架空の世界の名前を募集しています。
どんな世界なのかもまだ決まっていません。もしよければなんでもいいのでアイデアを教えてくれないでしょうか。(世界のかたちやどんな生き物が住んでいるか、文化や政治など…)
また、資料も集めたいので世界の伝説や神話、古代文明などの詳しいサイトを教えてほしいです。お願いします。

A 回答 (2件)

 koumeさん、こんにちは。


 アイデアについては御自分のオリジナリティこそが大事だと思いますので敢えて此処では回答致しませんが、アイデアのきっかけとなる伝説・神話などに詳しいサイトなら御紹介出来ます。

 ・猫の夜会
   http://www.asahi-net.or.jp/~qi3m-oonk/

 こちらのサイト内の「幻想図書館≪http://web.pe.to/~neko/≫」は、一見の価値ありです。ファンタジー辞書のダウンロードも出来ますよ。散策している内に、御自分の世界を作るヒントを得られるかもしれません。

 架空世界の構築は楽しいですよ~。
 頑張ってくださいね(^_^)/~

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qi3m-oonk/,http://web.pe.to/~neko/

この回答への補足

ありがとうございます!
是非参考にさせて頂きます。 
実は学校のファッションショーの背景として私たちの理想の世界や文化を作り上げようとしている最中なのです。リアリティや説得力のあるものにしたいので歴史や社会情勢なども絡めながら、架空の世界を創り上げそれを服にしようと思っています。
そのため色んな資料を集めたいのでまたアドバイスなどありましたら、是非お教えください。お願いします。

補足日時:2001/10/11 23:26
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
是非参考にさせて頂きます。

お礼日時:2001/10/11 23:23

参考URLの「神話への門」はご覧になりましたか?神話を網羅したサイトです。

かなり量がありますが一度見てください。

後は、「指輪物語」「アーサー王伝説」等もキーワードにして探してみるか、本を買うのも良いかも知れません。特に指輪物語の世界観をベースにした物はゲームなどでも多いです。

参考URL:http://www.ab.aeonnet.ne.jp/~ark/myths/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
是非参考にさせて頂きます。

お礼日時:2001/10/11 23:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遥か、太古の(超)古代文明に詳しい方へ。 古代文明は当時、今より発展していたかと言われていますね。

遥か、太古の(超)古代文明に詳しい方へ。

古代文明は当時、今より発展していたかと言われていますね。
死人の知能指数は計れませんが、
IQ300はやはり流石に漫画や映画の話ですかね?超古代文明の時代のIQは最高どれぐらいの人がいたと考えられますか?
超古代文明のあの時代はあの時代で優秀な卓越した者達や賢人達同士で争いあって最後には共倒れになったとか?
『才人は才に倒れる』ならあれはあれで大変です。
良ければ、もっともっと詳しい方々は是非教えて下さい。

超古代文明があったとして、文明は生き物同様に、まず基本的にエネルギーを必要とします。
しかし石油や石炭、天然ガスなどが現代に大量に残されている以上、他の手段でエネルギーを得ていた可能性があります。現代人の脳は、使われているのはほんの一部だと言われていますが、それならほかの箇所が使われていたのかもしれません。
ですので、恐らくですが、人の才を量るのに知能指数という概念は持たなかったろうと思います。知能指数とは、データ処理能力を計る手段に過ぎないだろうと思うのです。つまり、人の能力のほんの一部に過ぎないでしょうと。
脳が、現代人とはまったく異なる箇所で活動し、その結果、当時の人類が爆発的な発展をとげたとするなら、現代人の脳にもそれを可能とするものがあるのですから、楽しいと言えば楽しいものです。しかし、文明を滅ぼしたものが自然災害でなく人為的なものであった場合、我々は、我々を滅亡に導く多くの要素を、それと知らずに脳の中に持ったまま生きているのかも知れません。
それなら、我々の脳の中にも超文明を築き上げるものがあるという事は、「楽しい事ではあるが、まるで断崖に立つかのような、極めてスリリングな楽しさである」と言えるでしょうと。

遥か、太古の(超)古代文明に詳しい方へ。

古代文明は当時、今より発展していたかと言われていますね。
死人の知能指数は計れませんが、
IQ300はやはり流石に漫画や映画の話ですかね?超古代文明の時代のIQは最高どれぐらいの人がいたと考えられますか?
超古代文明のあの時代はあの時代で優秀な卓越した者達や賢人達同士で争いあって最後には共倒れになったとか?
『才人は才に倒れる』ならあれはあれで大変です。
良ければ、もっともっと詳しい方々は是非教えて下さい。

超古代文明があったとして、文明は生...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。 No.3さんに手厳しいお叱りを受けましたので、

”真面目な考古学の本”というところを、”知的冒険本”というふうに変更しましょう。先の回答では、うまい日本語が出てきませんでした。

日本でも、門外漢の井沢さんが”逆説の日本史”と書いたり、哲学者の梅原猛氏が”水底の歌”を書かれたりしています。いずれも、知的冒険を標榜した、面白い本でした。

断崖の端に立つような、スリリングな楽しさである、というのは、当たっていますね。

アメリカでは、もう一歩先に行って、”人間の文明は宇宙人に与えられたものである”という、テレビ番組さえあります。言論の自由ですねぇ。番組を見た、考古学専攻の娘は、歴史的な事実は合っているけれど、そこから結論を導き出す手法が、まったく、なっていない、と、憤っておりました。

”神々の指紋”にも、そんな不備がありますが、作者は大真面目であり、アメリカ人の読者は喜んで読んでおります。程度の低い、アメリカ人で、申し訳ございません。

Qアレクサンドロス大王の東方遠征以後、オリエント文明とギリシャ文明の融合した時代を何というか 教えてく

アレクサンドロス大王の東方遠征以後、オリエント文明とギリシャ文明の融合した時代を何というか
教えてください(>_<)

Aベストアンサー

ヘレニズム

Q文明が滅びた時、文明を復活させるために何から始めたら良いでしょうか?

文明が滅びた時、文明を復活させるために何から始めたら良いでしょうか?

精密機械や家電製品などはもちろん、電気・ガス・水道などのライフライン、施設などすべてが滅んでしまったとします。
人類は何とか生き残ったとして、今のような文明に戻ろうとしたら何から始めるべきなんでしょうか?
食料と水の確保とかそういう話ではなく、車を作りたいとか、冷蔵庫や農作業用の機械などの文明の利器を蘇らせたい場合です。

まずは原料となる金属の確保からかな?とは思ったんですけど、それらの採掘ってたぶん機械が必要ですよね?
機械じゃないにしても、最低つるはしのような道具とか。
でも、結局これらのものも金属を使うし、そういう形に加工するにも道具が必要で、その道具にも金属が使われてて・・・と、何から始めて良いか分からなくなりました。

石器時代があったぐらいですから、石を加工する方法を探ることから始めるのが早いのかな?
最短で文明を取り戻そうとしたら、何から始めてどういう順序を取れば良いでしょうか?

Aベストアンサー

生き延びるための算段がまず重要ですから、車をつくろうとは考えないと思います。食料と水の確保が安定したら、次はそれを狙ってくる敵を防ぐための武器の確保、防塁の建設などでしょう。金属が得られるようになるにはよほど集団が安定した大きなものになって余裕が出来なければ採鉱や精錬は開始できないと思います。それよりも、それらの知識が失われないように残った情報を集めて残しておく、子孫へつないでいくということになるのではないでしょうか。現在の文明を再興させるには一代では無理で、少なくとも100年以上はかかりそうな気がします。何もかもなくなった、ただ人間だけが残ったという前提ですが。

Q世界の神話の主神と英雄

世界の神話の主神と英雄を教えて下さい。
日本神話、エジプト、ギリシア、北欧、中国他にも神話で知ってるのがあれば教えてください。

Aベストアンサー

日本神話 イザナミ、イザナギ / 日本武尊(やまとたけるのみこと) 

エジプト ラー /

ギリシア ゼウス / テーセウス

北欧 オーディン / シグムンド

wiki
・神の一覧
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
・神話・伝説に登場する英雄一覧
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%83%BB%E4%BC%9D%E8%AA%AC%E3%81%AB%E7%99%BB%E5%A0%B4%E3%81%99%E3%82%8B%E8%8B%B1%E9%9B%84%E4%B8%80%E8%A6%A7

Q18年ほど前にNHKの番組で「世界の神話」という番組がありました。その

18年ほど前にNHKの番組で「世界の神話」という番組がありました。その中でアラーの神様の話があったのですがご存知の方がいらしたら教えてください。あらすじは、3人の兄弟が父親の残した駱駝を遺言どうりに分けようとするのですが上手くいきません。通りかかったおじいさんが駱駝を1頭差し出してくれ、それを足すと遺言通りに分ける事が出来、さらに駱駝が1頭残りました。おじいさんはまたその駱駝を連れて去っていきます。おじいさんはアラーの神様の化身だったというような話でした。そのときに使った代数が思い出せません。どなたかご存知の方がいらしたら教えてください。

Aベストアンサー

18年前の記憶とは、すごいですね。

代数というほどのものではなくて算数ですが、18頭のラクダを、長男が 1/2、次男が 1/3、三男が 1/9 を相続するという話ですね。
長男は 1/2 なので、他の 1/3 や 1/9 とは分母の約数が異なります。
すべての分母を同じにすると、9/18 と 6/18 と 2/18 となり、3つを加えると 17/18 ですから、17頭なら遺言どおりに分配できますが、1頭だけ余ってしまいます。

このお話は、下記のサイトに出ています。
 → http://www.jtvan.co.jp/howa/Sato/houwa081.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報