今の職場(インターネットビジネス)で働くようになって、メールについての
疑問がいくつか出てきました。

メールを読んでも返事をくれない人がいます。
同僚への報告は社内の人ですし、内容を知っていてくれるなら一方的でも
かまわないのですが、最近仕事上でお付き合いのある広告代理店、制作会社の人、
滅多に返信をくれません。
例えば午前中にメールして、無反応なので夕方か翌日に電話をすると
メールの内容は把握していて、その場で口頭で返事はくれますが、
メールでは滅多にくれませんし、電話もかけてきません。
制作会社にとっては私のほうがお客様になるので、きちんと連絡を
電話でもいいのでしてくれたらいいのですが、読んですぐ忘れちゃう
ものなのでしょうかね。
広告代理店のほうも、そこから頼まれた仕事を私が担当し、指示をいただき、
お客様に返すのですが、連絡がないと私のほうも他の仕事に集中できない
こともありますし、かといって外出していてメールを見ていないなら
話がややこしいし、となかなか電話をかける気になりません。
メールを打つのは時間がかかりますが、電話もしてこないというのは
皆さん、責任感がないのでしょうか。忙しすぎるのでしょうか。
仕方のないこと、と思い、こちらもメールせずにいきなり電話で
相談をしたりしますが、それだと私が相談した記録も残らず、なんとなく
不安だったりします。

皆様の周りにもこういうかたは、いますか?
また自身が「メール返信していない」というかた、理由など教えていただけると
勉強になります。
ちなみにすべて男性です。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>皆様の周りにもこういうかたは、いますか?



はい、私です。
ちなみに女ですけど。

私はメーカーの宣伝担当でして、代理店さんや制作会社さんと日々仕事上のやり取りをさせていただいておりますが、何故即レス出来ないかというと、私の場合はとにかく届くメールの数が多すぎるため、瞬時に処理仕切れないからです。
自分が不器用というのもあるのでしょうが…
ちなみに1日平均200~250通くらい来ますので、まともに対応しようとするとそれこそ1日かかります。
また日中は来客や打ち合わせで席を外したりしますので、日がな一日メールの相手をしている暇は当然なく、メールを処理するのはどうしても後回しになってしまうのが実情です。

ただし、重要度の高い用件に対しては必ず返信しています。レスをする・しないの差は内容次第というのもあるのかもしれません。
私の場合、届いたものを一気に開封、とりあえず全てに目を通して内容を把握し、その上で超重要事項(がーんやばい、という感じのもの)→重要事項(あららという感じ)→普通の用件(あっそう)→どうでもいい用件(送ってくるなよこんなことで…)、というように全てのメールに順列を付け、その順列に従って重要度の高いものから処理していくといった形で進めています。

先日出張で数日間会社を開けていたのですが、メール処理のためだけに、しばらくはわざわざ早朝8時頃に出社していました。
このようにメールは、便利なツールとして機能する一方で、メール処理という余計な「仕事」を創出していることも確かです。いいのか悪いのか…

ご質問を読む限り、ご質問者様はちょっとメールに縛られすぎているような気がします。
マイルールを相手にも押しつけているというか。
メールのやり取りというのも、業界や会社などコミュニティによってもいろいろだと思うので、ご自分のルールに全てをあてはめようとすると、却って余計な気を遣う結果となるのかもしれません。

とはいえ、だからといっていきなりおおらかになれと言われても無理でしょうけれど、一度何でもかんでもメールというのを中止し、電話のみのやり取りに切り替えられてもいいのではないでしょうか。
ご質問者様の取引先の方達はどなたもメールが苦手な方達のようですので、メールと電話いずれでも伝達の質として差のない情報であり、かつ、電話のほうがスムーズにことが運ぶようであれば、電話を大いに活用すべきだと思います。

気を悪くされたらすいません。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

確かに私自身は来客、外出、打ち合わせ等は少なく、メールも大量には届きませんので、
対応が自分は早くしているのに相手は遅い、ということが理解できていないことはあると感じます。
理解はしているつもりですが、相手に電話をすると内容は把握している点から、
回答者様がおっしゃるように、大量にくるメールを一気に読みはするが、重要でないものは
即返信する時間がない、という部類に入ってしまっているメールである、ということのようですね。
私が言いたいことは、私自身がお客様の立場である、ということです。私自身はお客様からの
メールを優先しますが、相手のかたにはそういった認識はないのかもしれませんね。
電話すら入れてもらえないわけですから。
私の上司も「○○さんにこのメールを入れましたが、多分返事がないので
電話を入れてください」と私にメールを入れてきますが、そんなに客に
気をつかわせる取引先も迷惑ですね。電話も簡単につかまるわけではなく、
伝言しても電話してくれることは滅多にないですし。

> 電話のみのやり取りに切り替えられてもいいのではないでしょうか。

以前お客様にそれをやられました。お客様が多忙なかたでWebの修正事項をすべて電話で言われ、
私がすべてメモを取ってテキストに直しました。
その時期は残業時間が異常に多かったですし、口頭で言われているため言葉の違いも
大量に発生し、二度手間三度手間になりました。
同様に広告代理店からの指示を電話でもらえばそれを私がメモしているわけで、
その作業はけっこうな労力です。相手は口で言うだけですから読み返すと
変な文章になっていることも度々あります。

> ご質問を読む限り、ご質問者様はちょっとメールに縛られすぎているような気がします。
> マイルールを相手にも押しつけているというか。

口頭で言えるような簡単な内容ではないのでメールを使っているわけですから
相手も電話で用件を言われたら、聞くだけでも厳しいと思います。
まあ、そういう相手には一切メールはしない、というのもありかもしれませんね。
私自身はその相手からのメールにも即返信はしていますが、無視してもいいのかもしれません。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/11 23:03

 どうしてかはそれこそ本人に確かめるしかないと思いますが


昔のタイプの人間はメールを重視しません。
必要があるんだったら直接電話してこいよ、メールで済まそうなんて失礼だというわけです。
読んでるのに、仕事に必要な返事をくれないというのは、そういう意味ではないでしょうか。
忙しいときには特に、待たせるわけにはいかない電話が優先にならざるを得ないでしょう。

 でも、kobaltさんもビジネスメールを誤解なさっているように思えます。
メールって、基本的に、お時間のあるときにどうぞという意味のツールであって
送信したら即相手が読んでくれて、返事が返ってくるというものではありません。
これを誤解している方が本当に多くて、ちょっと返事が遅れると
「どうしたんだ!」と矢の催促がきてうんざりさせられることもあります。
また、メールは送信したら瞬時に相手の元に届くと信じ込んでいらっしゃるようですけど
いろんな理由で受信が遅れることがありますし、届かないことだってあります。
言い訳として「サーバが不調でメールが未着のため」というのが多用されるくらいです。
返事をいただかないと仕事が進められないのでしたら
メールを送信した後、電話をして
「メール送らせていただきました。お返事よろしくお願いします」と念を押す必要があるでしょう。
じゃないと、いつ読んでもらえるかわからなくて仕事が手につかなかったり
また「そんなメール届いていないよ」と言われたらジ・エンドです。
そんな基本的なことも知らないのか、という意味で返事をしないのかもしれません。
まあ、kobaltさんのメールだったら、どうせ後から電話をかけてくるんだから
別に返事なんかしなくてもいいよなと思っているというのも有力な理由の一つでありますけどね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のアドバイス、ありがとうございます。

相手は比較的若い世代です。20代~30代。むしろ部長クラスのお客様のほうが
返信が早かったりします。

> でも、kobaltさんもビジネスメールを誤解なさっているように思えます。
> メールって、基本的に、お時間のあるときにどうぞという意味のツールであって

お客様センターからきたメールで、私で判断つかないものをメールで広告代理店に
問い合わせるわけですが、では私もお客様センターからメールがきたら、
電話で催促がくるまで無視しておけばいいのでしょうか?

せっかくアドバイスをいただいて申し訳ないのですが、回答者様の考えだと
ビジネスにメールは使えないですね。どうでもいいメールなど、ビジネスでは
ほとんどないと感じます。
私は超緊急以外は記録を残す意味でメールを使うよう言われていますし、
電話の時はそのメモを記録で相手にメールします。
確かに私自身、メールをしたら相手にも記録を残す意味でメールでの
返信を要求してしまうのも悪いとは思いますが、だったら相手もメールで
問い合わせてくること多々ありなので、やめてもらいたいですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/11 01:19

私はきちんとメールの返信、電話のかけなおしなど


する方なので、やはり質問者様のような疑問を
持つことがしばしばです。メールの返信をしない
人ってそれだけで、ちょっと傲慢とか感じ悪いとか
思われて損ではないのかとか、メール返信しない
人同士だとそれが常識なのかとか、
いろいろ思います。関係ないですが、こちらの
サイトも、回答をつけてもお礼を全く書かなくて
締め切る人っていっぱいいますよね。
そういう方の気持ちなども伺いたいなと
思ったりします。
マナーがないとか、責任感がないとか
重要視していないとか、思いますが
「忙しい」を理由にする人って嫌ですね。
食事する暇もトイレに行く暇もないのかしらって
思うけどテレビの事なんて詳しかったりして
そういう人は、実生活が
忙しいわけでなく忙しいが口実だというだけ
ですね。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

早速のアドバイス、ありがとうございます。

しかも私の相手の場合、悪気もなく、忙しかったとかの言い訳もなく、
普通に「これはこうしてください」と言うものですから「私が電話しない限り、
答えないつもりか!!」と思っちゃいます。
私も正直、相手に対する信頼とか持てませんし、「どうせ返事は
ないんだろうな」と思いながらメールをしています。
私のほうも意地でも待ってやろう、と思ったりしますが、どうしても
返事を別のお客様に返す必要があり、待たせられないのですよねぇ。
そういう思いがないのでしょうね。そういう企業や人とは付き合いたくないのが
本音ですが、そんなこと言ってたら一緒に仕事する人も限られてきますしね。

同じ思いの人がいて(←当たり前か^^;)嬉しいです。ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/10 23:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QメールのCC.BCCとは何でしょうか?

よくメールを使う時にcc.bccと表示されているのですが
これはどういう時に使うものなのでしょうか?

Aベストアンサー

もともとは「本来の宛先」を to に指定し, cc (carbon copy) と bcc (blind carbon copy) には「本来の宛先ではないが送っておいた方がいい相手」を指定することになります. cc と bcc の違いは #1 の通りで cc では「送ったことがわかる」, bcc では「送ったことが分からない」という点にあります. ということで, 動作としては to と cc は全く同じ.

一方, bcc はメーリングリストなどで「不必要にメールアドレスを公開しない」ために用いることもあります. この場合 to, cc は指定せず bcc だけということもあります.

Q広告代理店の代理権について

こんにちは。ここでは、エクセルのことをたくさん教えてもらい、大変助かりました。おかげさまで、立派に先輩OLをやっています。
さて質問します。また部長が、広告代理店の飛び込み営業に「君のところにはなんとかテレビの代理権がないのか?」と怒鳴っていました。
それで、疑問に思ったのですが、保険代理店や電話の代理店のように、広告代理店にも代理権があって、代理店はお金をはらっているのですか? もしはらっているのなら、どういうシステムになっているのですか?
会社の人は、自分の仕事を一生懸命やっていればいいと、教えてくれませんでした。2年目なのに、社会のこと知らないことだらけです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

代理店となる権利....、特に無かったと思います。

局と代理店との契約によるのですが、
お金のやりとりよりも、信頼できるかどうかがカギですね。
局の名前を使って変な営業をされたら大変ですから。
だから、局と代理店契約を結んでいるというのは、
広告代理店にとっては信用を示す看板みたいな物です。

基本的には、
スポンサーがCMを出す場合に、代理店に発注し、
代理店は局の営業に対してCMの放送をお願いすると共に
その放送が無事終わったことを確認します。
で、スポンサーはCM料を払い、
これの80%(85%、94%の場合もある)を
局に払います。

って、口で言うのは簡単ですが、ものすごく面倒な作業で
だから、局は代理店手数料を払ってでも代理店経由にするのです。

ちなみにその部長さんは、うるさい地元折り込みの営業氏を
撃退するためにこう言ったのでは無いでしょうか?
普通、折り込みをやっているところと放送代理店は
全く別の会社です。仕事の仕方が違いすぎるので。

QCC,BCCとは?

メールの宛先の下に「CC,BCC」とありますが、それはどのような違いがあるんですか?教えてください!

Aベストアンサー

 こんにちは。

 使い分けは、複数の人に送る場合、tomrinrinさんがAさん・Bさんの二人に、同じメールをまとめて送るとしましょう。

 CCでは、tomrinrinさんが送った相手である、Aさん・Bさんに、tomrinrinさんが送った全員のアドレスが分かってしまいます。
 
 BCCでは、これを使うと、tomrinrinさんが送った全員のアドレスは内緒のまま、Aさん・Bさんに送れます。

Qお客様問い合わせ窓口電話でイタズラ電話が

色々検索してみたのですが、見つからなかったので質問させて頂きます。
私は製造メーカーで通常業務(事務)の傍ら、一般のお客様からの製品に関する問い合わせ、クレームなどに対応する部署で働いています。
一般のお客様ということで様々な電話を受けますが、その中には悪質なイタズラ(?)電話もあり対応に困っています。

よくあるイタズラ(?)電話の特徴としては・・・
・製品には関係ない会話ばかりで長時間わけの分からない身の上話をされる(30分以上)
・性生活とか卑猥なことばかり聞いてくる
・突然過去の経歴などを質問される
・私の業務内容について聞いてくる(社外秘だと思うのですが・・・)

正直な話、プライベートならばすぐにでもこちらから一方的に切ってしまうのですが、相手が会社に電話してくる以上対応しないわけにはいかず、、、
しかしながら訳の分からない電話で対応していると他の業務ができませんので、困っています。
上司に相談しても「とにかく聞いていればいいんだよ」といって相手にしてくれません。
因みにそれほど大きなところではないので転属はできない、というか転属先などありません。

こういった電話に対して有効な対処法などはないでしょうか?
また実際にあった体験談などをいただけると幸いです。

色々検索してみたのですが、見つからなかったので質問させて頂きます。
私は製造メーカーで通常業務(事務)の傍ら、一般のお客様からの製品に関する問い合わせ、クレームなどに対応する部署で働いています。
一般のお客様ということで様々な電話を受けますが、その中には悪質なイタズラ(?)電話もあり対応に困っています。

よくあるイタズラ(?)電話の特徴としては・・・
・製品には関係ない会話ばかりで長時間わけの分からない身の上話をされる(30分以上)
・性生活とか卑猥なことばかり聞いてくる
...続きを読む

Aベストアンサー

某デパートの電話交換をしていました。

「聞いていればよい」というのはいけませんね。電話番号を控えて、対応してもらうよう検討します。
私の場合は、応対人数が少なかった事や、応対時間が限られていたため、電話番号を控え、後日、解る者から折り返しお電話差し上げますので、今回はご勘弁ください。と言いました。
これは上司からの指示で、相手をしている暇など私にはありませんと継げる意味につながるのだそうです。
また、同じ電話番号で何度もかかってくる場合、男性から電話をしてもらい、今後対応できない事を告げるという、連携を作って電話によるトラブルを解消していました。
いったいどのような事を話してるか知らないので、上司もいい加減な事がいえると思います。一度、いたずら電話の録音をしてみたらよいと思います。ICレコーダにとって聞いてもらい、内容を届け、対策のレポートを作って、上司に提出します。

本当にストレスになるし、腹が立ちます。
遊ばれてるのが解ると、むかついてきて、対応してるのがばかばかしくなり、暇人の相手のために苦しむ自分が情けなくなりますよね。

これは経験者だけしかわからないこと。
案件を作ってデータとともに提出です。
何処にもあることだけれど、本人としては大変な事ですからなあなあにしないでください。

頑張ってください。応援しています。

某デパートの電話交換をしていました。

「聞いていればよい」というのはいけませんね。電話番号を控えて、対応してもらうよう検討します。
私の場合は、応対人数が少なかった事や、応対時間が限られていたため、電話番号を控え、後日、解る者から折り返しお電話差し上げますので、今回はご勘弁ください。と言いました。
これは上司からの指示で、相手をしている暇など私にはありませんと継げる意味につながるのだそうです。
また、同じ電話番号で何度もかかってくる場合、男性から電話をしてもらい、今後対...続きを読む

Q「宛先多数につきBCCにて失礼します」とは何か

メールの文章で、「宛先多数につきBCCにて失礼します」というのは、どういう意味でしょうか。

Aベストアンサー

電子メールの

TO=宛て先
CC=同報(英語カーボンコピー=複写の略)
BCC=【Blind Carbon Copy】、同報先を隠しながら投函

受けた人から見れば、自分宛ではない(もしくは宛先不明)メールが自分のところに届いたので、驚くかもしれない。

また、BCCの場合は不特定多数に送る場合が多いので、「●●様」などの」敬称が省略されている場合が多い。

この場合失礼に当たらないように、「BCCにて失礼します」を一文を入れておくのがビジネスマナー。

Qお客様から返事がないとき

営業職を始めて3ヶ月目です。依頼事項に対しお客様から返答がない場合はどのように催促すべきでしょうか?
お客様より迅速に見積もりを出すよう依頼があり、見積もり作成のためのデータを依頼したところ、2,3日たっても返事がありません。忙しくてデータをまとめる時間がないと思うのですが、この場合どのように催促すべきでしょうか?ただ待つべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

>メールを送った後は必ず電話で確認するべきなのでしょうか?
頻繁に送る場合もあるので、毎回電話していたら向こうも迷惑かなと思って躊躇


頻繁なら少し控えた方がお互いストレスがないですが、
基本は電話で確認していく事が間違いありません。
2,3日経過している場合は、
「12日に送信致しました●●のお見積もりはご覧いただけましたか?」
で切り出すことをお勧めします。

Q迷惑メールとは違って不可思議なメール現象

どなたか教えてください。

私の上司→お客様にメールしました。
→返信が私の携帯宛に送られました。

○私とお客様には面識、メール交換履歴等一切ありません。

○返信の文章内容で上司からのメールに返したものとわかりました。

○上司からそのお客様に送った際に私がcc、bccに入っていたわけでもないです。
特に、仕事上のアドレスは別にありますし、携帯アドレスはほぼ使っていません。
ただ、上司は私の携帯アドレスにこれまでに何度かメールをくれています。

○上記の現象と関係するのかどうかわかりませんが、
この現象が起きた前後24時間で携帯アドレス宛の迷惑メールも急増しました。

○お客様に、なぜ私の携帯に送ったのか直接聞けたら良いのですが
 立場上、難しいのでこちらで何かヒントをいただけたらと思っています。

とっても、気持ち悪いです・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えば、あなたの携帯から送られたメールを
上司が流用/編集してお客様に送った場合、
メーラーによっては、気をつけてないと
そのようなことが発生する場合があります。

上司は、あなたからの携帯メールをそのまま流用して
本文を少し編集(または本文内容を一旦クリア後新規入力)して、
宛先、cc、bccを確認の上お客様に送信しただけのつもりですが、
メーラーによっては、from欄含めそれ以外のメールヘッダ内容を
流用元のまま送信するものがあります。
つまりfrom欄があなたのメールアドレスのまま送信される
ということです。もしあなたの携帯メールにあなた宛ての
reply-toがついていたら、それも同様です。
お客様から返信した時には、fromかreply-toに記載されている
あなた宛てに返信されることになります。

これは、意外とやりがちです。
いつもの自分のメーラーを使って送信したのだから、
当然fromは自分のアドレスになっていると思い込んでしまうのです。

例えば、Becky Internet Mailというメーラーは、
以前はこのような形で受信メールを流用して送信した場合、
From欄が元の流用元メールのまま送信されるようになって
いましたが、今はそのような送信をする時に警告メッセージが
出るようになっています。
古いメーラーを使っている場合は、そのような配慮が
行きとどいてない場合があります。

とりあえず、上司がお客様宛に送信したメールのヘッダを
よく確認してみてください。

もし説明した現象が起きていたなら、今後は別のメールを流用して
送信する場合は、メールそのものを流用するのではなく、本文を
コピペして流用するよう周知徹底する必要があります。

例えば、あなたの携帯から送られたメールを
上司が流用/編集してお客様に送った場合、
メーラーによっては、気をつけてないと
そのようなことが発生する場合があります。

上司は、あなたからの携帯メールをそのまま流用して
本文を少し編集(または本文内容を一旦クリア後新規入力)して、
宛先、cc、bccを確認の上お客様に送信しただけのつもりですが、
メーラーによっては、from欄含めそれ以外のメールヘッダ内容を
流用元のまま送信するものがあります。
つまりfrom欄があなたのメールアドレスのまま送信される
...続きを読む

Q電話会社の代理店から「確認」の電話

最近、NTT、KDDI、ソフトバンクの代理店を名乗る会社(数社)からの「契約内容の確認」の電話が多く、そのたびに仕事の手を止められ迷惑しています。

電話に出るのはウチの女性社員なのですが、はっきりとセールスとわかる電話に関しては「お断りするように上司から言われています」と伝えるように指示してあり、きっちり対応してくれているのですが、電話会社の代理店を名乗るそれらの会社は必ず「サービスが変わるので確認しておきたいことがある」といった、いかにも「聞いておかなければ後から困る」ような言い方をして、上司につなぐよう求めてきます。

その都度私が出るのですが、すべて営業マンがアポを取るセールス電話ですので、結局お断りすることになります。そういうわけで、受付の女性社員に「電話会社の代理店からの『確認』の電話はすべて断っていいから」と伝えたのですが、女性社員は「でも、本当に必要な電話かもしれないじゃないですか」と言います。

本当に契約に関することで顧客が聞いておかねばならないことなら、電話会社から直接郵便か何かでお知らせが来ると思うのですが・・・。

そこで質問です。もし代理店からの「確認」の電話に応じてアポをOKした方、いらっしゃったら、どのような「確認」をしに来たのか教えてください。

結局それは新しい契約のセールスではなかったですか?

代理店の「確認」の電話は、すべてシャットアウトしても問題ないと思われますか?

以上、よろしくお願いします。

最近、NTT、KDDI、ソフトバンクの代理店を名乗る会社(数社)からの「契約内容の確認」の電話が多く、そのたびに仕事の手を止められ迷惑しています。

電話に出るのはウチの女性社員なのですが、はっきりとセールスとわかる電話に関しては「お断りするように上司から言われています」と伝えるように指示してあり、きっちり対応してくれているのですが、電話会社の代理店を名乗るそれらの会社は必ず「サービスが変わるので確認しておきたいことがある」といった、いかにも「聞いておかなければ後から困る」ような言...続きを読む

Aベストアンサー

うちも小さな会社ですので、しょっちゅうそのような電話がかかってきます。

私もいろいろやってみた中で、かなりの確立でセールスを見抜く方法があります。
それは
1.こちらの担当者から折り返し電話させる、と相手の電話番号・氏名・会社名を聞く。
2.「契約内容」の正式名称、及び正式な書類の名称を聞く。
と相手に聞いてみることです。

1.については、電話セールス自体が「今かけている相手にアポを取る」のが基本なので、あまり教えたがらないですし、教えた後でこちらが関連会社(たとえばNTTやソフトバンク本体に)確認を取られるのをすごく嫌がりますので、基本的に教えてくれないはずです。
相手が「ご担当者様が居るならつないで下さい」のように粘るなら、セールスだと判断して間違いないです。

本当に必要な電話なら折り返しの電話でもまったく構わないはずですし、重要な内容であればそもそも担当者の携帯ぐらい知っているはずです。


2.については1.でセールスだと見抜けない場合にかける罠です。セールスはそもそも「架空の契約」に関して、確認の電話をしてくるのですから、正式な契約書などあるわけないからです。
それでも、現在契約している電話通信の契約書などの正式名称を言ってくる場合がありますので、その場合は「ではその契約書には御社の名前があるということでよろしいですね?」と確認すると、ほぼまちがいなくボロを出します。その契約書に今電話してきている会社の名前などあるわけがないからです。

この二つを組み合わせ「後で折り返す」と担当者を出さなければ大体防げると思います。

また、別の会社ですが、直接営業に来られたこともあります。
その場合も同じで「○○の契約の確認に来ました」とやって来て、こちらがそれらしい契約書を見せてやると「こちらの契約よりも、今は安くなっているのでその御案内をしたいのですが、お時間いただけますか?」となります。

じゃあ、と聞いてやると「○○の装置をつけるとこれだけ安くなります」ということになり「今がチャンスです」とすぐに契約(ようするに契約変更のように見せかける)を迫ってきます。

もちろん怪しいので「この契約の会社とオタクは同じ会社なの?」と聞くと「いや、まったく関係ありません」と言われ「じゃあ、今の契約を破棄して新しくオタクと契約するということ?」と確認すると「そうです。安くなるので別の契約に変わります」とようやくセールスだということを認めました。

まあ、最初から分かって対応していますのでこちらとしても騙されることはないのですが「契約の確認」を信じて対応していたら、契約してしまう人も出てくるだろうな、と思いました。

他にもISDNやADSLを使っている会社を狙って「主装置の確認」というわけの分からない機械の確認をさせることで「安い」契約に変更させようとするセールスもありましたし「至急ご返送下さい!!」と大書きしてある封筒で送りつけ、サインさせて返送させる手口もありました(弊社の経理担当役員が送りそうになったのをギリギリでストップしたことがあります)

>代理店の「確認」の電話は、すべてシャットアウトしても問題ないと思われますか?

どんな「確認」でも100%シャットアウトして問題ないと断言します。

うちも小さな会社ですので、しょっちゅうそのような電話がかかってきます。

私もいろいろやってみた中で、かなりの確立でセールスを見抜く方法があります。
それは
1.こちらの担当者から折り返し電話させる、と相手の電話番号・氏名・会社名を聞く。
2.「契約内容」の正式名称、及び正式な書類の名称を聞く。
と相手に聞いてみることです。

1.については、電話セールス自体が「今かけている相手にアポを取る」のが基本なので、あまり教えたがらないですし、教えた後でこちらが関連会社(たとえばNTTやソフト...続きを読む

Q「危機管理意識のしっかりした企業ならBCCは使用禁止」とは?

先ほど、別の方の質問ですが、以下のような質問がありました。

Outlook2000と2003について
http://okweb.jp/kotaeru_reply.php3?q=1706105

その中で、回答に

>例えBCCで送信しても、送信間違いは防止できないですよ。
>それに、BCCは技術さえあれば簡単に内容が張れてしまいます。
>ですから、危機管理意識のしっかりした企業ならBCCは使用禁止なのです。

というものがありました。しかし私は寡聞ながらBCCを禁止する理由がわかりません。
今までにBCCに関する零弱性は、以下のようなもの

意図しない宛先にメールを送ってしまう問題
http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/05/27/mailerverup.html
Outlook Expressに「BCC」のアドレスを表示してしまう不具合
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/NEWS/20040825/149044/

などで、「BCCという仕組み」そのものに脆弱性があるとは聞いたことがありませんし、BCCという仕組みを使って「技術さえあれば簡単に内容が張れてしまいます」という事の意味がわかりません。

そもそも、セキュリティに厳しい企業ほど、To: Cc:とBcc:の使い分けをきちんとするものだと考えていたので、寝耳に水でした。

そこで、

・BCCを使用禁止にしている企業例
・「技術さえあれば簡単に内容が張れてしまいます」とはどういうことか
・何かBCCに関する脆弱性情報

これらをお教えいただければ幸いです(一部でも構いません、参考になれば結構です)

なお、BCCを利用してTo: Cc:のあて先とは別に誰かに送った事がTo: Cc:のあて先の人間にはわからない、というのはそもそもBcc:がそういう仕様ですから、そこは除きます。もしそこが決定的な脆弱性である、と述べるのであれば、その根拠を書いてください。

以上、よろしくお願いします。

先ほど、別の方の質問ですが、以下のような質問がありました。

Outlook2000と2003について
http://okweb.jp/kotaeru_reply.php3?q=1706105

その中で、回答に

>例えBCCで送信しても、送信間違いは防止できないですよ。
>それに、BCCは技術さえあれば簡単に内容が張れてしまいます。
>ですから、危機管理意識のしっかりした企業ならBCCは使用禁止なのです。

というものがありました。しかし私は寡聞ながらBCCを禁止する理由がわかりません。
今までにBCCに関する零弱性は、以下のような...続きを読む

Aベストアンサー

参考URLのPGPとの相性なのかな、と思いますが、ご質問の上2点については解りません。

#BCCを使用禁止にする意味がわからない。メールは個別に送信しろという事かな?

参考URL:http://www.cla-ri.net/pgp/bcc.html

Q広告代理店の勤務時間

知り合いが大手広告代理店に勤務していますが、この業種そんなに大変なんでしょうか?
出社時間がお昼前とか遅い分、帰宅するのも夜中とか朝方と聞きます。
初めて聞いた時耳を疑いましたが実際どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

会社や担当者によりますね。

9時-17時できっちり仕事を挙げる方針の会社もあれば、
仰るとおり、出勤を遅くして夜中や朝方まで働く場合もあります。
また、基本的には9時-17時ですが、残業や通しで朝までクライアントに付き合い、翌日も朝からそのまま仕事・・という会社もあります。

私の知人も某大手に勤めていて、私は受注業者(広告デザイン・制作・施工)なのですが、クライアントのイベントや広告設置、開店準備に夜通し付き合って家に帰る手段や意味が無くなり、ネットカフェで寝るということはよくあります。
また、接待のようなこともあります。
受注業者や下請けに任せることは任せて、クライアントも来るような大事な日や、さまざまな問題の矢面に立たされる現場責任者が必要な場合等には、業務時間を超えて仕事をするというように切り分けられればいいですし、実際会社としてそういう方針の所もありますが、現実はなかなか難しいのではないでしょうか。

私の知人ですが、片方はクライアントに対して高圧的で、問題があったら動くタイプで、片方は物腰が柔らかく責任感が強い人です。
同じような仕事をしても、クライアントに高圧的な方はなるべく我を通し、就業時間を守り、必要のない夜勤等はしません。
かたや物腰柔らかな方は、基本的に現場に出ずっぱりですね。
どちらもクライアントに信用され、それなりの業績を上げていますが、高圧的な人は下請けとのトラブルが多いですね。

会社や担当者によりますね。

9時-17時できっちり仕事を挙げる方針の会社もあれば、
仰るとおり、出勤を遅くして夜中や朝方まで働く場合もあります。
また、基本的には9時-17時ですが、残業や通しで朝までクライアントに付き合い、翌日も朝からそのまま仕事・・という会社もあります。

私の知人も某大手に勤めていて、私は受注業者(広告デザイン・制作・施工)なのですが、クライアントのイベントや広告設置、開店準備に夜通し付き合って家に帰る手段や意味が無くなり、ネットカフェで寝るという...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング