痔になりやすい生活習慣とは?

先日このような↓質問がありました。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1382392

そこで結局は岬は半島の小さいものという結論になっていました。(国語辞典や国土地理院の見解?)

でも本当にそうでしょうか?
南米のホーン岬やアフリカの喜望峰は半島より大きいという指摘もありましたし、なんかちがうような気もします。

日本国内でもたとえば北海道の襟裳岬や、宗谷岬なんて多分三浦半島よりも大きいと思います。

はっきりした定義はないのはわかりますが、岬と半島には大きさ以外の違いはないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

No4です。



No6さんが「明治以前に「房総半島」や「能登半島」なんて表現していたのかな?」とお書きになっていますが、これが大きなヒントだと思います。

そもそも、「半島」という言葉はpeninsula の翻訳で、もともとの日本語ではありません。
peninsula の語源はラテン語で pene(半)+insula(島)だから、直訳そのものですね。

だいたい、人間が「半島」なんてのを認識できるようになったのは、測量技術が発展し正確な地図を持ってからのはず。でも岬は違いますよね。地図が無くてもここが岬だとは十分認識できます。

結論
自分の目で「ああlここは海に飛び出してる場所だ!」と認識できるのが岬。地図が無ければ半島か島か自分のいる場所からは認識できないのが半島!
そして半島の突端には必ず岬があり、岬の根元は半島があるとは限らない

これでいかが?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

merlionXXさん、何度もありがとうございます。

そうか、やっとわかりました。
これこそ納得できる区別です。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/16 16:43

はっきりした定義はないですね。


沼と池は定義があるけど、池と湖はないし。
山地と山脈は一応あるけど、山と丘ははんぜんとしない(稜線の傾斜が何度を越えると山、それ以下は丘というような)。

私なりの解釈は
経験上(舟の航行上)名付けられたものが「岬」、
測量をして、「海に突き出ている地形」ということが判ったところが「半島」。

よく調べていないので、申し訳ないですけど、明治以前に「房総半島」や「能登半島」なんて表現していたのかな? と思うからです。
大きさ云々より、人間との関係(舟・海運)の強さではないかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2005/05/16 16:41

"Peninsula"(半島)と、"Cape"(岬)との定義の違いを、英語のソースで探してみるとすっきりするのではないでしょうか?



例えば、
http://www.answers.com/main/ntquery?method=4&dsi …

こちらの該当部分(第一パラグラフ最終文)をみてみますと、
"When headlands dramatically affect the ocean currents they are often called capes."
「突き出た陸地が、潮の流れに大きな影響を与えるときに、それらはしばしば岬と呼ばれる」
とされています。
この”潮の流れ”をどのレベルで解釈するかによりますが、その意味では喜望峰やホーン岬は確実に影響を与えているでしょうし、小規模な影響であれば、湾にちょっと突き出た岬でも影響を与えているといえるでしょう。

その他、英英辞書などからも、いろいろと見えてくるものがあると思います。ぜひ眼を通されてみてください!
http://www.hyperdictionary.com/dream/cape
http://www.hyperdictionary.com/search.aspx?defin …
(norma normaさんご自身で、興味の向くままに、なるべく原義に近いものに当たっていけば、答えが見えてくると思います)

参考URL:http://www.answers.com/main/ntquery?method=4&dsi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

でも岬が潮の流れに影響を与えるなら半島はもっとあたえるんじゃないでしょうか?

お礼日時:2005/05/16 16:39

先日の半島と岬の区別の質問でホーン岬や喜望峰の例を挙げた者です。



> 日本国内でもたとえば北海道の襟裳岬や、宗谷岬なんて多分三浦半島よりも大きいと思います。

いいえ、ホーン岬や喜望峰が三浦半島より大きいとは書きましたが、北海道の襟裳岬や、宗谷岬はそんなに大きくはありません。
まず、ホーン岬や喜望峰があんなに大きくとも「半島」と呼ばれないのは、そこだけが海に突出しているのではなく、大陸全体がなだらかに狭くなっていった突端の部分だから、ここからここまでが半島だというような捉え方が出来ないからです。
規模は違いますが、襟裳岬や、宗谷岬も、北海道というおおきな陸地が北に向けて徐々に細くなり、その一番の北が襟裳岬、南に狭くなった突端が襟裳岬で、いわゆる半島部分がありません。
そこが知床半島の先端の知床岬や根室半島先端の納沙布岬、佐田岬半島の佐田岬と決定的に違うところです。

しかし、襟裳岬や宗谷岬はそんなに広い部分を差しません。現に、宗谷岬のすぐ隣には別にノシャップ岬もあります。ですから三浦半島よりぜんぜん狭い領域なんです。

静岡県の御前崎も、半島部分を持たない岬ですね。
たしかにはっきりした定義はないので、わかりにくいのですが、そのように岬と半島にはあるていど違いはあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!

たしかにあんなに大きくとも襟裳半島や宗谷半島は存在しませんね。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/05/16 16:35

愛媛に佐田岬半島があります。


この佐田岬半島の先っちょを佐田岬といいます。
だから、先っちょを岬、全体で半島だと思いますが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。
全体が半島で先っぽが岬ですか。

なるほど。

お礼日時:2005/05/16 16:32

でも、本来細かく表現するならば


岬とか御崎とかっていうのは、とがったところという意味です。

さき=先(さき)なんです。
御先(みさき)が、御崎・岬というふうになったわけです。
崎(さき)だけでいいじゃないか、御なんて丁寧につけなくてもと、思いますよね。
実は、これには理由があって、日本の古代の言葉で、
「さ」というのは、神様を表わす尊い音で、
朝鮮半島からつたわった、サ行の音は、尊い音とされていました。
古代から、とがったところに、神様が降りるとされていて、高い山など、御神体として古来からあがめられたのも
そういった理由からです。
解かり易くいえば、島根半島があり、その一部に、日御碕があるように、実はもっといえば、そのとんがった先っぽだけが、本来は崎なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

くわしくありがとうございました。
岬の由来がわかりました。

お礼日時:2005/05/16 16:30

 こんばんは。



 定義は無いんじゃないでしょうか。つまり,個々にその地域での位置づけで決められたり,長年の呼び名などが元になっているんじゃないでしょうか?

 例えば,北海道にある「知床」ですが,「知床岬」とも言い,「知床半島」とも言いますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2005/05/16 16:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半島と岬の境界線はどこにあるのですか?

半島と岬の境界線はどこにあるのですか?

大陸と島の境界線がオーストラリア/グリーンランドであるような、明確なラインはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

補足します。

半島と岬の境界線というのは 漠然と大きいものは半島
小さいものは岬というくらいにしかなっていないそうです。つまり明確な定義はないということですね。
どうも気になったので 国土地理院に聞いた結果です。

Q本日天気晴朗ナレドモ波高シ……は何故名文なのか?

東郷平八郎が丁字戦法を使ってバルチック艦隊を破った時、
秋山参謀という人が東京にこんな打電をしたそうです。

「敵艦見ユトノ警報ニ接シ 連合艦隊ハ直チニ出動 コレヲ撃滅セントス、
本日天気晴朗ナレドモ波高シ」

高木彬光先生の歴史小説の中で「名文中の名文」と謳われていましたが、
どうもしっくりきません。

だって、単なる指令と天候を伝える平叙文じゃないですか。
これだけシャープに必要なことをまとめた、ということが
賞賛されているのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連合艦隊は予定どおり、故障艦も脱落艦もなく、直ちに出撃し敵を撃滅することを前文で伝えています。後半の天気の文章も海軍の現場の人にはいろいろな情報を伝えています。即ち、本日は天気に恵まれ海上の見通しは非常に良い。砲撃戦に理想の天気である。しかし、海上には高波が見られるので、魚雷艇などを使った細かな作戦を実行するには難がある。本日の戦いは砲撃で決着がつくだろう。

ようやく近代国家の仲間入りをしたばかりの日本の存亡を賭けた戦いを前にして、七、五調の短い電文でこれだけの情報を送れるのは名文でなければ出来ません。しかし、これが決意表明ではなく作戦の変更や指示を仰ぐ電文であれば、決して名文とはいえないでしょう。読む人によって理解が異なるような文章は戦時に使用すべきではないでしょう。やはり戦争に勝ったということと決意表明の電文だったからこそ後世まで語り継がれたのでしょう。

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連...続きを読む

Q日本三景、日本三名園、日本三名瀑、日本三大歓楽街

日本三景といえば・・・宮城県の松島、天橋立、宮島厳島
日本三名園といえば・・・金沢兼六園、岡山後楽園、水戸偕楽園
日本三名爆といえば・・・和歌山の那智の滝、日光の華厳の滝、茨城の袋田の滝
日本三大歓楽街といえば・・・福岡中洲、新宿歌舞伎町、札幌すすきの

さて、いまあげた中で、皆さんが行ったことのある場所はありますか?
「三・・」それぞれを制覇していますか?
せっかくなので、何か行った思い出を語ってください。

私は、宮島、兼六園、華厳の滝、歌舞伎町ですね。

兼六園に行った時ですが、入口で、“明日は皇太子殿下がみえるので、今日は予行練習をしています。普段と違って不便をおかけしますので、入園料は無料です”と言われました。

Aベストアンサー

行った事がある場所は、水戸偕楽園、日光の華厳の滝、

福岡中洲、新宿歌舞伎町、札幌すすきのです。

歓楽街はたくさん楽しい思い出がありますが、

華厳の滝は、「行った事はあるが、見たことはない」です。

と言うのも、小学校の修学旅行で行き、着いた時間が夕方で、

11月下旬で日の入りも早く、真っ暗でした。みんなで目を凝らして

見たのですが、何も見えませんでした。「ゴォー」という音しか聞こえず、

見る事が出来ませんでした。

ですから、「行った事はあるが、見たことはない場所」です。

翌日は、国鉄のストライキと重なり、旅館の大広間で

動くまでみんなで時間をつぶしていました。

その後、臨時電車が出て帰る事が出来ました。

楽しい思い出になるはずの修学旅行が苦学旅行になりました。


人気Q&Aランキング