私の部屋の前から天気のいい日にはよくお月様が見えるのですが,普段はほとんど月の色は黄色っぽい色なのですがたまにものすごく赤く見えることがあります。月の色が赤く見えるのはどのような現象でおこっているのでしょうか?どこかの本で読んだような気もするのですが
ご存知の方教えて下さい。

A 回答 (4件)

 


 
>> 私の部屋の前から‥(中略)‥たまにものすごく赤く見えることがあります。 <<

 「赤い月」の説明の定番は、月が地平近くにあるときの大気散乱↓
http://www.nao.ac.jp/J/QA/faq/a0203.html
です。なのですが、例えば 部屋の窓などから 毎日同じ高さの月を見慣れている人が「たまにものすごく赤い」と言ったり、「月は天空高く昇っていたが変に赤かった」という よくある話題の原因は; 意外かも知れませんが「月蝕」が絡んでる場合があります。

 ↓は過去ログです。大気散乱の説明ばかりだったので、No.6 でこのことを書いたのですが、見れば分ると思って詳しい説明をしなかったので、皆既月食のときだけの特別な話かと思われてしまったかも、と反省してます。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=888314

 ↓月蝕の本影と半影の説明図。
http://astro.ysc.go.jp/eclipse/eclipse-fig2.jpg
 ↓実際の大きさ関係はこんなです。(上記過去ログで引用した月蝕です。)
http://sunearth.gsfc.nasa.gov/eclipse/LEplot/LEp …
 実は、月蝕と言ってるのは本影にすっぽり入ったりかすめた場合だけで、半影に入ったり 半影をかすめるだけの場合はニュースにも取り上げられないので 一般の人は知りません。そして こうなる状態は年に何度かありまして、質問者さんのように「ふと見たらいつもより赤い! しかし時間が経って見たらいつもの黄色だった‥ あれは何だったんだろう」と心に残ります。影を通る時間は(かすめの度合いに依りますが)数時間以内です。
 図で判るとおり月蝕のときは満月です。これが地平から昇る「月の出」と重なると 大気散乱が加わって「なんだあれは!」と不安をかき立てるほどの赤い月が昇ってきます。(このときは大気散乱が二重に仕事してます。太陽→地球の大気で散乱→月を照らす→その反射光が地球へ→もう一度散乱しつつ→目撃者の眼へ。 地球と月の往復時間は2秒ほどです。)

 こんどその現象を見たら、日時とお住まいの場所などを併記して ここにでも質問すれば、月蝕が絡んでたのかが判ります。
もしこんなことに興味がおありでしたら;
 「日蝕や月蝕は 太陽と地球と月が一直線に並んだ時」ですよね↓、
http://www.moonsystem.to/eclipse/ptarn.gif
 ↑これを地球中心に見ると↓
http://astro.ysc.go.jp/eclipse/kodo-hakudo.jpg
 太陽の黄道(こうどう)を月の白道(はくどう)が横切る点を昇交点と降交点と呼んでます。これが「太陽と地球と月が一直線」になるところで、地上から見ると星座を背景に↓
http://www.moonsystem.to/weekly/imag/yelwhi.gif
 これらに照らし合わせれば 判断がつきます。


 なお、天空高くて半月のときに赤く見えた場合などは、この月蝕(満月に限る)による説明とは別の現象と思います。自然現象は多様ですね。
 
 

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=888314, …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ここまで,懇切丁寧に説明していただけると頭が下がります。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/06/15 18:03

下記#1でご紹介の過去の回答ですが、「赤い光が通りやすい」という点は確かに合っているのですが、原理については残念ながらどれも正しくないので、正しい回答を書いておきます。



これは、短波長の光(つまり緑~青い光)の方が、

  「散乱されやすい」

ためです。散乱の担い手は主として大気中の窒素分子や酸素分子で、「光の波長よりも十分小さい粒子」です。このような散乱現象をレーリー(Rayleigh)散乱と呼びます。レーリー散乱では、散乱効率(正確な用語では散乱断面積)が波長の4乗に反比例するため、波長が短いほど散乱されやすいのです。そのため、青い光は散乱されて逃げてしまい、散乱されにくい赤い光のみが目にはいるのです。また、回答の一部にある「水分」等は通常、粒径が光の波長程度以上あるため、散乱に関してほとんど波長選択性がなく、ミー散乱(狭義の)と呼ばれます。雲が白く見えるのはこのためです。これらは「散乱」現象であって、「吸収」や「反射」ではありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

No.3の方の回答が最も簡潔明瞭な回答だったのですが,No.4の方の回答が大変労作なので,良回答はNo.4にさせていただきました。お気を悪くしないで下さい。大変わかりやすくためになりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/06/15 18:09

考えられるのは以下の2つです。


1.月が地平線近くにあり、「月からの光が大気で拡散」して赤以外が届かなかった。(ようは夕日が赤いのと同じ原理)
2.月食に近い位置関係で、「太陽から月への光が地球の大気を通り抜ける際に1の現象が発生」し、赤のみの
光になった。

どちらにせよ「光が大気を通る間に赤のみになってしまった」ということです。
    • good
    • 0

過去の質問に同じものがありますので参考に…



参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1410068
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q満月を少し過ぎた月がオレンジ色のわけは?

数日前の月は、とても低い位置にあり、まん丸に少し欠けたオレンジ色でした。満月を少しすぎた月がときどきオレンジ色になるのはどうしてでしょうかと、ある映画で子供が質問していたけど、どうしてだか理由を知っている人がいしまたら教えてください。m(_ _)m

Aベストアンサー

 
 
 「夕焼けと同じ現象」という説明が出そろってますので、よく似た現象の話を。
これは4年前7月のイベントです、覚えてますか。
http://www.infoaomori.ne.jp/fujisiro/tle0007_seiya.htm

 この時刻、地球の影に完全に入ってるんですが 真っ黒にはならず このように赤黒く見えていました。
これは 太陽の白色光線が 地球をかすめて通る所で「夕焼け色に変色」しながら曲がり、一部が月に届いた色です。


満月の色; 太陽→月で反射→地球大気で夕焼け→眼
月蝕の色; 太陽→地球大気で夕焼け→月で反射→眼

 
 月蝕の方は一部しか届かないのでとても暗いんです。肉眼にはオレンジでなく鉄サビ色に見えました。そのため却って神秘的な光景でしたね。
 
 

参考URL:http://www.infoaomori.ne.jp/fujisiro/tle0007_seiya.htm

Q月が赤いのはなぜ?

こんにちわ。私は中学2年生のdaianaです。
今、科学研究で月や太陽について調べているのですが、わからない事があるんです。
この前、夜に月を見たら少し赤く見えました。
不思議に思い、学校で先生に聞いてみましたが説明が難しくて、イマイチよくわかりません。
この事について少しでも説明してくださる方はいませんか?
月の位置がやや低めだったことから私なりにいろんなところを調べて、夕焼けと関係があるのかな、とは思いましたが、確実な情報が欲しいのでよろしくおねがいします!!
あと、贅沢ですみませんが、わかりやすい説明でお願いします!!m(u.u)m

Aベストアンサー

あるHPから引用します。
ときどき、月の色が、赤やオレンジ色に見えることがあります。

 月が赤っぽく見えるのは、大気の影響による現象で、朝日や夕日が赤く見えるのと同じ理由です。月の出、もしくは月の入りのときのように、月が地平線(水平線)に近いときに、赤っぽく見えやすくなります。

 普段、私達が目にする光の中には、虹の七色で表現されるように、青い光から赤い光までいろいろな色が混ざっていて、全体としては白っぽい光となっています。月からくる光も最初は白っぽい光です。しかし、月の光が私達の目に届くまでには、光が地球の大気の中を通過しなければなりません。
 青い光は赤い光に比べて、地球の大気の中を進む途中で大気の分子にぶつかって、あちこちに散乱されやすい性質があります。このため、大気の中を長く通過すればするほど、青い光は私達の目に届きにくくなります。一方、赤い光は大気の中を通過しても、散乱されにくいので、私達の目まで届くことができます。

 さて、丸い地球をとりまく大気の厚さは、どこでもほぼ同じですが、地上から見ると、見る方向によって、厚さが違います。頭の真上の方向がいちばん薄く、水平方向に近くなればなるほど厚くなっていきます。
 地平線(水平線)近くに月があるときは、月からの光が、厚い大気の中を通過することになります。すると、青い光は届きにくく、赤い光だけが私達の目に届きます。そのため、月が赤っぽく見えるのです。

 どんな形の月でも(月だけでなく実は星も!)、地平線近くにあるときには赤っぽく見えますので、一度よくご覧になってみてはいかがでしょうか。

とのことです。

あるHPから引用します。
ときどき、月の色が、赤やオレンジ色に見えることがあります。

 月が赤っぽく見えるのは、大気の影響による現象で、朝日や夕日が赤く見えるのと同じ理由です。月の出、もしくは月の入りのときのように、月が地平線(水平線)に近いときに、赤っぽく見えやすくなります。

 普段、私達が目にする光の中には、虹の七色で表現されるように、青い光から赤い光までいろいろな色が混ざっていて、全体としては白っぽい光となっています。月からくる光も最初は白っぽい光です。しかし、月...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報