先ほどはつまらない質問をして申し訳ございませんでした。
また教えて下さい。

親から150万の融資を贈与税を払って受けるとします。
それで将来お金が出来た時に、贈与税が掛からない年間110万
以内で数年に渡って親に返す(贈与する)って事は可能(違法にならない)
ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>親から融資を受けます。


>何年後かに、親への援助という形で贈与税のかからない範囲でお金を渡します。

 私は税務の専門家ではないのですが、それは恐らく構わないと思います。

が、

 それよりは、最初から借用書と返済計画書とを作成しておき、まずは少額ずつ返済して、後は金利節約のために繰り上げ返済する、という形を取る方がよほどよろしいのでは? これでしたら贈与には該当しないはずです。

 ただ、先にも言ったように、私は税務の専門家ではないのでこの答えが正しいかどうかの確証がもてません。不動産屋さんにお尋ねするのが一番ではないでしょうか? 彼らは案外よく知ってますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろアドバイスを頂きありがとうございました。
お金の事って難しいですね。
ほんと今時間が無くて大変な状態です。

お礼日時:2001/10/12 13:35

 返済が前提である場合、贈与税はそもそもかからないはずです。

ただ、贈与とみなされないために、借用書および返済計画書を作成するのが普通です。人によっては、公正証書をつくる人もいます。

 税務調査が入った場合、返済計画書通りに返済されていないなら、「これは何でですか?」と追求されるでしょうね。「将来お金ができたときに」は、税務署には通用しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

こういった事は可能(法律内)ですか?
親から融資を受けます。

何年後かに、親への援助という形で贈与税のかからない範囲で
お金を渡します。

一度もらって、また違う形であげるみたいな感じです。

お礼日時:2001/10/12 12:21

 NO1の追加です。

表現に誤解を生じるかもしれませんので、次のように訂正します。

 贈与税は下記の計算式により、550万円までは贈与税がかかりません。

 550万円/5-110万円=0

この回答への補足

前回の質問で翌年の3月までに(3月までじゃないです)住めない
と少しややこしい書き方をしたかと思いますが、
実際住めるのは再来年の3月です。
これだと贈与税かかってしまいますよね。
マンション購入なので大丈夫なのですか?

補足日時:2001/10/12 12:11
    • good
    • 0

150万円の親からの贈与は、控除が550万円ありますので贈与税がかかりません。

この回答への補足

先程の質問も答えて頂いているのでご存知だと思いますが、
親から贈与を受けて再来年の3月まで住宅に住めないのですがそれでも
かからないのですか?
又贈与税のどうのこうのよりその後の質問が重要なのでご存知
でしたら教えて下さい。

補足日時:2001/10/12 11:56
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親から住宅を購入するにあたって援助を受けた場合の贈与税・相続税について

昨年6月に2600万円の中古のマンション(築13年、84m2)を購入し現在そのマンションに住んでいます。(私・妻・子供1人)
購入金額のうち、私の親(57歳)から1000万の援助をしてもらいました。残りはローンで、私の貯金でリフォームをしました。親は、分譲マンションに住んでおり、特に資産をたくさん持っているわけではありません。

そこで教えていただきたいのですが、
(1)550万円までは贈与税はかからないということなのですが、「相続時精算課税」を申告すれば、贈与税ならびに相続税ともに課税されないのでしょうか。
(2)相続税を支払う場合、親の資産がいくら以上であれば支払う必要があるのでしょうか。
(3)そのほか、このケースの場合税金関係で注意することがありますか。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

(1) 贈与税から造った制度であれば、申告をすれば550万円までは非課税。それ以上についても税額が軽減されます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4502.htm
 また、生前贈与を目的としたもの「相続時精算課税」については申告すれば、総額2,500万円までは相続税発生時まで税金は払わなくてもいいとなります。
 ただし、親御さん60歳以上の条件あり。
(非課税とはいいがたい、贈与税と相続税を一緒にしただけです)
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4503.htm
よって、相続時の財産が判らないので、相続税まで非課税になるとはいえません。

(2)現在の基礎控除枠は以下のところで
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4152.htm
相続人が何人かで変わりますので。

(3) 相続時精算課税を利用する場合、「住宅取得の特例」を申し出ないと今回は使えません。詳しくは税理士さんへ。

Q住宅購入時の贈与税について(親、妻の親からの資金)

住宅購入時の贈与税について教えてください。
注文住宅の購入を進めており、土地は今年購入(1,100万円)し、建物(諸費用含めて約2,800万円)は来年の3月に完成予定です。

※省エネ等住宅予定です。

今年、親から住宅購入資金として1,000万円が入った通帳(ゆうちょ)を受け取りました。

※通帳の名義は私になっていました。
※登録してあった印鑑は親の実印だった為、受取後に自分の実印に変更しました。
※登録してあった住所は私が以前住んでいた住所(実家ではない)だったので、受取後に現在の住所に変更しました。
※平成20年に同日で200万円が5回、定期貯金として振り込まれていました。

また、妻の親からも住宅資金として今年、100万円いただきました。

※私名義の銀行に振り込んでいただきました。

この場合、親からもらったお金は「住宅取得資金贈与の特例」として贈与税はかからず、妻の親からもらったお金も「基礎控除」の範囲なので贈与税はかからないという認識で大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

 条件等ありますが、その特例に該当するのであれば、1200万円までは非課税ですので、

 あなたのお考えのとおりで宜しいでしょう。

 また、奥様の御両親から頂いたものは、贈与税の暦年課税の対象となりますが、こちらも

 基礎控除内ですので非課税となります。

 ただし、いずれについても贈与税の申告が必要となります。
 
 国税庁TAXアンサー
 http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4508.htm

Q親からの贈与税

住宅を購入するのに親から400万円出してもらおうと思っているんですが
税務署に申告届けをして用紙に書かないといけないみたいなんですが
税務署から親に連絡というか確認みたいなのがいくんでしょうか?・

Aベストアンサー

実の親から住宅資金の援助を受けた場合、550万円までは贈与税を非課税とする特例が有ります。

これは、通常の贈与税が1年間に110万円以下なら非課税とされている制度の5年間分を使うことになるので、翌年以降4年間は、少額の贈与が有っても、贈与税がかかることになります。

さて、550万円の贈与税の非課税特例を 受けるには、翌年の2月から3月15日までの間に、税務署に贈与税の申告書を提出する必要が有ります。
申告をすれば、親への問い合わせは有りません。

この申告をしても、建物などの不動産を取得して登記が済むと、しばらくして税務署から本人宛に「お尋ね」という書類が来て、不動産の取得資金の出所などを聞いてきます。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/4502.HTM

Q新築時の親からの贈与税について

家を新築します。年内には入居予定です。
今、主人の両親から主人あてに、1500万円の贈与の話しがきています。全額いただくか、少しづつ返済するかなどはこれから相談します。
この1500万円を贈与された場合、贈与税はどうなりますか?

No.1446128の質問とかさなる部分も多いのですが、よく分からないので、詳しく教えていただけると助かります。自分で調べたところ、条件はクリアしてそうなのですが、その2通りの贈与方法での、各メリット、デメリットを教えていただけませんか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

<不動産屋は税金のスペシャリストではないので一般人的回答です>
暦年課税と相続時精算課税での違いですかね。
相続税が発生するかしないかでどちらを選ぶかが大きなポイントですけれどもね。
精算時相続課税を選ぶと相続時に贈与の金額がほかの相続者に明確になっていること、後にまた贈与があればその時に2,500万の枠を超えれば贈与税を支払うことがあります。
暦年課税を取ると税金が発生する点でしょうか。
相続対象金額が多いのであれば暦年課税でもいいかもしれませんが、相続税が発生しない位の相続であれば、相続時精算課税でいいと思います。

Q住宅を購入する際の親からの援助金に対する贈与税について

つい最近、中古戸建て住宅(築16年・4LDK・1300万円・床面積100m2・土地面積55m2)を購入いたしました。購入したと言っても、売買契約を交わしただけで、実際にまだ入居していません。というのも、現在売主が入居中で来年の平成18年4月以降でなければ引き渡し(入居)できないからです。
この物件を購入するにあたり、自分の親から500万ほど援助(贈与?)してもらう予定なのですが、この場合、贈与税ってかかるのでしょうか?
税金に対しての知識がほとんどないのですが、ネットで検索して少し勉強したところ、550万まで非課税(住宅取得資金等の贈与を受けた場合の特例)というものがあると知りました。この特例は適用できるのでしょうか?
また、別に節税する方法はあるのでしょうか?
どなたか教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

住宅取得資金贈与の特例(550万までの贈与は贈与税が0円)を受けるための条件は、以下の7点が挙げられます。
(1) 父母、または祖父母からの贈与
(2) 住宅所得に充てる資金であること
(3) 新築購入の場合、過去5年間に住宅を所得していない
(4) 登記簿上、床面積が50m2以上、かつ、住宅の50%が居住用
(5) 中古マンションなら築25年以内、中古一戸建てなら築20年以内
(6) 過去に住宅取得資金贈与の特例を受けてない
(7) 贈与のあった年の翌年3月15日までに住宅を所得し、入居する。
 または、すぐに入居する見込みがある。

今回のケースの場合、(7)がどう判断されるかです。4月以降の入居を「すぐに入居する見込み」とされるかは、私は判断できません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報