【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

いま、学校で、憲法の幸福追求権(包括的基本権)の範囲を勉強しているのですが、わかりにくい箇所でいくつか質問があります。

(1)幸福追求権の、一般的自由説と、人格的利益説の違い。
一応教科書(芦部憲法)に説明されているのですが、、、

人格的利益説・・・個人の人格的生存に不可欠な利益を内容とする権利(通説・判例)
一般行為の自由説・・・あらゆる生活領域に関する行為の自由(有力説)

理解しにくいです。もう少しわかりやすく解説していただけないでしょうか?

(2)プライバシーの権利が裁判で問題となった、「宴のあと」事件は、判例をどういう風に理解すればいいのでしょうか?判決に含まれる憲法上の問題点(あれば)など、どういう理解が必要なのでしょうか?


(1)、(2) どちらかだけでも構いませんので、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは



(1)

両説は、新しい人権をどのような基準で認めるかという話です。

一般行為の自由説は、人に迷惑をかけない限り自由ですよ、というわけです。

たとえば、バイクに乗る自由、喫煙の自由、髪型の自由などを「人権」として保障してしまおうという考え方です。

これに対して、人格的利益説は、そんなにいっぱい「人権」を保障しちゃまずいでしょというわけです。

人格的生存に不可欠なものしか人権にはしないぞというわけです。

たとえば、髪型の自由などは、人格的生存に不可欠とはいえないでしょう。だから、人権ではないわけです。


(2)
「宴のあと」は、本など出版物によるプライバシー侵害の要件を定めた地裁判例です。

プライバシーを定義したり、どういう場合に損害賠償責任が発生するか判示しました。

要するに、表現の自由VSプライバシーの権利
の代表的な判例です。
    • good
    • 2

大学新入生の方ですか?確かに勉強はじめには少し悩むところだと思います。

以下、(1)について少し述べさせていただきます。

幸福追求権とは、個人の人格的生存に不可欠な利益を内容とする権利の総体をいいます。
憲法13条は、14条に列挙されていない新しい人権の根拠となる包括的な権利であり、これによって根拠づけられる個々の権利は、裁判上の救済を受けることのできる具体的権利であるとされています。

さて、ご質問の人格的利益説と一般行為の自由説との違いですが、ごく簡単に言えば、幸福追求権で保護される範囲が違うと言うことです。両説の意義をよく見てください。人格的利益説では、「個人の人格的生存に不可欠な利益」のみが幸福追求権として保護されるということとされています(保護範囲が狭いです)。反対に、一般行為の自由説では、「あらゆる生活領域に関する行為」が保護されることとなります(保護範囲は広いです)。

では、なぜこのような説の対立が生じるか?一言で言うと、「一般的行為の自由にまで範囲を拡大すると人権のインフレ化を招き、人権全体の価値を弱めることになる」からです。つまり、一般行為の自由説に立つと、人の行為のほとんどが憲法で保障される権利となってしまい、人権の範囲が拡大しすぎてしまう(これが、人権のインフレ化と呼ばれるものです)結果となります。すると、人権同士がぶつかり合う場合が多くなってしまいますよね。つまり、人権を余りにも多く認めすぎてしまうと、それぞれの人権が互いを制約しあって、結局両方ともダメになってしまいかねないのです。そこで主張されたのが人格的利益説、というわけです(ざっくりいえば、人格的利益説は一般行為の自由説の修正バージョンなわけですね)。

(2)は、問題が漠然としすぎていて・・。プライパシーは問題となりますが、もっと質問内容を絞っていただけたらお答えできます。以上です。 
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q実質的平等、相対的平等について教えてください

14条の定める平等について質問です。

「平等」の意味合いには実質的平等、形式的平等、相対的平等、絶対的平等の4種類があるとされていますが、
ほとんどどの文献を見てもこの4つの平等は

実質的平等と形式的平等

相対的平等と絶対的平等

という分け方をされている事がほとんどです。
この「分け方」はどういった基準で分けられているのでしょうか?この4つの平等はすべて平等の内容について語られているもので、ひとくくりに4つを並べて考えることは出来ないのでしょうか。

また、上記に重複するのですが、14条が意味するのは形式的平等であり相対的平等であると考えられている、ということですが
相対的平等には実質的平等の意味合いもあると思うのですが間違いでしょうか。

相対的平等とは同一条件下においては同一に扱うが、異なっているものは異なって扱う。
これは例えば生活保護を貧しい方に支給するがそうでない方には支給しない、といったものだと捉えていますが、これは結果の平等を意味する実質的平等に近いのではないでしょうか。

そして、形式的平等と絶対的平等も全く同じとは言えずとも同じような事が言えると思うのですが・・・。
(機会の均等と、機械的均等)

乱文ですが『実質的平等と形式的平等』『相対的平等と絶対的平等』はなぜ別のグループとして分けて考えられるのか、また相対的平等と実質的平等は全く違うものなのか?
こんがらがっています。教えてください。

14条の定める平等について質問です。

「平等」の意味合いには実質的平等、形式的平等、相対的平等、絶対的平等の4種類があるとされていますが、
ほとんどどの文献を見てもこの4つの平等は

実質的平等と形式的平等

相対的平等と絶対的平等

という分け方をされている事がほとんどです。
この「分け方」はどういった基準で分けられているのでしょうか?この4つの平等はすべて平等の内容について語られているもので、ひとくくりに4つを並べて考えることは出来ないのでしょうか。

また、上記に重複するのですが、1...続きを読む

Aベストアンサー

 絶対的平等と相対的平等、形式的平等と実質的平等とは、密接に関連しますが、イコールではありません。

 絶対的平等と相対的平等相対的平等は、「平等」により禁止される行為は何かです。

 形式的平等と実質的平等は、「平等」の内容を問題にしています。

 したがって、相対的平等と形式的平等という組み合わせもあり得ます。機会の「実質的」平等を確保するため、相対的平等を採るという考え方は十分成り立つと思います。

 絶対的平等と相対的平等、形式的平等と実質的平等の概念は、「自由」との関係で考察すると良いかもしれません。

 形式的平等と実質的平等における「実質的平等」概念は、自由との緊張関係があります。「自由」を認めることは、能力による結果の差異を認めることになります。結果の平等は、その能力による結果の差異を是正することになりますから、結果の平等は実質的に「自由」を否定することになるのではないか、という疑問です。

 これに対し、絶対的平等と相対的平等相対的平等における「相対的平等」概念は、自由を実質的に確保する手段ないし前提と考えることができます。「自由」を行使する前提条件として、平等に扱われることが必要という考え方です。この点で「自由」とは緊張関係にはないと考えることが可能です。

 平等概念は抽象的なので、勉強する場合にはどうしてもわかりづらいと思います。私の意見は1つの考え方として、参考にしていただければ幸いです。そして、できれば他の書籍にもあたって考察して下さい。

 絶対的平等と相対的平等、形式的平等と実質的平等とは、密接に関連しますが、イコールではありません。

 絶対的平等と相対的平等相対的平等は、「平等」により禁止される行為は何かです。

 形式的平等と実質的平等は、「平等」の内容を問題にしています。

 したがって、相対的平等と形式的平等という組み合わせもあり得ます。機会の「実質的」平等を確保するため、相対的平等を採るという考え方は十分成り立つと思います。

 絶対的平等と相対的平等、形式的平等と実質的平等の概念は、「自由」との関係...続きを読む

Q「人格権」の侵害というのはどのようなものなのでしょうか?

このカテゴリーでよろしいんでしょうか。

よく「肖像権の侵害」という言葉は耳にするし

意味もわかるんですが。

「人格権」の侵害というのはどのようなものなのでしょうか。

私の勤めている小さな会社のお客さんで

「御自分と社員との相談」を無許可で

「icレコーダー」録音して

テープにおこして持ってきたかたがいます。

これは「人格権」の侵害になるとのことなのですが。

要領の悪いご質問ですみません。

Aベストアンサー

人格権とは、権利者と切り離すことができない様々な利益のうち、生命・身体・名誉など法的保護に値するものを指します。人格権の侵害には、殺人・傷害など人の身体を物理的に害する行為のほか、名誉毀損・侮辱・プライバシーの侵害などその感情を害する行為が含まれます。

また、人格権という概念は民事上の概念なので、その行為が犯罪に該当しない場合でも人格権の侵害と認められる場合があります。

なお、外見上は人格権侵害に当たると思われる行為でも、その意図・目的によっては違法性が阻却される場合もあるので、無断録音などが必ず人格権侵害にあたるとは限りません。

Q「宴のあと」事件

法律を勉強中の身ですが、憲法の判例百選を読んでいて疑問が生じました。(といっても、大した疑問ではないのですが)

一言で言うと、何故、この判例が重要なのかです。他の多くの事案は最高裁判例ですが、この判例は地裁判例なので。

もちろん、プライバシーの権利性、損害賠償を初めて認めたことはわかりますし、社会的に注目度が高い事件だったこともわかります。

ただ、憲法判例を勉強してして、正直、地裁、高裁判例はあてにならないというか、良いことを言ってくれても、結局最高裁がひっくり返すことが多いので、規範としての「堅さ」がよくわからないのです。

この宴のあと、特にいわゆる三要件は、憲法判例の一部を形成し、最高裁も追認しているということなのでしょうか??
(1)事実又は事実らしく受け取られるおそれのある事柄(事実性)
(2)一般人を基準に知られたくない(秘密性)
(3)実際にまだ知られていない(非公知性)

百選解説は、あまりこの判例のポジショニングについて言及がないので、ちょっともやもやしてます。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんわ

 もともとプライバシーの権利というものは、「ひとりでほっておいてもらう権利」としてアメリカの判例において発展してきたものです。
 そして日本では1964年の「宴のあと」事件の一審判決が初めて、「私生活をみだりに公開されない法的保障ないし権利」と定義し、この私法上の権利は個人の尊厳を保ち幸福の追及を保証する上に必要不可欠なものであるとし、それが憲法に基礎づけられた権利であることを認めました。
 あなたがおっしゃるようにプライバシーの権利性をはじめて認めたことが評価されているのです。また、その後の裁判でも、これと同趣旨の立場が打ち出されています。

 なお、地裁判例ということですが、この事件は二審の係属中に和解が成立して決着がついています。
 

Q憲法13条(個人の尊重と幸福追求権)の意義

憲法13条(個人の尊重と幸福追求権)の意義

大学のテスト範囲の指定で先生に教えてもらったのですが、いまひとつこの場合の「意義」が分かりません。

テストに出題されるということは難しいのだと思いますが、どう答えていいのかさっぱりです。この問題は何を問われているのか教えてください。

お願いします

Aベストアンサー

法学の試験で意義を書けという問題は、「〇〇とはこれこれしかじかをいう」と書くことを求められています
。例えば、「個人の尊重とは、要するに、一人ひとりの人間を大事にするということである」よいうように書きます。

下記アドレスにアクセスして、しっかり勉強して下さい。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%FB%CB%A113%BE%F2


人気Q&Aランキング