たまに肋間神経痛になります。かかりつけのお医者さんにいっても、痛み止めの注射をするぐらいです。痛みのひどくない時はビタミン剤を飲んで何日かで治ります。
肋間神経痛になるメカニズムと根本的に治せるものなのか、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

辛そうですね。


私の主人も肋間神経痛の持病があります。最初の発作のときは、胸が痛い、息苦しいと言われ、心臓病かもと、夜中に救急指定病院にいきました。
痛み止めの注射って、肩甲骨の下あたりにするあの痛い注射でしょうか。2度ほどしましたが、注射自体が痛くて嫌だといって、自衛策をとりました。
まず、夏でもシャワーではなくて湯船につかること(冷えは厳禁)。疲れとストレスをためないこと(日曜日は、趣味に費やしています)。食生活も気をつけること(好き嫌いが多かったので)。痛くなりかけたら、即、温湿布をすることです。(温かくなるタイプのもので、痛み止めの成分が含まれているものが良いようです)
完治したわけではありませんが、上手に付き合っています。
今も痛みがあるようですね。即効性の塗る痛み止めのクリームなども試してみてください(インドメタシンとか配合のもの)。早く良くなりますように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろありがとうございます。クリームや湿布薬、試してみようと思います。ちなみに私の主治医は痛い部分に注射します。痛いけど即効性があります。では、ご主人もお大事に! 

お礼日時:2001/09/29 23:38

私は、肋間神経痛の主な原因は、肋骨と背骨の関節である肋横関節等の緩みと考えています。

また、症状を聞く限り、背骨そのものも位置のズレがある可能性があると思われます。背骨のズレだけに関して言えば、どこのカイロプラクティックでも調整できると思いますが、肋骨と背骨の緩みの除去のテクニックは、他ではやっていないと思います。もし、関東圏にお住まいでしたら、私を含めたカイロ仲間を紹介できますが。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

整体はこのところ行っていなかったので、いい機会だと思っていってみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/29 23:39

TOPページで「肋間神経痛」と入れて検索するとHitしますので参考にしてください。



ご参考まで。

お大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/29 09:57

肋間神経痛は比較的よく見られる神経痛なのですが、その原因は様々です。


外傷や手術などでの神経の損傷はもちろんのこと、内臓器の反射性の疼痛も多いようです。その他他の神経痛同様に、精神的ストレスによるものも原因の一つと言われています。
坐骨神経痛や三叉神経痛などもそうですが、原因は断定できないことが多々あります。その結果、痛み止めや物理療法が主体となって、患者さんは戸惑うようです。
私は東洋医学的に診ることが多いので、何とも言いかねますが、姿勢不良や無理な体勢での作業から来る筋肉のアンバランスな緊張、その他も色々考えられますが、想像の範疇を越えません。
やはり診てみないと何ともいえないことが多いようです。
これは他の神経痛にも言えますが...。
ヘルペスではないですよね?
もう少し情報がないと、何とも言えないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。症状はその時々で違い、息をするだけで痛い時、洋服が肌に擦れるのが痛い時、前かがみになると痛い時、車をバックさせるのに後ろを見た時(体をひねる?)痛いとか、肋骨の左側だけ痛い時、背骨が痛い時、肋骨全体が痛い時、痛みの度合いもホント色々です。
今回のは、洋服が擦れても痛くてビタミン剤を飲んでも治りません。今年の1月から保育園で仕事を始めたので、以前より肉体的にも精神的にも疲れるのは事実ですが、有意義な時間でもあります。夏は毎日といって良いほどプールに入っていましたが、体を冷やしたのも関係しているのでしょうか?

お礼日時:2001/09/29 10:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの症状は肋間神経痛ですか?

肋骨というか背骨の右側の背中から前にかけて
激しく動いたり、起き上がりで加重がかかったり
、せきやくしゃみをしたらピリッと響きます。

普通にすわってパソコンをしたり、歩いたり、食事
などは全然痛くないのですが。

ひびとか入ってたら年中ズキズキと痛いのですか?

Aベストアンサー

湿布には鎮痛と炎症予防効果。
なので痛みが少し緩和されます。

神経痛は湿布じゃ治りません。

微少な骨折なら数日で
治ります。

Q肋間神経痛について。

3~4ヶ月の周期で右あばらの内側から背中にかけて激痛が走ります。
この病気は10年ほど前からの付き合いです。
医者からは過労などで発生する肋間神経痛だろうと診断されました。
そのときに座薬(解熱剤)を渡されました。してみると、一応は痛みはひきます。
なので、痛くなれば座薬を入れる・・・という繰り返しをしてるのですが、やはり痛みがくるたびに気がめいります。

ネットでいろいろ検索してみると、鍼治療が効果的と書いてあったのを読んだのですが、やはり鍼治療はいいのでしょうか?
それと、応急処置として、座薬の他に痛みをやわらげる方法はありますか?

Aベストアンサー

私も肋間神経痛です。
痛い時はロキソニンパップという鎮痛作用のある湿布を病院でもらって貼っています。
座薬よりかは楽かと思います(匂いはしますが)。

鍼治療は合う合わないがあると鍼灸師に聞きました。
合う人は不思議なくらい痛みが弱くなっていくそうですよ。
私は合わなかったらしく、痛みが余計に酷くなったので医者に止めて下さいと言われました。
かかりつけの医者と、鍼灸師に相談してからなさった方がいいと思います。

よくなるといいですね。

Q肋間神経痛

2年ぐらい原因不明の胃痛で悩んでまして、何度も医者も変えましたが、最近行ってる医者が肋間神経痛かもしれないって言うんです。
肋間神経痛の症状を調べたら自分とはぜんぜん違うと思うんですが、肋間神経痛で胃が痛かったかた教えてください。

Aベストアンサー

私は現在71歳
若い頃肋間神経痛に罹ったことがありますが、
痛みの部位が胃痛とは違います。
肋骨の周囲、浅い部分に痛みがあります、くしゃみなどしたらとても痛いです。
胃障害だったらくしゃみしても関係ないでしょう。
医者も人間です、色々な医療期間で診てもらって下さい。
それはやっておられる様ですが、医者にわかってもらえる説明の仕方にも問題があるのではないでしょうか。

Q肋間神経痛と診断されて・・・

右肋骨あたりに刺すような痛みがあり、
3日ほど経過しても治らないので、
内科へ診察に行きました。

診断は肋間神経痛。
鎮痛剤と湿布を処方してもらいましたが、
日に三度の鎮痛剤のせいか、顔のむくみが
酷く、鎮痛剤の服用は止めました。
(痛みも治まらないので)

旅行に行くので、藁にもすがる思いで
鍼灸治療に変更してから
痛みの種類が変わってきました。

今までは右肋骨部に刺すような痛みが、一日に50回くらいだったのですが、今では刺すような痛みはない
代わりに、みぞおちから左側(丁度胸部の下付近)
にかけて、慢性的にチリチリとした
痛みが続いています。
洋服がこすれても痛いのです。

これって鍼灸で治るのですかね?
先生は、「大丈夫治ります」と
おっしゃるのですが、毎日通院して
連続5日目。まだ回復の傾向はありません。

市販の神経痛の薬は効果ってあるのですか?

刺すような痛みはいままでもありましたが、
このチリチリしたこすれても痛い
という種類の痛みは初めてです。
どうにかしてほしい。。。

右肋骨あたりに刺すような痛みがあり、
3日ほど経過しても治らないので、
内科へ診察に行きました。

診断は肋間神経痛。
鎮痛剤と湿布を処方してもらいましたが、
日に三度の鎮痛剤のせいか、顔のむくみが
酷く、鎮痛剤の服用は止めました。
(痛みも治まらないので)

旅行に行くので、藁にもすがる思いで
鍼灸治療に変更してから
痛みの種類が変わってきました。

今までは右肋骨部に刺すような痛みが、一日に50回くらいだったのですが、今では刺すような痛みはない
代わりに、みぞおちから左側...続きを読む

Aベストアンサー

10年来の肋間神経痛持ちです。
私のは心臓部が針で突き刺すようにチクチク痛むものと
打撲のような鈍痛の2種類の痛みが時々きます。
質問者さんみたいに洋服が擦れても痛いというのは初めて聞きました
神経痛は外側から触れても痛くなくて内側の痛みだと思ってました

市販の薬はアリナミン飲んだことありますが
病院で処方された漢方薬の方が少し効いた気がします
冷やすのは良くないので体を冷やさない方がいいですよ
鍼灸も効果があるとサイトに書いてありましたが
http://www.touyouigaku.org/c/rokkan/01.htm

よほど痛くて我慢出来ないようでしたら
ペインクリニックの方で診てもらったらどうでしょう
痛み専門なので

Q頻繁に起こる肋間神経痛

私は20代後半、痩せ型の男です。
以前から胸あたりがキリキリと痛くなったり、息をすると同じように痛みが出る時があったのですが周囲に話すを肋間神経痛を言われ、皆よくある症状だとも言われました。しかし、最近頻繁に肋間神経痛と思われる症状が出て、以前はすぐ痛みが治まったのですが、最近ではなかなか治らず数日続きます。症状は息を吸ったり力を入れるとキリっと痛みます。箇所は胃の左側、肋骨の下部辺りです。肋間神経痛はほっておいてもよいと聞いたことがありますが、私の場合はこんな頻繁に痛みが起こったり痛みが続きます。本当に肋間神経痛でしょうか?また、痛みが続き辛い時が多いのですが、良い対処法はあるでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

  こんにちは!
  
 ア) 痛い側に体幹を曲げた(いたい側に凹)ときに痛みが出る場合は肋間神経痛といって、ほとんどケースが、背骨の歪みなどで、堆間孔(背骨からでる神経の通り道)が狭くなり、肋間神経が圧迫されたことにより、背中から胸の間で痛みがでるようです。

 イ) 逆に、痛い側と反対に曲げた(いたい側が凸)ときに痛みが出る場合は、何らかの原因で肋間筋を損傷したケースが多いようです。(急性)

 ウ) また、息を大きく吸ったときに痛みが出る場合は、肋椎関節に不具合が出たときに、やはり痛みととなってあらわれます。

 あなたの場合、慢性的のようなので、ア)かウ)のどちらかケースではないでしょうか。

 まずはチェックしてみてください。

Q坐骨神経痛の痛みとしびれ 50歳女性

(1)1ヶ月位前から急にお尻・ももの付根が痛くなり歩くのも辛くなりました。(立っている時だけ)

(2)整形外科のレントゲンの結果、昔からのすべり症があり、今回無理した為、坐骨神経痛が出たとのこと。

(3)そして週2回計7回整体に通いましたが、一進一退。

(4)再び整形外科に行ったら、痛い時は安静が必要で整体で揉んだり押したりしてはいけない。とのこと。・・・・シップで1週間くらい安静にしていました。

(5)今は痛みはかなり少なくなりましたが、お尻がぎゅーっと強く固まったような感じになりビンビンと強い痺れがあります。

痛みが取れたのは治ってきたのでしょうか?痺れもそのうち治るのでしょうか? ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

整体は絶対に止めてください。すべりが助長されますよ。


厚生労働省もわざわざ以下のような通達で整体・カイロを警告しています。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/i-anzen/hourei/061115-1a.html

その中でこんな文章があります。
カイロプラクティック療法については、従来よりその有効性や危険性が
明らかでなかったため、当省に「脊椎原性疾患の施術に関する医学的研
究」のための研究会を設けて検討を行ってきたところである。今般、同
研究会より別添のとおり報告書がとりまとめられたが、同報告において
は、カイロプラクティック療法の医学的効果についての科学的評価は未
だ定まっておらず、今後とも検討が必要であるとの認識を示す一方で、
同療法による事故を未然に防止するために必要な事項を指摘している。

要するに「整体カイロが体に良い根拠は今のところ無く、良いか悪いか
は分からないがとにかく危険性はある」ということです。


病院で診断を受けて何か病名がついたものは、整体やカイロプラク
ティックは禁忌です。整体カイロとは病院で 「異常なし」 とお墨付
きをもらった人が行くところです。辷り症、分離症においては指圧など
も禁忌です。もし辷り症に整体、カイロ、指圧施せば、骨がダルマ落と
しの様に崩れていったり、椎間板が異様な早さで消耗します。病院での
治療だけにするか、プラスするにしても鍼治療以外は避けたほうがいい
と思います。以外にも鍼は、組織に対して負担が一番無く「体に優し
い」治療法と言えます。


~治療院について~
 
 整体・カイロプラクティック・・・「骨盤矯正・骨格矯正」 これは
  全て真っ赤な嘘です。そもそも彼らは公的資格が一切ありません。
  早い話、無資格の素人です。誰でも明日からすぐに営業できます。
  素人さんですから、勿論健康保険は使えませんし、自賠責だって保
  険屋からは相手にされません。背骨と背骨の間に椎間板というクッ
  ションがありますが、整体やカイロで薄くなるということが確認さ
  れています。一回ぐらいでは大丈夫だと思いますが、一年も通えば
  驚異的なスピードで椎間板は劣化します。長期的に見れば確実に悪
  化します。

 整骨院・・・柔道整復師という国家資格者で、接骨院、骨接ぎとも呼
  ばれています。肩コリや腰痛など治療する所だと勘違いされている
  方もいますが、ここは捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折)などのい
  わゆるケガを治療する施設です。
  
  一番下の Q:接骨院や整骨院はどのような時にかかったら良いんで
  すか? をご覧下さい
  http://www.shadan-nissei.or.jp/judo/faq.html
  
  腰痛や肩コリの治療は一切出来ません。 「歯医者で眼の治療」 
  をするようなものです。しかし、全国の整骨院はこれを平気で犯
  し、慢性腰痛を「腰のねんざ」など嘘の受傷理由を添付して、健康
  保険を偽装請求し荒稼ぎしています。不正は業界ぐるみで行われて
  おり、全国に約三万件と整骨院はあります。政府管掌系の社会保険
  から約400億円、老人保険系から約800億円、保険はさらに数種類あ
  り、2007年度で約3000億円かかっています。言うまでもなく、保険
  料は我々の毎月のお給料から払われているものです。しかしそのほ
  とんどが、不正請求ですから、医療費、消費税が上がるのも妙に納
  得です。ちなみに病院から患者を追い出し、自宅で介護する制度に
  して浮いたお金が3000億円です。

 鍼灸整骨院・・・鍼灸師と柔道整復師の免許をもている方、もしくは
  それぞれの施術者いる施設です。ここも整骨の保険を悪用している
  可能性があります。鍼灸は保険が使えますが必ず医師の診察の上、
  同意書が必要です。保険証を窓口に提示して即保険で鍼治療の場合
  は、整骨の保険(ケガの保険)で鍼をしているケースが多いです。
  これは例えていうなら、出産時自然分娩にもかかわらず、帝王切開
  として保険請求するようなことです。これが普通の病院なら大問題
  です。マスコミに大きく報道され、二度と再起できない状態に追い
  込まれるでしょう。しかし鍼灸整骨院に関してはお咎めなしです。


 鍼灸・マッサージ・・・国家資格者ですから、代替医療にかかるのな
  らこれしかないでしょうね。マッサージは肩凝りでは保険が使えま
  せんが、鍼であれば使えます。しかし医師の診断が必要です。



痛い所があれば患部にシップを貼って下さい。自己流のマッサージやス
トレッチは筋肉や神経を傷め、アルコール、お風呂は炎症を悪化させる
恐れがあるので控えましょう。

今回のケースに限らずレントゲンは病院でしか取れませんので、整体、
接骨院、整骨院ではなく必ず整形外科を受診してください。



個人的にはお勧めする治療方法は、病院の飲み薬、電気や牽引などリハ
ビリですね。並行して鍼治療をプラスしてもいいと思います。痛みが取
れれば陸上ウォーキングに、腹筋背筋をしっかり鍛えましょう。


長文失礼しました。ご参考になれば幸いです。

整体は絶対に止めてください。すべりが助長されますよ。


厚生労働省もわざわざ以下のような通達で整体・カイロを警告しています。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/i-anzen/hourei/061115-1a.html

その中でこんな文章があります。
カイロプラクティック療法については、従来よりその有効性や危険性が
明らかでなかったため、当省に「脊椎原性疾患の施術に関する医学的研
究」のための研究会を設けて検討を行ってきたところである。今般、同
研究会より別添のとおり報告書がとりまとめら...続きを読む

Q肋間神経痛から三日間、まだ治りません。20代女性です。三日前、とてもストレスを感じる出来事があり、そ

肋間神経痛から三日間、まだ治りません。20代女性です。三日前、とてもストレスを感じる出来事があり、それが原因なのかわかりませんがその日から肋間神経痛のような症状が治まりません。症状としては、左胸乳房の下あたりが、笑ったり咳をしたり、体をひねるとズキンと痛みます。さまざまな疾患の可能性があるそうですが、何科にいけばスムーズな診療をしていただけるのでしょうか。詳しい方、お知恵をお貸しください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

肋間神経痛はそんな短期間で治るような病気ではないでしょう。
私の母も帯状疱疹の後遺症で肋間神経痛を患い長い間痛みに苦しんでいました。
当時は有効な薬も無いのか、大学病院の麻酔科で痛み止めの注射を打ち続けていましたね。
今はリリカカプセルのような薬を処方されて痛みも緩和されるようです。

受診されるのであればペインクリニックか麻酔科です。または神経内科、整形外科ですね。

Q上半身の一部に起こる神経痛のような痛み

31歳女性です。

はっきりと覚えていないのですが高校生くらいの頃から神経痛のような痛みが上半身の一部に(必ず一ヶ所)発生するようになりました。今回は左の脇と左の胸の間に起こっていますが、前回は右のわき腹でした。
痛みが起こる部分は決まっていません。痛みはだいたいいつも2-3間続いて、自然になくなります。

ずっと痛みがあるわけではなく、偏頭痛のにように痛みが間隔をおいて起こります。
するどい痛みではなく、どちらかといえば、ずーんと重い痛みです。

季節の変わり目や疲れがたまっている時によく起こるようですが、それも必ずというわけではありません。
楽になる気がするので痛みがあらわれるとホッカイロを貼って温めていますが、温めていいのか、冷やした方がいいのかもよくわかりません。

日常生活に支障はありませんが、痛みが始まると憂鬱な気持ちになります。。。

同じような症状のある方やこの症状について何か知っている方のご意見お待ちしています。

Aベストアンサー

冷やしていいのは急性期の筋肉痛などの場合です(ためしてガッテンより)。
慢性化した痛みは、基本的に温めた方がいいです。
腰痛や神経痛・疼痛を持つ多くの患者さんが、温泉や電気療法などで「温めるとラクになる」とおっしゃっています。
これはラジオ・テレビ・ネットや本などでも、医師や整体師さんが言ったり書いたりしています。

ご質問の内容からは、内科なのか整形外科分野なのか神経科なのかもわかりません。
たとえば臓器なのか、昔に打撲した筋肉なのか、傷めた肩からの神経痛なのか、、、といろいろ考えられます。

高校生という若い時に発症していらっしゃるので、質問者様が運動部に入っていたかどうか、怪我の経歴なども分かると解明の材料になると思います。
神経痛は、必ずしもその痛みのある場所が原因とは限らず、つながっている場所が影響している場合も多々あるので、
「トリガーポイント 神経痛 腰痛 骨折 脊椎分離 坐骨神経痛 神経圧迫 石灰化 関節炎 腱炎 打撲 遺伝 …」などなど
いろいろな単語で検索をかけて、思い当たる症状や怪我の経歴から、絞り込んで行くのも1つの策かなと思います。

検査したからといって原因がわかるとは限らないのが神経痛・疼痛なのですが、症状があるということなので、できればエコーやMRIや血液検査等、定期的な検査をしたほうがいいと思います。

あとは、どういう事をしたり、何を摂取したり、どの季節や気温・気候・時間帯の時に症状が現れるのか、
はたまた、花粉や触った金属や金属入りの薬剤(Ag+消臭剤やカビ退治薬剤等)やハミガキ粉や衣類・寝具の素材や、
取っていた姿勢や使用しているイス・テーブルの高さや角度やパソコンやレンジの電磁波などなど、
できるだけ可能性の選択肢を広く考えて記録していくことをお勧めします。
その症状が出たときに、何か他の症状は無いか(たとえば皮膚の発疹や体温変化や血圧など)も見ていくと更にいいと思います(私はそういったことがありました)。

またわかったこと等が増えれば、他の方も回答しやすいと思います。

冷やしていいのは急性期の筋肉痛などの場合です(ためしてガッテンより)。
慢性化した痛みは、基本的に温めた方がいいです。
腰痛や神経痛・疼痛を持つ多くの患者さんが、温泉や電気療法などで「温めるとラクになる」とおっしゃっています。
これはラジオ・テレビ・ネットや本などでも、医師や整体師さんが言ったり書いたりしています。

ご質問の内容からは、内科なのか整形外科分野なのか神経科なのかもわかりません。
たとえば臓器なのか、昔に打撲した筋肉なのか、傷めた肩からの神経痛なのか、、、といろい...続きを読む

Q肋間神経痛について教えて!

たまに肋間神経痛になります。かかりつけのお医者さんにいっても、痛み止めの注射をするぐらいです。痛みのひどくない時はビタミン剤を飲んで何日かで治ります。
肋間神経痛になるメカニズムと根本的に治せるものなのか、教えて下さい。

Aベストアンサー

辛そうですね。
私の主人も肋間神経痛の持病があります。最初の発作のときは、胸が痛い、息苦しいと言われ、心臓病かもと、夜中に救急指定病院にいきました。
痛み止めの注射って、肩甲骨の下あたりにするあの痛い注射でしょうか。2度ほどしましたが、注射自体が痛くて嫌だといって、自衛策をとりました。
まず、夏でもシャワーではなくて湯船につかること(冷えは厳禁)。疲れとストレスをためないこと(日曜日は、趣味に費やしています)。食生活も気をつけること(好き嫌いが多かったので)。痛くなりかけたら、即、温湿布をすることです。(温かくなるタイプのもので、痛み止めの成分が含まれているものが良いようです)
完治したわけではありませんが、上手に付き合っています。
今も痛みがあるようですね。即効性の塗る痛み止めのクリームなども試してみてください(インドメタシンとか配合のもの)。早く良くなりますように。

Q腰部脊柱管狭窄と下肢痛(坐骨神経痛)

64歳男性団塊世代人間です。仕事はマネージメント職、フルタイム雇用で現役です。5年前から次第に腰痛がひどくなり4年前に大学病院を始め多くの整形外科で検査の結果「脊柱管狭窄及び坐骨神経痛」と診断され、現在の主治医(開業医)の診断説明も、他の病院同様に「加齢・遺伝・ストレス・過労」による腰痛と言われ、外科的手術は必要無しとの事。主治医から硬膜外ブロック注射も5度試みましたが効果が認められず、現在は対症療法(一般的にはあまり望ましいものではないとの説もあります)で具体的には痛み止め処方薬服用が時々と、定期的にトリガーポイントの注射を行なっています。主治医から原因療法(外科手術)にならない様、足、腰の筋肉を付ける必要性は言はれていて、痛みの無い時はなるべく歩くことに努めていますが、一番辛いことは職場や自宅で椅子(厚い低反発クッションも任意に選択使用)に座るとお尻の筋肉の衰弱によるお尻の苦痛と同時に腰痛と足先の痺れです。お尻の筋肉を強化する良策(経験)がありましたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

腰部脊柱管狭窄症(LSCS)の保存療法は数年単位でかかることがほとんどです。ですから現役労働者や気の短い方はなかなか腰を据えて治療に取り組めない方が多くいらっしゃいます。病院では基本的にお薬(非ステロイド系抗炎症剤、PGE1製剤、ビタミン製剤、末梢性神経障害性疼痛治療剤)、ブロック注射、牽引や電気治療などのリハビリ、鍼治療などです。

お薬は時々とありますが、痛み止めだけでしょうか?痛みには非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDs)を処方します。痛みがなければ飲む必要はありませんが、痛いうちは頓服ではなくやはりしっかり飲んだ方がいいと思います。またPGE1製剤と言われるプロレナールやオパルモンなどはまず第一に選択される薬剤です。LSCSでこれが処方されていないのであれば少し慰問が残ります。


LSCSは上記の保存療法がまず試され、以下のような条件で手術を検討します

・重症度
・直腸膀胱障害
・耐え難い痛みが四六時中続く
・生活や仕事に著しい影響がある
・どのような保存療法も効果が見られない
・著しい下肢筋力低下が認められる

あとは主治医の見解である程度左右されますので、よくご相談されることをお勧めします。


>お尻の筋肉を強化する良策(経験)がありましたら幸いです。

要するに腿を後ろにあげる動きをすればお尻の筋肉は付きます。ただしLSCSということを考慮すれば少し注意点があります。まずうつぶせで行うのであればお腹に薄めのクッションを入れましょう。これは腰が反るのを防ぐためです(LSCSは腰を反らせる動きは絶対にダメ)。他には四つん這いになり右手と左足を水平に伸ばす。それを交互に行うのもお尻の筋肉が鍛えられます。ただしこの動きは反りはしないのですが、腰にそれなりに負担がかかりますので無理をせず様子を見ながら行いましょう。

他には腹筋背筋の筋トレです。背筋は上記の四つん這いのものでも強化できます。あと重要なのはウォーキングです。LSCSにおいてウォーキングは症状の指標になります。 「今日は○分歩いた、そのうち休まず連続で○分歩けた」 という記録を日記なりカレンダーにつけておきましょう。キロ数は目安になりにくいので時間がいいと思います。それを昨日今日で比べてもあまり意味がないので、一か月後、三か月、半年、一年と比べて見ましょう。症状や治療効果の目安になりますのでぜひ実践されてください。※どのような運動でも一応主治医に確認を取ってから行ってください。


LSCSは非常に治療期間が長くかかります。実はお薬やリハビリよりも “根気” や “忍耐” が一番必要になるかもしれません。主治医とよく相談されてしっかり治療に取り組まれてください。

長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

腰部脊柱管狭窄症(LSCS)の保存療法は数年単位でかかることがほとんどです。ですから現役労働者や気の短い方はなかなか腰を据えて治療に取り組めない方が多くいらっしゃいます。病院では基本的にお薬(非ステロイド系抗炎症剤、PGE1製剤、ビタミン製剤、末梢性神経障害性疼痛治療剤)、ブロック注射、牽引や電気治療などのリハビリ、鍼治療などです。

お薬は時々とありますが、痛み止めだけでしょうか?痛みには非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDs)を処方します。痛みがなければ飲む必要はありませんが、痛いうち...続きを読む


人気Q&Aランキング