半導体製造工程に用いられる保護膜で酸化膜(もちろんチッ化膜が主だと思いますが)があるとおもいますが、熱酸化で作られた酸化膜とCVDで作られた酸化膜とは膜自体の性能といいますか、特性といいますか、やはり違うのですか?
違うとすれば、どう違うのですか?教えて下さい。宜しくお願いします。

A 回答 (2件)

前回答者と一部重複しておりますが、私の認識している範囲で。



酸化膜 Siの中に酸素が拡散していくわけであり、良好なSiO2/Si界面をつくります(現在のMOSトランジスタの主流)。原子量比Si:O=1:2の理想的な酸化シリコンになりやすい。そして高温で形成されることから緻密。耐薬品性も良好(フッ酸によエッチング速度もCVDより遅い)。

CVD Si:O比は成膜条件に大きく依存。よって未結合の手も多数あり。その他の原子(反応ガスに含まれるH等)も多量に入る。すなわち欠陥の多い膜。したがってMOS用絶縁膜には向かない(でもTFT-LCDでは、その低温形成の特徴からMOSトランジスタに使われています)。耐圧も熱酸化より悪い。また保護膜で用いられる場合はアルカリ金属のブロックの目的でリンを混ぜた酸化シリコン(PSG)を使うことが多いと思います。
    • good
    • 0

熱酸化とCVDで酸化膜の特性は異なります。



熱酸化 酸化膜の密度が高く高品質。装置も単純でプロセスも制御しやすい。ただし配線間や配線後の絶縁膜に用いることができない。
CVD 装置やプロセスはやや複雑。比較的低温(酸化の場合)で膜を形成できるが、膜質や膜厚が不均一にならないよう注意が必要。膜質は劣る場合もある。

下記のページなども参考にされるとよいと思います。

http://www.planet.ne.jp/kniwa/process/film.htm
http://www.screen.co.jp/eed/Semi_nyuumonn/4_04.h …

参考URL:http://www.planet.ne.jp/kniwa/process/film.htm, http://www.screen.co.jp/eed/Semi_nyuumonn/4_04.h …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半導体後工程(実装技術)について

 半導体後工程(実装技術)について教えてください。その中での材料知識、化学知識の役割ですとか、現在の後工程(実装技術)の実状等、何でもよろしいのでよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

この質問も管理人に連絡して統一されてはどうでしょうか?
あまりあちこちに関連した質問を出すのでは好ましくないではないでしょうか?

補足お願いします。

Q空気中の二酸化炭素は、極微量なのに呼吸では、酸素を取り入れて二酸化炭素を排出する二酸化炭素は、どこに

空気中の二酸化炭素は、極微量なのに呼吸では、酸素を取り入れて二酸化炭素を排出する二酸化炭素は、どこにあった二酸化炭素ですか?

Aベストアンサー

私たちが呼吸することによって吐き出す二酸化炭素は、もとは食べ物から摂取した炭水化物であったり、体内に蓄えられている脂肪です。

私たちが活動するのに必要なエネルギーはおもに炭水化物(他の栄養素もエネルギーになるものがあります)から得られ、それが不足するときは脂肪がエネルギー源になります。

これらがエネルギーになるためには酸素が必要で、それは肺から取り入れます。炭水化物や脂肪がエネルギーとして消費されると、最終的に二酸化炭素と水が出来ます(炭水化物も脂肪もC、H、Oで構成されています)。呼吸で吐き出される二酸化炭素は体が活動してエネルギーが消費した証です。また水は汗になったり尿になったり呼吸中の水蒸気になったりして体外に排出されます。
なので活動(運動)すると炭水化物や脂肪が燃焼し、水と二酸化炭素になり、いずれも体外に排出されるので、炭水化物を摂取していなければその分だけ脂肪が燃えて減量していくわけです。

Qニッケルの酸化膜

表面をニッケルメッキした黄銅板にニッケルメッキをするとします.
前処理としてアルカリ脱脂,薄い硫酸で酸洗いをしますが,アルカリにつけた後,硫酸につけた後,表面に黒い膜ができると思います.それらはいったい何なのでしょうか?それぞれ違うものでしょうか?
アルカリ→水酸化ニッケルNi(OH)2??
硫酸→硫化ニッケルNiSO4??

Aベストアンサー

こんにちは
まだ回答が無いようなので次のサイト紹介します
製造技術に関する「Oshiete(質問)」と「Kotaeru(回答)」をつなげるサイト「技術の
森」 ここと同じ パワ-ドバイokwebですので 質問は簡単です
http://mori.nc-net.or.jp/ 回答者にはメッキのプロもいるので 良回答が得られるかもしれ
ません

Qはんだ表面の酸化膜

はんだ表面にできる酸化膜の化学式を教えて下さい。
また、その酸化物は電気的導通するのですか?はんだは
通常のSn-Pb共晶です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ごく表面(たんぶんし層からせいぜい数分子層)はSn(OH)2, Sn(OH)3, ..等の水酸化すす。薄いので通常の化学両論は成立せず。
その下は.SnO2。ただし酸化まくの劣化が進んでいる場合にはPbを含む。
その下は.金属Sn-Pbの化合物。ただし流会は不純物が多し。

導電性は不明。たんぶんし膜程度なので通常の理論は通用せず. 外部に向かって金属が移動している(=皮膜が成長過程にある)ため。
なお.融点近く(たしか.絶対温度で1割程度融点よりも下程度の温度)では酸素が金属に向かって移動します。

QワイヤーボンディングのAlパッド面の酸化膜について

ボンディングでの合金形成の阻害要因となるパッド面の酸化膜について聞きたいのですが・・
1.その厚さはだいだいどの程度でしょうか?
2.またその厚さを測る方法はありますか?
3.膜により破りやすい、破りにくいなどの違いはあるのでしょうか?
以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

製造の技術的なことならこっちの方が良いかも

技術の森 > 電子・半導体・化学
http://mori.nc-net.or.jp/fMain.php?cid=108

参考URL:http://mori.nc-net.or.jp/fMain.php?cid=108


人気Q&Aランキング

おすすめ情報