我が家にはシアタールームがあるのですが、内壁にグラスウールを入れてもらっています。
これって、防音?遮音?吸音?
吸音は違うと思うのですが、そもそも、この3つの言葉の違いって何なのでしょう?
教えていただけませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>これって、防音?遮音?吸音?


グラスウール自体は吸音です。
遮音材(壁の板も遮音効果はある)と組み合わせることで防音の効果をもたらします。

>吸音は違うと思うのですが、そもそも、この3つの言葉の違いって何なのでしょう?

吸音とはその名のごとく音を吸収するという意味です。
グラスウールなどは良質の吸音材になります。
ただ音が通らないのではなく音が通過するときに減衰するという意味しかありませんので、1mとかあれば透過する音の量はそれなりに少なくなりますが、そうでなければ音はかなり通過します。

遮音とは要するに音を跳ね返すと考えればよいでしょう。

上記2つは物理現象をそのまま表した言葉ですが、防音とは平たく言えば外に音が漏れないようにすることです。

そのために必要なことは、

 ・音を跳ね返す
 ・音を吸収する

の両方を使います。遮音しただけでは音のエネルギーは小さくなりませんので、防音性能は上がりません。
そこで吸音材を遮音材の間に入れることで、遮音材同士でおきる音の反射の間に吸音材を入れると、何度も吸音材を通ることで音を減衰させることが出来ます。

そうしますと、上記遮音材と吸音材の組み合わせの壁の後に漏れる音は小さくなるという仕組みです。

もちろん遮音材だけでも非常に重量のあるものであればかなりの遮音効果は生まれますが、しかし重量物というと鉄筋コンクリートにぐらいですし、それを分厚くするのは言外があるので、防音効果を出すために組み合わせを考えるわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さほど広いシアタールームではないので、組み合わせまでは考えませんでした。単に大きな音が漏れなければいいと思っていたので。また、家具(ソファなど)が吸音するかなと思ったのですが。
グラスウールも吸音材なんですね。
防音=吸音+遮音ということなのでしょうか。
勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/15 21:32

既に吸音・遮音という用語の定義については#2,3さんが明快な回答をしていますが、回答させてください。



吸音というのは音を吸収することだとよく勘違いされるのですが、それだけではありません。

エネルギーは保存されますので、音のエネルギーはものにぶつかると反射と透過と材料での内部減衰エネルギーの3つに分かれると考えられます。

吸音というのは、このうち反射をしない量を示しています。すなわち透過エネルギーと内部減衰エネルギーの合計です。そのため、吸音材を使用しても音の透過量があまり変わらないことがあります。
吸音材の代表はグラスウール・ロックウールで不整形な穴が開いたような製品が多いです。

次に遮音というのは透過しない量を示しています。すなわち反射と内部吸収の合計量が遮音性能です。
一般には反射による方法で遮音性能を出しているものが多いです。この場合質量と厚さが遮音性能に影響しますので、一般に重量の重い製品が多いです。
金属やコンクリートは反射による遮音材料の代表です。鉛シートなどは単純に密度の高い鉛の重さにより遮音性能を高めているだけの製品です。

また、先に回答に制振材が出ていますが、制振材というのは内部減衰量に着目した製品です。遮音・吸音とも内部減衰は含んだ性能を示していますので、使用目的により遮音・吸音の両方に使用できますが、どちらかというと遮音材としての利用が多いです。ちなみに制振材料を用いていても遮音という名称で販売されているものがかなりあります。

最後に防音というのは、遮音・吸音を総合的に考えて、騒音問題を生じないようにするというものだと思います。
道路の防音壁は外側に金属による反射を行い、道路側に道路の音を減らす目的で吸音材が入っているものがよく使われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

他の部屋に響かないようにするということで、いわゆる「縁を切る」ということは考えたのですが、一般住宅ではなかなかそこまでできませんでした。
防音=遮音+吸音ということなんですね。
勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/15 21:36

まだどなたも答えてないようなので・・・。



吸音材だとか、そうではないとか、正反対の事言われては迷ってしまいますよね。
グラスウール自体には、吸音能力がありますが、遮音効果を高める補助材としても使えます。
有効に使用するためには、内壁が何でどう施工されているかの方に、重点を置いて考えるのが普通です。

グラスウールや布カーテンなど柔らかいものは、高音域をを吸音し、低音域を反射します。

タイルや金属など固いものは、低音域を吸音し、高音域を反射します。

内装材として、柔らかい有孔ボード、固い有孔ボード、細かい波型の木板、布を貼ったボード・・・などなど、音響効果を考慮して色んな効果を期待します。

有孔ボードを使用していれば、そのうしろに何をどう施工するかも壁の効果のための仕上になります。

遮音や吸音だけではシアターとしてはマズイし、音の反射も、共鳴しない様に効果的に狙うことも吝かではありません。

その仕上によってはグラスウールを施工する事が、無意味な事もありますし、どんな効果のために入れているのかは、一概に言えません。

きっと、様々な効果を計算の上で使用されて居ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました

お礼日時:2005/06/15 21:33

吸音とは字のとおり、音を吸収すると言うこと、つまり反射しないと言うことです。


遮音とは音を遮る、つまり音を必要のないところに届かないようにする、と言う意味です。
防音は一般的に遮音と同じ意味で使われます。
グラスウォールは吸音性能は大変良いとされていますが、厚さや密度によってその性能は大変違います。
吸音、遮音に共通していえることですが、この性能(度合い)は音の高さ(周波数)によって大変変ってきます。
高い周波数の音は吸収することも遮ることも比較的易しいですが、低い周波数の音の反射を止めたり遮ったりすることは容易ではありません。
壁にグラスウールを入れる事は、冷暖房の効果を高めるげるためには大変効果的ですが、遮音性を挙げるために使うときはかなりの厚みの高密度グラスウールを使わないとあまり効果は上がらないでしょう。
それと、吸音性を高めるために使うもの(グラスウールに限らず)は壁の中にではなくて、壁の(壁に限らず床にしても天井にしても)表面に使わないとあまり効果はないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました

お礼日時:2005/06/15 21:32

防音構造には何種類かの基準があるようですね。



グラスウールしか入っていないということは
一般構造の防音または吸音ではないでしょうか。

防音構造及び遮音については遮音シートや密度の濃いグラスウール、防音壁材、防音ドアなどを組み合わせないとならないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました

お礼日時:2005/06/15 21:26

遮音、吸音を含めた大きい括りで「防音」と言ったりします。


さて、「遮音」「防音」の意味ですが。

例えば、スピーカーから出た音が壁に向かっていくと‥

・音を反射、吸収させて壁の向こうへ "透過させない事" を「遮音」と言います。
・音を吸収、透過させて "反射させない事" を「吸音」と言います。

重い材料ほど遮音に適し、比重の軽い物(繊維質等)ほど吸音に適します。

部屋の目的によって材料は違ってくるのですが、一般にグラスウールは「断熱材」であって遮音性は全くありません。が、主に高音を吸収する吸音材にはなりそうです(内部で音を熱に変換させます)

実際にはどういう風に遮音吸音を使い分けるかですが‥
部屋内部の音を外に出したくない場合(界壁、店舗等の間仕切り)は遮音、部屋内部に反響音を出したくない場合(リスニングルームや音楽室等)は吸音にしたりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/15 21:25

 


 
建築環境工学では「遮音」と「吸音」は別の概念で、一般に言う「防音」とは異なります。
 
遮音:壁や窓を透過してくる(室外からの)音を減らすこと

吸音:室内で発生した音を壁などで吸収または透過させて反射させないこと
 
たとえばシアタールームなどの音響を重視する部屋の場合、「外からの音が入ってきてほしくない」という静粛性に対しての要求性能(遮音性能)と、「室内で発生した音を適度に吸収して反射させない」という残響調整に対しての要求性能(吸音性能)を個別に満足させる必要があります。ちなみに室内で発生した音が外に漏れないという性能は前者(遮音性能)と同一になります。
 
内壁のグラスウールは「遮音性能」を高めるためのものですので、吸音とは関係がありません。
 
蛇足ですが。。。
音楽などを鑑賞するための部屋の場合、遮音性能も大切ですが、心地よく鑑賞をするためには「吸音」を適度に行い反射音を抑えることが重要です。そのために室内の面(壁・床・天井)に吸音材を使用したり、ホールなどの場合は逆に反射板を使ったりして、適当な吸音率(反射率)を確保することで心地よい残響を実現しています。ただ、音源が楽器でなくスピーカのみを想定するのであれば、反射音は極力少ないほうが良いので、反射材(ガラスなどの硬い材)の前には吸音力のある厚手のカーテンをかけたりすると良いでしょう。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/15 21:24

こんばんはm(__)m



防音の方法の中に”遮音”と”吸音”があります
もう一つ”制震”もあります
音を遮る方法と音を吸収する方法と
振動を抑える方法を合わせて防音になります
後は防音の目的に応じて使い分けですね
御質問者さんの場合は吸音材ですね

吸音材はグラスウールや不織布などの材料があります
最初からシアタールームとしての設計であれば
その程度でしょう

全く何も無い部屋からの改造であれば
防音パネルの埋め込みが多いです
それで部屋が一回り小さくなってしまいます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

吸音材でしたか。勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/15 21:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一般的なmidiで出せる音は、周波数で表すと

標準的な(128音くらいの?)midiで鳴らせる音の、最大周波数と最低周波数はいくつなのでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>それでは、大体0~5000Hzということですね!
それはあり得ない。

『DTM音源で出せる周波数帯域は?』ととらえると。
下は50hzくらいから、上は軽く16~18khくらいは軽く出ています。
音源によってはもっと出ます。
可聴範囲を超えた音も出ます。

No.5の方の言う通りMIDIと実際出る周波数は直接関係なく、また音域も関係あるとはいえ、倍音構成のほうが遥かに大きい問題です。

「C3が鍵盤のどこか」もメーカーによって違いますし、音色によりオクターブがずれていることもあります。
なりより基音の上に倍音が鳴っているので鍵盤上のA7の正弦波が何ヘルツとかいうのはこの際あまり意味をなさないのです。
シンバル等の音色を低音部で鳴らしても高周波は出ます。

蛇足ですが

>マライヤ・キャリー(Mariah Carey)の声帯からは実に6万Hzの振動が実験で
>検証されているそうです。

6万でなくて6000Hzでは?60KHはあり得ないです。
だとしたらマライヤ・キャリーに限らず、多く出るか少ないかはともかくとしてその周波数はだれでも出ています。

>それでは、大体0~5000Hzということですね!
それはあり得ない。

『DTM音源で出せる周波数帯域は?』ととらえると。
下は50hzくらいから、上は軽く16~18khくらいは軽く出ています。
音源によってはもっと出ます。
可聴範囲を超えた音も出ます。

No.5の方の言う通りMIDIと実際出る周波数は直接関係なく、また音域も関係あるとはいえ、倍音構成のほうが遥かに大きい問題です。

「C3が鍵盤のどこか」もメーカーによって違いますし、音色によりオクターブがずれていることもあります。
なりより基...続きを読む

Q階下への防音 遮音マット or グラスウール 

2F子供の走る音がなるべく1Fリビングへ響かないようにしたいと考えています。

ゴム製の遮音マットを勧められましたが、他に床下へグラスウールを敷く方法と、石膏ボードをフローリングの下に敷く方法があることを知りました。

低音のドーンドーンという音を軽減させる為にはどの方法が効果ありますか?
またコストの違いも教えていただけたら有難いです。

Aベストアンサー

階下への防音は床そのものが振動し、空間を伝わる部分と床や柱などの構造体を通して伝わる振動とがあります。

今は気密住宅の家も多く、音がこもりやすいですよね
子ども部屋の壁や床にマットや石膏ボードで覆い、なおかつ床下や壁の中にグラスウールなどを充填する必要があります。

要はお金がかかりますので、どこまでの遮音性能を求めるかだと思います。
遮音マットを引くのが音を防ぐのには一番効果的だとは思いますよ
費用については面積や構造で変わってくると思いますので、まずはそれぞれの方法で見積もりを作ってもらうのが一番だと思いますよ

Q音の周波数について教えて下さい

エフェクターなどでヴォーカルをカットする機能とかありますが、
原理は歌声の域の周波数をカットするのですが、ここで質問があります。

声も楽器も(楽器じゃなくても)同じ音程の音を出している場合、周波数は全くいっしょなのでしょうか?
もしそうなら、周波数が同じで音色の違いというのは何が違って音色が違うようになっているのでしょうか?

声も楽器も同じ音程の音の周波数がいっしょなら、
ヴォーカルカットのエフェクターでは声だけではなく、その周波数域の楽器の音もいしょにカットされるのでしょうか?

すみません、教えてください。<m(__)m>

Aベストアンサー

こんにちは。
楽器の音色というのは、単音でもいくつかの周波数の混合で表現されています。
もっとも純音に近い楽器はフルートでしょう。

偶数次倍音(2、4、6・・・倍音)、奇数次倍音(3、5、7・・・倍音)などの分布が楽器によって異なり、音色を特徴づけています。

帯域カットでこの中の特定の倍音(基音も含めて)カットされると、当然楽器の音色に影響します。
沢山の倍音を含む音程、ヘテロダイン効果により、他の倍音の和、差によるカバーがあるので影響が出にくくなります。
伴奏もソロよりバンド・オケなどの方が沢山の倍音を含むので影響が出にくくなります。

逆にフルートのような楽器で伴奏してるのを帯域カットしたら悲惨な事になります。

Q防音室(音楽用スタジオ)の防音(遮音&吸音)について助けて下さい!

録音&リハとして使えるような小さな音楽室を持ちたいと考え、それを設計士に伝えた所、スタジオは初めてではありますが、精力的に取り組んで頂きました。

実施設計図面が出来たのですが、何ぶん彼がスタジオ設計のプロではないので少し不安があります。

★広さ
●9畳位(ドラムも入る)一階です。
★外壁
●外壁/サイディングt=12通気金具t=18
●ブレース/FB-90×6
●縦胴縁/42.5×45@455
●CB C種/t=100(穴部モルタル充填)
●鉛シート貼り(コーナー部分のみ)
●モルタル/t=30塗り
●胴縁/60×30@455(吸音材ロックウールBDKt=50)
●内壁/PBt=12 5 AEP
★床
●タイルカーペット t=6.5 
●下地 構造用合板 t=12 捨貼
●根太 45×45@455(断熱材スタイロフォームt=45)
●大引 90×90@910
●束 90×90@910
●束石 200×200×100@910
★天井
●吊木 45×45@455
●野縁受 45×45@910
●野縁 45×45@455
●遮音材 粘着遮音シート t=2.3
●天井 PB t=12.5+9.5-12.5 AEP
★換気扇
●防音換気扇ロスナイ/三菱VL-100EU3-J
(配管、ベントキャップは防音仕様とする)
★隣室との間仕切り(浴室)
●外壁と同じ造りで、外壁材がないだけの様子
●防音扉は一枚
小さい防音複層ガラス窓があるドアで、
レバーハンドル、ドアチェック(コンシールドタイプ・ストッパー付)MIWA700又は同等品)下枠、SUS304木枠あり。と書いてあります。
楽器演奏対応としてはどの程度まで外に音が漏れるのを防げるか、御意見頂く事はできないでしょうか?

録音&リハとして使えるような小さな音楽室を持ちたいと考え、それを設計士に伝えた所、スタジオは初めてではありますが、精力的に取り組んで頂きました。

実施設計図面が出来たのですが、何ぶん彼がスタジオ設計のプロではないので少し不安があります。

★広さ
●9畳位(ドラムも入る)一階です。
★外壁
●外壁/サイディングt=12通気金具t=18
●ブレース/FB-90×6
●縦胴縁/42.5×45@455
●CB C種/t=100(穴部モルタル充填)
●鉛シート貼り(コーナー部分のみ)
●モルタル/t=30塗り
●胴縁/60×30@...続きを読む

Aベストアンサー

二重構造になっていないようですね。それでは高い防音性能は出ません。

基本は部屋の中に更にもう一つの部屋を作るように入れ子構造で振動を遮断することが必要です。
床、壁、天井すべてが分離された構造になっている必要があります。
もちろん空中に浮かせることは出来ませんので、床面では専用の防振支持器具などを使い支えるようにします。

室内の音響環境については専門家でないと事前に知ることは困難ですから、始めはライブでも良いので出来上がってから吸音材その他でライブ過ぎたら調節するなどの工夫も必要でしょう。
なお、正方形型の部屋は音響環境としては最悪です。長方形にしましょう。

Q音の周波数、ヒールでアスファルトを歩く音、おばさんの話し声、バイクの音

音の周波数、ヒールでアスファルトを歩く音、おばさんの話し声、バイクの音、
がどのくらいの周波数か知りたいのですが、
Webで検索しても見つからなくて困っています。
上記のうち、1000-4000Hzのものはあるでしょうか?
おおよそ、どの程度なのかだけでもわかると助かります。

Aベストアンサー

この3つの音の中で、ヒールでアスファルトを歩く音が一番高いと思われます。
測定していなくて推測ですが、1kHz前後の周波数ではないでしょうか?
おばさんの話し声は、音の強さが大きいだけでそれほど高くはないはずです。
(たぶん200Hz~400Hz 程度)
バイクの音は、100H~数百Hz程度が支配的ではないでしょうか

Qリフォーム 遮音・グラスウールについて

現在10畳程の和室を洋室にリフォームしようと考えております。
隣の部屋が壁一枚で母の寝室なので、夜中のTVの音漏れや話声が迷惑にならぬよう考えております。
そこで、リフォーム会社 2社に見積もりを依頼したのですが、
A社 遮音シート・テープでの防音
B社 グラスウール入りの壁での防音
の見積もりが来ました。

どちらも説明は聞いたのですが、ハッキリとした答えが見つかりません
金額的にも、ほぼ一緒なので、どちらが良いでしょうか?

Aベストアンサー

寝てる時は、足音の方が響くかもしれません
足音が床を伝って響く場合があります

隣室との間に壁以外に扉などがあれば、遮音工事のメリットは非常に小さいと思います
音は漏れます。振動は伝わります。
遮音と、防振は異なる問題なので、それぞれの対応を誤ると意味がないものになります
また、過度の期待は持たない方が良いです
深夜は、昼間なら全く気にならない生活騒音すら聞こえるものです

フローリングの床下に遮音、防振などの対策を合わせてすれば、より良い結果になると思います
フローリングにカーペットを敷くだけでも差は出ます

ちなみに、グラスウールは吸音材です

Q音の周波数について

モーツアルトの音楽は8000Hz以上の
高音域の音をふんだんに使っていると聞きましたが

この音の周波数とはどのようにして
計測するのでしょうか??

素人でも可能でしょうか??

また、もしご存知でしたら
お寺などにある「チーン」と叩く金のお椀は
どのくらいの周波数を持つのでしょうか??

Aベストアンサー

(1)>モーツアルトの音楽は8000Hz以上の高音域の音をふんだんに使っていると聞きましたが・・・

意味がわかりません。
例えば88鍵のピアノ(標準のピアノ)の最高音:c6の基本周波数は4186Hzです。
聴いてみればわかりますが、これくらいになるとほとんど無味乾燥な音色で
とうてい「楽音」と呼べるようなしろものではありません。
勿論無数の倍音はあるでしょうが、これらは意識して作れるものではありません。
楽器全般を通してみても、8000Hz以上に基本周波数を持つ楽器が
あるとは到底思えません。
(わたしが知らないだけかも知れませんが・・・)
考えられるのは、「特別に倍音を強調する部屋で演奏する」ことくらいですが、
これは演奏上の問題であり、「モーツァルトが多用した」ということには
ならないと思います。
なんか「健康食品」と銘打っているだけの怪しげなものを連想します。(失礼)

(2)>この音の周波数とはどのようにして計測するのでしょうか?

一般には、FFT(Fast Fourier Transform)Analyzer:高速フーリエ変換周波数
分析器を使用します。
下記URLにピアノの[A]を叩いたときのスペクトルが赤線で表示されています。
(長いので大変ですが、スクロールして真ん中あたりを探してみてください。
スペクトル図があります)
http://www2s.biglobe.ne.jp/~ebiebi/sound/chapter01.html

基音(440Hz)の倍音の他にE6,C7なども観測されています。
E6は基音の3倍に、Cシャープ7は5倍に共鳴したものと思われます。
勿論基音の3倍、5倍もあります。E6,C7の隣に並んであるのがそれです。

(3)>素人でも可能でしょうか?
WaveSpectraを使えば簡単にできます。しかし、その中身を理解するには
かなりの知識が必要でしょう。

(3)お寺などにある「チーン」と叩く金のお椀はどのくらいの周波数を持つ
のでしょうか?

わたしはWaveSpectraをバージョン1から使っています。
最近はやっていないのですが、久しぶりに引っ張り出してきて、仏壇にあった
かね(これはリンというものだそうです。叩くのがリン棒)の音をマイクで
拾ってWaveSpectraにかけてみました。
(罰が当たりはしないかと心配です。(^_^;))

結果を記載します。

周波数(Hz) 150.7  236.9  473.7  786 1044.4  1259.7  1518.1
レベル(dB) -59.6  -66.9  -20.1  -55.5  -45.2  -14.3  -56.3

続1
周波数(Hz) 1733.4 1841  2304.1  2530.2  2788.5  3133.1
レベル(dB) -56  -51.7  -10.1  -56.1   -51.8   -54.2    

続2
周波数(Hz) 3262.3  3606.8  3865.2  4070  4618.9  4855.7
レベル(dB)  -49.7  -10.5   -59.4  -56.4  -50.7  -50.6

続3
周波数(Hz) 5124.9  5598.6  5910.9  6384  6492  6858.3  8807.1
レベル(dB) -16.4    57.2  -50.7  -55.3  -53.2  -28.6  -19.2

注1 数値は静止画像からピークレベルを拾い出した
注2 -40dB以下は極めて低いレベルであるが、規則性があるのであえて記載した

意外でした。
あのチーンという澄んだ音色から、倍音関係を拾うのは簡単だ、と思って
いたのですが、ほとんど規則性がありません。
WaveSpectraは精度と読み取りにいまいち難があるのは確かですが、誤差を考慮しても
これはひどいです。

WaveSpectraを使うのは簡単ですが、測定結果を解析するのはかなり難しいと感じました。
質問者さんはこの結果をどう見られますか?

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~ebiebi/sound/chapter01.html

(1)>モーツアルトの音楽は8000Hz以上の高音域の音をふんだんに使っていると聞きましたが・・・

意味がわかりません。
例えば88鍵のピアノ(標準のピアノ)の最高音:c6の基本周波数は4186Hzです。
聴いてみればわかりますが、これくらいになるとほとんど無味乾燥な音色で
とうてい「楽音」と呼べるようなしろものではありません。
勿論無数の倍音はあるでしょうが、これらは意識して作れるものではありません。
楽器全般を通してみても、8000Hz以上に基本周波数を持つ楽器が
あるとは到底思えません...続きを読む

Qグラスウールは意味ないですか?(防音)

マンション(鉄筋コンクリート造)で上の階からの騒音を防ぐ為に
天井裏にグラスウールを入れてもグラスウールは吸音材なので
意味はないのでしょうか?

Aベストアンサー

防音材料には遮音材と吸音材があります。
遮音材というのは外部から内部への音の伝搬を防ぐものです。一般に重量物です。

吸音材は反射を防ぎ、内部の音を減少させるもので、透過する音自体はあまり減らないと思います。構造としては不均等な穴が空いた構造をしていることが多いです。

グラスウールは吸音材料なので、上階から透過してくる音を防ぐ意味ではあまり効果がありません。

平行面があるとその間で反射が発生して音が大きくなることが知られています。壁などボードで造る場合ボードとボードの間の反射を防ぐ意味でよくグラスウールなどは使用されます。なお、この反射する音は周波数特性があります。

そういった意味では、上階の床スラブと天井内の間の空間に入った音自体は吸音して減らすことができますが、先に挙げたような壁の厚さと異なり、天井懐はかなりあるので、その間の反射は聴感に影響があまりない低音部分の増幅です。
この部分の反射を防ぐことに物理的には効果があったとしても、聴感的にはあまり変化が感じられない可能性が高いと思います。

後天井はあまり積載物を指示できないので、間びっちりとなると構造的に問題が出るのではないかと思います。
また、コンクリート部分にアンカーなどを打ち込む行為は、分譲マンションでは共有部分の変更に該当すると思われますので、管理組合の許可(賃貸の場合は大家の許可)が必要ですので、現実的にはかなり難しいですね。

防音材料には遮音材と吸音材があります。
遮音材というのは外部から内部への音の伝搬を防ぐものです。一般に重量物です。

吸音材は反射を防ぎ、内部の音を減少させるもので、透過する音自体はあまり減らないと思います。構造としては不均等な穴が空いた構造をしていることが多いです。

グラスウールは吸音材料なので、上階から透過してくる音を防ぐ意味ではあまり効果がありません。

平行面があるとその間で反射が発生して音が大きくなることが知られています。壁などボードで造る場合ボードとボードの...続きを読む

Q絶対音感と音の周波数

音の高低は周波数で決まると学びました。そうでしたら、絶対音感を持つ方は絶対周波数感もある、となりますでしょうか?

絶対音感=絶対周波数感とイコールになるのか自信がなく質問させていただきました。
もしお答えいただけましたら幸いです。
どうぞお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、周波数に「絶対」とか「相対」はありません。
数字で表される「値」でしかないです。

絶対音感≒周波数 ということは言えると思いますが、完全に一致はしません。
なぜなら、絶対音感を持つ人も(高音では)1Hz単位の聞き分けはできないからです。
絶対音感を持つ人の多くが1音程の1/4~1/10くらいまでを聞き分けますが、
1Hz単位の数字が出るわけではありません。
※訓練すれば低音部では1Hz単位の数字を出すことは可能でしょうが、これは
幼少期にやらなとできないものです。

また、音楽の世界でも基準となる周波数は変遷しています。
音楽が盛んになった中性に、ラの音=440Hzに定められ、そこから相対的に
全ての音が決定されましたが、現在では高音が好まれるため、ラの音=442Hzで
チューニングすることが多くなっています。ですから、音の基準自体に微妙な
違いがあるので、絶対音感を持つ人でも完全に周波数を出すことは無理です。

現在、絶対音感を持つ人に周波数の対応表を渡せば、有効数字2~3桁の周波数は
出るでしょう。

Qグラスウールとロックウール

どちらが断熱性能がよいのでしょうか?いいところ、わるいところを教えてください。

Aベストアンサー

断熱性のことはわからないのですが
断熱材の粉塵はロックウールの方が塵肺の率が高いようです。
初期の防塵マスクのフィルターにはロックウールのフィルターが使われていたそうですがロックウールが害が大きいことがわかりグラスウールに変わったそうです。
施工以外で断熱材の粉塵が舞うことは少ないと思うのですが健康上の知識として知っておくとよいかもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報