たなばたに纏わる話で、織り姫と彦星が出てくる話がありますよね。
羽衣を取られて帰れなくなった話です。
あの話の正式な名前は何と言うのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>羽衣を取られて帰れなくなった話です


これって「天女の羽衣」と違うんですか?

織姫、彦星ってでてきたんでしたっけ?

なんか質問に質問で答える反則みたいになってますけど(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです!それです!!
てっきり七夕の話かと思ってました…
話の内容がごっちゃになってしまってた様で…(^^;)スミマセン。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/12 16:34

正式な名前というよりも総称として「七夕伝説」がよいでしょう。



七夕の伝説は中国から日本へ伝わった物語です。話の内容もいろいろなバリエーションがあり、沖縄では天の羽衣の説話との融合も見られるようです。

このような古い物語に決まった題名はなく「七夕」の伝説が伝わり、日本の民間伝承や行事と習合して今日の七夕祭りやそれに伴う織姫や彦星の話が完成されたものと思われます。私の町には「天の川」が流れ「カササギ橋」や「織姫神社」があり星田などの地名もあります。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/KODA/tanabata.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何て綺麗な地名なんでしょう!
元は中国のお話だったんですね。すごくロマンチックな話ですよね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/12 16:44

元々は中国から来たお話ですが、私が解説するより適当なURLをここにご紹介しておきます。



七夕の起源・・・http://www.tanabata77.com/jp/whats/kigen.html

中国の七夕伝説・・・http://member.nifty.ne.jp/KODA/tanabata.htm

28宿と牽牛織女伝説(年の区切りと冬至)・・・http://member.nifty.ne.jp/Akitsuki/rb_28s.htm

チョット変わった七星剣・・・http://www.asahi-net.or.jp/~nr8c-ab/ta77sitiseik …

http://www.asahi-net.or.jp/~nr8c-ab/tanabata3.htm

参考URL:http://www.tanabata77.com/jp/whats/kigen.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなに沢山のURLを下さってありがとうございました。
すごいですね…何か伝説って本当にあったような気がしてきます。
色んなバージョンを見て参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/12 16:42

私の持っている本では「織姫と牽牛」になっていました。



民話などの場合、例えば「はなさかじいさん」でも「はなじいさん」「はなじじい」など、いろいろと呼び方はありますから、「どれが正式」というのはないのではないか、とも思いますが。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。色んな名前がありますもんね。
でも私が思っていたのはどうも違う内容の話だったみたいです。
どうもスミマセンでした。

お礼日時:2001/10/12 16:40

正式なタイトルは解らないんですが、自分が記憶するに、


羽衣を取られて帰れなくなった話は別の話だった気がします。
(estiさんがおっしゃっているのは
 天女が海で水浴びをしたらその隙に、木に掛けていた羽衣を
 通りかかった村人にとられて帰れなくなる話ですよね)

七夕の話は、理由は忘れたけど天の川の対岸にそれぞれ
離ればなれになってしまって七夕の日にしか会えない
と記憶しています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうだったんです。
前者の方にもそのようなご回答を頂きました。
本当に勘違いばかりでスミマセン…
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/12 16:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q村上春樹の小説で女子高生がおっぱいを押し当ててくるシーンがありましたよね?

題名が思い出せません。
検索してもエロサイトしかでてきません。
どなたかおしえて下さい。

Aベストアンサー

「1973年のピンボール」15章です。
「赤い口紅を塗った女子高生が僕の腕に柔らかい乳房を~」

Q泣ける話、笑える話

タイトルのとおり泣ける話、笑える話を探しています。
小説、漫画問いません。
参考までに、探している傾向としては
・病気で人が亡くなる系は苦手です
・児童書が好きでした
ぱっと面白い本で思い浮かぶもの
・ミミズクと夜の王(泣)
・しゃばけシリーズ(笑)
・ラブコメ(笑)
・下妻物語(笑/泣)
・宮部みゆき作品(特に時代物)
・輪違屋糸里

なんというか、ジャンルがバラバラ統一性がないのですが。
上記と似たようなテイスト、オススメのものがあれば教えていただきたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。浅田次郎さんの小説がお気に入りという事ですので、浅田さんの時代物ではないのですが、泣ける小説を挙げてみました。
●天切り松闇がたりシリーズ
 大正時代の盗賊一家の話です。以前ドラマ化もされました。私は特に2巻が泣けます。それぞれのキャラクターがハッキリしていてカッコいいです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30978788
●霧笛荘夜話
 霧笛荘という部屋を案内する老婆が以前借りていた人の話をするという連作短篇集です。多分病気では死ななかったとは思いますが、泣いた覚えはあります。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31459536
●プリズンホテル1~4
 任侠団体様専用のホテルで巻き起こる様々な話の連作短篇集です。泣けるだけでなく笑えます。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31459536
●中場利一さんの「岸和田少年愚連隊」
 映画化されましたので、ご覧になってるかもしれませんが、坊主を無理矢理脱色する話とか、永ちゃんのコンサートに行く話など爆笑話が満載です。吹出してしまうので電車などでは読めないです。シリーズ化されています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31472959
●今市子さんの「百鬼夜行抄」
 「しゃばけ」のような不思議系が好きなら、多分気に入ると思いますが、もう少しホラーというか怖い感じが入ってます(笑えるシーンもあります)。主人公の律は一太郎と同じように妖怪を感じる力はあっても、コントロールしたり支配する力はありません。犬神や白沢のように、尾白、尾黒という家来(あまり力はない)もいます。一部文庫で出ています。こちらが気に入ったら波津彬子さんの「雨柳堂夢咄シリーズ」もお勧めします。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31972392
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30979072
●藤沢周平さん「たそがれ清兵衛」
 宮部みゆきさんのように、市井に生きる人達の人情話から武家物まで、読みやすい文章で書かれていますので、さっと入り込めると思います。「たそがれ~」は映画化されたので入りやすいと思います。「時雨のあと」や「橋ものがたり」もしみじみと泣ける話です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30979072
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31021282
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31198393

 長文失礼しました。良かったら読んでみて下さいm(__)m。

こんにちは。浅田次郎さんの小説がお気に入りという事ですので、浅田さんの時代物ではないのですが、泣ける小説を挙げてみました。
●天切り松闇がたりシリーズ
 大正時代の盗賊一家の話です。以前ドラマ化もされました。私は特に2巻が泣けます。それぞれのキャラクターがハッキリしていてカッコいいです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30978788
●霧笛荘夜話
 霧笛荘という部屋を案内する老婆が以前借りていた人の話をするという連作短篇集です。多分病気では死ななかったとは思いますが、泣いた...続きを読む

Q苦悩の末戦争に行く話(高校教科書に載っていた。外国の話)

作品のタイトル・作家名が分からないので教えてください!高校(もしかしたら中学かも)の教科書に載っていた話です。(2~5年前)
多分アメリカが舞台で、主人公に、戦争(湾岸戦争か?)に行けという指令が来るが、主人公は絶対に行きたくないのでカナダ?に逃げてしまう。ペンションみたいな所に何週間か泊まる。そこの経営者のおじいさんと、一緒に釣りに行く。主人公は戦争に行くか行かないかすごく迷うが、結局、みんなに根性なし扱いされるのが嫌なので戦争に行く。
あらすじはこんな感じです。

心当たりのある方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ティム・オブライエンの
『レイニー河にて』という作品だと思います。
文春文庫の『本当の戦争の話をしよう』という短編集の中に入っています。ちなみに訳者は村上春樹。
しかし、こんな作品が教科書に載るんですね…。
その教科書を読んでみたいですよ。

Q『私の家では何も起こらない』の3話と10話の解説(感想)をお願いします

『私の家では何も起こらない』の3話と10話の解説(感想)をお願いします。

恩田陸さんの『私の家では何も起こらない』を先日読んだのですが、
その3番目と10番目の話がいまいち分からなくて(納得できなくて)読み終わった後すっきりしません。

3番目の『我々は失敗しつつある』の話はある男の人が主観になっていて、パブで知り合った3人と屋敷へ行く…という事はわかるのですが、その後屋敷で何が起こったのかがよくわかりません。3人は木彫りの人形になったのでしょうか?

10番目の『附記・われらの時代』は他の話と雰囲気が違って、結局何を言いたかったのかがわかりません。

Aベストアンサー

すいません、一ヵ所、化けました。(^^)
1~9話 → 1から9話 

Q正式タイトル等を教えてください「ドババババーン」???

「どばばばばーん」だか「ずばばばばーん」だかというような
タイトルの本を読みたいとおもっていますが、
正式なタイトルがわからず、困っています。
最近話題になった、どこかの文学賞をとった本で、
くも女とかが出てくるような本なのですが。

正式タイトル、著者、発行はどこか、
それとできれば何の賞をとったのかを教えていただけませんか。

Aベストアンサー

近いような近くないような……(笑)
いやあ、でもわかります、たぶんこれでしょう。

「クチュクチュバーン」吉村萬壱
本体予価 1,238円

文學界新人賞受賞作。
1月末か2月頭に出たものだとおもいます。
なんかすごいタイトルですよね。
あとの情報はe-honか文藝春秋などの書籍検索でどうぞ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報