鳥居は、境内に入るときにくぐって、出るときはくぐらないで鳥居の脇を通っていくと聞いたことがあるんですが本当のところはどうなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

地方によって習慣の違いが有るかも知れませんが。


私の子供(50年以上前)の頃は身内に不幸が有った時は鳥居をくぐっては駄目
入るときも出る時も脇を通れといわれました。参拝でなくても。

太平洋戦争中は月に1度神社参拝の日があり教師が生徒を連れて神社に参拝しました。その時忌中の生徒は申し出をして鳥居の脇で参拝の終わりを待っていました。

今ではそのようなことは有りませんが。私より高齢の(80位かな)人にはそのような人もいるかも知れません。

貴方の言う普段の出入のことについては聞いたことは有りません。
特に若い人たちは気にしていないですね。

神社は大晦日の年越し、神社の祭典、子供があれば七夜、7,5,3に行くか
神前結婚をする人が行くものと考えているのではないでしょうか。

私の地方では忌中の人は神官のお祓いを受けて祭典に参加する習慣が有ります。
神官も承知で、このような人は決められた日に集団でお祓いを受けます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>身内に不幸が有った時は鳥居をくぐっては駄目
僕も聞いたことがあります(忘れていましたが.....)

確かに、地方によっても違うでしょうね。よく考えればそう思います。

>特に若い人たちは気にしていないですね。
確かにそうですね。でも僕のように気になるけどどうやったらいいか分からない人の方が多いと思います。

質問するのにネットは便利なんですが年配の方の回答は少ないですから、貴重なお話ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/18 11:06

鳥居はくぐってもいいようですが、参道の中央は神様の通り道ですので歩くのはまずい様です。



参考URL:http://www.jinja.or.jp/faq/answer/03-02.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
神社の人もそれくらい教えてくれもいいような気がするのは僕だけでしょうか。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/18 11:08

  


  こんばんは! storkさん!

   storkさんの質問への回答としてはチョット違うんですが
   私共家族が初詣の時にする参拝方法を書かせてもらいます!

   私は特別に信仰心が深いわけではないので詳しくはわかりませんが、
   初詣の参拝の時に教えられた事があります!

   例えば、大きな神社を参拝する時ですが。
   その神社の中にはお参りをするところが何ヶ所もありますよね!
   その時の参拝方法ですが


   ◆ 朝、鳥居の前で参拝してから、鳥居を潜り、時間を掛けて全てを
     参拝します!

     ※ 今日これからお参りさせて頂きますのでよろしくお願いします!
        という感じのお参りです!


     * 朝、神社に始めて参拝する時 ( まだ鳥居を潜っていません。)

       ・ 参拝前に、手や口を清めるために神社内の水を使う時!
       ・ 近くにトイレがなくて、神社内のトイレを利用する時!

       は鳥居の横を通ります!
       身も心も清めて初めて鳥居の前で手を合わせ参拝し、そして
       鳥居を潜ります!


   ◆ 参拝した後は、昼食や休憩を取ります!

     ※ この昼食や休憩を取る際に神社から外へ出るときに、鳥居を
        潜ると、参拝が終わってしまいますので、鳥居の横を通って
        外へ出ます!
        昼食や休憩を取り終えて、また神社へ入るときは鳥居の横を
        通って入ります!


   ◆ 家に帰る前に、全ての箇所をもう1度、時間を掛けて参拝します!

     ※ お礼参りと言うもので、今日も1日にありがとうございました!
        道中、無事でありますようにという感じのお参りです!

     
   storkさん!

   この参拝方法が絶対というものではありません!
   宗派や神社、またはそれぞれの家庭によって違うと思います!
   私の家族は上記のような参拝をしていますので、参考までにと
   思い書かせてもらいました!

   では! (*^▽^*)♪(*^▽^*)♪(*^▽^*)♪(*^▽^*)♪(*^▽^*)♪(*^▽^*)♪ 
   
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う~ん、すごいですね。
そこまでやると、例え正式な手順でなくても(失礼)御利益があるような気がします。
僕自身、そこまで深くは考えていなかったので勉強になりました。

お礼日時:2001/09/18 10:41

あれ?そうなんですか??



私はいつも境内に入るときに、鳥居の一歩手前で会釈し、出る前にも
振り返って会釈します。つまり、人の家を訪問した時に「お邪魔します」
「お邪魔しました」っていうのと同じに思っています。

鳥居はようするに、家でいえば玄関みたいに思っていますが?

この回答への補足

僕もそう思っていたんですが、聞いた人の話によると、鳥居をくぐることによって厄を落とし、帰りは神の御利益をもって帰るからくぐらないとのことだったんです。

補足日時:2001/09/17 13:53
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q米国人から見た鳥居(在日米軍基地内の鳥居)

米国人から見た鳥居(在日米軍基地内の鳥居)

各地の在日米軍基地を見に行くと、必ずといってよいほど鳥居をみかけます。
これはなぜでしょうか。
彼ら軍人や、一般のアメリカ人から見ると、どんな存在なのでしょうか。

ちなみにクリスマス時期に行くと電飾が付いていたりするので、神道的に敬っている様子はないようです。

Aベストアンサー

日本人から見た十字架に対する存在のようなものでしょうね。
日本人でも新道を信じない人にとっては、どんな鳥居も有り難みを感じませんが、お宮参りや七五三等には鳥居を潜って神社を訪れてます。
キリスト教信者でない日本人がクリスマスにクリスマスツリーを飾ったり、結婚式に礼拝堂で賛美歌を歌ってるのと大差はないと思います。
異国文化は新鮮味があるからで、欧米人が忍者や空手等に興味を示すようなものです。

Q神社参拝時の、境内にある他の神社の参拝方法について

神社参拝の際、鳥居をくぐってからメインの神社へ辿り着くまでの間に
ほかに小さな神社がある場合、
その小さな神社への参拝方法も、通常と同じで大丈夫でしょうか?

小さな神社がたくさんある場合も、
その都度二礼二拍手一礼をしてお参りしていましたが、
今日参拝した神社では、ほかの参拝者の方が
小さな神社にはお礼(お辞儀)だけをして、
メインの神社にだけ二礼二拍手一礼をされているのを見て、
どちらが正しい参拝マナーか分からなくなってしまい不安に思っています。

無知でお恥ずかしい限りですが、
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

最初に断っておきますが、一般人です。

他の神社の分社である小祠のことですよね? 祠といえども神様はいらっしゃるので本来であれば全ての神様に二礼二拍手一礼するべきだと思いますが、二礼二拍手一礼の意味を個人的に解釈すると

「参拝させていただきます」
「お願いします」
「ありがとうございました」

というような感じだと思います。

ですので、神様にお願い事をする以上は敬いの気持ちを持って二礼二拍手一礼するべきでしょう。
ただ、そのためにはその祠がどこの神社の祭神の分祠でどんな神様かを知っておく必要があります。

ですので、(個人的な意見です)
その祠がどんな神様か分からなかったり、今日はその神様に挨拶する用件がなければ一礼だけ(神様を敬う気持ちだけ)で良いと個人的には思います。

例えば、拍手は寝ている神様を呼び起こすためにするものだと聞いた事があります。
極端な例ですが、「ついでに」祠に二礼二拍手一礼して、神様を呼び起して
「特にお願い事はないよ~」
てな感じだと逆に失礼じゃないですか?
実社会で言えば、誰かを電話で呼びつけておいて大した用じゃなかったら機嫌が悪くなりますよね?
神様だっておんなじだと思うのです。

ですので、個人的な結論として
「どんな小さな祠でもお願い事がある以上参拝マナーは二礼二拍手一礼である」
となりました。

最初に断っておきますが、一般人です。

他の神社の分社である小祠のことですよね? 祠といえども神様はいらっしゃるので本来であれば全ての神様に二礼二拍手一礼するべきだと思いますが、二礼二拍手一礼の意味を個人的に解釈すると

「参拝させていただきます」
「お願いします」
「ありがとうございました」

というような感じだと思います。

ですので、神様にお願い事をする以上は敬いの気持ちを持って二礼二拍手一礼するべきでしょう。
ただ、そのためにはその祠がどこの神社の祭神の分祠でどんな神様かを知...続きを読む

Q神社の神域(境内)が…どうなってるの?

今年に入り、旅行で京都、神戸などを見ると、神社の境内が駐車場のようになっているのか、車が境内にびっしりあります。
神域が、駐車場みたいになっているのはどうしてなのでしょうか?
神社のあり方に疑問が生じてきたので質問させていただきます。
伊勢の神宮や出雲ではそんなことがなかったので、とても不自然な感じが否めません。
見るたびに違和感が生じます。

Aベストアンサー

京都に限らず、特に都市部では境内を駐車場にしているケースは多くみられます。その理由は
(1)運営経費を稼ぐ為
(2)参拝者の駐車場
が主ではないでしょうか。

(2)は、多くの神社がそれまでの所有地を様々な理由で縮小したり、国などの政策で削られたりしてきた歴史があるので、神域の外に駐車場を設ける事が出来ないのか現状。
 多少の知名度では参拝者も限られ、駐車スペースの確保も難しい。特に街中では不可能ですから、仕方ないのかもしれません。
でも質問者様の主旨は(1)の方でしょう。
(1)の場合、有名な神社でなければ、祭などの費用も馬鹿になりませんから、苦肉の策ともいえます。
 しかし単に運営費の捻出だけでなく、近隣の住民の都合で決めてしまっている場合も少なくないでしょう。費用捻出はただの言い訳だったりします。とても残念ですし、不敬だと思います。地元で由緒ある神社であっても、ご利益はなさそうに感じてしまいます。

Q家の鳥居

時々庭に鳥居がある家を見るのですが、あれは何のために建ててるのでしょうか?しかもミニチュアサイズではなく結構大きいです。
あと友人に聞きましたが、家の中に鳥居がある家もあるそうです(大きさやどんな風に建てているのかわかりませんが)。
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

うちにも鳥居と社がありますよ。
どうやら、元は鹿島神宮系列の神様だそうですが、何故うちの持ち物になっているのかはわかりません。
いつからうちにいるのかはわかりませんが、家の片隅に、人は入れませんが高さは人より高い社と、人よりちょっと大きめの鳥居で祀ってます。
まあ、お稲荷さんを鳥居と社で祀っている家が一番多いと思います。
鳥居があるということは、お稲荷さんなり、何かしら神様をそこで祀っているということですね。
きっと先祖が、家の繁盛なんかを願ってどこかの稲荷神社のお稲荷さんを分けてもらったのでしょう。

Q石の鳥居の建て方

石の大きな鳥居はどうやって建てるのでしょうか?
家の近所の神社には柱の直径が約50センチメートル程の大きな石の鳥居があります。 神主様に聞いたところ、20年ほど前に近所の石屋さんが施工したとのことです。
レッカー車を2台使ってやったそうですが、詳しくは知らないそうです。なんとなく想像はできても、詳しく知りたいと思っています。
どこかのホームページで参考になるところをご存知ありませんか? また、ご回答にて文章で教えていただける方、いらっしゃいませんか? お願いいたします。 興味があって、とても気になっています。
図書館で探してみたのですがわかりませんでした。

Aベストアンサー

私も興味が湧いたので、ちょっと調べてみました。参考程度に。

下記URLにある様に、住宅の木造建築と同じく基礎・足場組み・の順の様です。

そして、左右二本の柱のそれぞれに、笠石(一番上の石)を乗せる凸を作り、笠石にホゾ(凹み・へその意味)を作り(削り)、現在ではユニックか単体のクレーンで乗せる様です。

クレーンが無い時代は、三又:サンマタ(施工用の長めの柱を3本使い、先端をロープ(縄)で1つに縛って、三角柱の先端に滑車を付けたもの:URL参照 http://blog.goo.ne.jp/nanayoukoubou/e/69c1dbdd83cf8d6be814e0ed02c1a79b )を、2基使い、笠石を吊るして乗せていたと思います。

この三又は、私も石屋の手伝いで使いましたが、何トンと云う重量物でも持ち上がる理にかなったものでした。

参考URL:http://www.arakisekizai.com/weblog/archives/2007/07/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報