NO2 (nitrogen dioxide) の効率の良い生成法を教えて下さい。

A 回答 (1件)

管理者より:


同等の質問があるのでそちらをご参照下さい

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=141156
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京23区内で栽培できる、最も効率の良いバイオメタノール原料を教えて下

東京23区内で栽培できる、最も効率の良いバイオメタノール原料を教えて下さい。

Aベストアンサー

現在の技術ではバイオエタノールはデンプンか糖を原料とします。東京で栽培できるものとなると、糖としてはスイートソルガム、デンプンの場合は米、麦類、トウモロコシ、イモ類などが候補になると思います。
東京の場合、1アール当たりの収穫量は米0.040、小麦0.034、オオムギ0.067、サツマイモ0.169、ジャガイモ0.202、トウモロコシ0.090、スイートソルガム0.526トンです。これにそれぞれのエタノール生産率をかけると面積当たりのエタノールの生産量が出ます。これは米12.12、小麦10.30、オオムギ22.31、サツマイモ21.75、ジャガイモ17.59、トウモロコシ33.30、スイートソルガム42.08リットルとなって、面積あたりの生産効率の一番よいのがスイートソルガムで、つづいてトウモロコシ、オオムギ、サツマイモの順になります。
ただし、東京のように地価や人件費の高いところでバイオエタノールを作っても、とても採算はとれません。エタノールの販売価格を40円/リットルとすると、1アールあたりの年間売上高は年間1700円くらいにしかなりません。そんな土地があるのなら駐車場にしましょう。
ところで、現在開発中の第二世代バイオエタノール技術では、植物ならほとんど何でもエタノールにすることができます。アメリカではもうすぐ実用化する予定です。この技術がさらに画期的に進歩すれば、東京でもエタノールが作られる「かも」しれません。このときは建築廃材や生ごみ、剪定枝などが原料になる「かも」しれません。
なお、第二世代バイオエタノール技術はNo.4の方がおっしゃるように、原料を一旦ガスにしてエタノールにする方法と、強力な酵素や酵母を使って従来と同じように発酵で行う方法が研究されています。多分、発酵法の方が実用化は早いでしょう。

現在の技術ではバイオエタノールはデンプンか糖を原料とします。東京で栽培できるものとなると、糖としてはスイートソルガム、デンプンの場合は米、麦類、トウモロコシ、イモ類などが候補になると思います。
東京の場合、1アール当たりの収穫量は米0.040、小麦0.034、オオムギ0.067、サツマイモ0.169、ジャガイモ0.202、トウモロコシ0.090、スイートソルガム0.526トンです。これにそれぞれのエタノール生産率をかけると面積当たりのエタノールの生産量が出ます。これは米12.12、小麦10.30、オオムギ22.31、サツマ...続きを読む

Q大気汚染 NO2

環境庁のサイトで大気汚染の速報というのがあるので見たのですが、いつも不思議なのは、なぜ、排気ガスの多い江東区よりも緑の多い多摩市の方がNO2他の大気汚染物質が多いのでしょうか。

Aベストアンサー

大気は動いています。
風上で発生した汚染物質は、風下に流れます。

地形や風向、風速などのデータも参考にしてください。

Q廃棄物懸濁液中の硫酸カルシウム(石膏)の分離法と有効利用法について

廃棄物懸濁液中の硫酸カルシウム(石膏)の分離法と有効利用法について

 ある粉末状(直径0.1mm以下程度)の廃棄物から特定の元素を取り出すために硫酸を添加すると、本来の目的である元素は廃棄物から溶出・回収できるのですが、硫酸が廃棄物中のカルシウム化合物と反応して硫酸カルシウムの針状結晶が生成します。この時の水溶液のpHは、0.5程度です。また、生成したものが石膏であることはX線回折により確認しております。最終廃棄物量を減量化(埋め立て処分量を減らすため)し、生成する石膏を分離・回収して石膏ボード原料か何かに有効利用できれないか検討しております。 そこで、次の2点について技術、情報をお持ちの方、是非連絡いただけませんでしょうか。
1.硫酸酸性溶液中から、硫酸カルシウムを分離する方法として、比重差を利用して遠心分離する方法があると聞いておりますがまだ詳細は未確認です。遠心分離法も含めて何か有効な分離方法はないものでしょうか。
2.生成する硫酸カルシウムの有効利用法として、石膏ボード原料を現在考えておりますが、他に良い利用法はないでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは,参考にできるかわかりませんが・・・

1.
X線回折で硫酸カルシウムしか検出されないのであれば固液分離でOKと思います。
もしそうでないなら,固体同士を液体中で分けたい場合,カテゴリは「湿式選別」になると思います。
乾かしてから固体同士を分けたい場合は「乾式選別」です。
湿式選別の方が微粒の選別精度がいいので,湿式選別で探してみてください。(「選鉱」分野にもヒントがあるかもしれません。)選別精度がいいといっても,基本的に固体同士の分離は難しいです。
硫酸カルシウム以外の固体によりますが,比重を利用する選別法は金属とプラスチックくらいの比重差がないとそう簡単でない気がします。(詳細には調べてみないとわからないですが)
比重以外にも,分けたい固体同士の表面電位,表面が疎水性か親水性か,粒度,形状の違いなど選別に利用できますし,担体に吸着させるのもありかなと思うので検討してみてください。

2
他に思いつくのはセメント原料くらいです・・・。

Q廃水(活性汚泥法)のファクターを教えて下さい!

廃水(活性汚泥法)処理の効率化を考えています。
廃水処理の効率化を作用するファクターを教えて下さい。

Aベストアンサー

窒素やりんの除去は不要で、それらと有機物との存在バランスも問題ないものとします。

活性汚泥処理の総消費電力の大体4~5割は曝気用と言われますが、曝気には酸素供給以外にも「曝気槽内全体を撹拌する」という重要な目的があります。澱みがあればその部分の容積は曝気槽として働いておらず無駄そのものですから、単純に、
「曝気装置の酸素溶解効率を上げれば効率化できる」
「有機物流入が少ないときに曝気を減らせば効率化できる」
と言うのは間違いであることがお解り頂けるかと思います。曝気槽内の流れを確保しつつ消費電力を減らすには、経験則や実地での試行錯誤が不可欠であり、王道は存在しませんので、設備を設計する(した)メーカーさんとよく相談してください。

消費電力の残りは、比率が低い沈殿槽の集泥レーキの動力を除けば、送水・送泥の動力と汚泥脱水のための動力ということになりますが、前者については最近はどのメーカーの設備でも極力、重力による自然流下を利用するよう設計されていますので、夾雑物の除去やモーターの効率化程度しか改善の余地は無いかと思います。後者も、変更には多くの要素が絡みますので単純ではありません。

これらを覆す「効率化」として、嫌気処理化や曝気槽の縮小などが挙げられますが、それぞれ条件によって適用できるか否かが分かれます。

尚「日光」について、昔はこれを活用した活性汚泥処理の変法もあったのですが、占有面積が大きくなる欠点のためか、最近では殆ど見かけません。現在の活性汚泥法で”暗渠”にするか否かで設計条件を変えることはまずありません。

窒素やりんの除去は不要で、それらと有機物との存在バランスも問題ないものとします。

活性汚泥処理の総消費電力の大体4~5割は曝気用と言われますが、曝気には酸素供給以外にも「曝気槽内全体を撹拌する」という重要な目的があります。澱みがあればその部分の容積は曝気槽として働いておらず無駄そのものですから、単純に、
「曝気装置の酸素溶解効率を上げれば効率化できる」
「有機物流入が少ないときに曝気を減らせば効率化できる」
と言うのは間違いであることがお解り頂けるかと思います。曝気槽内の流れ...続きを読む

Q海が生産する酸素(O2)のしくみについて教えてください

二酸化炭素(CO2)の増加による地球温暖化も気になりますが私は地球上で消費される
酸素(O2)についても心配です。酸素の消費量と供給量の関係は大丈夫なのでしょうか。
このままだと生物は酸素不足にはならないだろうか。

酸素は地上の植物が光合成をしてその結果、生産されるということですが地上だけで
はなく海でも生産されると聞いた事があります。話では海底から常時噴出しているとか
プランクトンによって生産されているなどと聞いた事があります。もしそうならどのよう
な仕組みで酸素が生産されるのですか?
それとその場合は地上と海で生産される酸素の量はどの割合でどちらが多いのでしょうか?

それと私は生き物にとって海はとても重要な機能をはたしているのではと感じます。
陸上では植林事業などが盛んに行われていますがそれに比べて海での環境活動はあまり
目立ちません。もっと海の環境保全をする必要性はないのでしょうか?

Aベストアンサー

陸上でも海でも、酸素は光合成によってつくられます。
 CO2 + H2O --> CH2O + O2
(二酸化炭素と酸素の変化量は1:1)

http://www.cdit.or.jp/magazine/vol2/p3.html
によれば、陸上の光合成量が炭素量に換算して600億トン
であるのに対して、海での光合成量は400億トンだそうです。


大気中には酸素が20%、二酸化炭素が0.03%の濃度で存在していて、
酸素の方が圧倒的にたくさんあります。
温暖化で騒がれているように二酸化炭素の濃度の変化が問題になることは
あっても、それと1対1で変化する酸素の濃度の変化が問題になることは
まずあり得ないです。

「もし何らかの原因によって光合成が止まり、有機炭素リザーバーがすべて酸化されても、現在大気中にあるO2の1%以下しか費やされず、それ以上のO2の消失はおきないであろう」
(大気化学入門 D.J.ジェイコブ著)
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E6%B0%97%E5%8C%96%E5%AD%A6%E5%85%A5%E9%96%80-%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB-%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%96/dp/4130627090/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1227154456&sr=8-1

したがって、我々が人類が息苦しくなるような事態というようなことはまずあり得ません。

しかし、もともと酸素濃度が高くない海に住む生物にとっては話はまた別です。
気候の変化によって海流の流れなどが変わり、海洋の酸素環境が変わりつつあるのではないかといわれています。
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/3397.html

また、過去の地球の歴史では「海洋無酸素事変」という現象がおこったのではないかといわれています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E6%B4%8B%E7%84%A1%E9%85%B8%E7%B4%A0%E4%BA%8B%E5%A4%89

陸上でも海でも、酸素は光合成によってつくられます。
 CO2 + H2O --> CH2O + O2
(二酸化炭素と酸素の変化量は1:1)

http://www.cdit.or.jp/magazine/vol2/p3.html
によれば、陸上の光合成量が炭素量に換算して600億トン
であるのに対して、海での光合成量は400億トンだそうです。


大気中には酸素が20%、二酸化炭素が0.03%の濃度で存在していて、
酸素の方が圧倒的にたくさんあります。
温暖化で騒がれているように二酸化炭素の濃度の変化が問題になることは
あっても、それと1対1で変化する酸...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報