私が中学生のとき、英語のテストで 「彼は私より背が高い。」という文を英訳するとき、「He is taller than me.」としたら ペケをもらいました。正解は「He is taller than I.」なんだそうですが、「He is taller than me.」の方が よく使われるような気がします。その他、学校の英語と実際の英語との乖離が見られます。みなさんは 私と同じような経験は ありませんか。その他の例で、みなさんが 体験したことを 教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

子供の頃から日本と海外を転々とした経験より…


特にアメリカに住んでよく感じたことなのですが、
HE DON'T WANT TO GO.
と言った感じで、日常の会話ではいわゆる三人称のSを
省いて話す人が多いように感じます。
それからよく歌とかでも見受けられますが、
YOU AND MEと言う人の方が多いですよね~。
不思議ですね。

この回答への補足

回答有難うございます。

>HE DON'T WANT TO GO.
と言った感じで、日常の会話ではいわゆる三人称のSを
省いて話す人が多いように感じます。
スコットランドでは 3人称のsが 省かれる と聞きました。アメリカでも そういう傾向があるんですね。それから、 口語では wantは あまり使われないようですね。wannaが よく使われますね。私は中学生のとき、will,may,canなどの助動詞が変化しないのを疑問に感じました。doも sが つかなくなる傾向があるんですね。

補足日時:2001/10/10 13:09
    • good
    • 2
この回答へのお礼

No.1の方の回答に対する補足でも書いたように、フランス語のように meが Iの強勢形に なっているんでしょう。Iも 昔は小文字で書かれていたのに、最近になって
ネット上では 再び iが よく使われています。

お礼日時:2001/10/10 13:29

2「では何故『規範文法』ではthanに限り、接続詞の用法のみ正しいとされるのか(何故afterならI ,meどちらでもよくて、thanに限ってI だけが正しいと学校では習うのか)」


以下は私の推測です。19世紀には、これまでの規範文法に加えて、「歴史言語学」
と言う学問が生まれ、英文法にも影響を及ぼしました。その結果「用法の正当性を判断するのにその語形の歴史を遡る」という方法が取られるようになりました。
thanは副詞のthen「その時、それから」に由来し、両者が区別されるようになったは17世紀以降です。
My sister gets up earlier then(than) I gets up.(便宜上綴りは現代英語にした)本来「私の妹はより早くおきる。それから, 私が起きる」と言う意味
   →My sister gets up than I (does).
→My sister gets up than me.
thanは, 副詞thenが接続詞thanに変化し、後に前置詞化したことが
予想されます。
   
一方、after は副詞(現在はafterward)前置詞の用法に始まり、
   これが後方照応(後の語句を指す代名詞の用法)のthatを伴い
   後そのthatが省略されてafterは接続詞とみなされるようになった。
   I went out after that + She went out.
「私はそれの後出て行った」+「(『それ』とは)彼女が出て行った(こと  
  だ)」
   →I went out after she did.
→I went out after her.
  (現代英語でもin that, but thatなどthatを伴って接続詞の用法になる前置
  詞がわずかですがあります。このthatはもと指示代名詞でした)
Afterは、前置詞から接続詞になり再び、前置詞になったようです。
  
   規範文法がthanが接続詞であることに固執したのは、thanがafterと違って
   生まれながらの接続詞であったことが原因の一つであったと思います。
   きわめて大雑把な推測ですが,英語史に詳しい方がいましたら
   ご教示お願いします。
 
3 「結局 than me 、than I どちらを使ってもいいのか 」
 どちらでもいいでしょう。ただし「文にあいまい性が生じない」と言う条件を満
した上でも話です(結局ネィテブの感覚はこの一言に尽きます!)。
以下の場合は区別する必要があります。(参考書に昔からよくある例文です。しかしこれも文脈による判断が優先されるのが普通です)   
She loves him better than me(meは男子).
「彼女は僕より彼の方が好きなんだ」
She loves him better than I(Iは女子)
「彼に対する彼女の愛情は私のより強いわ」
 
    • good
    • 0

実際に使用される言語に基づいて記述された文法を「記述文法」といいます。


それに対し、文法家によって規範的に定められた文法を「規範文法」といいます。
「規範文法」は17-8世紀ごろ成立し今も「学校文法」の礎となっています。一方「記述文法」が文法家に採用されるようになったのは20世紀以降です。

「記述文法」ではHe is taller than me.が正しいということになりますが、
「規範文法」ではHe is taller than I.が正しいとされます。
何故こういうことにかるのか述べたいと思います。

1 「『記述文法』では何故He is taller than me.になるのか
(学校では-- than I と習ったのに、実際は何故—than meになるのか )」
という問題

  after 「後に」before「前に」という語と比較して考えてみましょう。
 「私は彼の後から(/前に)出て行った」といいたい時、英語では
I went out after(before) he. とも
I went out after(before) him.とも言いい,共に正しいとされます。
文法的には
前者のafterは「heの後にdidが省略されている」とみなされ接続詞と呼ばれま
す。
一方、後者のafterは「後に目的格が来る」ので前置詞と 呼ばれます。
これは「記述文法」の基づいた考え方と言えます。

これを、「after(before)は接続詞であるからhimは間違いでheにすべきだ」
と言う人はおりません。ネィテブにとっては、thanも他のafter等接続詞前置詞
両方を兼ねる語と同じものだと言う感覚があるようです。したがって thanも
after,before 同様に後に主格目的格両方の形を取るのでしょう。
  
  まだ続きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>「規範文法」は17-8世紀ごろ成立し今も「学校文法」の礎となっています。
というと、シェークスピアの時代かな?

日本人は 自国語の文法には疎いのに、漢文から始まって 外国語の文法が大好きですね。それで「規範文法」の呪縛から逃れられないでいるのですね。英語だって 生きているんだから、そんなに文法が好きなら、いっそ 英語をやめて ラテン語でも学習したらいいって感じです。ただ、学ばされる方は たまったものじゃ ありませんけど。

お礼日時:2001/10/10 13:04

とかく学校の英語の先生は文法とか構文には詳しくても実際にネイティブが使っている生きた英語を学んでいないのが現状です。

あなたの「He is taller than me.」だってネイティブは平気で使っていますし、むしろそうした言い方の方が普通です。もちろん正規の文法から見たら間違っているかもしれませんが。
あなたの学校の英語の先生はもしネイティブスピーカーがいたら対等に会話できそうですか。それとも文部科学省の英語教育方針のみに従って英語を教えているだけですか?
もし、後者だったら、残念ながらあなたは運が悪いと思って、学校では最低限の文法やボキャブラリーを吸収し、試験に受かる程度の勉強をし、独自に英会話の勉強をした方が将来あなたのためになりますよ。特に学校で教わる例文は信用しない方がいいです。ネイティブの前で使って恥をかくだけですから。
私も中学、高校と学校英語を結構真面目にやりましたが、結局英語をしゃべれるどころか、聞いても読んでもわからないという苦い経験があります。それで、今になって英会話スクールに通ったり、TOEICを受けたり、外国のメル友を作って毎日英語でメールを書いたり、週に1回、国際電話で英語で話す練習をしています。
学校英語から離れて数十年経ちますが、やり直しの英会話を始めて2年でかなり話せるようになりましたよ。

例えば「お久しぶり!」というのを英文にしたら、学校英語では「We have never seen each other for a long time.」とか「It's been a long time.」などを正解とすると思うんですけど、実際に多く使われているのは「Long time no see!」です。
日本人だってアメリカ人だって日常的に文法を意識してしゃべっているわけではないですからね。言葉はだんだん言いやすい方向へ変化して行っているのです。
参考になれば幸いです。

この回答への補足

私が その問題を再認識したのは フランス語を学習した時の事です。フランス語では「Il est plus grand que moi.」となります。moiは jeの教勢形ですから、英語のmeは フランス語の moiに あたると考えて 納得した感じです。ちなみに フランス人向けの英語の文法書にも 「"He is taller than me" se dit aussi.et plutot couramment.」という記述が ありました。

補足日時:2001/10/10 03:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>後者だったら、残念ながらあなたは運が悪いと思って、・・・
後で その英語の先生に聞いたら、「He is taller than me.」とも いうとか言っていましたが、ペケにせざるを 得ないとの事でした。日本の教育では 英語は「コミュニケーションの手段」よりも「学問」として捉えているので 私に限らず 仕方ないのかもしれません。ですから 日本人は日本語の文法よりも英語の文法に詳しいという 皮肉な現象が起こります。それから 英語は 英米人の言葉であって 日本人の言葉では ありませんからね。言葉は 生き物ですし 時代とともに変遷します。

私の場合、英会話は あまり 勉強しませんでしたが、翻訳の勉強をしました。初歩的な例ですが、「He」は「彼」、「She」は 「彼女」と 教わりますが、日常会話では あまり 使いません。私は そういう訳語にも 疑問を感じました。

日本は 昔の漢文の学習を 英語に取り入れたからでしょうね。今は 少し 事情が 違っているかもしれません。

お礼日時:2001/10/10 03:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHe is said that he is a great composer.はなぜ、ダメですか?

They say that he is a great composer.の書き換えをしなさいと言われました。It is said that he is a great composer.と、He is said to be a great cmposer.になるのは理解ができます。
なぜ、He is said that he is a great composer.はいけないのですか?
先生に聞いたら、言わないものは言わないと言われました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

困った先生ですね。 言わない物は言わない(だって私はよく知らないんだもの)の括弧の中を言うのを意識的に省いたようですね。 <g>

言わないから言わないでは、文法を習う必要はないと言う事になりますね。 

これは、言わないから言わないのではなく、ちゃんとした理由があります。

It is saidはItでthatいかの事をまとめたと言う事なんですね。 つまり、thatいかの事を言われる、という受動態の形をとっているのです。 ここまでは分かりますね。

でも、he is said that にならない理由は、They said himではないからなんですね。 They told him thatでしたら(意味は違ってきますけど)He was told (by them) thatと変えられます。 saidは自動詞、toldは他動詞だから、この言い方ができるのです。

また、they said thatで日本語的に「彼らは次の事をいった」という意味じゃないんですね。 これで、「次の事として知られている」という熟語的な言い方なんですね。(He)is said to beも彼は次のことを言われている、というより、「次の事として知られている」というこれまた、熟語なんですね。It is said thatも全く同じことです。

だから、he is said thatと言い換えられないわけです。

これでいいでしょうか。

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

困った先生ですね。 言わない物は言わない(だって私はよく知らないんだもの)の括弧の中を言うのを意識的に省いたようですね。 <g>

言わないから言わないでは、文法を習う必要はないと言う事になりますね。 

これは、言わないから言わないのではなく、ちゃんとした理由があります。

It is saidはItでthatいかの事をまとめたと言う事なんですね。 つまり、thatいかの事を言われる、という受動態の形をとっているのです。 ここまでは分かりますね。

...続きを読む

Q比較級(副詞)のthanの後のthan me(I)もしくはthan I doの使い分けについて

比較級(副詞)のthanの後のthan me(I)もしくはthan I doの使い分けに少し苦労しています。

以下2つの例文で質問させてください。
※「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」という書籍から引用しています。

(1)弟は僕より遅く家に帰ってきました
My brother came back home later than I did.

(2)彼女は他の少女よりゆっくり歩きます。
She walks more slowly than other girls.

(2)今朝僕はお母さんより早く起きました。
I got up earlier than my mother this morning.

(1)は"than I did."を"than me."としてはいけないのでしょうか。
(2)は"than other girls."を"than other girls do."としてはけないのでしょうか。
(3)は"than my mother"を"than my mother did"としてはけないのでしょうか。

厳密に使い分けがどこで必要なのかが分かっておりません。
ネットでも調べてるのですが、両方あてはまる場合もあるし、そうでもないケースもあるようで、
イマイチ使い分けの「核」の部分を抑えれていないです。。

コツというか考え方などアドバイス頂けると嬉しいです。

以上よろしくお願いします

比較級(副詞)のthanの後のthan me(I)もしくはthan I doの使い分けに少し苦労しています。

以下2つの例文で質問させてください。
※「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」という書籍から引用しています。

(1)弟は僕より遅く家に帰ってきました
My brother came back home later than I did.

(2)彼女は他の少女よりゆっくり歩きます。
She walks more slowly than other girls.

(2)今朝僕はお母さんより早く起きました。
I got up earlier than my mother this morning.

(1)は"than I d...続きを読む

Aベストアンサー

しばしば質問されていますが、それぞれでたまたまそうなっているだけで、
どちらかが誤りというものではありません。

ただ、I/me と変わってくるので、than I do/did としているいというのはあります。
than me は以前は誤りとされていましたが、今では普通に使われます。
それでも I do/did とした方が正式ではあります。
than I で終えるのは特に日本人が好んで使ってきましたが、今では古臭く、
衒学的に響きます。

一方、other girls や my mother など名詞の場合は主格・目的格の別がないので、
than ~だけでも、than me が持つような、くだけた感じがしない、というのはあります。

Qhe is proud that his father has three fordsを書き換える

he is proud that his father has three fordsを
he is proud ofに書き換えたときは、
he is proud of hisfather having three fords
になるのでしょうかそれとも
he is proud of hisfather for having three fords
になるのでしょうか?
よろしくおねがいします

Aベストアンサー

またまた#3です。

ネットでちょっと調べてみました。
文法的にはやはり#2さんのおっしゃるforの入らない構文が正解なようです。
一応URLつけますね。
http://7777.daa.jp/gerund/gerund-m-k/gerund-kaisetu-07.htm

通常の会話などには入れても問題ないと思いますが、試験などで書き換えの問題があったらforを入れたら×にされちゃいそうですね。

ちなみに、proud の後はto不定詞を使う事も結構あるのですが、これは文法的にどうなのでしょうか???
回答なのに質問で申し訳ないのですが、ちょっと疑問に思いました。

参考URL:http://7777.daa.jp/gerund/gerund-m-k/gerund-kaisetu-07.htm

Q質問です。 英語の返しとして、例えば、 Yes,he isn't. と、答えますが、 Yes,he'

質問です。
英語の返しとして、例えば、
Yes,he isn't. と、答えますが、
Yes,he's not. では、いやませんか?
英語に詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

否定形をYESを使うのは日本語だけです。 No, he isn't. No, he's not. 質問によって、どちらかが決まります。

Qon whose behalf he is negotiating

on whose behalf he is negotiating

A purchasing manager negotiates regularly with suppliers on behalf of his employer. He acts as the employer's agent but, unlike the lawyer described earlier, is part of the organization on whose behalf he is negotiating.

という文があります。この文の後半 on whose behalf he is negotiating.の意味なのですが、文脈からは何となく分かるのですが、文法的に良く理解できません。どなたか、訳と併せてご教示いただければ幸甚です。

Aベストアンサー

He acts as the employer's agent but, unlike the lawyer described earlier, is part of the organization on whose behalf he is negotiating.

該当箇所だけ書き直すと 
He is part of the organization on whose behalf he is negotiating.
ですね。関係代名詞でくっついているこの文を2つに分けると
He is part of the organization.
He is negotiating on the organization's behalf.

つまり「彼は組織の一部である」と「彼はその組織のために交渉している」を合わせた文ですね。ですので全体で「彼はその組織のために交渉している、その組織の一部である」ということになります。日本語としておかしいですけどね。
もう少しまともな日本語にすると「彼は組織の一部としてその組織のために交渉しているのだ」といったところでしょうか。英語の組み立て方とは変わってしまいますけど

He acts as the employer's agent but, unlike the lawyer described earlier, is part of the organization on whose behalf he is negotiating.

該当箇所だけ書き直すと 
He is part of the organization on whose behalf he is negotiating.
ですね。関係代名詞でくっついているこの文を2つに分けると
He is part of the organization.
He is negotiating on the organization's behalf.

つまり「彼は組織の一部である」と「彼はその組織のために交渉している」を合わせた文ですね。ですので全体で「彼はそ...続きを読む

Q彼は病気なの? Is he ill? それとも Is he being ill?

学校へ行ったら仲の良いRyu君がいません。彼は風邪でもひいたのか、周りの人に聞いてみたいという状況では、以下のように周囲に問いかけることが出来ると思います:

Why isn't Ryu at school today? Is he ill?

この場合、 Is he ill? と問うことが文法的または文脈的に正しいようです。 しかしながら依然として、Is he being ill? と問うことのどこが誤りなのか、よくわかりません。

私は、病気というものは一時的な状態にすぎないから、現在形よりも現在進行形にしたほうが適切なのではないか、と考えています。

Why isn't Ryu at school today? Is he being ill?

と問うことのどこが誤りなのか、文法的または文脈的なアドバイスをいただけないでしょうか。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。

#6様の書き込みで、少し不安を覚えて、もう一度、調べなおしてみました。
どうやら、こちらの書き込みは怪しくなってきました。

He is being ill. のような表現は、外国人(non-native)が、このようにいえるかどうか、同様の質問が他言語にはあっても、積極的に(=問題なく)、そのような表現で使用可能かについては、前述のしかるべき例文検索サイトからは見つかっていないのでした。私が、中身を良く読まなかったことが原因です。なお、Google では、言葉としてはヒットして、意味は、「現在、病気である」ということでしょうが、それは、この場では取り上げません。言語・文法的に、精度が低くなりますから。

ここに"is being ill"について出てきます。
http://www.linguistics.berkeley.edu/wccfl26/
abstracts/mcclure.pdf
(html 上でリンク先が見つかりません。上と繋げると開けられます。直接、指定すると、運営側からストップが掛かりそうです。Google でも、以下の文でヒットします。)

(1) a. *A boy is being ill.
  b. *A boy is being running.

ここに、Morpho-semantics of the progressive (進行形の形態意味論)で説明があります。言語学の内容ですので、単語の具体的な意味は正確には取れませんが、

Unless a given language encodes its progressive meaning exactly as in English, i.e. with a be + participle construction, one would not expect to find an exact translation of the English progressive in any language.

「進行形として使わない限りは、be + 分詞の組み合わせは、どの言語でも、英語の進行形の正確な訳を見出せるとは期待していない。」

そういう表現がないわけではないとしても、non-native が、それを、TPOを踏まえて意図して相手に正しく伝えられるかどうかは、言い直したほうが無難かもしれない、というところが、私が再度考えた回答です。

こんばんは。

#6様の書き込みで、少し不安を覚えて、もう一度、調べなおしてみました。
どうやら、こちらの書き込みは怪しくなってきました。

He is being ill. のような表現は、外国人(non-native)が、このようにいえるかどうか、同様の質問が他言語にはあっても、積極的に(=問題なく)、そのような表現で使用可能かについては、前述のしかるべき例文検索サイトからは見つかっていないのでした。私が、中身を良く読まなかったことが原因です。なお、Google では、言葉としてはヒットして、意味は、「現在...続きを読む

QHe seems that he is ill. はなぜダメですか?

It seems that he is ill.
と、「ほぼ同じ内容になるように書き換えなさい。」とありました。
He seems to be ill. はOKで、
なぜHe seems that he is ill はダメですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すいません先程の、
>He seems that he is ill.の場合、これを間違いとする文法的理由としては、
の次に「He seems to be ill.の」を加えてください。書き落としていました。
次のようになります。

He seems that he is ill.の場合、これを間違いとする文法的理由としては、
He seems to be ill.のseemsの意味上の主語はHeではなく、he-to-be-illつまりthat he is illで、seemsなのは「彼」ではなく、「彼が病気であること」なのだそうです。したがって...

Q関係代名詞のwhatはhe's(he is)みたいにwhat's(what is)に変形できますか?

関係代名詞のwhatはhe's(he is)みたいにwhat's(what is)に変形できますか?

Aベストアンサー

辞書に乗っている実例を上げましょう。
What's done is done.
http://dictionary.cambridge.org/dictionary/english/what-s-done-is-done

英文の解説は、、、いらないよね。。。

QHe is said to be がOKで He is said that が駄目な理由

a)
能動態
○They say that he will be the next president of the company.
受動態
△That he will be the next president of the company is said (by them).(主語が長すぎる)
○It is said that....(形式主語構文の形にする)

b)
能動態
×They say him that he will be.... sayは人を目的語にとることができない。
受動態
×He is said (that) he will be the next president of the company. 誤った能動態から作られた受動態もまた誤り。

c)
能動態
×They say him to be the next president of the company.
受動態
○He is said to be the next president of the company.

c)はなぜ成立するのでしょうか?

a)
能動態
○They say that he will be the next president of the company.
受動態
△That he will be the next president of the company is said (by them).(主語が長すぎる)
○It is said that....(形式主語構文の形にする)

b)
能動態
×They say him that he will be.... sayは人を目的語にとることができない。
受動態
×He is said (that) he will be the next president of the company. 誤った能動態から作られた受動態もまた誤り。

c)
能動態
×They say him to be the next president ...続きを読む

Aベストアンサー

that 節が出てくるということは They say that ~がもとにあり、
それが受身になって、形式主語 It is said that ~となるしかありません。

実際面としては、that 節内に、he があり、is said の主語とダブらせることはない。
内容的にも、he というのは言われる内容の主語でしかなく、
言われる主語ではない。
言われるのは that 節そのものであり、形式主語 it です。


じゃあ、なぜ、He is said to ~は言えるのか。
能動態にすると、They say him to ~となりますが、そういう能動態はありません。

これは They think/consider/believe him to be ~の受身
He is thought/considered/believed to be ~
と同じ感覚で、受身でのみ発達した表現とでも思うしかありません。

能動態では使わない say O to ~を受身でのみ使って、
「主語は~だ(する)と言われている」
という意味で用いる。

that 節が出てくるということは They say that ~がもとにあり、
それが受身になって、形式主語 It is said that ~となるしかありません。

実際面としては、that 節内に、he があり、is said の主語とダブらせることはない。
内容的にも、he というのは言われる内容の主語でしかなく、
言われる主語ではない。
言われるのは that 節そのものであり、形式主語 it です。


じゃあ、なぜ、He is said to ~は言えるのか。
能動態にすると、They say him to ~となりますが、そういう能動態はありません...続きを読む

Q英語 彼は私にそれを後で議論することを提案した。 He proposed to me that we

英語
彼は私にそれを後で議論することを提案した。
He proposed to me that we discuss it later.
この文に関してなのですが、時制の一致はなぜ起こらないのですか?

Aベストアンサー

『人に~するように勧める』の意味の動詞には次の4つあります。

propose
recommend
advise
suggest

そして貴方の例文を使えば、

He proposes to me that we should discuss it later.『彼は私にそれを後で議論することを提案した』
He proposed to me that we should discuss it later.『彼は私にそれを後で議論することを提案した』

のようにproposeが現在形であっても過去形であってもthat以下の動詞の前にはshouldが本来付きます。しかしこのshouldはしばしば省かれて、貴方のご質問の英文のように動詞原形のdiscussだけが来ます。上に挙げたpropose 以外の動詞も同じように使われます。これらの動詞は普通の場合の時制の一致とは異なります。

下のリンクが詳しく説明しているので参考にして下さい。 

http://blog.meigaku.ac.jp/yabu/2011/08/31/%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%AE%E8%AA%9E%E6%B3%95%EF%BC%88%E5%8B%95%E8%A9%9E%E7%B7%A8%EF%BC%92%EF%BC%91%EF%BC%89%E3%80%8C%E4%BA%BA-to-%EF%BD%9E%E3%80%8D%E5%9E%8B-%E3%81%9D%E3%81%AE%EF%BC%95-%E3%80%90/

『人に~するように勧める』の意味の動詞には次の4つあります。

propose
recommend
advise
suggest

そして貴方の例文を使えば、

He proposes to me that we should discuss it later.『彼は私にそれを後で議論することを提案した』
He proposed to me that we should discuss it later.『彼は私にそれを後で議論することを提案した』

のようにproposeが現在形であっても過去形であってもthat以下の動詞の前にはshouldが本来付きます。しかしこのshouldはしばしば省かれて、貴方のご質問の英文のように動詞原...続きを読む