アメリカザリガニを飼っています。ところが、なんの前触れもなく突然片方のハサミが動かなくなり、歩くにもバランスを崩してひっくり返ってしまいます。さらにに翌日には反対側のハサミも動かなくなってしまいました。
最初は、脱皮かなと思いましたが、3日たってもひっくり返ったままなので、とても脱皮とは思えません。
 なぜ、ハサミが麻痺してしまったのでしょうか?また、どうすれば元気になるのでしょうか?
 ちなみに水はカルキ抜きをしていますし、水は循環濾過して、エアーも十分にあたえています。

A 回答 (2件)

直接の回答になっていなく恐縮ですが



http://www.3horn.com/nouhau_zarigani.htm

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/2736/ …

等で質問を受付してたので・・・・参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ザリガニにこんな色々な病気があるとは思っていませんでした。残念ながら、今回の質問にピッタリあう症状はなく、手の施しをできぬまま昇天してしまいました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/29 06:48

少し前に脱皮しませんでしたか?


また、微細な砂は敷いていますか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカルキが抜ける時間は?カルキ抜きをした水に添加剤はしない方が良い?

アクアリストビギナーで基本的なことをお尋ねします。
ここのアドバイスやショップの定員さんの話から、水道水のカルキ(塩素)が抜ける時間は
・日光に当てて4~5時間
・外に出してて2~3日ぐらい
・屋内でよいので一週間必要(ぐらいが安心)
(日光に当てるとコケがすぐ生えてしまう→というのはバクテリアが増えて栄養過多てこと?でも、オトシンや石巻貝のエサにはいいかな・・・?)

など、いくつかの異なる答えを頂いています。

以上のことをした場合は、すでにカルキは抜けているので、
カルキ抜きの添加剤(テトラ コントラコロライン等)は入れない方がよいのでしょうか?

以前に、4時間ぐらい外に出しておいた水道水を大丈夫だろうと思って、テトラ コントラコロラインを入れずに1/4換水に使ったら、
翌日、立ち上げからずっと元気だったミナミヌマエビがふらふらとなって☆になりショックでした。
(この足し水の残カルキが原因かはわからないけど、、
そもそもカルキが残っていたかも不明)
それからはこわくて、外で寝かせた水道水でもカルキ抜きの添加剤(テトラ コントラコロライン)を少し入れて換水に使います。
カルキの抜けた水にカルキ抜き添加剤を加えるというのは、
薬付けになって逆に良くないのでしょうか?

どうしたらいいのだろうといつも迷います。
よろしくお願い致します。

アクアリストビギナーで基本的なことをお尋ねします。
ここのアドバイスやショップの定員さんの話から、水道水のカルキ(塩素)が抜ける時間は
・日光に当てて4~5時間
・外に出してて2~3日ぐらい
・屋内でよいので一週間必要(ぐらいが安心)
(日光に当てるとコケがすぐ生えてしまう→というのはバクテリアが増えて栄養過多てこと?でも、オトシンや石巻貝のエサにはいいかな・・・?)

など、いくつかの異なる答えを頂いています。

以上のことをした場合は、すでにカルキは抜けているので、
カルキ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
>カルキ抜きの添加剤(テトラ コントラコロライン等)は入れない方がよいのでしょうか?
入れる必要がありません。
塩素チェッカーで計測すれば瞬時に確認できます。

>・日光に当てて4~5時間
中和できていないはずです。
>・外に出してて2~3日ぐらい
3日で抜けます。

中和剤を使用しないときには、24時間エアレーション。
この水が二酸化炭素も抜けて、使用するには一番良いでしょう。

ハイポ(中和剤)を20リットルに1粒で、30秒後には確実に中和されています。

>薬付けになって逆に良くないのでしょうか?
入れすぎても大した弊害を感じた事は有りませんし、4分の1の水換えで水道水を直接入れても弊害を感じていません。

ホームセンターで塩素チェッカーが2000円前後で販売されていますので、購入されると迷う事はなくなります。

Q海水魚の濾過水槽の濾過材の量ってどれぐらい入れればいいのですか?

初心者ですが、海水魚の水槽を立ち上げようとしています。
60cmの規格水槽に45cmの濾過水槽を下につけようとしています。
下の濾過槽の中の濾過材ですがどれぐらいの量(厚さ)でいれればいいでしょうか。大き目の珊瑚砂を予定しております。たくさんいれて厚すぎると一定のところしか水が通らなくなりかえって効率が悪くなるような気がするんですが・・・

Aベストアンサー

大きめなろ材でしたらいくら詰め込んでも水通りが悪くなる心配はありません。入るだけ入れたらよいでしょう。ただ、メンテのときを考えてネット(たまねぎなど野菜保存用で十分です)に小分けして入れましょう。でないと、大きなろ材の場合特にすくうのが大変です。
45のろ過槽でしたら10~15kgかな?水槽のサイズからしても十分かと思います。

なお、参考URLはオークションのものですが、私とは一切関係ありません。しかし、ペットショップより大分安く買えますよ。

参考URL:http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f59319519

Qスーパーなどのカルキ抜き無料水を水槽で使うとき・・・

アクアリスト初心者です。素朴な質問で恐縮です。
水換えで、スーパーなどに置いてあるカルキ抜き無料水を水槽に入れるときは、
よく売ってるカルキ抜き中和剤(例:テトラ コントラコロライン)は、使わなくてよいのでしょうか?
また、ろ過、バクテリアを活性化させる水質調整剤(例:テトラ アクアセイフ)は入れたほうが良い?
そもそも、水をやかんで沸騰させればカルキは抜けるのじゃないのでしょうか?
皆さんはどうされてますか?

Aベストアンサー

スーパーで提供されている何だか体に良さそうな水の方が、
ただの水道水より適しているのではないか...というアイデアですよね?

カルキ(塩素)は、水道水に雑菌が繁殖するのを防止するために用いています。
ということは、飲料水はカルキを抜いて保存してはダメなわけです。
スーパーで水を容器代だけで提供するようなことをやっているかもしれませんが、
調理用(非加熱で飲むな!)で、飲用ではありません。
http://www.ne.jp/asahi/ecodb/yasui/WaterAtSuper.htm

また、そういうものは、美味しい水を演出するため、ミネラル添加や何らかの加工がされているのが通常です。
硬度(=ミネラル)の高い水は、種類にもよりますが、一般的な熱帯魚には向かない場合が多く、
そのような水を使うメリットはほとんどありません。

逆浸透膜法:使い方次第。場合によっては、とてもラッキーと言えます。
しかし、知識なく用いると魚を殺す可能性が跳ね上がります。
アルカリイオン水:アルカリ側に調整された水ですので、大半の(中性や弱酸性を好む)観賞魚には向きません。
麦飯石ろ過水:ミネラル=硬度上昇,しかしイオン交換=硬度低下。
ミネラルなんて言うと聞こえは良いですが、不純物を混ぜ込んで舌触りや味を丸くするために麦飯石を使います。
また、微量のミネラルは生体に必要ですが、多量だと逆に害になります。
麦飯石には品質差が大きく、何が起こるか分からない状態の水を、あえて使うメリットはありません。
マイナスイオン水:そもそもが似非科学用語です。

浄水器を用いると、カルキや有害物質の類を除去することが可能なのですが、
大量の水を頻繁に替える必要性がある場合、いちいちカルキ抜きを用いていると、
手間が掛かるという作業の効率化を主目的として用います。
60cm水槽が1,2本の入門者が使っても、浄水器のカードリッジ内での細菌の繁殖という問題があり、
デメリットの方が勝ってしまいます。

水替え専用タンクや水槽というものを設置できるような場合は、カルキ抜きを使わず、
1日エアレーションした水を用いるというのはより理想的ですが、手間と場所が必要です。
また、水替え専用水槽のメリットは、予めpH調整した水を作っておいて、それを水替えに用いるとところにあります。
カルキ抜きをケチる目的では、面倒臭すぎないでしょうか...

> 水をやかんで沸騰させればカルキは抜けるのじゃないのでしょうか?

それはその通りですが、燃費がカルキ抜きより遙かに高く付きます。
加えて、沸騰させると、水のpHは9辺りに上昇し、生体に余計な水質ショックを与えることになります。
(水槽の水はpH6前後で交換することが多い)

以上のことを考えると...

井戸水(金気が多い場合がある)でもなければ、普通の水道水で大半の熱帯魚は飼えるはずです。
そしてカルキ抜きの使用は、ベストではないにしろ、まず観賞魚に害を及ぼすことはありません。
手間やコスト的に見ても、水道水+カルキ抜きの方法は、妥当と言えるのではないでしょうか?

> ろ過、バクテリアを活性化させる水質調整剤(例:テトラ アクアセイフ)は入れたほうが良い?

アクアセイフなどの粘膜保護剤は、生体の移動や、大量換水,水替えを長期間サボっていた時など、
水質の急変が予想される場合、死亡率や疾病率を減少させ、有効です。
重金属の無害化も、水道管の工事や鉛や銅の水道管が通水経路に設置されている場合には必要でしょう。
ただ、通常の水替えで効果が実感できないような場合が大半ですし、いざという時の保険的なものかもしれません。
個人的な意見では、常用する必要はないが、必要な時には惜しまず使うべき...というところでしょうか。

バクテリアを活性化させるような水質調整剤は、
水槽を数管理するレベルの上級者(ブリーダーやプロを含む)は殆ど使わないと思いますよ。
効果が分からない場合が大半で、逆効果になった時だけハッキリ分かる代物です。
仮に効果があるものに巡り会ったとしても、水槽の数が多いと大量に使うのでコストが掛かり過ぎます。
プロがホントに使う物なら、業務用5L10Lボトルがあると思われませんか?
メーカーが業務用大型ボトルを市販して出回っているものだけが、
一応、プロが使う価値があるかぁ...と渋々ながらも思っているものです。
使わなかったとしても、魚は死にはしませんし...

水合わせで死なせてしまったのは、また別問題です。

スーパーで提供されている何だか体に良さそうな水の方が、
ただの水道水より適しているのではないか...というアイデアですよね?

カルキ(塩素)は、水道水に雑菌が繁殖するのを防止するために用いています。
ということは、飲料水はカルキを抜いて保存してはダメなわけです。
スーパーで水を容器代だけで提供するようなことをやっているかもしれませんが、
調理用(非加熱で飲むな!)で、飲用ではありません。
http://www.ne.jp/asahi/ecodb/yasui/WaterAtSuper.htm

また、そういうものは、美味しい...続きを読む

Qヤドカリが脱皮失敗

お世話になります。


半年ほど前に三重県の海で捕まえたヤドカリ君が、脱皮に失敗しているようです。

頭から上が脱げず、人で例えるならセーターが頭で引っ掛かって脱げないような状態です。


懸命にハサミで頭から上の皮を引っ張っているようですが、頭部の皮はピッタリと本体にくっついていてうまくいかないようです。


身体も貝殻からすっぽり抜けてしまっていて丸出しなので、このままでは弱っていって死んでしまうような気がします…。


どなたか、今までに脱皮に失敗したヤドカリを助けた方はいらっしゃいませんか?

箸などで皮を脱がせる手伝いなどはできない(もしくはしない方がいい)でしょうか??


何とか助けてあげたいので、心当たりのある方はよろしくお願い致します!
(;_;)

Aベストアンサー

脱皮の手伝いは可能だと思います
ですが、せいぜい綿棒でこすってあげるか、皮を柔らかくしてあげるくらいかもしれません
脱皮直後などはちょっとの刺激でも変形してしまうおそれもあります
どうするにしても覚悟は必要かもしれません

責任のとれる立場でもないので、気軽に提案するのも怖いですが・・・
蛇やエビの脱皮のさい、石などにこすったり引っ掛けるようすることがあるので、大き目の石などいれて様子をみてみるのはどうでしょう?

Qエビ類、脱皮後の殻は・・・

10日ほど前よりビーシュリンプ4匹を飼育しており
4日前より1日1匹、脱皮しました。

毎回抜け殻をすくって捨ててるんですが
いまは個体数が少ないので、そうできますが
これから増やそうと思ってるので、たくさんになったら
一体どうするんだ・・・と思っております。

放置してれば、誰か食べるんでしょうか・・・?
ビーシュリンプとラムズが2匹しかいません。。。

とあるサイトでは、「なるべく捨てるように」と記載がありましたが
それ以外のサイトを発見できず、質問させて頂きました。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは

 60CMに二百くらい飼っていましたが、ほっておくと抜け殻は勝手に無くなってましたよ。どちらかと言うとなんか水に溶けているように思います。ちなみに、水換えは恐くてやりませんでしたのでビーにとっても抜け殻放置によることの問題ないです。

 がんばってください。ほっておくと際限なく増えるので・・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報