半導体がバンドギャップを有する理由を述べよ。と言われて、わからず困りました。因に、固体電子論という講議です。どうして半導体はバンドギャップを持ってるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

化学系だとHOMOとかLUMOを例にとった例にとってもよいかなと思って検索を掛けてみたらURLが引っかかりました。

(電子の自由度があって構造変位が起りにくい分子ならいいと思うのですが、小さな分子で構造変位と電子状態が1対1に対応するような場合も良くある間違いになるのか不思議に思いました。)
参考までにというか蛇足ですね。
(自由電子に周期的な原子ポテンシャルを与えてバンドギャップが形成される立場と分子軌道のように原子を近づけてさらにその塊を近づけてとやっていったときに発生する分子軌道の分裂にづぐ分裂で稠密な軌道を考えてバンドを説明する立場もあるとおもいます。同じ周期性をもった電子雲の密度がどこにあるかで、同じ波数でもエネルギーに差が発生することが分かると思います。)

参考URL:http://staff.aist.go.jp/w.mizutani/homolumo.htm
    • good
    • 0

siegmund です.



> 僕は工学部化学系の大学3回生です。
> この講議は、卒業単位にも加算されず(他学科の専門科目であるから、らしいです)、
> ただ単純に興味から受講してみたんです。
> しかし、受講してみると結構面白く、勉強してみようかなと。

そうですか,これは失礼しました.
他学科なのに興味をもって物理を勉強してみようというなら,
もうちょっと答えなくっちゃね.

まず,単なる自由電子でしたら,
波数 k に対するエネルギーは E(k) = (h/2π)^2 k^2 / 2m で放物線型です.
ところが,固体中ではイオン(原子から自由電子が抜けたから,正電荷を持っている)が
周期的に並んでいますから,周期ポテンシャルがあることになります.
周期ポテンシャルのある場合,
単純に1次元で考えますと,下図のようになります.

        E(k)

        │\
        │ \
        │  \ <-- 上のバンド
        │   \
        │    \
  ↓     │     \
 エネルギー  │禁     
 ギャップΔE │禁     
  ↑     │     / <-- ここまで電子が詰まった(フェルミ面)
        │    /
        │   /
        │  / <-- 下のバンド
        │ /
        │/
        └──────┤ k
              π/a

a はイオンの間隔.
本当は直線ではなくて曲線になっていますが,曲線は描けないので直線になっています.
固体電子論(or 固体物理)のテキストにはおそらく必ず上のような図が載っているでしょう.
図からわかりますように,「禁」と書いた部分のエネルギーに対応する状態はありません.

電子はフェルミ粒子ですから,電子が多数個ある時はエネルギーの低い方から順に
詰めていくことになります.
で,詰めていったとき,ちょうど下のバンドが詰め終わったときに電子が品切れになった
としましょう.
そうすると,一番上の電子にエネルギーを与えてエネルギーの高い状態に移すためには
最低ΔE のエネルギーを与えないといけません.
こういう状態が半導体です.
くだいて言えば,一番上の電子がどこか別の座席に動こうとしたとき,
エネルギーの低い側の座席は他の電子がもう座っている,
エネルギーの高い方の座席はΔEだけ上らないといけない,
というわけでなかなか動けないのです.

こういうバンド構造は半導体に限ったことではなくて,金属でも同じ事情です.
決定的な違いは,電子を詰め終わったときに,
ちょうどバンドが満たされたか(これが半導体),
あるいはバンドの途中で終わったか(これが金属)です.
バンドの途中に一番エネルギーの高い電子がいれば,
ちょっとエネルギーを与えてやれば,すぐ上の座席にいけます.

> どうして半導体はバンドギャップを持ってるのでしょうか
上の話からおわかりと思いますが,むしろ話は逆で,
ギャップの下のところまで電子が詰まったから半導体なのです.

なお,上のバンドの図で,バンドは2本しか描いていませんが,
同様な繰り返しが上の側にいくらでも続きます.

上のような話では1つの原子から偶数個の電子が自由電子として供給されると,
ちょうどあるバンドを満たしたところで電子を詰め終わることがわかっています.
(大して難しいことではありませんが,長くなるので省きます).
シリコンやゲルマニウムは典型的半導体として知られていますが,
どちらも1原子から4個の自由電子が供給されます.
だからこそ,Si や Ge は4価の化合物が普通なわけで,
ここらへんは化学系の yosipooh さんはよくご存知でしょう.

実を言うと上の話は極めて単純化した議論です.
現実の物質は3次元ですし,結晶構造も様々,バンドの形も種々多様です.
単純に,1つの原子から偶数個の電子が自由電子として供給されると半導体,
というわけには行かないものもたくさんあります.
周期律表で Ge の下の Sn や Pb は金属ですし,
アルカリ土類は1原子から2個の自由電子が出ているのに金属ですね.
    • good
    • 1

固体電子論という名前の講義なら,たぶん学部4年あるいは大学院の講義ですよね.


半導体のバンドギャップは固体電子論の中心的話題の一つですから,
講義でやったりテキストに載っていたり,だと思うんですがね.

せっかくですから,ヒントくらい.
ただの電子気体だったら,エネルギーは k^2 に比例し,
変なことは起きない.
固体中ではイオンによる周期ポテンシャルがあるから,
そのためにバンド構造が現れる(ブロッホの理論).
あとは,どこまで電子を詰めるかの問題.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

siegmundさん、回答ありがとうございました。
僕は工学部化学系の大学3回生です。この講議は、卒業単位にも加算されず(他学科の専門科目であるから、らしいです)、ただ単純に興味から受講してみたんです。しかし、受講してみると結構面白く、勉強してみようかなと。
回答を参考にもう少し考えてみます。

お礼日時:2001/09/24 02:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q摂動論の適用限界ってどのくらい?

量子力学の摂動論について質問です。
摂動H'がHに比べて十分小さい時摂動論の適用が可能だといっていますが、実際どの程度のオーダーまで可能なんでしょうか?

先生に聞いた話では、摂動によって波動関数ψk,エネルギーEokが変化するが、変化後の波動関数ψk’が摂動前の他の固有状態のEq(k≠q)と同じような値をもつほど変化させることはできない、そんな大きい変化は摂動として取り扱えないんじゃないかという事でした。

また、系が縮退しているときには1次摂動の波動関数の係数が発散してしまうとあったんですが、これも適用限界ですか?

Aベストアンサー

摂動の適用範囲の明確な理論はしりません。数学的にそのような理論が存在したとしても実際の物理の応用で摂動の適用限界を与えるほど高度な理論は無いと思います。非常に大事なことなんでしょうが、実用的な適用限界に関する数学的理論を得るにはまだまだ時間がかかると思います。

よくやるのは摂動項をいれて補正が小さければよいだろうという事くらいだと思います。または数値的に問題が解ける場合はそういった他の方法で確認します。摂動の高次を計算したときも補正があまり大きいとおかしいというだけで、厳密な理論はないと思います。

これらの問題は量子力学に限らず古典力学でもありますが、やはり一般解が得られていない場合は非常にデリケートな問題です。最近は数値的にやる事が多いですが、摂動で解の振る舞いを予想できる場合には数値解析する場合でも大きな助けになりますからあなどれません。つまり摂動計算を100%信用するのは危ないが、それでも非常に役に立つという感じでしょう。

また摂動で答えが出てきたからといってそれが全てだと誤解してはいけません。なぜなら摂動では得られない効果が存在することが知られています。そういった例では古典近似(WKB法)などで解を求めます。得られたWKB法の解(これも近似解)の周りで摂動を計算するというのがよくやられる方法です。

縮退がある場合の摂動法は存在します。普通のテキストなら縮退がある場合の摂動という章が存在すると思いますのでそちらを参考にしてください。

摂動の適用範囲の明確な理論はしりません。数学的にそのような理論が存在したとしても実際の物理の応用で摂動の適用限界を与えるほど高度な理論は無いと思います。非常に大事なことなんでしょうが、実用的な適用限界に関する数学的理論を得るにはまだまだ時間がかかると思います。

よくやるのは摂動項をいれて補正が小さければよいだろうという事くらいだと思います。または数値的に問題が解ける場合はそういった他の方法で確認します。摂動の高次を計算したときも補正があまり大きいとおかしいというだけで、...続きを読む

Q固体電子論で波数kを導入する理由

固体電子論では波数kを導入して波数空間を空間座標系として用いると思いますが、なぜこんなことをするのでしょうか。

過去の質問などを拝見して、もしもxyz空間のように位置座標系を用いようとしても「位置固有状態が、かならずしもエネルギー固有状態ではないので、位置とエネルギーを同時に決定できない」ため電子のエネルギーを表すのが不可能であるから と書いてありました。

楽天での質問ですが → http://qanda.rakuten.ne.jp/qa3093234.html

これは不確定性原理が元になっていると考えていいのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

運動量の代わりに波数を使うことは、どちらでも良いので該当者の好みの問題だともいえます。
特に固体論では結晶格子を組んでいる可能性があり、並進対称性が非常に有効利用できて(ブロッホの定理)
逆格子やブリルアンゾーン(結晶周期より小さな波長の波数は考えなくてよい)などの概念が導出されます。
また固体の大きさが有限であるために表面の効果を回避するためにボルンーフォン・カルマン
の周期的境界条件が適用されます。すると固体中で許される最大波長は固体の大きさそのものになります。
このように運動量を用いるより波長の逆数である波数が一般に固体論では好まれるのではないでしょうか。

Q摂動論で摂動項が非摂動項の線形結合で表現出来るわけ

量子化学で、摂動論と言うのを勉強しているのですが、

何故、摂動項の固有関数Ψn’が非摂動項の固有関数Ψnの線形結合

Ψn’=Σa_nΨn

と表現出来るのでしょうか?

勿論 Ψは完全系なので
Ψ=Σa_nΨn

と表せることは分かります。

でも例えば、非摂動項の境界条件でなんかの条件例えば、Ψ(X=a)=0を満たさなければならない、
とすると、総ての固有関数はΨn(X=a)=0 を満たすことになります。
つまり、その固有関数の組み合わせで与えられる関数は、全てX=aの時0になるはずです。
が、もし摂動項によりその境界条件がなくなった場合
Ψ’(X=a)≠0
である関数でなくれはなりません。
つまり、非摂動の関数では表せないはずでは??

何故、物理、化学などでは

Ψn’=Σa_nΨn

としているのでしょうか?

これは、単なる近似、ということなのでしょうか?
でもだとすれば
Ψn’=Σa_nΨnではなく
Ψn’≈ Σa_nΨnと書いているはずです。

どなたか説明出来る方がいらっしゃればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

> もし摂動項によりその境界条件がなくなった場合
のところが誤解されているようです.

ハミルトニアンを H として
(1)  Hψ = Eψ
がシュレーディンガー方程式ですが,
これは偏微分方程式ですから解をちゃんと定めるには境界条件が必要です.
で,境界条件はハミルトニアンの形とは別物です.
つまり,ハミルトニアンを無摂動項 H_0 と摂動項 H' に分けたとき,
H_0 と H' にそれぞれ別の境界条件が付いているのではありません.
したがって,ある境界条件 A が指定されたとして
(1)  H_0 ψ_n = E^0_n ψ^0_n を A の下で解く.
(2)  ψ_n = Σ a_n ψ^0_n として摂動論を展開
という手順です.

Q半導体にのギャップエネルギー

半導体で、電気抵抗率lnρと温度1/Tについて、
lnρ=A(1/T)+BからAを求め、A=Eg/2kbからギャップエネルギーを求めたのですが、単位がjΩcmになります。どう単位を変換すればeVになるのでしょうか?

Aベストアンサー

ρ=ρ0exp(Eg/2kbT) のlnをとる時点で、両辺をΩcmで割ってlnの中身は無単位になっていると考えるべきだと思います。したがって、lnρも無単位でOKです。

Q量子力学-摂動論の式

量子力学の摂動論で出てきた式なのですが、この式の導出をお願いします。
左辺のΣやvのみ2乗になる辺りなど、いまいち分かりません。。。
Σ〈Φn|v|Φm〉〈Φm|v|Φn〉=〈Φn|v^2|Φn〉

Aベストアンサー

 Σは、mについて和をとる意味(推測)だと思います。
|Φm〉を直交規定(これも、推測)とすれば、
Σ|Φm〉〈Φm|=1なので、
v等の意味が不明でも、正しい式であることは理解できると思います。

Q固体の電子論

斯波先生の丸善から出版されている、固体の電子論がどこにも売っていません。生協で取り寄せもできませんでした。そこで、東京近辺で古本でもかまわないのでどこか売っている場所があったら教えてください。

Aベストアンサー

丸善のやつなら、昔買いました。
古本で手に入れるとなると、最も有名なのは
御茶ノ水の明倫館じゃないでしょうか。

http://www.meirinkanshoten.com/index.asp
予め、電話して聞いてみるといいと思います。

Q摂動論を用いた波動関数

電荷eを持つ一次元の粒子について
Ho=p^2/2μ+μ^2x^2/2のハミルトニアンを考えます。電場によるポテンシャルはH1=eV=eεzです。
これの基底状態のエネルギーと波動関数を摂動論を用いて一次まで求めるのですが、エネルギーはなんとか求めることができました。さて波動関数についてですが、参考書をみると係数の求め方は乗っているのですが、係数がかかる波動関数の求め方がわからず困っています。ぜひ教えてください> <よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>波動関数についてですが、参考書をみると係数の求め方は乗っているのですが、係数がかかる波動関数の求め方がわからず困っています。

摂動論で使う波動関数は無摂動ハミルトニアンの固有関数で展開(適当な係数を掛けて)していますから、参考書には無摂動系での固有関数(波動関数)がでているはずと思いますが。
尚、ご質問の問題はStark効果を扱った問題と思います。これは大抵の量子力学の演習書に載っていると思いますので、一度図書館で調べられればいかがでしょうか。

Q固体物理:バンド端って?

固体物理:バンド端ってどこのことですか?たとえばSiではどこのことを指すのでしょうか?

Aベストアンサー

光の吸収や発生が起こる端っこのエネルギー、つまりバンドギャップのことを指します。
Siでは1.1eVです。

Q摂動論

量子力学の摂動において、二次のエネルギーの摂動項の計算に、もとのエネルギー固有状態以外の状態が現れてきます。これは数学的には、エネルギー固有状態が完全系をなすのでわかるのですが、この物理的意味はどう解釈したらよいのでしょうか。非常に基本的なことなのですが、はじめのエネルギー固有状態以外の、エネルギー固有状態の影響がどうして現れるのかがいまいちわかりません。

Aベストアンサー

摂動がかかったときの基底状態には、元の基底状態に別の状態が混じり込んでいます。
摂動論では、この別の状態として、摂動前における励起状態を用います。
(極端な話、水素原子の電子に何らかの摂動がかかった場合、基底状態に混じり込む『別の状態』として調和振動子の波動関数を選んでもいいと思います。でも、それだと近似解が求められないので、摂動前における励起状態を用いるのだと思います。)
したがって、基底状態における2次の摂動エネルギーを計算すると、その混じり込みの効果として励起状態が現れます。

Q多結晶シリコンのバンドギャップ

シリコンのバンドギャップがおよそ1.1eVだということは
分かるのですが、多結晶またはアモルファスの形の場合、
その値は変わってくるのでしょうか?
結晶状態によってバンド構造も変わると思うのですが、
その辺の原理が良く理解できていません。
具体的な値、また適切な書物が有れば教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

結晶化度に比例して単結晶の値に近づく(=バンドギャップが小さくなる)という考え方で良いのでしょうか?
... 結晶密度(格子間距離)ではなく,アモルファス状態のシリコンは,電子をトラップし得る凖位が多くあるということで,このトラップ準位がドナー・アクセプタ準位の近傍にあるということです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報