個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

先日、某アーティストが500万の保釈金で、釈放になりましたが、
金額は、裁判官が決めるのですか?
その保釈金は、どのように使われるのでしょうか?


やはり、税金として使われるのでしょうか?
もし、これを寄付するという事は可能なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 保釈は,保釈を請求している(被告人本人か弁護人が請求)被告人に対して,罪証隠滅のおそれや逃亡のおそれがないこと等々を判断し,さらに事件の重大性等々を考慮して裁判所(官)が保釈すること及び保釈金を決定します。


 被告人又は弁護人が保釈金を納付することができなければ,保釈されません。また,このお金は,裁判の確定または何かの事情で保釈取消で保釈金が没収されない限り,国で一時預かり(歳入歳出外のお金として国庫に保管)となります。無事,裁判も終わり,保釈金を預かっておく事情がなくなれば,納めた人に返します。
 保釈が取消になって保釈金が没収されれば,国庫に入ります(つまり,国の収入になります。)。たしか,一般会計予算に入るはずですから,国の政策経費等に充てられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すご~い!!そうだったんですね。

解決できました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/11 20:36

保釈金と言うのは「供託」つまり一次預けです。

判決が確定すれば返還されます。
裁判を終えるまでに逃亡や証拠隠滅、お礼参りなどの恐れがあれば保釈されません。その恐れが薄いとき保釈されますが、万一逃亡したりすれば、保釈金は没収されます。

と言うわけで、保釈金はいろんなことを考えて、逃げない程度の金額(?)を裁判官が決めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

きちんと理解して解決する事ができました。
わかりやすい回答、ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/11 20:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保釈金というのは、いつか戻ってくるものなのですか?

タイトルどうりなのですが、
よく何百万円、何千万円という保釈金を払って、釈放されますが、
この払った保釈金は、最終的にどうなるのでしょうか?
この手の話は、まったく、うといのですが、気になったので、
お聞きしたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

保釈金とは保釈請求の際、保証金として裁判所に預けるお金のことを言います。

普通の学生やサラリーマンで、覚せい剤事犯の場合 150万円~200万円ぐらいが相場です。
保釈とは『裁判前に開放してあげる代わりにお金を預ります』というシステムで、裁判が終るまで逃亡しなければ、保釈金は返金されます。

保釈される被告人が逃げられないような金額を設定するため、被告人の経済的な状況にあわせて金額が決定されます。

Q豚汁に合うおかず教えてください。

今日の夕飯は豚汁にする予定です…が、おかずを何にするか思いつきません。
皆さんは豚汁を作るとき、おかずは何を作られますか?
お肉を使っているので、できれば肉/魚がメイン以外でご飯が進む物を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

我が家もよく豚汁をつくりますが、我が家の定番といえば
おにぎり、漬物、豚汁ですw
おにぎりは縦長い大きい海苔に かなり大きい結びをにぎって
かならず、芯をいれます。明太子、鮭、梅が定番ですがw
あと 漬物さえあれば、豚汁自体が具だくさんなので、
メインおかずがなくても じゅーーぶんおいいしいですよw
おにぎりの 海苔はパリッとさせといて、手で食べながらってのが、お勧めです^^

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む


人気Q&Aランキング