「彼女はきれいで、頭がいいです。」「彼女は美しくて、頭がいいです。」のように、並列の意味を表すとき接続助詞「て」「で」を使いますが、名詞の場合、たとえば「私の子供は、女の子で小学生です。」のような文での「女の子で」の「で」は断定の助動詞「だ」の活用したものだそうですが、どうしてこのような違いがあるのでしょうか?

A 回答 (2件)

 私の解釈もいささか独善的であったようですみません。

辞書で「て」を引くと「並列」の語義ものっていますね。「て」の働きは、大まかに捉えれば(1)前後の単純な接続、(2)動作・作用の原因・理由ということだと思われます。詳しくは国語辞典等ご覧ください。下記にGooの大辞林のアドレスを載せておきます。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/jp-more_prin …
    • good
    • 1

 一つ訂正ですが、「彼女はきれいで」の「で」は形容動詞「きれいだ」の連用形活用語尾です。


 さて、問題のとらえ方を整理しますと、
1.「彼女はきれいだ」……「だ」は形容動詞の活用語尾
2.「彼女は美しい」……「美しい」は形容詞
3.「彼女は女の子だ」……「だ」は断定の助動詞
 (1と3の「だ」がなぜ違うかという点ですが、1は「きれいに」「きれいな」という活用した形が形容動詞として存在しますが、3はあくまで体言+「だ」でしかないということでおわかりいただけると思います。)
 上記の1~3の文末を連用形にすれば並列の形が作れます。
1’.「彼女はきれいで、頭がいい」……「で」は形容動詞の連用形活用語尾
2’.「彼女は美しく、頭がいい」……「美しく」は形容詞の連用形
3’.「彼女は女の子で、頭がいい」……「で」は断定の助動詞の連用形
 2’の「美しく」の後に接続助詞の「て」を入れても意味は同じですが、この場合並列の意味を表すのは「て」ではなく連用形という活用形の用法そのものです。
接続助詞の「て」(濁音化したときに「で」)はもともと並列の意味を表すものではありません。 

この回答への補足

回答どうもありがとうございます。
回答を読み、納得できました。しかし、もう一つだけお聞きしたいことができたので、再度質問させていただきます。
「美しくて」の接続助詞の「て」には並列の意味を表すものではないということですが、その場合その「て」はどんな働きがあるものなのでしょうか?

補足日時:2001/09/19 21:52
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q助動詞の活用

高三です。
古典の助動詞の活用なんですが、各助動詞の活用の型(下二段型など)は覚えたのですが、一覧表に「○」となっているところ(過去・「き」の連用形など)までおぼえた方がいいですか?

つまり、過去・詠嘆の「けり」なら
けら・○・けり・ける・けれ・○ と覚えるのではなく、
けら・けり・けり・ける・けれ・けれ と覚えてしまっても大丈夫でしょうか?

分かりにくくてすみません

Aベストアンサー

私は、
「き」については、「せ丸きししか丸」を呪文のように覚えるしかないと思いますし、それが一番てっとり早い。
「けり」についての覚え方は、
「(1)ラ変と同じ!」それだけでいいです。
実際、連用形と命令形はお目にかかりませんから大丈夫ですし。これは、連用形なのか終止形か。。なんて悩む場面はありませんし。
経験上困ったことはありません。
しいて言えば「(2)丸の部分は同じような過去を表わす「き」と同じ」。と覚える。。が、これは超完璧に活用を覚えたあとでのおまけでいいです。
このようにいかに力をかけずに覚えるかです。

Q助詞、助動詞

日本語の助詞、助動詞は、それぞれいくつずつありますか。
また、両者の区別の仕方や、何かいい覚え方などありますでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

以前紹介した事のあるサイトですが。
下は参考になるでしょうか?

参考URL:http://www.geocities.co.jp/NeverLand-Mirai/3032/

Q古文の助動詞。

古文の助動詞にはこの助動詞は連用形の後につくというふうにそれぞれ決まっているようですがその活用形というのはどうやって区別していけばいいのでしょうか。

けりだと連体形の後につくようですが
(けら)|○|けり|ける|けれ|○というような活用形があるようです。連体形の後にしかつかないのにこのような活用形があるのはおかしいと思うのですがどういう意味なのでしょう?
分かりにくくてすみません。

Aベストアンサー

けりは連体形の後にしかつかないのではなく『連用形の後にしかつきません。』
多分引っかかっていらっしゃるのはここかなと思うんですが。


活用形の見分けかたについては下に続く主な語、
ず、む|たり、て|(言い切る)|こと、とき|ども|(言い切る)
で大抵何とかなると思います。
けりの場合、
終止形ではたとえば『~なりにけり』
連体形ではたとえば『~しける時』
已然形ではたとえば『をかしけれ』

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html

Q打消しの助動詞について教えてください

※先ほど間違ったカテゴリに質問してしまったのでもう一度こちらで質問させてください・。
次の文中の助動詞「ず」を適当に活用させなさいという問題があります。

・深山には松の雪だに消え(ず)くに都は野辺の若葉つみけり

ネットで調べたところ、「消え(な)く」になるということはわかりました。
しかし、なぜ「な」になるのでしょうか?
打消の助動詞に「な」という活用はありませんよね?
これは何活用なのでしょうか?

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「く」+「に」の前には、未然形が来ることが多いようです。

「ず」の未然形には3種類あります。
「ず」「な」「ざら」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A9%E5%8B%95%E8%A9%9E_%28%E5%9B%BD%E6%96%87%E6%B3%95%29

Q助詞 「は」 と 「が」 の使い分けについて

私自身が使用するときには、間違えなく使い分けていると
思いますが、外国の友人の使用方法をおかしいと感じ、
そこでは、「が」が正しく、「は」は使わない・・・・・などと
説明するのですが、なぜそうなのか聞かれて答えに窮することが
しばしばです。
結果として、彼らの日本語を矯正できないままです。

日本語の文法書というのは、あまり一般の本屋では見かけませんし、
図書館でも見たことがありません。
外国人がよく間違える日本語というような類の本で簡単な説明が
ありましたが、納得のいく説明はありませんでした。

「は」は強調する時に使う
「が」は強調するときに使う
「は」は話題を提示する
「が」の後には直接、述語がつづく
「は」は述語との間に、長い説明文を挟むことも可
「は」は後に続く言葉に含みを持たせる。

その本の説明と私の感じている「は」と「が」の違いは
を合わせると、上のような点が言えるのではないかとおもうのですが、
自分でも矛盾するように思われる点もあり、納得していません。

どのように説明すればうまく理解してもらえるのでしょうか?
また、このような点に付いての参考資料がありますか?

ご存知の方がいらしたら是非お教えください。

私自身が使用するときには、間違えなく使い分けていると
思いますが、外国の友人の使用方法をおかしいと感じ、
そこでは、「が」が正しく、「は」は使わない・・・・・などと
説明するのですが、なぜそうなのか聞かれて答えに窮することが
しばしばです。
結果として、彼らの日本語を矯正できないままです。

日本語の文法書というのは、あまり一般の本屋では見かけませんし、
図書館でも見たことがありません。
外国人がよく間違える日本語というような類の本で簡単な説明が
ありましたが、納得のいく...続きを読む

Aベストアンサー

参考書探しには、以下のサイトが参考になると思います。
日本語学習者のための辞典、教材を専門に扱うサイトです。
また、日本語を教える側(日本語教師用)の参考書も扱っています。

http://www.alc.co.jp/bos/chumon/bon_search.html

「は」と「が」については、教える方にも学ぶ方にも、参考書が存在します。(ただ、一般の書店にはほとんど置かれていません)
たとえば、以下のような本があります。このほかにも「文法」のところにいくつか専門のものがあります。また、日本語を母語としない方用の、日本語文法を教える(学ぶ)本が各種あります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新日本語文法選書
第 1 巻 「は」と「が」
野田尚史著 仁田義雄,益岡隆志,田窪行則編
A5 332頁   3,000円
1996年発行 くろしお出版
「は」と「が」の本質に対する把握・説明と,多様な現れをする「は」と「が」の現象を,きめ細かく分析・記述する。明快で分かりやすく,現象を網羅的に説明。初学者から最先端の研究者まで幅広い読者に向けた一冊。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
外国人のための日本語 例文・問題シリーズ
7 .助詞
Particles
北川千里,鎌田修,井口厚夫著 名柄・監修
菊 180頁   1,800円
1988年発行 荒竹出版
助詞の基本的な意味をもとに,そこから派生するさまざまな用法を例文で表す。紛らわしい使い方については別項を設け,使い方の基本を示した。学生の助詞についての復習・まとめ・自己診断に寄与できるように構成。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もし、東京近郊にお住まいでしたら、凡人社の店舗に出向かれると、いろいろ参考になると思います。
http://www.bonjinsha.com/index-j.html

参考URL:http://www.alc.co.jp/bos/chumon/bon_search.html

参考書探しには、以下のサイトが参考になると思います。
日本語学習者のための辞典、教材を専門に扱うサイトです。
また、日本語を教える側(日本語教師用)の参考書も扱っています。

http://www.alc.co.jp/bos/chumon/bon_search.html

「は」と「が」については、教える方にも学ぶ方にも、参考書が存在します。(ただ、一般の書店にはほとんど置かれていません)
たとえば、以下のような本があります。このほかにも「文法」のところにいくつか専門のものがあります。また、日本語を母語としない方用...続きを読む

Q打消しの助動詞について教えてください

次の文中の助動詞「ず」を適当に活用させなさいという問題があります。

・深山には松の雪だに消え(ず)くに都は野辺の若葉つみけり

ネットで調べたところ、「消え(な)く」になるということはわかりました。
しかし、なぜ「な」になるのでしょうか?
打消の助動詞に「な」という活用はありませんよね?
これは何活用なのでしょうか?

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

考古学的に言うと、「ず」の活用についての研究はありませんので、個々ではお答えることはできません。「国語」のカテゴリーに移動してください。

「ず」の活用には、「ぬ」系・「ず」系・「ざり」系の三系列があります。上代では、「ぬ」系の未然形「な」や連用形「に」が用いられました。活用の注をよくみてください。書いてあるはずです。

また、カテゴリーもよくみてください。注意深くみないといろいろと失敗します。
「注意一秒 怪我一生」

Qなぜ助詞の「は」は"wa"、「へ」は"e"と発音するのか

以前、留学生の同級生になぜ助詞の「は」は"wa"、「へ」は"e"と発音するのかということを聞かれました。
勉強の足りない私にはその時はそういう物なのだとしか説明ができませんでした。

「は」は"ha"と"wa"、「へ」は"he"と"e"の2通りの読み方があるのかとも聞かれましたがそれは違うような気がするとしか答えられませんでした。

あまりに当たり前すぎて疑問にも思わなかったのですが、どうかこの質問に「そういうルールなのだ」とか「伝統的にそう決まっている」とかではない、合理的な回答をお願いします。

Aベストアンサー

ハ行音は、ひらがなが成立した平安初期には、文節の頭でも、文節中でも
  ファ、フィ、フ、フェ、フォ
と発音されていました。

後に、文節中のハ行音がワ行音に発音されるという現象が起こります。この現象は「ハ行転呼(てんこ)」と呼ばれ、11世紀頃一般化したといわれています。この段階では、例えば
  「腹は(はらは)」は、「ファラワ」
  「人へ」(ひとへ)」は「フィトウェ」
  「あはれ」は「アワレ」
と発音されていたわけです。

さらに鎌倉時代初期までには、ワ行音が変化して、
  ワ、イ、ウ、イェ、ヲ
になりますが、それにつれて文節中のハ行音は、「ハ行転呼」を起こして、
  ワ、イ、ウ、イェ、ヲ
発音されるようになります。

元禄時代(江戸時代)頃になると、文節の頭のハ行音は現代と同じく、
  ハ、ヒ、フ、ヘ、ホ
になったようです。

18世紀中頃になると、ワ行音が、
  ワ、イ、ウ、エ、オ
に変化しますから、文節中のハ行音は、やはり「ハ行転呼」を起こして、
  ワ、イ、ウ、エ、オ
と発音されるようになりました。助詞の「は」「へ」を[wa][e]と発音する事にはこんな背景があります。

ハ行音は、ひらがなが成立した平安初期には、文節の頭でも、文節中でも
  ファ、フィ、フ、フェ、フォ
と発音されていました。

後に、文節中のハ行音がワ行音に発音されるという現象が起こります。この現象は「ハ行転呼(てんこ)」と呼ばれ、11世紀頃一般化したといわれています。この段階では、例えば
  「腹は(はらは)」は、「ファラワ」
  「人へ」(ひとへ)」は「フィトウェ」
  「あはれ」は「アワレ」
と発音されていたわけです。

さらに鎌倉時代初期までには、ワ行音が変化して...続きを読む

Q「しぶけり」の「けり」は切れ字?

石田波郷の俳句に
「噴水のしぶけり四方に風の町」
というのがあるのですが、
学校でこの「けり」は切れ字だと教えられました。
ところが塾の先生は「『しぶく』+助動詞『り』なので
切れ字ではない」と言っています。
どちらが正しいのか、文法に詳しい方、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

塾の先生は文法的には正しいのですが、切れ字の解釈に問題があります。13の言葉が切れ字だとか18の言葉が切れ字だとかいうのは、古典俳諧の一部の説であって、「や」「かな」「けり」など一部の人によって決められた言葉だけが切れ字かというと、そうではありません。
http://www.an.wakwak.com/~tikuho/koza/hikkoza.html
http://www.an.wakwak.com/~tikuho/koza/hikkoza.html#第4回・資料
芭蕉は、「切れ字に用る時は、四十八字皆切れ字也」(『去来抄』)といっています。どんな言葉でも切れ字になる可能性があるのだ、ということです。『日本国語大辞典』の解説の後半には、「……終助詞や活用語の終止形、命令形などが主であるが、今日では詠嘆の意で文法的に切れる場合をすべて称している。」とあります。現代人の波郷が「しぶけり」と言っているのですから、切れていないということはないでしょう。そうすれば「り」も切れ字なのです。学校の先生は「『り』は切れ字です」と言えばよかったのです。

参考URL:http://www.an.wakwak.com/~tikuho/koza/hikkoza.html

塾の先生は文法的には正しいのですが、切れ字の解釈に問題があります。13の言葉が切れ字だとか18の言葉が切れ字だとかいうのは、古典俳諧の一部の説であって、「や」「かな」「けり」など一部の人によって決められた言葉だけが切れ字かというと、そうではありません。
http://www.an.wakwak.com/~tikuho/koza/hikkoza.html
http://www.an.wakwak.com/~tikuho/koza/hikkoza.html#第4回・資料
芭蕉は、「切れ字に用る時は、四十八字皆切れ字也」(『去来抄』)といっています。どんな言葉でも切れ字になる可...続きを読む

Q「お忘れ物のなさいませんように」、「お忘れ物のないように」?

電車を降りる際、車掌さんが題名のようなアナウンスをしてくれます。

忘れ物って、わざわざ「なさる」ものなのでしょうか?
丁寧に言いたくて「~なさいませんように」という気持ちは分かるのですが、
丁寧語とかの使い方がよく分からないので答えがでません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

〈補足
 確認なのですが、「お忘れ物をないように(ご注意ください)。」
 で正しいということでよろしいですか?

「ない(無い)」が続くなら「お忘れ物のないように」です。

「ない(無い)」は形容詞なので、格助詞「を」が上に付くことは、ありません。

「なさる」は他動詞なので、格助詞「を」が上に付き、「お忘れ物をなさいませんように」

となります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング