「アメリカ」という国名は誰がどのようにしてつけたのでしょうか?ご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

アメリカの名は、中部・南アメリカを探検したイタリア人アメリゴ・ベスプッチに由来するものです。


しかし、命名したのは本人ではないそうで、後に新大陸の地図を完成させたドイツの地理学者ワルトゼーミュラーが、アメリゴ・ベスプッチの名に基づいて、その地図に記したのが最初とのこと。

某書籍からの受け売りです。
    • good
    • 19

コロンブスが1492年にアメリカ大陸(実際はカリブ海の島々)に到達したことはご存知ですね。

コロンブスは探検の目的地であったアジアについたものと信じ、周辺の島々を回って中国や日本を探していました。コロンブスの後に多くのヨーロッパ人が新大陸を目指して探検に出かけました。その中のひとり、フィレンツエ(イタリア)出身のアメリゴ・ヴェスプッチは1503年、コロンブスが到達(発見)した土地はアジアではなく新しい大陸であると報告書を発表、これをドイツ人の地理学者
V・ミュラーが著書(世界誌序論)の中で新しい大陸は「アメリカ」にしようと
提案しました。アメリゴのラテン名アメリクスから命名したものです。

最初の発見者コロンブスは依然としてカリブ海周辺を探検しており(4回目)1504年に帰国した時は既にアメリゴの報告書がヨーロッパ大陸で知られていたものと思われます。コロンブスの名前はアメリカの州名(現在はコロンビア特別区)や南米の
コロンビアの国名として残りかろうじて面目をたもっています。ずるがしこいアメリゴのお陰で今日のアメリカの名があるわけです。
    • good
    • 7

アメリカの主流


イタリアの商人「アメリーゴ・ヴェスペッチ」に由来している。
アメリーゴ (Amerigo) というイタリア語をラテン語に読みかえてアメリクス(Americus) 、大陸は Asia も Europe も女性名詞なので女性名詞化してアメリカ (America) となった。
で、なぜ「アメリーゴ」かというと、1504年から翌5年にかけてフィレンツェで「新世界 (Nuovo Mundo) 」というトンデモ本が流行し、その主役がアメリーゴ。彼は数度その新世界(アメリカ)に行ったらしい。船長ではなかったけど、なぜか主役。地元民(フィレンツェ)だから?
そのうち、トンデモ本が伝記になって今にいたる。

イギリス発
イギリス出身の探検家「リチャード・アメリケ」に由来。
という主張をイギリス人グループが言っている。

真実はわかりません。アメリカ人に聞いたら「アメリーゴじゃないの?」とのこと。
    • good
    • 7

探検家、アメリゴ・ヴェスプッチの名前からです。


過去に同様のご質問がありましたのでご参照ください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=134777
    • good
    • 4

アメリカ大陸を発見したイタリアの探検家、アメリゴ・ベスプッチの名に由来しています。

コロンブスが発見したのは西インド諸島に過ぎません。だれがアメリカ、と命名したか、はちとわかりませんが、ある島などの名前が発見者の名になるのは珍しくありません(クック諸島、マゼラン海峡など)から、ごく自然にアメリカ、となったのではないでしょうか。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカの空母とその他の空母

アメリカ海軍の空母ってあまりミサイルとかその他防御兵器なんかの搭載量が少なくほぼ周りの駆逐艦や巡洋艦に頼っていることが多いと聞きました!
それは何故でしょうか?

フランスのシャルル・ドゴール空母やロシアの空母は単体でも戦闘可能と聞きますがアメリカは何故攻撃力や防御力を最小限に抑えたのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは


> アメリカ海軍の空母ってあまりミサイルとかその他防御兵器なんか
> の搭載量が少なく・・・

192発もの短SAM載っけている"クズネツォフ(ロシア)"は、まぁ
例外中の例外で(^^ゞ、他の国アメリカ(ニミッツ級)、フランス(CDG)
イギリス(インヴィンシブル)、それぞれの空母の個艦防御用の兵装
にそんな極端な差は無いと思います。

Nimitz(US):8連装短SAMx2、21連装近SAMx2、CIWS x2
CDG(France):8連装短SAMx4、6連装近SAMx2、20mm Gun x8
Invincible(UK):CIWS x3、20mm Gun x2

ってな感じですね。

また米軍(の艦船)に関しては、これらの兵装は、ほぼ全てSSDS
(Ship Self-Defence System)というセンサー類、処理装置、と
一体で制御される、統合個艦防御システム下に統合されていま
すんで、タマは少ないけれど効率的な防御が可能だと思います。


> シャルル・ドゴール空母やロシアの空母は単体でも戦闘可能と聞き
> ますがアメリカは何故攻撃力や防御力を最小限に抑えたのでしょ
> うか?

うーーーん、CDGに関しては個艦で、ってちょっと考えにくいですね。
まぁ米軍ほどの陣容は無理でも、作戦行動の場合は随伴艦が必ず
あると思います。

ロシアつまりクズネツォフについても、基本個艦でどうこう、ってことは
は無いと思うのですが、他国の空母に比べて「重武装」であることには
間違いはないですね。
まぁ、当のロシア海軍自身が"空母"とは呼ばず"重航空巡洋艦"など
という不可思議な呼び方(分類)しているくらいですから・・・。

こんにちは


> アメリカ海軍の空母ってあまりミサイルとかその他防御兵器なんか
> の搭載量が少なく・・・

192発もの短SAM載っけている"クズネツォフ(ロシア)"は、まぁ
例外中の例外で(^^ゞ、他の国アメリカ(ニミッツ級)、フランス(CDG)
イギリス(インヴィンシブル)、それぞれの空母の個艦防御用の兵装
にそんな極端な差は無いと思います。

Nimitz(US):8連装短SAMx2、21連装近SAMx2、CIWS x2
CDG(France):8連装短SAMx4、6連装近SAMx2、20mm Gun x8
Invincible(UK):CIWS x3、20mm Gun x2

って...続きを読む

Q国名を「日本」と決めたとき、「ひのもと」と発音していたのでしょうか。

国名を「日本」と決めたとき、「ひのもと」と発音していたのでしょうか。
それとも、「にほん」または「じつほん」と呼んだのでしょうか。

具体例です。
粟田真人以下の遣唐使が中国のある所に接岸したとき、中国側役人の「何処の使人ぞ」の問いかけに「日本国の使なり」と名乗ったそうです。

よろしくお願いします。

http://www.pathos.ne.jp/~nakamura/tanpopo/col02.html

Aベストアンサー

>>国名を「日本」と決めたとき、「ひのもと」と発音していたのでしょうか。それとも、「にほん」または「じつほん」と呼んだのでしょうか。

 日本が、使われた早い例は

1。「日本之大和の国の鎭ともいます神かも」(万葉集319)

2。「日本乃倭の国は、言玉の富ふ国とぞ」(続後紀嘉祥二年)

の二つが『時代別国語大辞典上代編』に出ています。いずれもヤマトと読む文字の前に出ているので、ヤマトではなく「ひのもと」と読んだと考えられています。

 これは国内用の読み方ですが、ご質問のような国際的な場面では、「日本」の中国読みだったと思われます。

 中古の中国音は nietpuEn (E は逆 e の音)と推測されています。遣唐使であるからには中国語の基礎はあった、あるはネイティブに近い通訳が同行したでしょうから、これに近い音が使われたと思います、

Qアメリカ軍の空母は何をしに来たのですか?。

アメリカ軍の空母は何をしに来たのですか?食料を運んできただけ?。

本当は福島の発電機火災をけすのが、任務だったのかな?

救援に空母は、大きすぎないかと思っていました。

原子力発電所の助っ人としてなら、意味がわかります。

実際どうなんでしょう、4号炉の火災はアメリカ軍が

消したんですよね。また火災が起こっているらしいけど。

Aベストアンサー

こんにちは


> アメリカ軍の空母は何をしに来たのですか?食料を運んできただけ?

米海軍の空母はご存じ"原子力推進"ですので、通常の艦船に比べ
遙かに長期間の洋上ミッションを継続展開する能力を持っています。

日本各地はもちろん、米国を始めとした海外からの捜索、支援要員、
燃料、食料、水、医薬品などの物資、これらは一旦三沢や横田を
経由してから、レーガンに運ばれ、そこでされに分配されて、ヘリなど
で現地にピストン輸送をしているそうです。

食料を運ぶ(もちろんその役目もありますが)と言うよりは、今は浮か
ぶ物流&配送センター、という役割でしょうか。


それと、空母はもちろん洋上の航空基地でありますが、同時にその
周辺空域の全航空機の管制も行います。

今、日本救援ミッション(作戦名:Operation Tomodachi)が展開されて
いる宮城三陸沖には、米軍はもちろんの事、自衛隊も含めると無数の
航空機が乱舞していると思われます。

レーガンCSGに随伴しているイージス駆逐艦は、その搭載ヘリコを使
って、洋上の捜索活動を行っているようです。

どの海域は捜索済み、どの海域に要救助者発見、人数多数のため
応援のヘリや船舶が必要、などの統制はレーガンのCDC(戦闘指揮
センター)がコントロールしているでしょう。


> 4号炉の火災はアメリカ軍が消したんですよね。

消火協力の要請をして、実際に出動準備はしていたようですが、到着
する前に"鎮火"と(一旦は)判断され、結局具体的な消火作業は行っ
ていないようですね。

もっともその(鎮火の)判断が甘くて、また本日物議を醸すような事態に
なっていますが・・・。

こんにちは


> アメリカ軍の空母は何をしに来たのですか?食料を運んできただけ?

米海軍の空母はご存じ"原子力推進"ですので、通常の艦船に比べ
遙かに長期間の洋上ミッションを継続展開する能力を持っています。

日本各地はもちろん、米国を始めとした海外からの捜索、支援要員、
燃料、食料、水、医薬品などの物資、これらは一旦三沢や横田を
経由してから、レーガンに運ばれ、そこでされに分配されて、ヘリなど
で現地にピストン輸送をしているそうです。

食料を運ぶ(もちろんその役目もありますが)と言...続きを読む

Qことわざ、というか教訓のようなもので以下の出典についてご存知でしたらご

ことわざ、というか教訓のようなもので以下の出典についてご存知でしたらご回答いただきたいと思います。

【大きな荷物を背負った老人が道を歩いていた。そこに荷馬車で通りかかった若者が老人を不憫に思い、荷台に乗せてあげた。目的地につき、老人をおろすと、老人はやはりしんどそうだった。荷台の上でも荷物を背負っていたからである】

子供向けのなぞなぞ集にあったものだと思うのですが、解答に出典が書いてあったような気が・・・ただし数十年前のことで思い出せません。旧約聖書なのか、なんなのか、さっぱり検討がつきません。出典があるとすれば、どういった訓示なのかも併せてご回答願えれば嬉しいです。

※哲学カテゴリで相談したところ、回答者さまから【歴史】カテゴリで相談してみては?との誘導でこちらに相談させていただきます。

Aベストアンサー

「若者」ではなく「イエスキリスト」であれば, キリスト教のどこかにあったような気がします.

Q今年最後の質問です。アメリカ軍退役者のアナリストが中国建造の空母は恐るるに足らず。空母はアメリカを含

今年最後の質問です。アメリカ軍退役者のアナリストが中国建造の空母は恐るるに足らず。空母はアメリカを含めローテクノロジーだそうです。潜水艦から遠距離魚雷1発で沈められる。戦闘機は近くの空港に帰らざるおかなくなると、日本の軍事アナリストとは次元が違うなと思いました。皆さんのご意見は?アンケートで教えて下さい。

Aベストアンサー

カタパルトの動力は原子力で焚き付けられたスチームですが
制御は電力で行っています。
ですが、その電力を完全に喪失させるには相当の手間がかかると記載しました。
そもそもカタパルトよりも着艦拘束装置や着艦誘導装置群が破壊されるほうが致命的です。
現在の艦上機はこれらが無いと戻れないですからね。
最悪、カタパルトなしでも軽装戦闘機なら離艦できるくらいですから
カタパルトにこだわるのがおかしいと思いますけどね。
そんなに中国のスクラップが怖いですか?

そもそも、戦時に米空母が単独で行動する事は基本的にないです。
そりゃいきなり戦争になれば別ですけど、
3隻、最低でも2隻が連携できない状態では戦場に投入しないのが
戦術として当然ですし、
カタパルトが使えなくなるような損害を与えられる時点で
もう全面戦争ですよね?
米海軍と同様に世界最強の米空軍もしばらくすると近隣に移動してきて
めちゃくちゃにされますけど、誰がそんなの望むんですか?
空母は本命の空軍が来るまでの梅雨払いですから、実際は適当でいいんです。
むしろ、沈められて米国民が怒り出すほうが為政者としては都合良い。

アナリストはわかりません。
多分に個人の主張とか入っていて素人を煽るのがアナリストです。
だいたい、そういう話がなくなったら商売にならない。
自分の商売が成立するように行動するのがカネモウケの秘訣。
だからいう事がトンチンカンでも論理破綻にならない。
最初からオカネの事だけを気にしているからシロウトが「?」になっても
関係ないんです。
「あなたが理解できないだけ」
って言っておしまいだから。

正直なところ、空母の性能がどうのこうのとか
国際情勢や戦略戦術には関係ない。
これはガンダムの世代ならアニメ見ているだけで
理解できていると思うのですけど、
なんでそういうカタログスペックとかにこだわるの?
アナリストって事でそれが正しいとか思っているのも同義。

そういうところをシッカリに認識しないと
踊らされますよ。

カタパルトの動力は原子力で焚き付けられたスチームですが
制御は電力で行っています。
ですが、その電力を完全に喪失させるには相当の手間がかかると記載しました。
そもそもカタパルトよりも着艦拘束装置や着艦誘導装置群が破壊されるほうが致命的です。
現在の艦上機はこれらが無いと戻れないですからね。
最悪、カタパルトなしでも軽装戦闘機なら離艦できるくらいですから
カタパルトにこだわるのがおかしいと思いますけどね。
そんなに中国のスクラップが怖いですか?

そもそも、戦時に米空母が単独で行動す...続きを読む

Q旧国名というときの「国」

下で質問した(No.747897)通り、
「なぜ旧国名が都道府県名にならなかったのか」
という疑問を持っていました。

しかし、よくよく考えてみますと、旧国名の「国」とはそもそも何なのか、理解していませんでした。
「国」とはなんのためにあったのでしょうか。

江戸時代には、「藩」がありましたよね。
「藩」と「国」はどういう関係でしょうか。
(ここで聞きたいのは、「何藩がどの国にあったか」ではなくて、
同じ国の中にある藩どうしは、別の国にある藩どうしと違って、何か特別な関係にあったのか、などですね。多分、ないと思います。)


江戸時代には「国」は存在していなくて、廃藩置県で「国」が復活したのでしょうか。(←多分違うと思います。)
「国」とは地名で、「藩」は武家の領域と考えればよいのでしょうか。

そもそもは公地公民制の「地方行政区画」として「国」を作ったが、それがずうっと廃止されなかったということでしょうか。

Aベストアンサー

旧国名の「国」は行政区分の一つです。
国を細分して郡があり、それを細部すると町里(村)がある訳ですから、今日の県・郡・市町村と然程代わりがありません。

律令制度下の国の事やその制度の崩壊、領地私有化と武家の台頭、江戸開幕と、おおよその歴史はご存知かと思います。

江戸時代に置いての国は地名区画に過ぎません。
官職として上総介・肥前守などと旧国名を用いた国守を任ずる時に用いられる程度です。
国守に任ぜられても地位を得るだけで、国守の使命を果たす訳ではないですから。

   国守の長官守にも位の差があり、律令制度下の大国(陸奥・近江等)の守は従五位上相当、
   下国(和泉・対馬等)の守は従六位下相当と細かな区分があります。

「藩」と「国」は基本的には無関係です。
実際、藩は必ずしも一国内に存在するとは限りませんでした。
加増の際に遠い領地を得たり、あちこちから小さな土地を沢山集めて大きな領地に変えたり・・・幾つかの藩は飛び地を抱え、その飛び地が隣接国や遠い国にまで及ぶ藩もあるのです。

廃藩置県でできた多くの小さな県を集合させて新たな県を作る際、旧国の区分は基本的な区分けには利用されたと思います。
(必ずしも旧国境=県境ではありませんので、諸事情があったと思いますが。)

旧国名の「国」は行政区分の一つです。
国を細分して郡があり、それを細部すると町里(村)がある訳ですから、今日の県・郡・市町村と然程代わりがありません。

律令制度下の国の事やその制度の崩壊、領地私有化と武家の台頭、江戸開幕と、おおよその歴史はご存知かと思います。

江戸時代に置いての国は地名区画に過ぎません。
官職として上総介・肥前守などと旧国名を用いた国守を任ずる時に用いられる程度です。
国守に任ぜられても地位を得るだけで、国守の使命を果たす訳ではないですから。

   ...続きを読む

Qアメリカの空母2隻が日本海を出ましたが、戦争の危機は去ったと考えて良いのでしょうか?

アメリカの空母2隻が日本海を出ましたが、戦争の危機は去ったと考えて良いのでしょうか?

Aベストアンサー

単なるデモンストレーションでしょう。アメリカが戦争を本格的に考えるのならば、北朝鮮が大規模に韓国を砲撃するのは必至です。いかにアメリカといえども北朝鮮のすべての砲台を破壊することは不可能です。その危険性を考えれば韓国に滞在する米国の民間人を海外に避難させるでしょう。実際に小規模な避難訓練も何度かやっていますしね。

だいたい北朝鮮は勇ましいことをいってますがいつものブラフばかりです。日本は、ミサイルが発射されたらJアラートを流したり電車を止めたりして大騒ぎをしていますが、もっとも危険にさらされている韓国ではそんな電車を止めたりするような大騒ぎをしていません。それに数発程度のミサイルで日本が壊滅されるはずもありません。何百発も打てばべつでしょうが。

今回のおおきなでもんすとれー署員は米国製のイージス艦や防空システムを買わすためもあるんじゃないかと思ったりします。加えて「大騒ぎをする」なんてことをすればますます北朝鮮を付けあがらせるだけだと思うんですが。

Q「旧国名」を覚えたい!!!!!

「旧国名」と「現在の県名」を照らし合わせて覚えたいのですが、
そういうのが分かりやすく載っているサイトはないですか?



例えば

尾張    愛知県西部
丹後    京都府北部

などです。



 ご存知の方、いらっしゃれば教えてくださいm(__)m

  宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 こういったモノをお調べになるならば、先ずは歴史辞典の類を一冊お手許に置かれることをお勧めします。
手軽な所として『日本史辞典』(岩波書店)『日本史辞典』(角川書店)があり、表紙の見返し(裏側)に「旧国名地図」が掲載されています。
 歴史に興味がおありでしたら、ネットよりも先ずは「書物で調べる」これがセオリーです。

Qアメリカ空母

映画で観たのですが、空母カールビンソンから海兵隊が UH-1イロコイヘリコプターで出動していました。
アメリカの空母は UH-60(HH-60)シーホークしか積んでないと思います。
海兵隊は UH-1を使っていますが、実際にそういう事があるのでしょうか?

Aベストアンサー

元々海兵隊というのは、海軍と行動を共にして陸で戦う軍隊です。
通常は強襲揚陸艦よりの作戦となるのでしょうが、何らかの事情により空母からの作戦と言う事も有るでしょう。
海兵隊は空母要員ではありませんから、もし海兵隊が空母に乗り込めば必要な兵装も積みこまれるものと思いますが。
何かの雑誌で大型輸送ヘリが空母で運用されているのを見た記憶が有りますが、それが空母艦載機ではなかったように記憶しています。

Q仏教の「五戒」や「十善戒」は、いつ頃、誰が言い始めた?

仏教の「五戒」や「十善戒」は、いつ頃、誰が言い始めた(あるいは広めた)のでしょうか。

Wikipediaの「十善戒」の項目によれば、
「仏教において沙弥・沙弥尼が十種の善行(十善)を守らなければならないと定めた戒で、最澄によって定められたという。」 とあります。

最澄が説いたとすれば、紫式部はそんなことクソ食らえとばかりに、不倫あり飲酒ありの源氏物語を書き、宮廷人はその物語に熱中したということになりますね。
それはそれで、私のような凡人にはけっこう面白く、紫式部に拍手です。
一般民衆ならともかく、宮廷人なら仏教の教えの片言くらいは聞いていたと思います。

世の中が乱れて争いが絶えないので仏教会が「戒」を広めたのか、それともただ単に理想を書き並べただけなのか、興味があるので質問しました。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

すでにWikipediaでお調べのようですので、最澄が広めた、または、確立したことは、読んでの通りです。

(1)最澄は、孝謙天皇(こうけんてんのう)にとりいり、僧道鏡が前代未聞の「法王」に任じられた頃に生まれました。

(2)最澄が比叡山に入山した当時は、山岳信仰の霊峰(れいほう)で、「大山咋神(おおやまくいのかみ)」や修験者たちの草庵がわずかにあった程度でした。

(3)延暦7年(788)に最澄は比叡山において自ら薬師如来像を刻んで、後の「一乗止観院(いちじょうしかんいん)」と呼ばれる堂を建てました。延暦寺根本中堂の前身です。

(4)その頃、桓武天皇が延暦3年(784)に平城京から長岡京へ遷都、さらに、延暦13年(794)に平安京に遷都をしましたが、比叡山は都の「鬼門」にあたるため、「皇城鎮護(こうじょうちんご)」と言う役目を与えられ、都を守る役目を与えられました。

(5)さてそこで、紫式部などとの関係ですが、天皇を初めとする公家衆のほとんどは「神道」で、「加持」「祈祷」などでは仏教の力も借りましたが、仏教を信奉する、と言うことは、当時としては、「俗世」を棄てることでありましたので、多分に、紫式部自身、または、源氏物語では、俗世の「ありのまま」または「汚い部分」が「まかり通った」ことではないでしょうか。

(6)また、日本の仏教の祖師と言われる「聖徳太子」を信奉する「太子信仰」も古くからはありましたが、空海などによる「真言宗」など、「念仏」を唱えれば「俗世の人間」であっても極楽浄土へ行けるとの説法で人々の間でも広く信仰されるようになり、宮中などにも広がりましたが、宮中では、先に述べた通り「仏門の入る」=「俗世を棄てる」の考え方が根強く残っていたのではないでしょうか。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

すでにWikipediaでお調べのようですので、最澄が広めた、または、確立したことは、読んでの通りです。

(1)最澄は、孝謙天皇(こうけんてんのう)にとりいり、僧道鏡が前代未聞の「法王」に任じられた頃に生まれました。

(2)最澄が比叡山に入山した当時は、山岳信仰の霊峰(れいほう)で、「大山咋神(おおやまくいのかみ)」や修験者たちの草庵がわずかにあった程度でした。

(3)延暦7年(788)に最澄は比叡山において自ら薬師如来像を刻んで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報