「dポイント」が最大20倍になるお得な情報

我が家の湯沸かし器がラジエーターから異常音が出だし、メーカーに調査してもらったところ
「管内にタルク等のケイ酸塩が付着している。水質の影響だろう」と言われました。
何でタルク、ケイ酸塩が発生するのかについて自分なりに調べてみてもよくわかりません。
どなたか教えてもらえませんか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

タルクは滑石(昔は蝋石と言っていました)の粉末です。

白色の微粒子で、濁度測定の標準物としても使われます。

湯沸かし器のは本当にタルクでしょうか?プロが間違えることはないと思うのですが、普通ボイラーなどで次から次へと原水を加えて蒸気にしていく装置で問題になるのは缶石(スケール)です。熱交換機の表面にこびりついてきます。

私の住むところでは比較的水の硬度が小さいのであまり問題にはなりませんが、MgやCaが炭酸塩やら硫酸塩として蓄積すると熱伝導が悪くなり、異音の原因となることがあります。

タルクが混入する経路が(水道管の内壁に少しずつたまるという話も聞きましたが)よくわかりません。タルク自身はケイ酸マグネシウムが主成分なので水にもあまり溶けないと思います。ちょっと原因として考えにくいような気がしました。

失礼ながら、#1の方のご意見 鉱物の通称というのは少し乱暴かと思いました。

参考URL:http://www.nippon-talc.co.jp/seihin.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。メーカーからは分析会社からの「タルク等のケイ酸塩ではないか」という分析表を直接もらいましたので間違いないと思います。
本当に難しい問題です。

お礼日時:2005/06/27 12:59

aka_tomboさんの仰るようにタルクは滑石(蝋石)のことで、私が子供の頃は石板に蝋石(棒状にしたもの)で書いては消ししたものです。


主成分は含水珪酸マグネシウム(Mg3Si4O10(OH)2)で、SiO2約60%、MgO約30%と結晶水4.8%からなります。
水への溶解度は概算でpH<7.5ではマグネシウム(mg/L)とシリカ(SiO2 as mg/L)の積で17,000以下です。例えばシリカが100mg/Lならマグネシウムは170mg/L 以上なければ沈殿(スケール)になりません。水が蒸発して溶解成分が10倍濃縮する場合はシリカは10mg/L、マグネシウムは17mg/L以上ですからありえないとも言えません。しかし蒸発しない場合、そんなにシリカとマグネシウム濃度の高い水は稀です。スケールを分析して珪酸マグネシウムがあったなら稀なケースかも知れません。
最も多いのはヤカンや湯沸しに付着する白色の成分(スケール)はシリカか炭酸カルシウムです。シリカ自体の溶解度は120mg/L程度で原水のシリカは10mg/Lなら12倍以上に濃縮されるとスケールになります。炭酸カルシウムスケールの説明は簡単ではありません。天然水(水道水も含む)には重炭酸イオン(HCO3-)カルシウムイオン(Ca+2)として溶解しており、同時に炭酸ガス(CO2)、pHと平衡関係にあります。加熱すると炭酸ガスの溶解度が減り、これに伴いpHが上昇し、CaCO3として析出するするのです。もちろん原水のCa+2、HCO3-(Mアルカリ度)、pH 、加熱面の温度、濃縮度など関与しますが複雑なので詳しい説明は省きます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2005/07/06 14:02

タルクとは言ってみれば鉱物の通称です。

紙に艶を出すためそれをコーティングしたりもします。

水道水は地方によっては水源に地下水などの天然水を使用することがあり、その中に含まれるミネラル成分が結晶となって悪さをしたのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。ケイ酸塩の固形物がタルク(鉱物)ということですね。参考になりました。

お礼日時:2005/06/27 08:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q体積を重さに置き換えるには?

タイトルにあるとおり、体積(縦×横×高さ)で出る数字を、重さ(Kg)に置き換えたいのですが、どういう計算をしたらいいのでしょうか?
どなたか教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

体積を質量に換算するには単位体積当たりの質量を体積にかけてやれば求まります。

(質量[kg])=(体積[m^3])×(単位体積当たりの質量[kg/m^3])
(質量[g])=(体積[cm^3])×(単位体積当たりの質量[g/cm^3])
液体のような場合
(質量[kg])=(体積[L])×(単位体積当たりの質量[kg/L])
(質量[g])=(体積[mL])×(単位体積当たりの質量[g/mL])
ここで,
1[L](1リットル)=1000[mL](ミリ・リットル)=1000[cc]

単位体積当たりの質量には

○鉄やアルミや岩石などの塊では 密度[g/cm^3]または[kg/m^3]

○牛乳や水や油などの液体では  比重[g/cc]または[g/mL]または[kg/L]

○お米や綿や砂や発泡スチロールやビーズなど
隙間に空気があるようなものでは
単位体積の質量を計測した値[g/ml]または[kg/L]など

をつかって計算します。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

QABSとASの違いは?

最近買った物の素材表示にABSとASがありました。この二つの違いは一体なんですか?というより一体どういう素材なんでしょうか?

Aベストアンサー

補足ですが、両方とも'S'はスチレン樹脂を表していて、スチレン樹脂を改良したもので、それぞれに特徴があり、用途があります。
また、両方とも、熱可塑性樹脂(熱を加えると柔らかくなって変形後もその形を保持する性質を持つ樹脂)に分類されます。
樹脂とは、単純にプラスチックと解釈して良いと思います。

ちなみにABSは、アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(Acrylonitorile Butadiene Styrene)の略称です。
特徴は、長期間使用できて、衝撃に強いことです。
用途は、冷蔵庫・テレビ・オーディオ機器などの外側などです。

またASは、アクリロニトリルスチレン(Syrene-Acrylonitrile)の略称です。(逆に表記されているのは何故か不明ですがISOではSANと略称されています)
表面が硬くて、耐熱性が高いです。
また、電気絶縁性も高いですのも特徴です。
用途は、使い捨てライター、化粧品容器、食卓用品などです。

Q代表取締役と取締役社長の違いは?

社長として手形を切る時や、名刺に肩書きを書く時に、代表取締役とする会社と取締役社長とする会社とに別れるように思いますが、両者にはどういう違いがあるのでしょうか?
1、専務などが代表権がある場合に代表取締役専務とわざわざ代表を名乗るのはよく理解できるのですが、社長で代表権がない場合が有るのでしょうか?代表権があるのは当たり前で大げさ(長すぎる)なので取締役とだけしか書かないのでしょうか?
2、稀に代表取締役社長とまで名乗っている場合も見かけるのですが、取締役社長とだけ名乗るのと効果にどういう違いがあるのでしょうか?
3、定款とか会社を規定する法律とかの違いで、どちらを名乗るか予め決められているような事があるのでしょうか?或いは、極端に言って最初は社長の気分でどちらにしても良いのでしょうか?(銀行の届を出した後などでそれを爾後使わなければ行けないのは判るのですが)
4、どちらでも良いならば、普通の会社はどう言う基準で決めているのでしょうか?又、どちらのほうが一般的なのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、法律上の地位と呼称としての地位とに分けて考える必要があります。
法律上の地位は、商業登記された人が名のることができる地位です。定款により取締役の人数が定められ、その取締役の互選により、代表取締役が決まります。これは定款の定めで何人でも選出できます。ここで選出された人が「代表取締役」を名のることができます。

呼称としては、社内外に対して「社長」「専務」「常務」という職責上の地位が用いられます。
従って、社長が必ずしも代表権があるわけではなく、また代表権があるからと言って社長というわけでもありません。

通常は、「代表取締役」とだけ言えば、単に商法上の地位のみを表していると考えて、社長かどうかは問題ではありません。

「代表取締役社長」と名のるのは、法律上代表権があり、しかも社内外的に社長ですよ、という二つの意味があるということです。「代表」を省くのは、対外的には「社長」ではあるけれど、代表権がないか、ありは、あえて仰々しくなるのを避けて書かない場合もあります。

Q高分子共重合体のTg算出方法について

現在,共重合でポリマーを合成しています。
共重合ということで,モノマー(1),モノマー(2),モノマー(3)を組成X:Y:Zで重合しています。

ここからが問題なのですが,
そのとき1,2,3それぞれのホモポリマーTgの値から上に記した組成比を持つ共重合体のTgを算出することは可能なのでしょうか?
どうやら組成と重量がポイントらしいですが,具体的な計算式がわかりません。
知っている方,あるいは詳しく説明されているサイトを知っている方がいましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

FOX式において式中のTは原材料、または共重合体や混合物のガラス転移温度を意味していますが、全てケルビン(K)です。摂氏(℃)ではありません。

左辺は共重合体のTgの逆数、つまり1/Tgになっています。

右辺のWa,Wb,・・は、a成分、b成分、・・・の重量分率ですからWa,Wb,・・の総和は1になります。

具体的にa成分70gとb成分30gとを共重合した場合にはWa=0.7 Wb=0.3となります。
dentouさんがはじめに考えられたようにWa,Wbを重量そのものにしてしまうと70gと30gの共重合体と140gと60gとの共重合体では異なった計算値になってしまいます。当然、同じになるはずですよね。
重量そのものを代入するのであれば、左辺の分子を1ではなく、共重合体の全量にしなければなりません。
また、重量%を代入するのであれば、同じく左辺の分子を100にしなければなりません。

ところで、ガラス転移温度は沸点や融点などの1次転移点ではなく2次転移点なので、測定方法や測定条件によって変動してしまいます。
どの測定法法で、どの条件が真のTgなのか?
ということも本当は考えなければならないかも知れませんが、そのような細かいことを無視すると、感覚的にFOX式で求めたTgは、文献値からの誤差が5~10℃位ではないでしょうか。
この程度の誤差を大きいと見て使えないと考えるのか、十分有効と考えるのかはお任せします。

私としては、Tgそのものがばらつく指標であるし、推定値としては工学的に十分役立つのではないかと感じています。それ故、種々の書物に引用されているのだと思います。また、非常に有名な式でもある訳です。

FOX式において式中のTは原材料、または共重合体や混合物のガラス転移温度を意味していますが、全てケルビン(K)です。摂氏(℃)ではありません。

左辺は共重合体のTgの逆数、つまり1/Tgになっています。

右辺のWa,Wb,・・は、a成分、b成分、・・・の重量分率ですからWa,Wb,・・の総和は1になります。

具体的にa成分70gとb成分30gとを共重合した場合にはWa=0.7 Wb=0.3となります。
dentouさんがはじめに考えられたようにWa,Wbを重量そのものにしてしまうと70gと30gの共重合体と140gと60gとの共重合体...続きを読む

Qカチオンとアニオンとは?

最近、化学を勉強し始めました。
カチオンとアニオンが分かりません。
テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとありますが、分からないため、それらの結合次数が求められません。
基礎かもしれませんが、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

> カチオンとアニオンが分かりません。

 既に回答がありますが,カチオンとは (+) の電荷(正電荷)を持ったイオンの事です。日本語では「陽イオン」と言います。逆にアニオンは (-) の電荷(負電荷)を持ったイオンで「陰イオン」と言います。

 『最近、化学を勉強し始めました。』との事ですので,敢えて注意しておきますが,化学の用語で「プラスイオン」や「マイナスイオン」はありません。上記の様に「陽イオン」または「陰イオン」と言います。

> テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとありますが、

 何か勘違いしていませんか? でなければ,教科書が間違っています。「CN+」や「CN-」の「+」や「-」は正電荷を持っている事及び負電荷を持っている事を示していますから,「CN+」はカチオンで「CN-」はアニオンです。つまり,「CN+ カチオン」と「CN- アニオン」です。

> CNとCNカチオン、CNアニオンの結合次数を求めていますが、使用しているテキストには等核二原子分子しか記載されておらず、異核二原子分子は記載されていません。今求めています。
求め方は違うのでしょうか?

 等核2原子分子でも異核2原子分子でも考え方は同じはずです。同じ様に考えれば良いと思います。

> CN,CN+,CN-の結合次数と結合の強さを考えたかったのですが・・・。

 どの結合の結合次数と結合の強さでしょうか? どういったレベルの話でしょうか? 『最近、化学を勉強し始めました。』との事から,勝手に「炭素・窒素間の結合」についての「初歩的レベルの話」と考えましたが・・・。

 そうであれば,「CN」,「CN+」,「CN-」で違いは無いと考えて良いと思います。それぞれの構造を考えてみれば解るかと思いますので,以下構造について説明しておきます。

 まず,炭素及び窒素原子の電子配置は,炭素:1s(↑↓), sp(↑), sp(↑), py(↑), pz(↑),窒素:1s(↑↓), sp(↑↓), sp(↑), py(↑), pz(↑) となっています。

 ここで,両原子の 1s 軌道の電子は結合には関与しませんので考えなくても良いです。で,両原子の電子1個を有する sp 軌道を使って C-N のσ結合が出来ます。さらに,両原子の py 軌道同士,pz 軌道同士の重なりによってπ結合2つが生じます。結果,CN 間は3重結合になります。

 残った軌道と電子をみると,炭素原子には電子1個の sp 軌道が,窒素原子には電子2個(孤立電子対)の sp 軌道がそれぞれ残っています。炭素の sp 軌道は窒素原子とは反対側,窒素の sp 軌道は炭素原子とは反対側,をそれぞれ向いていますので,結合に関与することはできません。したがって,その電子状態を書くと ・C:::N: となります。これが「CN」と書かれている構造です。ですので,より正確に書けば,炭素上の不対電子も示した「・CN」となります。

 この不対電子が存在する炭素の sp 軌道の電子を取り除いてやれば電子(負電荷)が1個減りますから -(-1) = +1 で「+」になります。これが「CN+」ですが,「+」電荷は炭素原子上にありますので「+CN」と書く方が正確です。

 さて,先の不対電子が存在する炭素の sp 軌道は電子を1個受け入れる事が可能です。ここに電子を受け入れた場合 +(-1) = -1 で「-」になります。これが「CN-」です。「-」電荷は炭素上にありますので「-CN」と書く方がより正確なのは先の「+CN」の場合と同じです。

 如何でしょうか。こうみれば「CN」も「CN+」も「CN-」もCN間の結合に関しては同じですね。勿論,炭素の sp 軌道上の電子の数はCN間の結合に影響が無いわけではありませんが,それを議論するのであれば『最近、化学を勉強し始めました』というレベルではないと思いますので・・・。

> カチオンとアニオンが分かりません。

 既に回答がありますが,カチオンとは (+) の電荷(正電荷)を持ったイオンの事です。日本語では「陽イオン」と言います。逆にアニオンは (-) の電荷(負電荷)を持ったイオンで「陰イオン」と言います。

 『最近、化学を勉強し始めました。』との事ですので,敢えて注意しておきますが,化学の用語で「プラスイオン」や「マイナスイオン」はありません。上記の様に「陽イオン」または「陰イオン」と言います。

> テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとあります...続きを読む

Qマスターバッチとは?

マスターバッチとは、自分が関係している印象からすると、粉粒体と粉粒体との混練または予備混練なのですが、正確な意味が良くわかりません。ご存知の方、教えていただけると助かります。英語での表記、その直訳、学問的定義がわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マスターバッチというのは,
最終製品を作る前の,うすめる前の「かたまり」
の事ではないでしょうか.

たぶん,メーカがつくって,製品をつくる二次メーカに
だすときの状態です.

たとえば,
顔料とレジンを20%程度にして「マスターバッチ」を作ります.これは,大手のメーカです.(ex. 花王,日本ペイントなど),
それを二次メーカが薄めて製品にします.(ex. ゼロックスなど)


顔料とレジンをまぜるには,たぶん最適の組み合わせが
あって,それは,製品として出荷される最終的な形態とは違うんでしょうね.
トナーでいえば,トナーの「濃さ」というのは,マシンの設定でいろいろ考えられますが,

「顔料」と「バインドレジン」を「とにかく最適にまぜたい」という条件は違っていて,この一番ちゃんとまぜられるものを「マスターバッチ」と言うのではないでしょうか.

Q融点とガラス転移温度の違い

融点とガラス転移温度の違いが良く理解できません。分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

高分子やってるものです。おそらく質問にでてくる融点は普通いわれている融点ではなく、高分子特有のTmといわれているほうの融点ですよね?
板ガムを考えていただけるとわかりやすいと思います。ガムってそのまんまだと引っ張ってもぶちぶちきれちゃいますよね?でも口の中でかむとひっぱっても伸びるようになります。この引っ張っても伸びる性質に変わる温度が高分子における融点です。次にガムを寒いところもしくは冷凍庫に入れてみてください。常温のガムは折り曲げてもたたまれるだけなのですが、低温におかれたガムを折り曲げようとすると割れてしまうと思います。このぱきぱきの状態になってしまう温度がガラス転移温度です。
食品保存容器とかラップに耐熱温度がかかれていると思いますが、よくみるとなぜか上と下の両方の温度限界がかかれていると思います。上の方の温度限界(融点)になると溶けてしまうのはまあ想像がつくのですが、下の方の温度限界(ガラス転移温度)になるとぱきぱきになって容器が割れてしまうので書かれているのです。

Qタルク自体は無害ですか?

市販のベビーパウダーはタルクで作られているから危険とのことを聞いたのですが、アスベストの混入が無ければタルク自体の健康被害はないのでは??
「使用しないで」と産婦人科で言われた方も有、真意がわかりません。
「タルク自体使用していない」というセールストークのお値段高い製品もあります。
タルク自体本当に悪いのか、皮膚呼吸を妨げるなら他の代用製品でも悪いのか 自分なりに調べましたが
どうもハッキリわかりません。
ご存知の方、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

タルクの危険性には二つの点があります。

一つ目は不純物としてアスベストの一種を含むこと。
もうひとつは微細な粉末一般と共通の特徴ですが、肺に吸引して呼吸困難を起こすことです。

タルク(滑石)の不純物としてトレモライト(透角閃石)が含まれることがあります。タルクとトレモライトの鉱石が近い場所で形成されることが多く、その境目もはっきりしないためです。純度の高いトレモライトは準宝石に分類されますが、この鉱物の結晶には微細な繊維状の「へき開」があり、アスベストの一種とみなされます。

米国では1970年代に対策がされて、化粧品用のタルクはトレモライトを含まないものを使用することが定められました。FDA(米国食品医薬品局)基準に適合したタルクはトレモライト/アスベストを含みません。

しかし、いくら発がん性物質を含んでいなくても、ベビーパウダーには吸引による事故の可能性は依然あります。大量に吸い込めば窒息や「じん肺」の危険が生じます。タルクを使用していないナチュラルな成分の製品でも、昔ながらの「テンカ粉」も、小麦粉にだってこの危険性はあります。

おそらく産婦人科で「使用しないで」と言われたのは、窒息事故を想定してのことだと思われます。「むせるといけないから息を止めてね」と言って理解できる年齢まで私は子どもには使いませんでした。

吸引事故を防ぐためならクリーム状に練った製品が売られています。

皮膚呼吸を妨げるか?という点についてはわかりません。

お風呂上りにパフで真っ白になるほど付けるのは好きなのですが。決して「ベビーパウダー否定派」ではありません。

タルクの危険性には二つの点があります。

一つ目は不純物としてアスベストの一種を含むこと。
もうひとつは微細な粉末一般と共通の特徴ですが、肺に吸引して呼吸困難を起こすことです。

タルク(滑石)の不純物としてトレモライト(透角閃石)が含まれることがあります。タルクとトレモライトの鉱石が近い場所で形成されることが多く、その境目もはっきりしないためです。純度の高いトレモライトは準宝石に分類されますが、この鉱物の結晶には微細な繊維状の「へき開」があり、アスベストの一種とみなされ...続きを読む

Q銅害について

 プラスチックを金属と接触させ高温にすると、劣化が促進するとういことを聞きました。特に、銅の場合は敏感に反応し“銅害”と呼ばれるらしいです。

 このことについて調べようとしてみたのですが、「銅害防止剤」の効果や影響についての情報しかできてません。また、図書館でも調べてみたのですが、高分子の劣化に関する本をだいたい見たのですが、「銅害」そのものが載っていませんでした。
 
 おそらく、私の調べ方が悪いのだと思いますが、「銅害」について詳しくのった文献やサイトを教えて下さると助かります。
 よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

以下のURLが参考になると思います。

http://www.shasej.org/gakkaishi/0601/0601_kouza.pdf#search='銅害'

6ページに解説があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報