今だけ人気マンガ100円♪夏の100円レンタル祭り♪

先日、花壇に植える果樹の事で質問をしたものです

皆さんから頂いた回答の中から候補をブルーベリーとジューンベリーのどちらかに絞りました
そこで改めて質問させてください

果樹を植えた後、株元の空いたスペースで季節の花やハーブ、野菜等を育てようと思っています
ブルーベリーは酸性土壌を好むとの事ですが培養土はどうするのが良いでしょうか?
一般の培養土でブルーベリーを育てるのか?ブルーベリーの培養土で花、野菜、ハーブを育てるのか?それともブルーベリーの株元にだけPH調整していないピートモスをブレンドして境界は曖昧でも良いのでしょうか?

ならば一般的な培養土で育てられそうなジューンベリーにしようかとも思いますが味に不安があります
・個人的にはブルーベリーの味は大好きなのですがジューンベリーの味はどんなでしょう?おいしいという人もいれば、物足りないという人もいるようです

ジューンベリーに関しては情報が少ないので(特に味に関して)ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください
宜しくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。



我が家の庭にも両方あります。
ブルーベリーは1.7m、ジューンベリーは2.3mほどの高さで、両方株立ちです。

葉がすかすかした感じで根元の日当りがいいのはジューンベリーです。ブルーベリーは細かい葉が下のほうまでわっさりと茂っているので、あまり根元で植物を育てる環境には向いていないように思います。

ジューンベリーの実は生食でも美味しいですよ。ただ、ブルーベリーの様に癖が強くなく、ゆすらうめのような淡白な味だと思います。
また、ブルーベリーよりふた周りほど小さく、1日に採れる量も少ないです。我が家はジャムにするつもりで採りだめて冷凍していますが、中にある種がかなり硬めなので、裏ごししないと食感が悪いジャムになります。そのため、時間がある時でないとジャムも作りにくく…。実の利用という面では、ブルーベリーの方が良いように思います。

紅葉はどちらも綺麗です。ジューンベリーは夕日のようなオレンジ色、ブルーベリーはルビーのような深紅になります。

土壌に関してはあまり気にしませんでした。もともと日本の土は酸性なのですが、どちらもそのまま植えてあるように見えます。(植栽は専門の方に頼みました)足元には何も植えていません。
庭のレイアウトの本を見ていたら、ジューンベリーの根元に低くほふく性のあるグリーンが植わっているのは見た事があります。

私なりの提案なのですが、季節の花やハーブでしたら、直植えでなく、お洒落なプランターや鉢、テラコッタなどを使って木の周りに置かれてもいいのでは?と思います。
ハーブは繁殖力が旺盛で、土壌の質などお構い無しにどんどん植え広がってしまいますし、季節の花は季節ごとに抜いて植え替えてやらなければいけませんし、花柄摘みなど毎日の手入れ(これを怠るとあっという間に見苦しくなります)のためにも、移動できる鉢を使う方が便利な気がします。
ガーデナーの人の多くが直植えでなく鉢を使われているのを見てもお分かりと思います。

腰が悪いのに庭いじりが好きな私も、花やハーブは主にプランターを使っています。

この回答への補足

園芸店で話を聞いたり色々なHPを調べた結果
サザンブッシュ系のブルーベリーにしようと思います
決め手になったのは
・関東の気候に最も適している
・コンパクトな樹形
・1品種だけでも結実が可能(ハイブッシュ系と一緒に植えた方がより良い)
・味が良い
・なによりも「ブルーベリーが育てたい」という強い興味

以上です

補足日時:2005/06/29 18:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

収穫して果実として楽しむならブルーベリーの方が良さそうですね、果実はおまけ程度ならジューンベリーかな

果樹の株元で季節ごとに色々と植え替えを行うのは困難な気がしてきました
ミントなどは鉢で育てているので、このままにしておこうと思います

ブルーベリーを鉢植えにしてみようかな?とも考えています

花壇は玄関脇にあるので、どちらが見栄えがするかで検討してみます

お礼日時:2005/06/26 10:16

個人的意見ですがジューンベリーもいいですがラズベリーやブラックベリー系のほうが手間がかからず楽に育てられます。


病害虫にも強く耐寒性、耐暑性を兼ね備えています。
ラズベリーは特に寒さに強くブラックベリーは暑さに強い品種が多いです。
と、いってもブラックベリーの耐寒性が低いわけでなく他の植物に比べると強い方です。
逆にラズベリーの耐暑性もなかなかのものです。
他にも病害虫に強く増殖力がすごいという特徴が両種ともいえます。

ラズベリーは2季なり品種やトゲ有りトゲ無し品種があり、ブラックベリーもトゲ有りトゲ無し品種、ツル性、ほふく性、半立ち性と様々な品種があります。
また、味も品種により様々です。
一般的にラズベリーよりブラックベリーのほうが生食向きで美味しいですが、ま、これは好みの問題も絡んできます。
味でお薦めなのはボイセンベリー(ブラックベリー系)やローガンベリー、タイベリーです。

ジューンベリーとははずれてしまいましたが参考までに…。

http://kaz-berry.cool.ne.jp/berry/berrykind2a.sh …

ブルーベリーの育て方参照↓
http://www11.ocn.ne.jp/~endo1217/niwa.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

これは困りました
選択肢が増えてしまいます

ブラックベリーやラズベリーはトゲのない品種もあるのですね

生食向きのブラックベリーを候補に加えてみます

お礼日時:2005/06/24 23:16

どちらも、栽培しています。



地植えで成長した姿は、ブルーベリーは低木、ジューンベリーは中高木です。
どの程度の高さの木を植えたいかによって、お決めになるのもよいかと思います。

土は、我が家では大きな鉢栽培ですが、どちらも鹿沼土・ピートモスなどを主体とした酸性のものを使用しています。

味は、No.1さんとは反対なのですが、我が家のものはジューンベリーのほうが甘くてこくがあります。
ブルーベリーは、ジューンベリーに比べて、系統・品種が数多くあるので、寒地にお住まいならハイブッシュ系で高糖度の品種を選べば、ブルーベリーの方がおいしいのかもしれません。(^^ゞ
また、どの程度まで熟させるかにもよって、味がかなり変わってきます。
ジューンベリーは、少し赤黒くなり、つまむと少しやわらかさが出たぐらいだと、かなり甘いです。
ちなみに、我が家のブルーベリーは、ラビットアイ系のごく一般的な品種のホームベル・ティフブルーなど、ジューンベリーは、バレリーナという品種です。

あまり参考にならなくて、すみません。。。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いえいえ大変参考になりますよ

ジューンベリーもコクがあるんですね
嬉しいです、味が未知な事以外はジューンベリー有利でしたので
狭い花壇なので2品種を植える必要があるのもブルーベリーはマイナスでした
背の高さは・・・剪定で何とかなるかな?

神奈川の平野部なのでラビットアイかな?

お礼日時:2005/06/24 23:13

こんにちは、


私は畑で両方栽培していますが、
果樹の根元付近に植物を植えることが大前提でしたら
ジューンベリーがお勧めです。

まずブルーベリーですが、
成長速度は緩やかで、
育てるにはコツがいります。
酸性よりの土壌ということもある程度園芸をしていた方でしたら感覚で出来ると思います。

それと、
phが関係する植物に関してはアドバイスがしづらいのです。
その土地環境や育てる方で水や肥料の成分・加減が違いますので(^^ゞ

また、
植えることが出来る植物も限りが出ますし。

ジューンベリーは成長速度が速く、
大きすぎるようでしたら枝を剪定。
phも極端でなければ問題ありません。

味ですが、
甘み・酸味の薄いブルーベリーといったところですね、
実の大きさはかなり小さいです。
特に病害虫に心配しなくてもイイと言うのが売り!!

ジャムや果実酒にも問題なく使用できますよ(^-^*)

ちなみに
家の果樹園ではブルーベリーの付近は何も植えていませんが
ジューンベリーの周りには季節に合わせて植えています。
シンボルツリーとしては形もよく、
季節ごとの表情がとても楽しめます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

土壌を気にせずに育てられるという点では間違いなくジューンベリーなのですが味だけがネックでした

生食で美味しい方を希望しています
ブルーベリーはいくらでも味見する機会はあるのですがジューンベリーは簡単に味を試せないので困っていました
ジャムにするなら良いかもしれないですね

お礼日時:2005/06/24 22:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブルーベリーと一緒に植えられる常緑の植物を教えてください。

生け垣としてブルーベリーを植えました。冬になると落葉して寂しい感じかすると思うので、常緑のつるをはわせたらどうかと教えてもらいました。
なにがお薦めでしょうか? アイビー、むべ以外でなにかありますか?また、ツル性以外でもぴったりのものがあれば教えてください。酸性の土壌でも育つものを探しています。 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

なるほど支柱と横棒ですか。

では「テイカカヅラ」などどうでしょう?
花はかすかに香ります。常緑なのに紅葉します。斑入りなど園芸品種もあります。
生育旺盛で丈夫です。時にそれが困ることもありますが・・。

あとは「カロライナジャスミン」なども良いかもしれません。こちらも黄色い可愛らしい花が咲きます。
寒いと落葉してしまうこともあるのでお近くの園芸店に様子を聞いてみてください。

土壌は基本的に酸性なので、余程強い酸性でなければ気にする必要はないと思います。

Q庭に植えるオススメの果実木ないですか?

庭に植えるオススメの果実木ないですか?

庭は60坪ほどあります。粘土質なのであまりいい場所ではありませんが日当たりは最高です。土壌改良はします。

虫が付かず、農薬とか使用しないでおいしい果実がなるお勧めの木はないですか?



一応、現在は知人の勧めで みかんの宮川早生が手間がかからず甘い実がなると教えられて候補にしています。それ以上のオススメの木ありませんか?

Aベストアンサー

我が家にも色々果樹が有りますが、いずれも農薬や手間のかからないのもの(キウイは棚が必要で剪定が多いですが)、虫の少ないものを挙げてみました。以下の中ではポポー・ビワ・レモン・ブドウ以外を植えていますが、フェイジョア(美味)・ポポー以外は沢山収穫できると思います。お好みに応じて植えられてみて下さい。毎年虫が一切付かないというのは果実ではまず有り得ませんので、ちょっとは付く可能性も有ります。
※柿はカイガラムシやアメリカシロヒトリなどが付く場合も有りますが、山梨などはどの家庭にも植えられているほどポピュラーですから気にしだすとキリが有りませんしね。

フェイジョア・・・お勧めはアポロ(大果、自家結実)など。虫も付きにくい。
http://gbiz.saloon.jp/kaidan/life629.html
http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-feijoa_large.html

ビックリグミ(ナツグミ)、別名:ダイオウグミ。手間要らずで簡単に生ります。
 http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/naiyou/bikkurigumi0.htm
ユスラウメ。まったく手間要らず。大量に生ります。
 http://koueninfo.fc2web.com/yusuraume-photo/index.html

ブルーベリー http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/naiyou/blueberry0.htm
        (※ヒヨドリに食べられる場合はネットをかける)
ブラックベリー http://park23.wakwak.com/~chikura2/020niwa01z_blackberry.html

キウイ・・・雄木にはトムリ http://www.kudamononavi.com/zukan/kiwi.htm
収穫用は、ゴールドキウイ100g(酸味が少ない)、ヘイワード100g(一般的)、アップルキウイ150g(特大、酸味が少ない)、さぬきゴールド170g(特大、甘い)。※棚を低くすれば管理は容易。

柿・・・・・ジロウ(収穫用)が日持ちがよく育てやすいです。
     富有柿は柔らかくていまひとつ(好みの問題ですが・・・)
 受粉用には禅寺丸http://www.fruit.affrc.go.jp/new/kaki/textbase/zenjimaru.html
 http://www.kudamononavi.com/zukan/persimmon.htm#NO07
 http://www.komeri.com/howto/html/01010.html

ポポー http://www.lcv.ne.jp/~suzuiito/kajyu/kajyu-sub/popo-.html
ビワ・・・丈夫で手間いらず。受粉も必要ありません。実がつき過ぎるので摘果が必要。
ブドウ・・・意外と家庭でも日当たり良好なら沢山生ります。
温州みかん(早生・極早生)、キンカン、レモン

こちらの方は多く栽培しているようですから、各種参考にしてみて下さい。
http://www.lcv.ne.jp/~suzuiito/kajyu/index.html

その他参考に。厳しく書いて有りますが、それはベストな栽培方法を書かれているだけですから難しく考えない方がいいですね。http://www.nogyoya.com/html/user_data/rakuyo_tree.php

我が家にも色々果樹が有りますが、いずれも農薬や手間のかからないのもの(キウイは棚が必要で剪定が多いですが)、虫の少ないものを挙げてみました。以下の中ではポポー・ビワ・レモン・ブドウ以外を植えていますが、フェイジョア(美味)・ポポー以外は沢山収穫できると思います。お好みに応じて植えられてみて下さい。毎年虫が一切付かないというのは果実ではまず有り得ませんので、ちょっとは付く可能性も有ります。
※柿はカイガラムシやアメリカシロヒトリなどが付く場合も有りますが、山梨などはどの家庭に...続きを読む

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Qブルーベリーの組み合わせについて教えて下さい。

ブルーベリーの組み合わせについて教えて下さい。
新築外溝(熊本県)に際してブルーベリーを2本以上欲しいと頼んだところ、
ブライトウェルとティフブルーが1本ずつ植えられました(事前には連絡・確認なし)。
植栽された時点で既に結実していたのですが、花の咲いたところを見ていません。
ラビットアイ系同士ですが、花の時期が異なると、来シーズン以降の受粉には意味が
無いのではないかと、気になっています。
詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

NO1です。

地域差って間違いなくあるでしょうから、
ある程度考慮して情報収集をなさってくださいね。

個人的にはデライトをオススメしたいですね。
流通している品種の中ではブライトウェルと並んでトップクラスでしょうね。
あと、実のサイズもデカイです。
ちなみに、NO2氏の薦めているパウダーブルーも育てやすくて非常に美味しいです。
先にも書きましたが、開花時期ってそんなに差は無い様に思います。
なので、早生晩生は然程気にしなくて良いと経験上感じています。

それから、植える場所が無ければ鉢植えも検討なさっては如何でしょうか?
たとえばベランダで育てていて、開花時期だけ近くで受粉させてあげるとかね…。
(むしろ、個人的にはブルーベリーってコンテナ(鉢)で育てるのが基本だと思います)

手を掛けてあげればあげるほど美味しい実が成ってくれるのがブルーベリーの特徴でもあります。
今年もまぁそうですが、来年以降が腕の見せ所ですよ^^ 頑張ってくださいね。

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Qブルーベリーの品種選びについて、是非アドバイスを!

このたび、初めて自宅の庭(横浜)にブルーベリーを植えたいと思い、
現在、どの品種が良いのか検討しています。

つきましては、ブルーベリーの品種について詳しい方がいらっしゃいましたら、
是非、アドバイスをお願い致します。

まず、こちらの希望としては(優先順に書きますね)、


 (1)2種類の開花期が合っているなど、相性が良いもの。

 (2)直立性の品種であること。
  (南向きの庭なので日当たりは良いのですが、昨日、ホームセンターで苗木を見て、
  花壇の奥行きが50センチほどの我が家では、開張性の品種は管理が大変かなと
  思いました)

 (3)初心者でも育てやすく、味が良ければ、尚嬉しいです♪

 (4)出来れば、常緑性で、紅葉するもの。
  (道に面したフェンス沿いの花壇に植えるので、出来れば目隠しも兼ねれたら・・・と
   思っています。また、初めて紅葉した苗木を見て、こんなに美しい色なのかと
   感動しました)


こんなところでしょうか・・・。

すべてをクリアーするのは難しいとは思いますので、
ある程度条件が合えば十分です。

どうかアドバイスを宜しくお願い致します。

このたび、初めて自宅の庭(横浜)にブルーベリーを植えたいと思い、
現在、どの品種が良いのか検討しています。

つきましては、ブルーベリーの品種について詳しい方がいらっしゃいましたら、
是非、アドバイスをお願い致します。

まず、こちらの希望としては(優先順に書きますね)、


 (1)2種類の開花期が合っているなど、相性が良いもの。

 (2)直立性の品種であること。
  (南向きの庭なので日当たりは良いのですが、昨日、ホームセンターで苗木を見て、
  花壇の奥行きが50センチほどの我が家では...続きを読む

Aベストアンサー

1)開花時期は品種特性などで調べられますが、その年の気候により、かなり変動があります。どっちかというと、同じ所に植えてあると似たような時に咲きます。
なので、あまり拘る必要はないかと思います。

2)横浜との事ですので、ラビットアイ系に成るかと思いますが、ティフブルー、ホームベル、ブルーベル当たりでしょうか。チョット古い品種かな。

3)ラビットアイ系は土壌もあまり拘りませんので、良いかと思います。味は甘いです。種が気になるという人もいますが、わたしは甘さに負けて種は気になりません。
ハイブッシュ系の接ぎ木苗という選択も有りますが、結構気を使う管理が必要です。

4)木には良くないですが、秋(夏の終わり頃かな)に肥料をやると結構常緑で育ちます。春に去年の葉が落ちて、今年の芽が出てきます。
ただし、これは木をいじめる管理ですので、花の咲具合や実の成り具合が悪くなります。
気温によっては春に花が咲く事もあります。実を多く付けたいなら、秋にきちんと紅葉させて落葉させる管理をする事です。

全体として、ハイブッシュ系の早生、中、晩生を揃える、ラビットアイ系の早生、中、晩生を揃える事かな。
常緑樹のように育てるかどうかは栽培する人の創意工夫です。
実の大きいのが好きなら、上に書いた品種ではなく、大玉系を選んで下さい。

1)開花時期は品種特性などで調べられますが、その年の気候により、かなり変動があります。どっちかというと、同じ所に植えてあると似たような時に咲きます。
なので、あまり拘る必要はないかと思います。

2)横浜との事ですので、ラビットアイ系に成るかと思いますが、ティフブルー、ホームベル、ブルーベル当たりでしょうか。チョット古い品種かな。

3)ラビットアイ系は土壌もあまり拘りませんので、良いかと思います。味は甘いです。種が気になるという人もいますが、わたしは甘さに負けて種は気になりま...続きを読む

Q2品種のブルーベリーの苗の植え方

2品種のブルーベリーの苗を近くに植えると実がよくつくとのことですが、鉢植えで育てる場合は、別々の鉢に植えてもいいのか、同じ鉢に一緒に植えなくてはならないのかがわかりません。

どちらにすればよいのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

先ほどのアドバイスだけだと、ちょっと中途半場だったかと思い、追加です。ブルーベリー育てるのが初めての様子、Webには、ブルーベリー育成している先達のすごいHPが沢山あります。一度読まれると良いと思います。

 http://www.blueberryhouse.com/

私も時々、解らなくなると覗きに行くサイトです。がんばって、来年、味見できると良いですね~。
私は大きい実がなるのを選んで育てて?実を楽しんでいます(笑)

Qクローバーを芝生代わりに植える事について

来月、生まれてはじめて自分の庭を持つので
今からガーデニング出来るのを楽しみにしている者です。

いつもこちらには大変お世話になっているのですが、
「芝は手入れが大変」「クローバーの庭もステキ」
などという、過去のいくつかの回答を拝見して、
南の芝生を植える予定だった所に、
クローバーの種をまいてみようかな、と思い始めました。

その方が早く「緑の庭」になりそうだし、
お金も掛からず、手入れが楽かなぁ…という理由からです。

そこで、実際にクローバーを植えられた方に質問なのですが、
(1)クローバーを庭に敷き詰めてよかった事はなんですか?
(2)反対に困った事はありますか?
(3)クローバーにはアブラムシがつくと思いますが、
 他の植物に悪い影響などはありませんか?(他の花も植える予定です)

6歳と3歳の子どもがいて、庭では子ども達を遊ばせる予定です。
(草の汁で服を汚すのはかまわないので…)
アドバイス等ございましたら宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

誰の浅知恵かわかりませんが、クローバーは庭には向きません。失敗します。庭は一時のものではなく1年を通じて考えなくてはなりません。

クローバーは早春から生育しますが、根の張りが非常に浅く、乾燥に弱いのです。ですから、年中水をやらなくてはなりませんし、一旦夏の暑さで枯れると、土の地膚が露出し、砂埃も立ちます。また、葉や土中に虫が付きやすく、殺虫剤が欠かせません。

そもそもクローバー(レンゲの類)は田畑の休耕期にはやして、そのまま耕し肥料にする目的ですので、一年中育てるにはかなり無理が必要です。

思い出してみてください。公園でクローバー(シロツメクサ)が密生していることがありますが、それは「部分的」だったのではないですか?芝生の公園の片隅にあるいは芝生に混ざってシロツメクサが生えることはあっても、シロツメクサだけがグランドカバーとして育っているところはまず無いはずです。

根が浅いために、他の雑草が生育しやすく、タンポポやナズナ、その他いわゆる雑草がどんどん増え、結局は何も手入れをしない空き地と同じ荒れた状態になります。冬には根も枯れる部分が必ず出てきますから、翌年は「部分的なハゲハゲ状態」から出発し、再び除草と殺虫の繰り返しです。

一方芝生は、葉よりも根です。早春や初夏には他の雑草が生えてきますので2週間に1度の芝刈りは必要です。けれども、害虫は皆無と言ってよいほどですから殺虫剤は不要です。

年間の管理は芝刈りと若干の施肥だけですので、トータルとしての管理は非常に少ないのです。一度生育してしまえば、メンテナンス費用は非常に少ないのです。

総じて、芝生で「手間とお金がかかる」とお思いの方なら、他のどの植物でもダメです。芝生が最も安価で手間がかからないからです。

■ガーデニングはトライアンドエラーです。私も現在の芝生にするまでに品種や植え方など4年をかけています。クローバーを試すこともなさってもよいですが、徒労に終わることと、お子さんが緑の絨毯で遊ぶチャンスを逸しないことを願います。

■悪いことは申しません。基本は芝生で、日当たりのよい一部分にクローバーの種をまいておき、春にシロツメクサの花が咲いて花輪を作れる程度にしておくことをお勧めします。

誰の浅知恵かわかりませんが、クローバーは庭には向きません。失敗します。庭は一時のものではなく1年を通じて考えなくてはなりません。

クローバーは早春から生育しますが、根の張りが非常に浅く、乾燥に弱いのです。ですから、年中水をやらなくてはなりませんし、一旦夏の暑さで枯れると、土の地膚が露出し、砂埃も立ちます。また、葉や土中に虫が付きやすく、殺虫剤が欠かせません。

そもそもクローバー(レンゲの類)は田畑の休耕期にはやして、そのまま耕し肥料にする目的ですので、一年中育てるには...続きを読む

Qコニファーを巨大化しないための植え方

昨年庭に植えたコニファー(ボールバード)があるんですが,植えた時20cmほどがぐんぐんと成長してこのままでは巨大化してしまうので,対策を考えています。
植えるときに鉢に入れたままで植えると成長をコントロールできると聞きましたが,今からほりあげて再度庭に埋め戻しても枯れたりしませんか?
また,その際はやはり素焼きの鉢植えがベストでしょうか?
このような育て方をする際の注意点があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

基本的に、植物の根も呼吸しながら成長しているので、プラスチックの鉢よりも通気性があり保湿力もある素焼きの鉢がお勧めです。

植物の大きさは根の長さ(成長度合い)によってかわってきます。大きく育てたい場合は、大きめの鉢に植え、植え替える際は、根をよくほぐして、土に早くなじみ、根がのびやすいように気をつけますが、逆に大きくしたくない場合は、根を小さく保つようにするわけです。一度土からぬいて、根を一回り小さく切りそろえて植えなおします。
ただ、根にはさみをいれるということは、植物に対してダメージが大きいので、その後のケアが大切です。
植え替えたらしっかり水をあげて、日陰でやすませてあげてください。
いずれにせよ、寒い時期は根も冬眠状態ですし、さむさでいきなりダメージをうけて弱ってしまうことも考えられるので、あまり動かさないほうがいいでしょう。

鉢に入れたまま植えるという方法は、植物自体にあまりよくないのではないかと思います。
カットして大きさを整えるという方法ではだめでしょうか?

ちなみに、コニファーは「嫌金性」です。はさみなどの金属で枝をきるとそこからかれてしまうことがあるので、茶色になっている部分をとるときは、手袋をした手で摘むなどして、はさみは使わないようにしましょう。

ひょろひょろと力なく伸びているようだと、日光不足も考えられますが、お日様は大丈夫ですか?

基本的に、植物の根も呼吸しながら成長しているので、プラスチックの鉢よりも通気性があり保湿力もある素焼きの鉢がお勧めです。

植物の大きさは根の長さ(成長度合い)によってかわってきます。大きく育てたい場合は、大きめの鉢に植え、植え替える際は、根をよくほぐして、土に早くなじみ、根がのびやすいように気をつけますが、逆に大きくしたくない場合は、根を小さく保つようにするわけです。一度土からぬいて、根を一回り小さく切りそろえて植えなおします。
ただ、根にはさみをいれるということは、植...続きを読む

Qシンボルツリー、ジューンベリーとオリーブについて

何も植わっていない庭に、シンボルツリーを植えようと思っています。
地域は北関東で、日当たり良好で、風通しもほどほどに良いです。
前のお宅からの目隠しも兼ねて、リビング窓の前4mほどのところに植える予定です。
条件としましては、
1、ローメンテナンス
2、葉が密集しすぎていないもの
3、大きさ3m以下で管理できるもの

今のところの候補としましては、オリーブ、ジューンベリーです。
実際、オリーブとジューンベリーを植えていらっしゃる方、
病気や虫などは、つきますか?
育てるのは大変ですか?
オリーブは、(2本植えれば)実がなるそうですが、加工して食していますか?(調べたら、塩漬けなどはあく抜きが面倒そうでしたが・・・)
ジューンベリーは、毛虫がつきますか?
鳥が実を食べにきても良いのですが、鳥の糞などで被害(車や洗濯物が汚れたり)はありませんか?

その他、おすすめの木がありましたら、教えて下さい。
庭の雰囲気を、小さな家庭菜園とハーブガーデンっぽくしたいので、
実が食べられるものを選びましたが、それほど実がつくことにこだわりはありません。
また、花が咲く咲かないよりは樹形、葉の美しさを優先したいです。
よろしくお願いします。

何も植わっていない庭に、シンボルツリーを植えようと思っています。
地域は北関東で、日当たり良好で、風通しもほどほどに良いです。
前のお宅からの目隠しも兼ねて、リビング窓の前4mほどのところに植える予定です。
条件としましては、
1、ローメンテナンス
2、葉が密集しすぎていないもの
3、大きさ3m以下で管理できるもの

今のところの候補としましては、オリーブ、ジューンベリーです。
実際、オリーブとジューンベリーを植えていらっしゃる方、
病気や虫などは、つきますか?
育てるの...続きを読む

Aベストアンサー

こちら南関東です。
家にはオリーブ×2本とジューンベリーがあります。

オリーブは虫が付きにくいと聞きますが、付きにくいだけで付かないことはありません。
うちのオリーブは「ハマキムシ」によくやられます。
私はマメではないので消毒などはあまりしていないので、虫が付いてしまうのかも知れないですけど。
見つけたら退治する方法で何とか対処しています。
あと「スズメガの幼虫」もよくつきます。
昨年は2匹しか見かけなかったのですが、今年は8匹もついていて卒倒しそうになりました。
こちらも見つけたら退治する方法で対処しています。

育てるのは特に難しいことはありません。
家は植えっぱなしですがどんどん大きくなっています。
ただ方向性など関係なく伸び広がるので、綺麗な樹形にするには剪定が必要だと思います。
まだ植えて今年で3年目だからなのか実は今まで1~2個ついただけなので収穫には至りませんが、
実は食さず、見て楽しむことにしようと思っています。
あとオリーブは違う品種を2本植えると実つきがいいそうですよ。

ジューンベリーも虫がつきにくいって聞きますが、昨年初めてつきました。
「モンクロシャチホコガ」というガの幼虫。
ある時、あれ?葉の裏が黒いな~と気が付いたんですが、1~2枚だったのでそのままにしておいたら、
数日後ウジャウジャウジャウジャ何十匹も大発生。黒いのが卵だったようで、一斉に生まれたようです。
このときも卒倒しそうになりました。(笑)
実は年々実る数が多くなってきましたが、まだ収穫するほどではありませんので、鳥の餌になっています。
今のところフンなどの被害はないですね。

植物を植えるということは、虫は避けては通れない道だと思って、卒倒しそうになりつつそのつど対処していくしかないと思っていますが、
出来るだけ虫がつきにくいと言われているものを選ぶのも一つの方法だとは思います。
また葉の美しさについてはどちらもとても素敵です。
なのでオリーブもジューンベリーもシンボルツリーには適しているのではないかと思います。

あと他には「ユーカリ」なんてどうでしょうか?オリーブ同様シルバーリーフで、ハーブガーデンにもぴったりだと思います。
ユーカリは沢山の種類があり、中には巨木になるものもありますが、庭木に適した園芸品種なら心配ありません。
「銀丸葉ユーカリ」や「グニー」という種類のものが素敵だと思います。

素敵なお庭になるといいですね。

こちら南関東です。
家にはオリーブ×2本とジューンベリーがあります。

オリーブは虫が付きにくいと聞きますが、付きにくいだけで付かないことはありません。
うちのオリーブは「ハマキムシ」によくやられます。
私はマメではないので消毒などはあまりしていないので、虫が付いてしまうのかも知れないですけど。
見つけたら退治する方法で何とか対処しています。
あと「スズメガの幼虫」もよくつきます。
昨年は2匹しか見かけなかったのですが、今年は8匹もついていて卒倒しそうになりました。
こちら...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング