【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

 日本語を勉強している外国人です。上手に作文が書けるようになりたいと思います。

 以下の言葉遣いをビジネス日本語の基準にしたがって、添削していただけないでしょうか。シチュエーションはこうです。私は相手に田中さんという人との連絡と頼まれました。しかし、私は田中さんの携帯番号を無くしました。それで、相手にメールして謝ります。

 また、ビジネス会話での言い方も教えていただければなおさら幸いです。

 「大変申し訳ございませんが、田中さんの携帯番号がなくなってしまいましたので、今のところ、彼との連絡が付くことは出来ません。」

1.「なくなっている」と「なくなってしまった」と、どちらがよいと思うのでしょうか。「紛失」という言葉を使っても正しいのでしょうか。

2.「ので」と「ため」と、どちらがよいと思うのでしょうか。

3.「今のところ」は書き言葉なのでしょうか。それと同じ意味の書き言葉も教えてください。

4.「付くことが出来る」と「付ける」と、どちらが改まった書き方なのでしょうか。

 日本語を何年間も勉強していますが、まだまだ文章がうまく書けません。質問文の中で不自然な表現があれば、それも併せて指摘していただければ助かります。質問が多すぎて、申し訳ありません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

私ならこうします。



「迂闊にも田中さんの携帯番号を記したメモを紛失してしまったため、いまだに連絡申し上げることができぬままでおります。伏してお詫びいたします。まことにお手数とは存じますが、どうか今いちど番号をご送付くださいますようお願い申し上げます。」

1.「なくなっている」は間違い。「なくなってしまった」はそういう間違いではないけれど、この際は絶対に避けるべきです。「なくした」と言えば潔く責任を認めていると受け取って貰えるでしょう。「なくした」で十分ですが「紛失」のほうが襟を正した感じが出るかも。

2.「ので」と「ため」と「から」は外国人には難しいみたいですねえ。こちらも説明に窮することが多いです。この場合は「ので」と「ため」はどちらもOKでしょう。「なくしたから」は明らかに変なんですが、何故かは私にはよくわからない。

3.まあ「現時点では」「目下のところ」なんて言い方もありますが、この文例では大袈裟で変です。

4.「付くことが出来る」は間違い。「連絡が取れない」が正解でしょう。「今もなお連絡が取れぬままです」とか。もっと丁寧感を出すと上のようになるかな。


質問文中の表現について。

「上手に作文が書けるようになりたいと思います。」

これは間違いではありませんが、ちょっと子供っぽい言い方です。作文は「文を作ること」ですから、「書く」ではなく、やはり「出来る」で受けたほうがいっぽん筋が通ります。でも小学生はそんなことを考えないので、作文を文章と同一視して「書く」と言ってしまうわけです。ついでに言うと「なりたいです」(でしたっけ?)もやはり幼い感じがします。と言うか口語性が強い。これはでも、きっと教わってらっしゃいますよね。

「どちらがよいと思うのでしょうか。」

これは「どちらがよいでしょう。」とするべきでした。次の「2.」の「どちらがよいと思うのでしょうか。」も同じく変です。あっさりと「どちらがよいですか。」で十分だと思います。

この回答への補足

 4について補足いたします。

>「付くことが出来る」は間違い。「連絡が取れない」が正解でしょう。「今もなお連絡が取れぬままです」とか。もっと丁寧感を出すと上のようになるかな。

 「付くことが出来る」は間違いですね。納得しました。ご指摘ありがとうございました。申し訳ありませんが、4についてまだすっきりしていないところは二箇所あります。もうちょっと聞かせてください。

 「連絡が取れない」と「連絡を取ることが出来ない」と、どちらがより正式な書き方なのでしょうか。

 また、肯定の時に、「連絡を取ることが出来ます」となりますが、否定の時に、「連絡を取ることが出来ません」と「連絡を取ることは出来ません」のどちらが自然なのでしょうか。つまり、「連絡を取ること●出来ません」の●のところに、普通「が」と「は」のどちらを入れるべきなのでしょうか。私は今肯定の時に(「連絡を取ることが出来ます」「が」を使っていますが、否定の時に(「連絡を取ることは出来ません」)「は」を使っています。

 もう一度ご指導をいただければ非常にありがたく思います。よろしくお願いいたします。

補足日時:2005/06/26 11:46
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いつもお世話になっております。
 すばらしい例文を拝見しました。「迂闊にも」、「記す」、「伏して」、「今いちど」などの表現は全部初めてです。大変いい勉強になりました。
 作文のご添削にも感謝します。「上手に作文が書けるようになりたいと思います。」も子供っぽいですね。私は「~たいです」を使わないほうがと覚えているので、「と思います」に変えました。今度、気をつけます。「どちらがよいと思うのでしょうか。」
のご指摘もとても助かりました。
 いろいろと本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/06/26 11:27

勉強したことがある内容かと思いましたが探してみました。

「は」と「が」で迷ったときに見てみるといいかもしれません。

以前紹介したサイトに「は」と「が」の項目がありました。
http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524 …
こっちのほうがわかりやすいかも
http://home.alc.co.jp/db/owa/jpn_npa?stage=2&sn=19
他にも
http://www014.upp.so-net.ne.jp/nbunka/994ga.htm

あなたにとっては難しい内容かもしれませんが、読んで為にならないという事はないと思います。ニュアンスの違いも掴み易くなるでしょう。
googleで「はとが 使い分け」と検索すると他にもサイトがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 度々ありがとうございます。
 これらのページは全部拝見しました。「は」と「が」の使い分けが良く分かるようになりました。とても助かりました。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/06/30 01:02

NO.3です。



>「連絡が取れない」と「連絡を取ることが出来ない」と、どちらがより正式な書き方なのでしょうか。

どちらが正式ということはありませんが、丁寧なのは「取ることが出来ない」です。
どちらを選択するかは相手との関係や伝えたいニュアンスによって決めればいいと思いますが、文書で微妙なニュアンスを伝えるのは難しいので、文書の場合は「取ることが出来ない」にする、と考えておけば間違いないでしょう。

ついでにNo.4さんに対する回答の中の「とても謙遜しています」という表現ですが、これは少しおかしいですね。
「謙遜」と「恐縮」を取り違えていませんか?この文を差し替えるなら「恐縮です。」でいいでしょうね。

では頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ふたたびありがとうございます。
 貴重なご意見をいただき、非常にいい参考になりました。「とても謙遜しています」からも大変いい勉強になりました。
 応援してくださって、本当にありがとうございました。がんばります!

お礼日時:2005/06/30 00:35

#7に誤りがありました。



「迂路曲折」なんて言葉はありません。「紆余曲折」です。「迂回」「迂回路」とくどいところに「迂路」はよくないな、と思って誤った連想をしてしまいました。ごめんなさい。

#8さんはとても善良なお人柄とお見受けします。そういう方を怒らせることは毫も本意とするところではありません。お詫びして済むことならばいくらでもお詫びしますが、どうも誤解なさった部分が大きいような気もするので、しょうしょう弁解を試みます。

問題視なさっている「はい、地面に穴を掘りました。姿が消えましたら、どしどし木の葉を掛けてください。」は「身の置き所がない」から導かれる「穴があったら入りたい」という慣用表現をパラフレーズしておどけて見せる表現として作りました。冗談のつもりですから、説明するわけにはまいりません。

もう少し詳しく書きたい気持ちもありますが、まず第一に今、こうしてる場合じゃないもんで。すぐ出かけなくてはならない。もう一度考え直して、書くべきと思えば書きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 何回もありがとうございます。
 「紆余曲折」のご訂正ありがとうございました。大変いい勉強になりました。
 No.8さんとは誤解ですね。ほっとしました^^。お二人とも、ぜひ仲良くなってくださいね☆

お礼日時:2005/06/30 00:29

>「そんなに謙遜なされては私なぞ身の置き所がなくなります。

はい、地面に穴を掘りました。姿が消えましたら、どしどし木の葉を掛けてください。」

こんな不親切は不可解の極みである。言われなくても使わないと思うけど、こんなの絶対に使っちゃいけません。謎解きか皮肉と取られる。何が言いたいか分からんし、無意味に長い、受ける感じが悪い。そもそも淡雪さんの「とても謙遜しています」のニュアンスがまったく伝わらず、そこからかけ離れている。
この表現から僕が受けたニュアンスを考えると、この回答自体が「どしどし木の葉を掛ける」ということになるのではと思っています。でも違うんだろうな。まぁどちらでもいいけど、伝わらない表現です。
「木の葉を掛ける」、そんな比喩表現があったか?とgoogleで調べました。比喩表現は0件で「一般には」使われないと断言できる。私ならと前置きはしてもこんな伝わらない言い方を、しかも外国の方に、説明もなしに紹介するのはおかしいよ。私の未熟な日本語力では皮肉としか意味を取れなかった。

「~だなんて(そんなに)謙遜しておっしゃらないでください。」の方が間違いなくまだマシですよ。「~」の部分は回答者が自分を謙遜した部分を引用したりするといいと思う。でも特に、ネットなど顔や声のトーンがわからない場合は皮肉だと誤解されることもあるでしょう。例えばNo.2さんのような方が使うと皮肉と取られます。謙遜した者に対し、わざわざ「そうではない」と応じる必要はないと私個人は思いますよ。伝えなくても心の中で思ってればいいことですよ☆

あと、No.7の「迂」「闊」のついた熟語で本当に皆が当たり前に使うのは「迂闊」「迂回(路)」しかないな。でも「闊歩」は皆分かると思います。あとは普通の日常の会話や文書で使っても意味は通じないことの方が多い言葉だと思いますよ。多分No.2さんの周りは普通の日常じゃない。この4つ以外を使うと、学校では習ったが、忘れてるという大人にわざわざ辞書を引かせる破目になる。「迂闊」「迂回(路)」「闊歩」以外も自分が知っている分には問題あるはずもないが、ただのコミュニケーションにおいて使うべき言葉ではない。
また私は迂闊にもNo.2様に言いがかりを付けている。ただの言いがかりではなく私の経験したことをもとに書いてます。No.2様の使う表現は今ではあまり見られないのです。本をたくさん読むようですし一昔前の文学作品で使われていたような表現だろうか。その分だけ今は知的に思うのかもしれませんね。
No.2さんはやっぱりあれだけ言ったのにご丁寧に逆上。私は言うまでも無くバレてますね。そう短気なの。。自分にがっかり。あなたに迷惑がかからないか心配です。もうすでにかかってますよね。。

回答の本題は実はNo.6の訂正です。忘れるとこだった。。最初の方
>具体的にどこがどう理解できないのかのかちょっと
→具体的にどこがどう理解できないのかちょっと

最後の()内
>つまり説明と賞賛を混ざった文だったことが理解できなかった要因でしょうか。
→説明と賞賛を混ぜた文にしてしまったことが理解できなかった要因でしょうか。

なお、回答No.7中の私に対する指摘項目はその指摘通りであると思います、だから私にとってもNo.7の最後の部分以外の回答はめちゃ参考になりますよ!ありがとう。
No.5,6はほんとに欠陥が多く無視するのが賢明かも。ほんとにいつも欠陥だらけの回答を届けてごめんなさいね。あなたの質問見るとうれしくなって、中国つながりもあるし、まぁ自己満足です。。。
私は本当に自分の身の程を自覚しました。

ほんとのお手数になるからこの回答に対してコメントはいらないです。
その代わりと言っちゃ何だが、あなたが付けたawayukiに漢字を充てると淡雪か泡雪かどっちだったでしょうか?淡雪だと思ってましたが。
IDとはいえ、名前を間違えているのなら失礼かなと思って。。
私は淡雪の方が好きですね。あれを見ると切なくなって胸がキュンとなります♪なんかいいんですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 何回もありがとうございます。
 「~だなんて(そんなに)謙遜しておっしゃらないでください。」の言い方がとても参考になりました。心の中でいつも「すっごく謙遜な方」と思っていますが、やはり伝えたくなる気持ちになります。No.6の丁寧な訂正文も作文に非常に役立ちました。
 顔などぜんぜん知りませんが、インタネットを通してお互いの世界をつなぐことが出来て、とても幸せなことだといつも思っています♪

お礼日時:2005/06/29 12:09

>「連絡が取れない」と「連絡を取ることが出来ない」と、


>どちらがより正式な書き方なのでしょうか。

#5さまのおっしゃる通りです。まあでも「連絡を取ることができません」は長すぎますね。じゅうぶんに正しくとも、避けられるなら避けたほうがよい。

「は」と「が」の使い分けについてですが、これの理屈は私にはわかりません。どっちか選べというご要望ならいくらでも、というか容赦なく、というか確信をもってお応えしますが、どうしてそっちを選ぶのか、という質問には昔から答えないことにしています。よくわからないのです。選択の理由が。

この場合は躊躇なく「が」です。「連絡を取ることができません」です。絶対に「は」は使いません。#5さまのおっしゃる通りです。理由もたぶんそういうことでしょう。肯定・否定で使い分ける局面はありそうな感じもしますが、やはり私にはわかりません。

「わ」と「が」については三浦つとむ(でしたっけ? 象は鼻が長いは。)とか大野晋とか、何冊も読んだんですが、かえって解りたいという気持ちを失うことになりました。理屈はどうあれネイティブは絶対に間違えませんから。

と言ったはなからナンですが、#4さまの「どちらを使っても注意されることがありませんよ。」の「が」はありえないでしょう。これはコンテクストが想定できません。ありえない文です。これがなぜかは、私にしても分からないけど、とにかくこいつは「は」だけですね。

こんなふうに難しいんですよ。コンテクストから離れてこの難問に対しようとすると、ネイティブでもあっさり間違う一例でしょう。

えーと、#5欄に泡雪さんがつけられた補足、これは当然です。わからなくて当然です。日本語を母語とする者でも「は?」となるような省略の多い、でも絶対に分からないというようなことはない程度に作られた文で、この不親切さは不可解です。

あー、ちょっと眠くなってきたので、話は逸れますが、お伝えしておくべきことをここで述べておきます。

「迂闊にも」、「記す」、「伏して」、「今いちど」が新知識であったなら、これらを差し出した私としても嬉しいことです。これらはどれも知っておいて損のない語です。とく「迂闊」は使い道があるはずです。これは漢字が難しげですが、話し言葉としても普通に男女ともに使う語です。少なくとも、でした。やはり漢字がナニなので、すたれてゆく語なのかもしれません。でもね、自分の過失をさりげなく受け入れようとするときにはピッタリの語なんですけどね。そして一見見慣れないような漢字にしても「迂」は「迂回」「迂回路」「迂路曲折」「迂遠」「迂生」、また「闊」は「闊達」「闊歩」「寛闊」などと、じつは当たり前に使う漢字なのでした。日本人を相手にするとき、この「迂闊」という語はとくに、使いでがあると思いますよ。

えーと#5さま御指摘の「伏して」ですが、これはその通り、大袈裟は大袈裟ですが、大袈裟の嫌いな私があえて選んだ(少なくとも許容した)大袈裟ではあり、これはこのままこういう表現が当たり前にあると思って下さって大過ないと思います。なにしろちょっと前の書簡文ならごくありふれた表現なのですから。

もう瞼がくっついてしかたがありません。もし泡雪さんがお訊ねになりないことがまだあったらどうぞ遠慮なくどうぞ。

ああそう、「ご添削」は「おフランス」さえ可能な現実から見れば許されるのかもしれませんが、「ご斧正」が伝統的に用いられます。これを受ける動詞は「請う」や「願う」。

おやすみなさいと言う前に一つ。#4さまへの「とても謙遜しています。」は私ならこうします。

「そんなに謙遜なされては私なぞ身の置き所がなくなります。はい、地面に穴を掘りました。姿が消えましたら、どしどし木の葉を掛けてください。」と応じます。おやすみなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ふたたびありがとうございます。
 語学は数学と違って、ネイティブでも、説明できないところが多いですね。しつこい質問で、申し訳ありませんでした。これからもっと日本語の文章をたくさん読んで、「ネイティブは絶対に間違えません」のあたりの語感を養成したいと思います。
 「迂闊」のご説明に感謝します。私はこれから自分の文章にも使ってみたいと思います。
 「ご添削」は「おフランス」と同じような感じですね。知りませんでした。ご指摘ありがとうございました。これから気をつけます。
 本当にありがとうございました。

淡雪より

お礼日時:2005/06/29 11:14

No.5です。



具体的にどこがどう理解できないのかのかちょっと掴めませんので、これでわからなければ、もう一度聞いてください。

>どちらを使っても注意されることはありませんよ。
は、No.5の第二段落の最後の一文を引用して、第三段落で「は」と「が」の違いを説明しようと試みたものです。第二段落は「どっち」と第三段落と違う書き方になってしまっていましたが、「どっち」と「どちら」は同じ意味です。迂闊でした。

まず、文中の「どちら」は前段落の内容を受けています。つまり「どちら」の指示内容は、
「連絡を取ることが出来ない/ません」又は「連絡が取れない/ません。」
となります。
次に、「他の要素」とは、「言い回しを注意(指摘)されること以外」です。文中ではその一例として「淡雪様が相手に日本語が上手だと褒められる」場面を書きました。
最後に、ニュアンスを出来るだけ詳しく書いてみたい。
「連絡が取れない」と「連絡を取ることが出来ない」、どちらを淡雪様が質問文の場面で用いても、相手に使い方を注意されることなどはない。注意されないばかりか、淡雪様ほどの日本語記述力があれば、相手に日本語が上手だと褒められるでしょう。
※相手=日本人だと私は思っていました。だから淡雪さんは褒められるのではと思いました。

(No.5第三段落においてニュアンスを説明しようとした「…」より右側部分に他の要素の例として、間接的にあなたの日本語力にいつも感心する私の感情を入れてしまったこと、つまり説明と賞賛を混ざった文だったことが理解できなかった要因でしょうか。
私は「他の要素=使い方注意される以外」の一例としてわかりにくい表現を用いましたね。)

多分この補足説明もあなたにはかなりわかりにくいでしょうね。ごめんなさい。また補足してください。具体的にどこがわからないか添えてください。

説明しようとすればするほど、あなたを困らせています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「連絡が取れない」と「連絡を取ることが出来ない」、どちらを淡雪様が質問文の場面で用いても、相手に使い方を注意されることなどはない。注意されないばかりか、淡雪様ほどの日本語記述力があれば、相手に日本語が上手だと褒められるでしょう。

 ふたたびありがとうございます。
 どこが分からないのかはっきり言わなかったことにお詫びします。「他の要素」というところがちょっと難しかったです。でも、今回はよく理解できました。ありがとうございました。そんな私をいつも応援していただいて、心から感謝します。

お礼日時:2005/06/29 10:27

私なら、「が」です。

この場合連絡を取る以外はすることないでしょうから。
ご存知の通り「は」だと限定・比較するようなニュアンスになるかと思います。我々は肯定文・否定文で使い分けるている訳ではないと思いますよw 連絡は取れないが他に何か出来る時は「は」でしょう。

連絡を取ることが出来ない/ません。連絡が取れない/ません。
どちらも正式で、どちらも日常使います。会話でも文書でも。(字数が多いせいか?)前者の方が丁寧に言っているように感じるという方もいるでしょうが、可能動詞だから丁寧でない、などということはないです。使う時の気分で使い分けていいです。どっちを使っても注意されることはありませんよ。

「は」と「が」
どちらを使っても注意されることはありませんよ。…他の要素はあっても(例えば日本語上手ですね、と褒められはしても)注意はされない。
どちらを使っても注意されることがありませんよ。…注意されないという事実だけを伝えた感じ。

「伏して」、これはビジネス用語なら大袈裟でしょうか。
伝え手も受け手も「伏してお詫びいたします」で本当にうつ伏せになって詫びるわけではないことをわかってますが、私が相手(受け手)だとすると伏してまで詫びなくてもいいよ、と感じます。
だから「伏して」は私なら書かないです。大袈裟に感じます。先の回答にも書きましたが素晴らしいと感じる例文ですね♪

No.2さんケチ「は」つけてませんよ、感覚を言っただけです♪笑
「は」の使用例を淡雪様に、万に一つでも怒らないでって気持ちをNo.2様にお届けする段落ですw

この回答への補足

 申し訳ありませんが、ご回答に理解できないところが一箇所あります。

>どちらを使っても注意されることはありませんよ。…他の要素はあっても(例えば日本語上手ですね、と褒められはしても)注意はされない。

 申し訳ありませんが、上記の引用文の意味がよく理解できません。お手数をおかけしますが、もう一度「どちらを使っても注意されることはありませんよ」のニュアンスを説明していただけませんか。よろしくお願いします。

補足日時:2005/06/27 20:37
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ふたたびありがとうございます。
 すっきりしたところが多いです。大変助かりました。
 どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/06/27 20:31

どうも。

いつもしょうもない回答ですみません、まったく…。

私なら「相手」が近い・親しい存在(例えば自分の社内の人間)か、遠い・あまり顔を合わせない存在(例えば社外)かで文を変えます。
前者ならNo.1さんの文、後者ならNo.2さんの文にします。
(私にはNo.2さんのようなかっこいい文は書けそうにないです(笑) No.2さんの文章はいつもかっこいいです。辛口ですがとても知的なんです。)


揚げ足をとるような形になりますが、携帯番号が無くなった訳ではなく、田中さんの携帯番号がわかる物を無くしたわけです。(この回答中ではメモとする)
携帯番号を主語にするなら「携帯番号がわからなくなった」とするのがベターでは。「番号がなくなる」という表現は少し違和感がありました、ない人もいるでしょうね。

>上手に作文が書けるようになりたいと思います。
私もNo.2さんと同見解です。確か「なりたいです」は、「なりたいと思います」と共にご当地ナンバーの質問で私が提案しましたね、ごめん。
やはり「上手に作文(が)出来るようになりたいと思います/存じます。」「作文の上達を望んでおります。」この場ではこんな感じがいいでしょうか。
質問ごとに文言を変えて、教わった言い方をしてらっしゃいますねw

>相手に田中さんという人との連絡と頼まれました。
助詞が違います。
→相手に田中さんという人との連絡{を(してくれ}と)頼まれました。 
・()内は省略が普通。「連絡を頼まれました」
・{}内の省略という意味でも「連絡と頼まれました」とすることは不適当です。


2だけアドバイス程度に。
違いがなぜあるのかわからないが『原因・理由の接続語のフォーマル度』を書きます。迷ったときに思い出してみてください。
「から(仲の良い同僚・友達との会話やメールで)」<「ので(上司との会話や比較的硬くない文書で)」<「ため(上司との会話や仕事上の硬い文書で)」
こう理解して使い分けると、まず間違いないです。きっと誰にも注意されません。


ついでに1も。
「無くなってしまった」や「無くなっている」…お前の不注意で『無くした』んだろうが!と思われてしまう恐れがありますw
(「無くなる」が人を主語に出来ない自動詞だから)どちらも主語はメモとなるため、前者は自分のせいではなく、後者は自分の知らぬ間に勝手に、というニュアンスが加わります。
いずれにしても相手に無責任な態度だと思われてしまいます。
「無くした」「紛失した」は(「無くす」は普通 人が主語の他動詞だから。目的語はメモです。)主語が私となりますからこちらが適切です。
「私がメモを無くした」と「メモが無くなった」ではニュアンスがかなり異なります。なんとなくでもお分かりいただけるでしょうか。なんとなくでいいんです。

4:私も「付ける」より「取る」かな。

簡潔にしたはずが、いつも回答が長くなるのは、私の日本語力を象徴しているなあ、と思います。

この回答への補足

 4についてもうちょっと聞かせてください。

 「連絡が取れない」と「連絡を取ること●出来ない」と、どちらがより正式な書き方なのでしょうか。

 また、●のところに、普通「が」と「は」のどちらを入れるべきなのでしょうか。私は今肯定の時に(「連絡を取ることが出来ます」「が」を使っていますが、否定の時に(「連絡を取ることは出来ません」)「は」を使っています。

 もう一度ご指導をいただければ非常に幸いです。よろしくお願いいたします。

補足日時:2005/06/26 12:54
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いつもお世話になっております。
 ご親切に教えていただき誠にありがとうございます。とても謙遜しています。細かいところまで理解しやすく説明してくださって、大変いい勉強になりました。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/06/26 12:51

実際、これだけ書ければ大したものですよ。

優秀ですね。

1&2「紛失したため」がいいでしょう。「ので」より硬い表現です。ただ、今回の文脈なら省いてもいいですね。
3「今のところ」もOKですが、硬く書くなら「現在のところ」でしょうね。ただし、今回のケースではこの断り自体が不要と思われます。
4連絡は「付ける」より「取る」の方がいいでしょうね。この場合「取ることが出来ません」ですね。

「大変申し訳ございませんが、田中さんの携帯番号を紛失してしまい連絡を取ることが出来なくなってしまいました。」ですね。

ビジネスでは要点を簡潔に伝えることが大事だと思います。

この回答への補足

 申し訳ありませんが、4について補足いたします。

>4連絡は「付ける」より「取る」の方がいいでしょうね。この場合「取ることが出来ません」ですね。

 「連絡が取れない」と「連絡を取ることが出来ない」と、どちらがより正式な書き方なのでしょうか。

 もう一度ご指導をいただければ非常に幸いです。よろしくお願いいたします。

補足日時:2005/06/26 12:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご親切に教えていただき誠にありがとうございます。簡潔で理解しやすい例文を拝見しました。大変いい勉強になりました。
 本当にありがとうございました。日本語がまだ下手なので、これからもがんばります!

お礼日時:2005/06/26 11:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Qあらたまった文章になおしてください(手紙)

 私の働いているところ(医療関係です)は、会計をすべてパソコンでしていますが、先日パソコンの調子が悪くて、その日の分はほとんど未収の状態です。

 そこで、催促の手紙を送りたいのですが、こちらの都合のため一言備考欄にそえたいと思っています。

 伝えたい内容はこんなところです。

 ○月×日はパソコン不調のため、お会計できず大変ご迷惑をおかけしました。
 つきましては、まことに勝手ながら、○月中に清算させていただければと思いお手紙しました。
 来院おまちしています。

 何か、絶対変!!友達に送る手紙みたいですよね(涙)

 後は多めにもらいすぎてしまって電話でも連絡がつかないかた宛てです。

 ○月×日、当院の間違いで、お金を多く頂いてしまいました。
 大変申し訳ありませんでした。
 ○円返金させていただきたいと思います。
 電話を何度かしたのですが、連絡がとれませんでした(これは入れたほうがいいんでしょうか?)
 領収証をお持ちくだされば、正しい領収証とさしかえさせていただきます。

 もうめちゃくちゃですね(汗)私は学校で何を勉強してたんだか(涙)

 後、所持金不足の人の催促も一言添えるべきでしょうかね?
 添えるとしたら、どんな言葉がいいでしょうか?

 どなたかアドバイスお待ちしています。 

 私の働いているところ(医療関係です)は、会計をすべてパソコンでしていますが、先日パソコンの調子が悪くて、その日の分はほとんど未収の状態です。

 そこで、催促の手紙を送りたいのですが、こちらの都合のため一言備考欄にそえたいと思っています。

 伝えたい内容はこんなところです。

 ○月×日はパソコン不調のため、お会計できず大変ご迷惑をおかけしました。
 つきましては、まことに勝手ながら、○月中に清算させていただければと思いお手紙しました。
 来院おまちしています。

 何か...続きを読む

Aベストアンサー

お詫びとお願い
○月×日は当院のパソコン不調のため会計をすることができず、大変ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
つきましては先日の会計を早急に清算させていただきたいと考えております。
お手数ですが今月中に来院のうえ、お支払いただけませんでしょうか。
なお、来院が遅くなるようでしたら下記の連絡先までお電話してください。
それでは宜しくお願い致します。
 
 
お詫びとお願い
○月×日の会計において、当院の手違いで実際の金額よりを多く戴いてしましました。
心からお詫び申し上げます。
つきましては早急に○円を返金させていただきたいと考えております。
領収証を持参のうえ、ご来院ください。
正しい領収証と返還金をお渡しいたします。
それでは宜しくお願い致します。 
         

会計のお願い
○月×日の会計において、不足金が発生しております。
つきましては早急に清算させていただきたいと考えております。
お手数ですが今月中に来院のうえ、お支払いただけませんでしょうか。
なお、来院が遅くなるようでしたら下記の連絡先までお電話してください。
それでは宜しくお願い致します。 
 
 
このような感じで如何ですか?(^^;
            

お詫びとお願い
○月×日は当院のパソコン不調のため会計をすることができず、大変ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
つきましては先日の会計を早急に清算させていただきたいと考えております。
お手数ですが今月中に来院のうえ、お支払いただけませんでしょうか。
なお、来院が遅くなるようでしたら下記の連絡先までお電話してください。
それでは宜しくお願い致します。
 
 
お詫びとお願い
○月×日の会計において、当院の手違いで実際の金額よりを多く戴いてしましました。
心からお...続きを読む

Q他人に依頼する時の ”~~して欲しい。” の敬語は?

仕事で外注さんなどに見積もりを取ったり、
○○について教えて欲しい事があり、
その旨を文章にしFAXすることがあります。
その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、
どう書くのが正しいのかわからず質問します。

先程も言いましたが、
「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。

例えば、
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
~~の見積もりを取って欲しい。
~~して欲しい。
~~見積もりを取って欲しい。

などです。
”いただきたい”と使うのもいいかもしれませんが、
最近この”いただきたい”を多用したり、間違った使い方をしてるの見かけたり、または無意識に自分自身が間違って使っていることもあるかもしれませんし、
何より、”いただきたい”よりもっとふさわしい言葉があるのではないかと思い、質問しました。

こういう、自分の希望などで”~~して欲しい”というときの敬語はなんと言えばいいのでしょうか。

検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。
ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、
もしかしたら出ていないかもしれません・・・。
と思い、教えて欲しいです。
宜しくお願いします。

仕事で外注さんなどに見積もりを取ったり、
○○について教えて欲しい事があり、
その旨を文章にしFAXすることがあります。
その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、
どう書くのが正しいのかわからず質問します。

先程も言いましたが、
「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。

例えば、
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
~~の見積もりを取って欲しい。
~~して欲しい。
~~見積もりを取って欲しい。

などです。
”いただきたい”と使うのもいいかもし...続きを読む

Aベストアンサー

外注に対してですよね?
それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。

また、「見積もりを取ってください。」は文法的におかしいですね。
貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。という意味になりますね。
貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。そう言われると、B社はどこから取れば良いのでしょう?

↓こんな感じでかまいませんよ。

         見積もり依頼書

下記条件で見積もりをお願いします。

            記

品名     :○○○○○○○
数量     :10セット
希望納期   :2009年5月20日
納入場所   :弊社内指定場所
支払条件   :従来通り弊社規定に基づき、3ヵ月手形
見積書有効期限:発行日から1ヵ月間

他の文章については、以下のように考えます。
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
 → ~~に関する価格と納期を回答願います。

~~の見積もりを取って欲しい。
 → ~~の見積もりをお願いします。

~~して欲しい。
 → ~~していただきたい。

外注に対してですよね?
それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。

また、「見積もりを取ってください。」は文法的におかしいですね。
貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。という意味になりますね。
貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。そう言われると、B社...続きを読む

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q自分が相手に相談したい時は「相談」or「ご相談」?

ビジネスの場において
自分が相手に相談したい時に
「ご相談なのですが、、、」

「相談なのですか、、、」
とどちらが敬語として正しいですか?

相手から相談された場合なら
「ご相談いただきありがとうございます。」などと言うので
自分が相手にした時に
「ご相談」だと自分の動作を丁寧にしてる気がするので
なんとなく不自然な感じがします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

相談する人が相手なら、ご相談お受けいたします。

自分が相談するなら、相談させていただいてもよろしいでしょうか。

自分のする行為には御をつけないでOKだと思います。

Q関係各位と関係者各位はどっちが正しい?

タイトルどおりなんですが、ふと疑問に思ったので質問させていただきます。

よくメールや資料などに上記の言葉が記載されていると思いますが、どっちが正しい(もしくは両方正しいが使用方法や相手によって違う?)のかわかりません。ちなみに私は関係各位を使っています。

私の個人的な意見としては多分、人に対してか不特定に対してかの違い、意味合いかな?ぐらいに思ってますが。。。どうなんですかね?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4再補足します。

各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。

各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。

フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の
使い方といえるでしょう。

以上がコメントです。結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、
関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。

個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか
「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは
「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。個人的こだわりです。

Qビジネス文書(メール)の基本

こんにちわ。
メールでお客さんとやりとりすることが多いのですが、どうしても気のきいたビジネス文書がでてきません^^;

特にメールに限られた基本がのっているようなサイトってありますでしょうか?


急ぎで知りたいのが、
打ち合わせ後
「今日はありがとうございました」
「今後の予定をお知らせします」
といったような内容を送りたいのですが、
どういう言葉を使えばいいのかなーー^^;と悩んでおります。

ちなみに打ち合わせは私が、お客様の会社に訪問して営業した・・・というかんじです。

たとえば来ていただいたときなら
「本日はご足労いただきありがとうございました。」
なんて始めればいいかなーと思うのですが、
逆に行った場合はどうすればいいんでしょうか?

またメールを終わらせる時もどういう言葉で終わらせれば失礼でないのか、教えていただきたいです。

Aベストアンサー

秘書をやっています。

>打ち合わせ後
「今日はありがとうございました」
「今後の予定をお知らせします」
といったような内容を送りたいのですが、
どういう言葉を使えばいいのかなーー^^;と悩んでおります。

(1)本日はご多忙のところ、ありがとうございました。
(2)本日はお忙しい中お時間頂きましてありがとうございました。

などでしょうか。


>たとえば来ていただいたときなら
「本日はご足労いただきありがとうございました。」
なんて始めればいいかなーと思うのですが、
逆に行った場合はどうすればいいんでしょうか?

「ご足労」や「ご苦労」とういう「労」が入る言葉は、基本的に自分より格下に使う言葉です。お客様に使用する言葉ではありませんのでお気をつけ下さい。
この場合は
●本日は、お忙しい中、お足をお運び頂き…(ここまで堅苦しい必要ないなら(2)でいいと思います)

や、逆の立場なら

●本日はお忙しい中、お打ち合わせありがとうございました。

などでしょうか。

>またメールを終わらせる時もどういう言葉で終わらせれば失礼でないのか、教えていただきたいです。

メールの締めは大体「宜しくお願い致します」で締めます。

例えば

*******************

○○様

本日はお忙しい中、お時間を頂きましてありがとうございました。
先ほどのお打ち合わせの議事録を作成致しましたのでお送りいたします。
何かございましたら、ご返信下さいませ。
尚、次回は○月△日(火)、14時より御社内にて、再度お打ち合わせ予定となっております。

宜しくお願い致します。

質問者さんの企業名
質問者さんの名前
連絡先

*********************

こんな感じでしょうか。

秘書をやっています。

>打ち合わせ後
「今日はありがとうございました」
「今後の予定をお知らせします」
といったような内容を送りたいのですが、
どういう言葉を使えばいいのかなーー^^;と悩んでおります。

(1)本日はご多忙のところ、ありがとうございました。
(2)本日はお忙しい中お時間頂きましてありがとうございました。

などでしょうか。


>たとえば来ていただいたときなら
「本日はご足労いただきありがとうございました。」
なんて始めればいいかなーと思うのですが、
逆に行...続きを読む

Q「ご質問があります」「ご回答いたします」 この「ご」はいるの?

先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。」という一文がありました。相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。
自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか?
また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか?
仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。

ちなみに私は下記のようにしています。
質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」
回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。

Aベストアンサー

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと用法的には全く一緒です。

でも、感覚的な問題で「ご質問致します」「ご回答致します」は敬語の使い方としておかしい!と思っている方も多いですから、seven_heavenさんの仰る通り、「ご質問いたします」と書いてくる相手には「ご回答いたします」、そうでない相手には「ご」無しが無難だと思います(^^。

私の場合、質問があるときには、seven_heavenの書かれている例の他、
「いくつかおうかがいしたい点がございます」
も使ったりします。
回答の場合は、(「ご回答」を避けるために)
「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」
と書いたりします。


ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^;

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと...続きを読む

Q「できるだけ早いうちに連絡してもらえば助かる」の文

 日本語を勉強中の中国人です。ビジネス日本語についてお伺いします。ある件についての連絡を待っているところです。「とても大至急、できるかぎりまでにはいかないのですが、できるだけ早いうちに連絡していただければ助かります」のようなニュアンスを丁寧な日本語でどのように書くでしょうか。「少しお待ちください」と言われたので、一生懸命仕事をしていることを察すことができます。あまりにも催促するのは申し訳ないと思うのですが、気持ちとしては早いほうが希望だということを伝えたいと思います。

 また、質問文に不自然な表現がございましたら、それも教えて頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

このような場合には、急ぐ理由を明記するのが良いでしょう。
理由をはっきり書くと、相手も事情を察してくれるはずです。
たとえば、
「承知いたしました。ただ、恐縮ですが、[社内の検討に時間がかかりそうなので]、可能な限り早めにご連絡いただきますと非常に助かります。身勝手なお願いとは存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます」
のようにします。
[]の部分は適当に置き換えてください。

≪添削≫
1.
>「少しお待ちください」と言われたので、一生懸命仕事をしていることを察することができます。
→「少しお待ちください」と言われたので、一生懸命【仕事をしているのは】察することができます。

「仕事をしていることに関しては」察することができる、という意図で、「で」よりも「は」を使うほうが自然です。
「一生懸命仕事をしていることに関しては察することができるのだが、催促はしたい」という意図を表わすことができます。
「彼が貧乏なのは知っているが、わたしも金持ちではないので援助はできない」という表現と同じです。

また、「こと」が重複する場合、主格としての「こと」は「の」に置き換えることができます。(重複してなくても置き換えることはできますが、「こと」のほうが自然な場合もあります)
「お母さんの手伝いをすることは良いことです」を、「お母さんの手伝いをするのは良いことです」とすると日本語らしい自然な表現になります。

2.
>あまりにも催促するのは申し訳ないと思うのですが、気持ちとしては早いほうが希望だということを伝えたいと思います。
→【あまり】催促するのは申し訳ないと思うのですが、気持ちとしては早いほうが希望だということを伝えたいと思います。

「あまりにも」は形容動詞扱いになるため「申し訳ない」に係ります。
「非常に申し訳ないと思う」という意味になってしまうので、おそらくですが意図した文意とは異なることでしょう。
「催促する」に係るためには、副詞として「あまり」を使う必要があります。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/6483/m1u/%E3%81%82%E3%81%BE%E3%82%8A/
  

このような場合には、急ぐ理由を明記するのが良いでしょう。
理由をはっきり書くと、相手も事情を察してくれるはずです。
たとえば、
「承知いたしました。ただ、恐縮ですが、[社内の検討に時間がかかりそうなので]、可能な限り早めにご連絡いただきますと非常に助かります。身勝手なお願いとは存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます」
のようにします。
[]の部分は適当に置き換えてください。

≪添削≫
1.
>「少しお待ちください」と言われたので、一生懸命仕事をしていることを察することができます。
→...続きを読む


人気Q&Aランキング