AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

積立をしているお金で外貨預金を検討しています。
ドル・ユーロの外貨預金はリスクは大きいでしょか?

オススメのプランがございましたら教えて頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

#1の方の言われるように、私も外貨預金よりも外貨MMFの方をお勧めします。


外貨預金の為替差益は雑所得として課税される事も理由の1つです。

一般的に米ドルとユーロは異なる動きをする事が知られている為、両方の通貨を持つのも1つの方法です。

その他に、金利が上がる通貨は一時的に買われる傾向がある為、「金利が高い」理由で買うと高値掴みの元になるので、注意が必要です。
実際にあった例では、アメリカの高金利時代(長期金利が10%以上も!)がそれで1985年前半は1$=240円以上の円安だったのですが、プラザ合意以降、急激な円高になり、1$=120円台まで円が強くなりました。
1992年のイギリスポンドなど、欧州通貨でも高金利の後に大幅な通貨の下落が起きました。

ですから、金利よりも長期的なチャートを見て、ある程度、トレンドを掴んだ方が良いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
外貨MMFですね。いろいろ検討してみます。

お礼日時:2005/07/07 18:22

外貨預金のリスクとは購入時のレートが更に円高になってしまうことです。

これが為替差損であり、少々の有利な外国金利など比較になりません。
 従ってこの商品の場合、為替差益を狙うのが本道です。いかに円高で買い、円安で売るかです。(金利の比較は対象外です)

 為替は相対でみますが敢えて尺度にするなら米ドルなら107円以上の円高なら買いです。

 それと外貨預金なら証券会社のほうが有利です。
 (米ドルならドル建てMMF)
1.手数料が2分の1
2.ロールオーバ方式で期日は自由(差益を狙っていつでも円安時に決済できる。
3.金利も良い。

 為替レートの判断は3ヶ月、1年、3年の過去を見て買い基準を設定することをおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
利率じゃなくて過去を見たほうがいいのですね。

お礼日時:2005/07/07 18:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング