考を犯罪者に与えるだけなので、「他人(社会)に迷惑」と言えます。度を越えた人権主張はやめたほうが良い。

つまり、「アリ」「ナシ」で争おう…自分の主張(エゴ)を押し通そうとする自体が「公共の福祉(人権相互の矛盾・衝突を調整するための実質的公平の原理)」の考え方に反しているといえます。

ですので、被害者に傾倒するのも、人権を異様に推すのもどちらもは度ほどにしていただきたいものです。

①「ナシ」の主張の方には、「刑罰を受けますしね。」
②「アリ」の主張の方には、「最低の人権は認められますしね。」でよい話です。

別にムキになって感情論で反論もどきをすることではありません。
それは被害者感情に傾倒した人間と同じレベルでしかないから、「違う神を信奉し、真逆の念仏を唱えているだけ」と言えます。


ちゃんと「根拠」を基に論理的に理論をくみ上げ、説明できるようにされた方が良いかと思います。
そんなに難しい問題でもないので…
相手の神(論点)を理解することをまずしないと…
ずっと「詭弁、誤謬合戦」でしかないです。


>少なくともNo.1のリッチリッチがまさにそれです。

こういうのも良くないですよ?確かに相手の主張も幼いですが、あなたも理性的とは言えません。
この回答への補足あり
    • good
    • 1

いや確かにどんな奴でも人権はあるんだけど、結果的に誰も関わらなくなるんだよ。

関わらないからお互いに人権侵害する事もない。根拠と言うが、主さんはヤベー奴と付き合うかい?お近づきにはなりたくない筈だよ。責任と義務を果たさず自分の権利ばかり主張すると余計にヤベー奴に見える。結果、周りは余計に遠ざかる。侵害されたくないし関わりたくもない。権利の主張が強い奴とは関わらないのが1番。イイところ時候の挨拶くらい。
ネットは関係ないよ。日常的によくある事だ。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

それってまるで日弁連だね



俗に世間でいう平和ボケやお花畑の綺麗ごとです。

子や親が殺されて他人に刑を決められ執行猶予が付けられても本当に疑問を感じないの? あなたはそれで良いのかも知れないが、人の感情は様々だと思わないの?

先人の日本人が韓国や中国に対し悪い事をしたから謝れと報道特集っていう番組で言っているような事と同じでね。
この回答への補足あり
    • good
    • 2

高度化した社会ルールとして人権ってルール保証されるんだけど。


実質、人権失う様なものなんだよね。
他人の人権破壊した人格、一線を超えてタガ外れちゃったんだから。
一度手を染めたら二度目にはそれほど躊躇わなくなる。繰り返したらもう異次元。
もう、感性が違うんだから。

確かに人権ってルールは適用されるけど、責任負うから権利が得られるわけで、責任負わない相手にも権利はあるんだけど、周りからはその権利を尊重されなくなるのは当然。普通は誰からも相手にされなくなるし関わるのが難しくなる。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

犯罪者の人権と言うより、被害者側と加害者側の人権と考えてみましょう。


 例えば、レイプ事件の場合です。
レイプ事件で、被害者が警察に被害届を出し、犯人が逮捕されたとします。
この場合、犯人は当然加害者であり、またレイプと言う犯罪を犯した犯罪者です。
 ところが、その後、裁判になった場合、現在の日本の法律では、法廷の場に置いて、被害者側が、どのようにしてレイプを受けたのかと言う、事件の状況を、こと細かく証言することが求められるのです。
 これは、被害者側にとっては、ただでさえレイプで心に深い傷を負っているところへ、それを蒸し返すような証言を、大勢の前である法廷の場でしなければならないと言うのは、かなり残酷なことです。
 そうなると、たとえレイプをされたとしても、裁判で辛い思いをしなければならないのなら、あえて被害届を出さないでおこうと言う気持ちに傾いてしまいます。
 このことが、新たなレイプ事件を呼び、言い方は悪いのですが、犯人側からすれば、犯した者勝ちと言うことになってしまいます。
 このような日本の制度が、犯罪者の人権ばかり重視され、被害者の人権はないがしろにされていると言うことになるのです。
 犯罪者に人権は無いと言われる方は、被害者の人権がほとんど無視されているような状況において、加害者である犯罪者の人権は守られ過ぎていると言うことに対する反論と思います。
この回答への補足あり
    • good
    • 2

既に(先に)犯罪者が他人の人権を犯してるとは思わないんですかね?


罪のない人間を殺傷するということはそういうことなる。
それでも許せるんなら犯罪者に人権があると思って扱えばいい。
この回答への補足あり
    • good
    • 1

犯罪人に人権はありますが一定の制限は受けるのは当然です。



貴方も少し極端すぎるのかと。

全ての人権を認めていたら逮捕も禁固刑も出来なくなります..
この回答への補足あり
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!