将来的に通訳になりたいと思ってます。そこで質問があります。言語使用域とは、いったいどのようなものなんでしょうか??特に方言との違いについて。通訳、翻訳には、これは、どのような関係があるのでしょうか??またこれには、高いものと低いものがありますが、その具体例とかはありますか???最後に、通訳をするうえで、これを維持するためには、どのようなことをする必要がありmすか??自分で考えたのですが、なかなかいい考えが浮かびません。みなさんの意見をお聞かせください。お願いします。また、よいWEBページなどがあればお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私は通訳の資格を持たないので適役ではないのですが分かる範囲でお答えします。



通訳と一言でいいますが、次のような分野があります。

ガイド通訳
企業内通訳
放送通訳
司法通訳
ビジネス通訳
会議通訳(同時通訳)

それぞれの分野で適切な表現、用語が決まってきます。例えば文末の動詞「です、ます、である」は「であります」「でございます」「だ」「だよ」などと言い換えられます。これが言語使用域(レジスタ)だと思います。高い、低いはたぶん
標準語、丁寧語が高く、同じことを学生言葉や子供言葉で表せば低いレジスタになると思います。通訳・翻訳を始める前に先ずレジスタをどうするか決めるわけです。あなたの参考書と比較して上記の理解が正しいかチェックしてください。

私は企業内通訳の経験がありますが、プロの通訳に対抗して仕事と兼務の社員通訳が通用するのは彼らは業界の知識や用語に通じているからです。一般常識に欠け業界用語を知らないプロの通訳を使うのは金をドブに捨てることにもなりかねません。通訳には語学力の前に一般常識とある程度の専門知識が求められます。学生のうちから内外の新聞によく目を通すことが大事です。そして誰にも負けない分野(スポーツ、インターネット、農業問題とか)をもつことです。
    • good
    • 0

質問が非常にわかり難くて回答に困ります。

もう一度整理して本当に知りたいことを書いて下さい。通訳になりたい、実力を維持したいことと言語使用域とは関係ないのでは?高い?低い?なぜこのような質問が出てきたのか?レポートの答え?
あなた自身に分からないことを断片的に書かれては他の人にはなお分からなくなりますよ。

この回答への補足

通訳にすべて関係してることで、レジスターとはどのようなもので、これが通訳とは、どのような関係があるのか??また、高いレジスター、低いレジスターの具体例とかあれば、お願いします。さらに、レジスターを維持するためには、どのようなことができるのか?今、これに関した本を読んでいるのですが、混乱しているので、お願いします。

補足日時:2001/10/01 20:47
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語関係(使う)仕事を教えてください。 また、キャビンアテンダントと通訳者について詳しく教えてくださ

英語関係(使う)仕事を教えてください。
また、キャビンアテンダントと通訳者について詳しく教えてください!お願いします。また、資格について触れていただけるとありがたいです!

Aベストアンサー

「英語」は手段なので、「英語だけ」で仕事するのはかなりつらいです。それこそ「通訳」「翻訳業」ぐらいでしょう。それも「人とのコミュニケーション」スキル、通訳・翻訳対象に関する「専門知識」や「日本語能力」がなければ通用しません。
「キャビンアテンダント」も「英語」だけでは通用しません。「接客」「おもてなし」や非常時の対応能力も要求されます。

英語を使う仕事といっても、手段としての英語と、それを使った「ビジネススキル」の両方をマスターすることが必要だと思います。

Q会社員の役職にどんなものがあるのか、また順位を教えてください!

現在事務をしています。会社の総括、課長、部長などの役職、地位はわかるのですが、他社からの来客に、工長、本部長などなどいろいろな役職の人が来て、はっきりいってどれくらい偉いのかわかりません。
会社によって役職名もまちまちなのだと思うのですが、社会人として多少は知識がないと恥ずかしいと思っています。
そこで、役職名、順位に詳しい方がいらしたらぜひ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

役職ってのは会社ごとに勝手につけているので何ともいえませんよ?部署とかでそれぞれついている事もあるし。
社長・専務・常務・部長・次長・係長・主任とかが一般的でしょうけど
主幹・参与とか聞きなれない役職もありますし。
来客があれば社長だろうが平だろうが変わらない気持ちで
接客すればよろしいんでは?

Q部長や課長になる為には、簿記の知識は必須でしょうか??また、これ勉強し

部長や課長になる為には、簿記の知識は必須でしょうか??また、これ勉強しといたほうがいいよというのがあれば是非をしえて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

簿記というのは「帳簿記入」です。つまり取引を帳簿に正しく記入し、最終的には損益計算書や貸借対照表などの決算書類を「作る」ことが目的です。
部長や課長になる場合に必要なのは決算書を作ることではありません。それは経理の事務員がやる事務仕事です。部課長に要求されるのは、出来上がった決算書類を読み、これを「分析」する能力です。通常「会計」と呼ばれるのがこの分野です。

部長や課長になるためには、簿記ではなく会計の知識が必要でしょう。また、経営戦略、マーケティング、人的資源管理の知識もあった方が良いかもしれません。

Q教育業界で働くうえで・・

私は教育業界への就職を基本に考えています。
自分の気持ちとしては、すごくやりがいのある業界と思い、この業界を希望しているのですが、ひとつ不安な点があります。
この業界では、若いうちはいいのですが、年齢を積み重ねていくうちに
どういう方向に進んでいくものなのでしょうか?
私のイメージでは、ある程度の段階になると、みんな独立して塾を開いたりとか
言うイメージが強いのですが。
20代のうちはイメージできるのですが、その後の人生がいまいち想像できないの
ですが、一般には、このような業界で働く人たちは、その後どういう風に
進んでいくものなのでしょうか?
漠然とした質問で申し訳ないですが、自分の今の大きな不安、もやもやとした部分でもありますので、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この業界は、今後、少子化の波をモロに被ります。これまでは大学受験を最終目標に、そのためにいい高校、いい中学、いい小学校、いい幼稚園に入ることが間近の目標となりました。それをクリアするための予備校として教育産業はなりたってきました。
しかし、子供の数が減少し、定員割れする大学が出るようになり、廃校となる大学、高校も出てきました。そうなると厳しい受験戦争を勝ち抜く必要があるのは、ごく一部の大学だけで、あとはwelcome状態。アメリカのように入るのは簡単(誰でも入れる)で出るのが難しいという方向に変わっていくと思われます。この先10年で大きく変化することでしょう。そして、出生数が増加に転じて、さらに10数年経たない限り、その状況は変わらないでしょう。
また、インターネットや衛星放送を使った遠隔授業も盛んになるでしょう。すると、優秀な先生が1人で日本中の生徒を教える、ということも可能になります。そのため、塾として生き残って行くには、よほど特色がないとダメ、ということになります。単なる雇われ講師では、まったく使い物にならない、ということになってしまうと思います。
人間が一対一で対応しなければならない、心の問題など、特殊なことができないと、生き残れないでしょう。

この業界は、今後、少子化の波をモロに被ります。これまでは大学受験を最終目標に、そのためにいい高校、いい中学、いい小学校、いい幼稚園に入ることが間近の目標となりました。それをクリアするための予備校として教育産業はなりたってきました。
しかし、子供の数が減少し、定員割れする大学が出るようになり、廃校となる大学、高校も出てきました。そうなると厳しい受験戦争を勝ち抜く必要があるのは、ごく一部の大学だけで、あとはwelcome状態。アメリカのように入るのは簡単(誰でも入れる)で出るのが難し...続きを読む

Q使用者責任になりすか?

ある会社に2年契約で家電2点をレンタルしていました。契約書もかわしており、解除の場合は1ヶ月前までに連絡すること、連絡もなく故意による解除について損害金も発 生すると記載しています。
先日その会社に行くと、従業員から、1点の家電を違う業者に変えたから、回収していけと言われま した。社長に確認したところ、従業員が勝手にやった事、自分はやめるとは言って いないと言われました。またもう一点の家電は続行するんだから、契約違反にはならない、損害金も払う必要はないと言われました。支払いも何度か滞っており、契約解除したいんですが、こういう場合は、解除できませんか?
従業員が勝手にやった事は、会社の責任にならないんでしょうか?

Aベストアンサー

その従業員が契約についての権限を持っているかのように見えていて、言われるがままに回収したところ、後日社長から解除していないと言われたってことかい?仮にそうだとすれば、契約についての権限を持っている者が解除したことと同様の結論になる。

滞納については、債務不履行による解除を検討してみればいい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報