私は献血をよくするのですが,AB型なので大変ありがたがられます.逆に友達でA型の人は,「A型はたくさんあるんだよね」といわれたことがあるそうです.
献血センターの前にしばしば献血案内が出ており,よくそこでも,「AB型が特に不足しています」なんて書かれています.

それで思ったのですが,日本人の血液型の人数の割合は,A,O,B,ABの順に4,3,2,1割と聞いたことがあります.
しかし,割合だけで考えれば,怪我や病気で輸血が必要になる人の血液型の割合って,当然上記の割合に近いものだと思います.すると,必要な血液も,その割合に限りなく近くなるはずであって,特定の血液型だけが不足するのって,確率上不思議なことではないでしょうか?

どうでもいいようなことですが,不思議に思い出してしまいました.皆さんはどう思われますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

統計学的に考えれば、数が少ないAB型は一番「大数の


法則」の恩恵を受けずらいのではないでしょうか。

つまり、「需要量/供給量」という数値を作ってみると、
最も上下にブレやすいことになります。コイン投げに
例えれば、100回投げたときの「裏/表」はほぼ1に
近い数字がでますが、25回だけのときは1から大きく
はずれた値も出やすくなります。

血液はなまものなので、余ったときの血液は有効に活かし
切れず、不足した時のみが目立つことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。私は統計学のことはよくわかりませんが、
例え話も具体的で大変わかりやすく、納得しました。
これからもどんどんAB型を献血します。

お礼日時:2001/10/07 22:45

季節により献血者の変動があるためです。


冬場は献血者が減るため血液も不足しがちになります。

◎ 不足した場合、近くの血液センター間で血液を融通しあうこともあります。
このような時、センター職員は駆けずり回って血液を集めていると思います。(勝手な想像ですが・・)

参考URL:http://www.kenketsu.org/q_a/index.html
    • good
    • 0

 こんちわ。


 B型の献血大好き人間です。人の血液型は、通常の血液型と潜在の血液型2つ持っているそうです。
 私の場合は両親の両祖母もB型のためBB型と言われるそうです。
 AA型とBB型の両親の場合A型B型O型AB型の確立がそれぞれ25%ですが、
AO型とBO型だと、AB型の確立は低下するみたいです。詳しくは分かりませんが。

 また、A型とO型やB型とO型では、前者でA型O型、後者でB型O型は生まれますが、AB型はできなかったような気がします。

 従ってAB型を持つ人は少なく、血液型別の輸血ではABは貴重?なものなのでは・・・・

 献血時に看護婦さんとしばしの間話したとき、全血(200、400)は保存しても2週間しか持たないそうです。赤血球そのものの寿命が短いとかで・・・
 全血は主に大量出血の際に必要で、手術では、血小板と血漿があれば間に合うとの話もききました。
 そのため長期保存が可能で好意を無駄にしないで有効に使えて、献血者の負担が少ない成分献血が広がったとも聞きました。

 でも成分献血は時間がかかるし、血液を戻されるときに、なんか汚いものが帰ってくるようで(関係者の方すみません。)自分的にはちょっと苦手です。
    • good
    • 0

するどい質問ですね、備蓄分て事ではないのかな。


最終的に消化される割合は、パラレルに近いでしょうが必要とする患者は割合順で発生しません。
需要の多い施設なら別でしょうが、最も需要の少ない施設では最低必要分を4種類確保するでしょうから、結果としての不動在庫が消費以上の需要となる。
て事じゃないのでしょうか。
    • good
    • 0

医師として輸血をオーダーする場合や、血液製剤の材料(このあたりは基本知識しかありませんが…)をいくつか考えましたが、血液型の違いを説明するにいたりません。


ただし比較的多くの血液があれば、近県からの融通が利くと言うことと、同じ血液型でもクロスマッチの結果によっては使えない場合もあるということは参考になりますでしょうか?(例えばA型の人は多くのA型の血液を並べて、反応の出ないことを確認できたものだけが使われる。またAB型は元々が少ないため、こうした検査まで十分に行おうとすると数の少なさがさらに浮き彫りになる。…結局、献血量そのものが元々少ないのではないでしょうか。血球については捨てているところも多々ありますが。)
本題とは関係ありませんが、『「A型はたくさんあるんだよね」といわれたことがあるそうです』この場合は発言者の氏名を確認して日赤に苦情を言うべきだと思います。善意の気持をやみに葬るもので通常許されない発言です。
    • good
    • 0

 面白い質問です!! 考えても見ませんでした。



 確かに、数字的に考えていくとその理論になってしまいますね。しかし、数字どおりにならないのがこの世の常でして、献血する人よりも献血を受けたい人が多かったり、時期的に需要があったり・・・色々な要素があるのでしょう。献血は高校生から出来て上限年齢がありますよね。しかし、献血が必要な人の対象は、今、生まれた乳幼児から生死をさまようような高齢者までですから、そこでアンバランスが生じるのでしょう。
    • good
    • 0

献血って多くても400くらいまででしたよね?


それが一回分の献血ですよね。
一人の人間を手術するのに必要な血液って
もっとかかるんじゃないかな?たぶん。
一人手術するのに2リットル必要とすれば単純に5人分ですもんね
そーなるとやっぱり少ない血液がさらに少なくなるわけで
足りなくなっていくんじゃないかな?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q献血の結果で・・

献血をすると血液検査の結果も後日通知してもらえるそうですが、どんな病気が分かるんでしょうか?
HIVは通知しないそうですが、例えばガンや糖尿病などは分かるのでしょうか?
今後病院などでも血液検査をしてみたと思っているのですが、病院の検査とは違うのでしょうか?
不謹慎かも知れませんが、献血する機会があるので聞いてみたいと思いました。

Aベストアンサー

詳しくは、日本赤十字社のHPを見てもらえればわかります。
結論から言うと、
HIV→通知してくれません
肝炎→希望者のみ通知してくれます
梅毒→希望者のみ通知してくれます
ガン→血液だけでガンとは確定できません。
GOT、GOPなどの数値が高ければ医療機関でも診察を勧められます。
糖尿病→これも血液を一度だけ採取してもわかりません。
食事後はだれでも血糖値があがります。しかし、以上に高ければ医療機関での診察を勧められます。

よって、献血時にやってくれる生化学検査では、健康診断以下、参考程度にしかなりません。ちょっとしたサービスだと思いましょう。
病院でやる血液検査は、特定の病気を疑って検査しますので、いろいろわかります。
肝炎・梅毒等は感染していればわかりますが、検査目的の献血はゼッタイにしてはいけません。
輸血・血液製剤として使用される前に安全な血液かどうかチェックしますが、感染症の感染後すぐは検査に引っかからないことがあるからです。

参考URL:http://www.jrc.or.jp/

QAB型の血液は献血に不向き?

ちょっと質問したいのですが、生物の時間に習ったのですが、AB型の血液は、赤血球に抗原をAとB両方持っているので、誰にも輸血できないと聞きました。ということは、AB型の自分は輸血しても意味がないということになるのでしょうか?

Aベストアンサー

あらかた回答は出揃っていますが、足らない点も含めてまとめておきます。

まず輸血の際は、ABO 型だけではなく、少なくとも Rh (これはアカゲザルの血液と混ぜたとき凝集するかしないかで判定しますが) はあわせます。

ABO は、赤血球膜にある糖脂質の糖鎖構造で決まり、
 O: H 型物質 (構造知りたければ、補足します)
 A: H 型物質 に、N-acetylgalactosamine がさらに結合した A 型物質
 B: H 型物質 に、Galactose がさらに結合した B 型物質
AB: A 型物質と B 型物質
がそれぞれあります。同時に、液性成分である血漿中には、IgM 分画に属する抗体 (凝集素) が、これは自然に存在します。従って、それぞれの型物質に対する凝集素が自己の血漿中にあるならば、体内で凝集から溶血が起こることになり、流石にうまくできていて、この現象は通常起きません。A 型物質と反応する凝集素をα、B 型物質と反応する凝集素をβと記載することが多いんですが、これに従えば、
 O: α、β
 A: β
 B: α
AB: なし
になります。

全血輸血の場合は、Doner の血漿と Receipent の血球、Receipent の血漿と Doner の血球、をそれぞれ混ぜて確認します (交差試験)。また、O 型赤血球は、確かに型物質の問題はありませんが、このα、βが残っていると、輸血されたが、O 以外の場合、A、B 型物質 (本来ある血球上の) と反応する可能性もあるので、型をあわせてしまうのが良いのです。

あらかた回答は出揃っていますが、足らない点も含めてまとめておきます。

まず輸血の際は、ABO 型だけではなく、少なくとも Rh (これはアカゲザルの血液と混ぜたとき凝集するかしないかで判定しますが) はあわせます。

ABO は、赤血球膜にある糖脂質の糖鎖構造で決まり、
 O: H 型物質 (構造知りたければ、補足します)
 A: H 型物質 に、N-acetylgalactosamine がさらに結合した A 型物質
 B: H 型物質 に、Galactose がさらに結合した B 型物質
AB: A 型物質と B 型物質
がそれぞれあります。同時...続きを読む

Q献血の結果

献血をして検査結果通知がきました。
B型肝炎のHBs抗体検査の結果が陽性とありました。
HBs抗原検査の結果と核酸増幅検査でHBV-DNAは陰性とあります。
よって「現在HBVに感染していない可能性が極めて高い」と。
これは一体どういうことなんでしょうか。
以前にB型肝炎にかかっていたことがあるということでしょうか。
振り返ってみても感染するようなことは身に覚えがありません。
母子感染も決してないです。
今後献血はしないでくださいということも書いてありました。
HBs抗体がなくなればできるのでしょうか。
今後どうしていいかわかりません。
同じ通知をもらった方、専門家の方のアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

以前にかかったB型肝炎ウィルスを自分の体が免疫機
能でもってやっつけた。現在は、ウィルスは残ってい
ないと考えられる。

という状態が一番可能性が高いと思われます。

貴殿の年齢がわかりませんが、昔は、血液を介して感
染する事が知られていなくて、集団予防接種の針を通
じて感染した場合などもあるようです。その他の場合
だとしても、どこから感染したか特定することは、ま
ず不可能です。

「今後、献血ができない」。というのは、

B型肝炎ウィルスが、検出限界以下であるが、病気の
ため免疫機能の落ちた人に輸血をしたら、元気になっ
て、弱い人なら発症するかも知れない。

感染する機会があったことを示すので、他の未知のウ
ィルスがいるかもしれない。

などという事に対する保険的に、輸血用血液としては
使わない。ということです。残念ながら、日赤に登録
されており、例え、チェックを通り抜けて献血された
としても、その後、廃棄するという結果になります。

ご本人にとっては、「異常がないのに」という不満が
あるかも知れませんが、「まあ大丈夫だろう」という
事で許可して、薬害などを起こしてきた過去の反省か
ら、このようなシステムができあがってきました。残
念ながら、現在は、「ずっと献血はできません」とい
うお答えになります。

以前にかかったB型肝炎ウィルスを自分の体が免疫機
能でもってやっつけた。現在は、ウィルスは残ってい
ないと考えられる。

という状態が一番可能性が高いと思われます。

貴殿の年齢がわかりませんが、昔は、血液を介して感
染する事が知られていなくて、集団予防接種の針を通
じて感染した場合などもあるようです。その他の場合
だとしても、どこから感染したか特定することは、ま
ず不可能です。

「今後、献血ができない」。というのは、

B型肝炎ウィルスが、検出限界以下であるが、病気の
...続きを読む

QAB型です。言ったら嫌われそうで言えません 嫌いな血液型を教えてください 仲良くなれそうでも血液型を

AB型です。言ったら嫌われそうで言えません
嫌いな血液型を教えてください
仲良くなれそうでも血液型を言った途端嫌いになることはありますか?

Aベストアンサー

あなたと同じ型です。
色々言われてしんどくなったのですね。

血液型を言った途端嫌いになることは稀です。
あるとしたら、その人も相当嫌な思いをしたか
コンプレックスを抱いているだけだと思います。
立場はあなたと同じ、違うのは強気なだけ。

もし自信がないのなら「実はね私ABなの、これ言って
色々言われたんだ」と素直に伝えてみましょう。

あなたが物事を偏った見方をする人でない限り
ちゃんと受け止めてくれます。人って血液型よりも
もっとその人の持つ根本的なものを見てくれますから。

血液型の話になりそうな時は、ほんの少しだけ勇気を
出してあなたの悩んでる気持ちを伝えてみましょうね。

Q感染を防ぐため、献血後にエイズ検査の結果報告を

エイズは発症までに数年かかる病気です。ですからエイズにかかっているのを自覚無しに献血する人もいるでしょう。
献血検査段階で必ずエイズ血液検査や他のC型肝炎等の感染血液検査は実施されているはずです。
献血血液検査段階でエイズ感染が疑われた場合は、本人に通知すればエイズの拡散化も防げるはずです。
献血時の事前検査に「エイズの検査が目的ですか」との問いがあり、○をすると献血できないのはおかしいのではないでしょうか。
献血とは他の人の生命を助けるのが目的ですが、知らずに他人に移してしまうことを防ぐのも
医療じゃないんでしょうか。
私は50回以上献血しています。
エイズ感染を知らずに善意で何回も献血を繰り返す人への注意の促しと、知らずにエイズを広げてしまう現状を改善できませんでしょうか。
エイズ検査を目的で検査がてら多くの献血者が来すぎる事も怪訝されますが、献血者の住所、名前その他何かの方法を考慮できないものでしょうか。

Aベストアンサー

私も同じような疑問を持ち、日本赤十字社に回答を求めました。血液事業本部の担当様より、「感染者に対して早期治療を促す、または拡散防止についての重要性は認識しているが、検査目的の献血を誘発させないためにも、通知も告知もしないという方針を貫くことが、輸血を受ける患者を守ることになる」という趣旨のメールを戴きました。HIVなど、感染初期の一定期間は検査をしても反応しない空白期間(ウィンドーピリオド)が存在するため、もしも通知するというサービスがあると、この期間に当たる感染者が献血ルームに押し寄せ、検査を擦り抜けた血液が患者に輸血されてしまう危険があります。現状では、このウィンドーピリオド問題が解消しない中で、通知しないという方針は変えられないことを理解する必要があります。献血しても何ら通知されない、検査は保健所や病院でしか受けられないと強調することでしか、輸血される患者を守れないのです。HIVに感染していると、皮膚や粘膜の異常・痒みや発熱、倦怠感などの体調変化、白血球数や肝機能の数値で異常値を示してくるため、自覚無しに献血を繰り返す、などは難しくなるのでは。



【東京都赤十字血液センターWeb】より
Q なぜエイズ検査をしていないのですか?
A 輸血用の血液として患者さんにお渡しするために、献血された血液に対しては非常に厳格なHIVの検査を行っています。しかし、献血は検査をすることが目的ではありませんので、HIVの検査結果は通知しておりません。献血ではない一般の方のためのエイズ検査は保健所などで行われています。


Q エイズ検査結果も教えてほしいのですが?
A エイズ検査の結果を通知すると、HIVに感染しているかもしれないと思っている人が、HIV検査の結果を知る目的で献血する恐れがあります。現在の科学技術では、感染してすぐの時期にはHIVを検出できません。特に感染を起こす恐れのある行為をしたばかりで不安なために検査をしたいと思っている方の場合には、感染していても検査でわからないことが多いと思われます。そのような時期に献血されますと、検査をすり抜けた血液が患者さんに輸血されてウイルスが感染してしまう恐れがあります。このような理由でエイズ検査結果はお知らせしていません。より安全な血液を患者さんに届けるためにもご理解をお願いいたします。


Q 献血をするとエイズに感染しているかわかると聞いたのですが?
A 輸血用の血液として患者さんにお渡しするために、献血された血液に対しては非常に厳格なHIVの検査を行っています。しかし、献血は検査をすることが目的ではありませんので、HIVの検査結果は通知しておりません。献血ではない一般の方のためのエイズ検査は保健所などで行われています。
http://www.tokyo.bc.jrc.or.jp/qa/index2.html

参考URL:http://www.tokyo.bc.jrc.or.jp/qa/index2.html

私も同じような疑問を持ち、日本赤十字社に回答を求めました。血液事業本部の担当様より、「感染者に対して早期治療を促す、または拡散防止についての重要性は認識しているが、検査目的の献血を誘発させないためにも、通知も告知もしないという方針を貫くことが、輸血を受ける患者を守ることになる」という趣旨のメールを戴きました。HIVなど、感染初期の一定期間は検査をしても反応しない空白期間(ウィンドーピリオド)が存在するため、もしも通知するというサービスがあると、この期間に当たる感染者が献血...続きを読む

QABモザイクという血液型ってどういう性格分析になるのでしょうか?

先日、世界仰天ニュースで、「ABモザイク」という血液型が紹介されていたそうですが、友人から、「○○さんはABモザイクじゃない?!」って言われました。
私はAB型なのですが、ABモザイクという血液型だとしたら、どういう性格なのでしょうか?

また、かなり珍しいそうですが、どれくらい珍しいのでしょうか?

もしABキメラだとして、輸血のときは気をつけないといけないのでしょうか…?

Aベストアンサー

輸血の際心配なら精密検査をしてもらうべきです。
モザイクかキメラか分からない状態で、注意しても意味がありません。

血液型で性格分析ですが、実際にキメラと診断された人は、どうでもよくなったと言っています。
あなたの性格はあなたしか分かりません。
AB型モザイクじゃない?と言った人になぜそう思ったか聞いてみてください。
それが求めている回答にもっとも近いと思いますよ。

Q献血後に届く血液検査の結果

献血をして何日か後に送られてくる成分検査の結果についての質問です。

過去20数回献血をしています。
私はかなり太っていて、
もちろんカロリーの高い油ギッシュな物もよく食べますが、
「コレステロール値」はいつも標準値の真ん中ぐらいです。
これだけで、「自分のコレステロール値は正常だ」と思っていいのでしょうか?
それとも、その中で善玉とか悪玉があるって事ですか?
血圧も特に「高い」と言われた事はないです。
自分の体型・食生活からすると、とても不思議なのですが・・・。

ちなみに他の成分も標準値を外れた事はありません。
この結果だけで自分が健康だとは思いませんが、いつも届くのが楽しみです。

Aベストアンサー

かなりの肥満や高コレステロール食をたくさんたべる人でも、高コレステロール血症にならない人もいれば、ほんのちょっとでも標準体重をオーバーすれば、コレステロールが上昇したり、糖尿病になったりする人もいます。

こういう体質は遺伝的に決まっているようで、ご質問の方は、それだけ、健康な体質をお持ちということだろうと思います。(^^)

コレステロールには、総コレステロール、HDLコレステロール(いわゆる善玉)、LDLコレステロール(いわゆる悪玉)などの測定値がありますが、総コレステロールが正常範囲であれば、通常は、それだけで十分かもしれません。

どこかの文献で、定期的に献血をしてる人は、長生きをするという報告がありましたが、献血の検査値のフィードバックは健康管理に有用だと思います。(^^)

Q献血・輸血が可能な血液型について

「O型の血液の人は全ての人に血をあげられるけれど、もらえるのはO型のひとからだけ・・・」のように、”あげられる・もらえる”の関係をインターネットで調べようとしたのですが、どうも上手くヒットしません。(ホームページに限らず、知識としてでも)知っていらっしゃる方がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

参考URLに、図で示されていてわかりやすいですよ。

参考URL:http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec14/ch171/ch171b.html

Q献血時の検査結果

献血センターで献血を行う前に、一度採決し、血液検査をしますが「血液比重」「肝機能」は献血前にわかるそうです。これ目以外に献血前にわかる検査項目はありますか?又、献血した血を用いて色々検査をしてくれるそうですがどんな、検査項目があるかわかりますか?教えてください。

Aベストアンサー

献血前に調べる検査は比重と血型だけだったと思います。
肝機能はさすがにわかりません。
検査内容は参考URLに詳しくありますのでそちらをご覧下さい。

参考URL:http://www.jrc.or.jp/active/blood/flow/test.html

Q血液型A型やB型はOの有無に関わらず同一?

(類似質問の検索を曖昧にしかやっておりません。
よって、存在していた場合は申し訳ないです。)

A型やB型はそれぞれ
AAとAO、BBとBOの組み合わせが考えられますが、
それぞれAやBが優性なのでOがあろうが無かろうが特に
変わりがない、というのは本当ですか?
微妙に変わったりもしないのですか?

Aベストアンサー

面白いことに,気付きましたね.このことに対する正確な研究はないと思います.ただ,実際にこの点で問題となるのは,輸血の時です.輸血のときにAAかAOかで,区別しないので,おそらくほとんど変わらないのでしょう.しかし,微妙に違うかということになると,微妙に違うはずです.ただ,そのことが実生活上,医療上において,問題になる事が無いくらいの,違いでしょう.血液型のAというのは,Aというタンパク質を作り,赤血球の周りにアンテナのように出します.単純に考えれば,AAの方がたくさん作れそうなものですが,そこは相互作用などで,程よい量で生産stopということになり,AAもAOもタンパク質Aの量は同じくらいのはずです.でも,遺伝子の構成は違うのですから,何かが違ってもおかしくありません.しかし,それは確かめられるような,違いではなく,あなたが言う,微妙でほとんど区別が付かない違いと思えば良いと思います.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報