「道遠からん」っていう言葉の意味を知りたいのです。
この「ん」は古語の助動詞で言うと「む」?「ぬ」?
どちらでしょう??
意味が違ってきてしまいますよね。
「遠し」の未然形って言うのは分かったのですが、
「む」も「ぬ」も未然形接続ですよね。
道は遠いだろう?
道は遠くない?
どっち???

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

shoyosiさんの回答のとおり「道は遠いだろう」になります。

否定なら「道遠からず」,あるいは打消推量の「道遠からじ」も可能でしょう。
(例:「冬来たりなば,春遠からじ」)

以下は蛇足です。
「ん」が連体形として使われているとき,例えば「道遠からん場合には…」のように名詞を修飾しているのならば,否定の「ず」の可能性も生まれます(つまり「道遠からぬ場合」)。
しかし一方で,「む」の連体形も「む」ですね。(活用:終止む,連体む,已然め)
なので,実際に否定の意味で言いたい時には,「ず」のもう一つの連体形「ざる」を用いて,「道遠からざる場合には…」と言って区別するのが普通でしょう。
前後関係から否定の意味が明らかな場合は,「ぬ」のままということもあると思いますが。
「我と思はん者は名乗り出よ」などという言い回しがありますが,これも「我と思う人」ですね。(この場合の「む」は推量というより婉曲でしょうが。)
    • good
    • 0

 「遠し」の未然形「とおから」に推量の助動詞「む」がくっついたものです。

「ぬ」は「ず」の連体形ですので体言に接続します。「道遠からん」で文章が終わっていれば、「ぬ」ではありません。同じ意味ならば、「道遠からず」になります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分布:「往(い)ぬる」,「往(い)ぬ」

広島県では,「往(い)ぬる」,「往(い)ぬ」という表現をしますが,
広島県以外の各地方でも同様の表現をするところがどのくらいあるのか?
ご存知の方がいらっしゃったら,その分布状況をおしえてください.
そもそも古い言い回しなので,どこかほかのところでも使われているのでは
ないかと思いますがいかがでしょうか?(質問第3段)

「つかぁさい 」,「つかぁい  」 (質問第2段)
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=178729

「行きし(な)」,「帰りし(な)」 (質問第1段)
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=178468

Aベストアンサー

motmot7さん、はじめまして!

紀州(和歌山)北部(海岸沿い)在住者です。こちらの方でも「帰る」と言うのを「いぬ」と言います。「帰ろうよ!」と言うのは「いのらよ!」となります。(「もう帰るのか?」は「もういぬんか?」です。)

(質問第2段) はこちらでは使いません。
(質問第1段) はこちらでも使いますね。「行きしな」や「帰りしな」に何処そこに寄って…、って感じで使います。

以上、参考までに!

by yama585

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html

Q古文の質問なんですが、下二段活用の未然形と連用形はどう見分けるのでしょうか?

古文の質問なんですが、下二段活用の未然形と連用形はどう見分けるのでしょうか?

Aベストアンサー

他の方の回答も出ていますが、できるだけ詳しく述べてみます。「例」として「任す」(まかす)を取り上げます。
未然形も「任せ」・連用形も「任せ」で当然同形です。その場合は後に接続する語をみる。

 未然形に接続する助動詞 「らる」「さす」「ず・ざり」「む」「むず」「まし」「まほし」 同じく助詞 (仮定の)「ば」(打消接続の)「で」。その他は省略。

 連用形に接続する助動詞 「き」「けり」「つ」「ぬ」「たり」「たし」  同じく助詞「て」「つつ」「ながら」「てしか」「にしか」  同じく連用中止法の形「任せ、」及び「任せきり」のように他の動詞がつく形も連用形です。 

 その他に、「任せぬ」のような形の「ぬ」が、完了の助動詞の終止形になるか、「打消」の助動詞「ず」の連体形かの判断が必要になることもある。この場合はさらに「ぬ」の後に接続する語を判断する。「任せぬ」で言い切った場合は結果的に、「完了」と考え「任せ」は「連用形」になる。「任せぬ時」のように続く場合は「ぬ」は打消の「ず」の連体形と考えられ、結果的に「任せ」は「未然形」と決まります。

Q「岐阜」はどうして「きふ」ではなくて「ぎふ」と読むのでしょうか?

全くどうでもいい質問をしてすみません!
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=378504
の中でついボヤいてしまっていることなのですが、子どもの頃から疑問に思っていることなんです。

「岐阜」の「岐」の字は普通「き」と読みますよね。
用例=「岐路」 「分岐点」 「多岐亡羊」・・・これらは全て「き」と読みますよね。
例えば普通は「た」と読む「田」の字が、熟語の下に来る場合は「だ」になったりします。
でも「田」の字が熟語の頭に来る場合は、「だ」にはなりませんよね?
「山」の字にしても、熟語の頭に来る場合は「ざん」とは読みませんよね?
それなのに、どうして「岐阜」では「岐」の字が頭にあるにも係わらず「ぎ」と濁るんでしょう?

もしかして浅学非才な私が知らないだけであって、こういう事例は他にも結構たくさんあるのでしょうか?
尚、お礼に数日かかると思いますのでご承知置き下さい。
宜しかったら、冒頭の質問378504にもお答え頂けたら幸いに思います。

Aベストアンサー

#2(No.2)のものです。
(まさか、私、質問の意味を取り違えていないですよね。)

>こういう事例は他にも結構たくさんあるのでしょうか?

語のはじめにあって、濁る言葉と濁らない言葉があればいいのですね。

分解 ぶんかい
分別 ふんべつ

伴奏 ばんそう
伴侶 はんりょ

貧乏 びんぼう
貧富 ひんぷ

次回 じかい
次第 しだい

大事 だいじ
大安 たいあん
(っていうか「大」の場合は、濁るのと濁らないのともっとたくさん言葉があると思います。)

もし、讀み方の書いてある漢字の表(常用漢字表など)が身近にあったら、
濁るのと濁らないのと兩方載っている漢字を見つけて、
それぞれ頭に附いている言葉を見つけるといいと思います。

もっとたくさんあると思うのですが、すみませんがもう寢たいので、これくらいで終わりにさせていただきます。
(^-^)/

Q数学「I」II「II」「III」「A」「B」「C」の違いについて

数学には、「I」「II」「III」「A」「B」「C」というような
いろんな種類がありますが、そもそもどうしてこのように
分かれているのでしょうか?

Aベストアンサー

文部科学省が「学習指導要領」で決めています。

指導要領が変わると、「I」「II」「III」「A」「B」「C」の区分も変わったりして、迷惑な話です。

参考URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301/03122603.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報