この前、パソコンのUSBオーディオインターフェースで、CDの音をアナログで48KHzで録音してみました。

んで、なんか聞いていると、原音より音が鮮明になっている気がするんです。

ソースが44KHzなのにそんなこと起こるのでしょうか?それとも耳の悪い私の気のせいでしょうか?

回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

元はCDなのに、録音した後にCDより音が良く感じるのは、おかしいな?ということですね。


これは変なことではありません。十分ありえます。
CDに入っているのはあくまでデータ。それを音にする部分、DAコンバータの性能が、実際に耳に聞こえてくる音には大きな違いが出ます。
例えば、安いCDプレーヤと、その安いCDプレーヤから高級MDデッキにデジタル録音したMDを聞くと、MDの方が音が良くなっていたりします。この場合はデジタル録音なのでデータは元に近いはずです。
他にも、高級なCDプレーヤー(DAコンバータの良いもの)からカセットテープへ録音すればまたさらに音が滑らかになるようなことも聞きました。
CDなどのデジタル音楽の場合はこのDAコンバータの違いが大きいですね。
Miyahanさんの場合、CDからアナログ録音ということですがUSBオーディオデバイスの信号処理の関係で鮮明な音に聞こえたかもしれません。他にも要因はあると思うのでこればかりではないかもしれませんけどね。

例えば、僕と森本レオさんがいたとします。2人には同じ台本を渡したとしましょう。この台本がCDのデータと思って下さい。
それでは実際に読んでもらうと、、、さてどうでしょう。原稿(データ)は全く同じなのに、聞こえる声は違いますね。うーん、良い例えではなかったかも。。
結局、データが同じでも処理するところで同にでもなっちゃうということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。つまりUSBオーディオデバイスの補間によって音がよく聞こえたってわけですね。なるほど、なるほど。そんなことってあるんですね。

デジタルをなめてました…。
今度、HDRを買おうと思っているんですが9624が欲しくなってしまいました(^^;)

最後の台本のたとえですが、それはどちらかというとMIDIの説明じゃないですか?CDとかMDとかは、あくまで「その台本を素人なりプロが話したのを録音」したものなのですから。

ためになりましたありがとうございました!

お礼日時:2001/10/14 18:00

気のせいと言えば気のせいなのですが.....



後から録音した物が非圧縮の48kであれば、まずこのようなことは
起こりません。(たとえばDAT)
しかし、圧縮型のもの(MP3とかMD)では、
圧縮時に音が失われますが、ここで失われる音は、
どちらかというと耳にとってはノイズに近いものが
失われます。
このため、音が鮮明になったように聞こえることがあります。

しかし、これは原音とは異なる音です。

もしも可能でしたら、古くなったアナログレコードを
48kで録音してみて下さい。
ザーと言うノイズ混じりのボーカルが、
はっきりと前に出てきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非圧縮です。

そういうこともあるんですか~?勉強になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/25 01:54

CDに44KHzで記録された音楽データを


よりよいフォーマットに写し変えても
音楽データ自体は変わらない筈です。
(コピーによって劣化することはあります。)

音が鮮明に聞こえたとのことですが
変えたのは再生機材をCDからパソコンに変えただけですか?

音はパソコンから出していますか?
例えば、もし途中でアンプをかましている場合
どの端子に接続しているかで影響が出ることがあります。
オーディオマニアの間では
CD端子よりTAPE端子に接続した方が音がよくなることが多いといわれます。
これは基盤の設計上の問題で
TAPE端子の方がINPUTからOUTPUTまでの
回路が短いことが多いからです。

DAコンバータの性能もあるでしょうが
それだけではない筈です。
最近の高級CDプレーヤーは
もの凄く剛性の高いフレームをつかったり
ディスクの駆動部分をフローティング構造にしたり
リジッド構造にしたりと
アナログプレーヤーのように色んなアプローチをしています。
CDがデビューした当時、デジタルデータには
剛性や駆動系など関係ない、として
データ処理能力(何ビットとか)だけを競っていたんですが
結局そうではなかったんですよね。

さらに、音は部屋の環境(ルームアコースティック)にも左右されるし
最後には聴いている人の体調や好き嫌いといった感覚に
左右される、ということです。

さあ、何か思い当たるフシはありましたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>アンプ
あぁ、だからこの前見かけた高級アンプに「ダイレクトCD」とあったんですね。

CDをラジカセできいたときも、48KHzで録音したのを再生するときも同じヘッドホンを使いました。

その場で切り替えて聞き比べたので体調とか環境の差はないと思います。

たしかにソニーのスーパーオーディオCDなんてボディーにこだわりまくってますが、やっぱり私は「だって0と1の世界なんやろ?」と思ってしまいます。(^^;)

そもそも、その良さが分かるような、スピーカーもアンプもルームも、そして耳も持っていませんしね(苦笑)

「48KHzだぁ!!」という先入観もあったかもしれませんね。

ありがとうございました。デジタルって不思議です。

お礼日時:2001/10/16 16:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q声を録音して加工できるフリーソフト

昔使っていたフリーソフトで、
マイクから声をMacに録音して加工(遅くしたり早くしたり程度)できるソフトがあったのですが、
MacOS10で使える同様のフリーソフトはありませんか?
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

録音から編集まで可能な、「Audacity」という高機能なフリーソフトがあります。
http://audacity.sourceforge.net/
エフェクトなどもたくさんあり、かなり便利なソフトです。

参考URL:http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/music/soundedit/audacity.html, http://www.babylonic.com/audacity/audinst.htm

Qアップサンプリングで質問なのですが、44.1KHzから176.4KHz

アップサンプリングで質問なのですが、44.1KHzから176.4KHzにアップサンプリングしたら音質が良くなるのでしょうか?どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まぁアカデミックな話は、私もNo.1の回答者の方のおっしゃるとおりだと思いますが、実務上は、音響工学の研究施設ばりの装置を使うならいざ知らず、PCベースでの変換や一般民生品のコンバータ等の限りでは「音質は悪くなる事こそあれ、普通はイーブンで、聞いてわかるほどよくなる事は全く無い」と言い切れますね。

ただ、オーディオの常で、「俺は良くなった」と主張するマニアと「当社の製品ならこういう理論で良くなるんです」という怪しげな理論でバカ高い製品を売るメーカーは後を絶ちませんが。

仮に、No.1の方の前者の理論(これは、私も理論としては頷ける)で、数値上明確に効果があると言えるほどの良好な近似値が得られたとしても、それを体感できる再生装置は、相当な高性能が求められます。まぁ100万円やそこらは掛けないと、体感する事はできないですね。

QPCから流れる音を録音するフリーソフトについて

PCから流れる音を録音するフリーソフトについて
PCで流れる音をMP3などに録音してくれるフリーソフトを探しています。
2時間ほど録音したいので、WAV?のように容量を大量にとってしまうのではなく、MP3などを希望しています。
どなたかご存知の方いらっしゃいましたらご教授くださいm--m

Aベストアンサー

No1さん紹介の S Recも良いと思いますが、質問者さんのPCによって使え無い(動かせ無い)ソフトの場合も有りますので、そうした場合は下のURLから探して見て下さい。

窓の杜とベクターは、ダウンロード場所としては、皆さん使っていますので、安心してDL出来ます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
窓の杜 (録音ソフト)←free(無料)  シェアゥエアー(有料)
http://www.google.com/cse?cx=017100316412229404875%3Ac8wdpcbngle&q=%98%5E%89%B9%83%5C%83t%83g&siteurl=www.forest.impress.co.jp%2F&sa.x=34&sa.y=7
---------
ベクター(vector)(録音ソフト)←free(無料)  シェアゥエアー(有料)
http://search.vector.co.jp/search?query=%98%5E%89%B9%83%5C%83t%83g

Qフルレンジ一つで30Hz~15KHzまで再生するスピーカー

30Hz~15KHzまでだいたい平坦に再生するワンユニットの既製スピーカーを探しているのですが、それに近いものは市販されている(いた)でしょうか?これは私の理想なので、低域がそれよりも出ていなくてもいいと思っています。現実に入手可能な範囲でできるだけそれに近いものがよいと思っています。16Khz以上は私には全く聞き取れないので、15Khz程度までよくカバーしていればよいと思っています。それ以上の高音域は全く出なくても構いません。そのように高域が不得意で低域を欲張っているスピーカーが理想的です。私が探しているようなものに近いと思われるスピーカーをご存知の方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

あるにはあるけど、ちょっと高いよ。
でもよほど耳の肥えた方か、音楽家でもない限りここまでの高音質は必要ないかもしれませんね。
これですがね、↓この価格でこれ以上の音質は聞いたことが無いですよ。
http://www.ryohindendo.jp/shopbrand/007/O/
http://www.rakuten.co.jp/hokuto/471799/659961/
一般的にカタログには20Hz~20000Hzとか書いてありますが、落とし穴があって実は0~-3dBくらいの音圧差があるんですよ。3dBの差があったらほとんど聞こえません。おまけに歪や音色(周波数の凸凹)を無視しているのでカタログ値だけを頼りにはできません。

QMac上で動くSkype通話録音フリーソフト

Skypeの通話を録音できるフリーソフトを探しています。
ただMacユーザーなので、Macで使用でき、できれば日本語のフリーソフトが希望です。
おススメのソフトを教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Macと言ってもOSのバージョンがハッキリしないので何とも言えませんが、OSX10.6以降であれば標準のQuickTimePlayerで可能です。
但し、そのままでは出来ません。
SOUNDFLOWER
http://cycling74.com/products/soundflower/
これでMacの殆どの音声を録音出来るようになります。

Qオーディオでの20KHzを超える音って・・・

教えてください。悩んでしまいました。
オーディオ雑誌などを読んでいると、20KHzを超えるスーパーツイーター域の音が大切である
ように書かれていますが、CDには20KHzまでしか記録されていないはずですが、どう言う
ことでしょうか?倍音?
倍音にしろ、何にしろ、記録されていない周波数域が再現(生成なのかな?)される過程はどこで、
どのように再現(生成なのかな?)されるのでしょうか?
雑誌を読んでいると
CDプレーヤー、アンプ、スピーカーのすべての、能力がそれなりにそろってないと出ないようにも
読み取れましたが・・・
私は50才を過ぎており、16KHzなど聴こえるはずもないのに、WMAなどの圧縮音源とWAVの
無圧縮音源の差は、明らかにわかります。またウォークマンにWAVで転送をした音楽でイコライ
ザーの16KHzを(ウォークマンのイコライザーは16KHzが最高なので残念です)UPさせると低音
のだぶつきがなくなったり、不思議で、不思議で質問させていただきました。 

Aベストアンサー

『空気のひずみを感知』
そうです。超音波の差音は感知できません。
超音波で起こる空気の歪が可聴域に起きていればマイクで収録されてCDにも記録されます。感知できるのはこれです。
超音波で起こる空気の歪は、再生装置に超音波を再生する能力がある必要は全く無いのです。
また、バラメトリックスピーカーの開発において高周波超音波が人間に無感知な事とか生態への安全性等が調べられています。そうでないと使用は許可されませんから。

ウォークマンの補完機能について詳細は判りませんが、過去例から類似例を掘り起こすと例えばヤマハのDSPのように得られる成分から残響を作り出して付加してやることで、雰囲気とか臨場感を創造する事はできます。音圧以上に低音を感じたりもします。録音から残響を分析して相応しい補間をするのは大変な技術なんでしょうけど。これはMIDIデータの打ち込みをやって感じた事ですが、元の情報に空間情報が少なければ人工的な空間がマッチングしやすいかも知れません。
個人的な所感になりますが、
蘇るのでは無くて新たな創造であっても結果がより望ましければ受け入れられると思います。
写真やテレビ映像は自然な色やコントラストで有るより鮮やかでハイコントラストである事が喜ばれますが、音もそうであって良いはずです。
ほとんどの聴衆は、原音ではなく、音楽性という芸術を聴きたい訳ですから、LPの頃より行われていた残響音の付加など音楽性を引き立てる創造はむしろ歓迎していると思います。オーディオアンプやスピーカーにもそのような要求をしてきたのではないでしょうか。

『空気のひずみを感知』
そうです。超音波の差音は感知できません。
超音波で起こる空気の歪が可聴域に起きていればマイクで収録されてCDにも記録されます。感知できるのはこれです。
超音波で起こる空気の歪は、再生装置に超音波を再生する能力がある必要は全く無いのです。
また、バラメトリックスピーカーの開発において高周波超音波が人間に無感知な事とか生態への安全性等が調べられています。そうでないと使用は許可されませんから。

ウォークマンの補完機能について詳細は判りませんが、過去例から類似...続きを読む

Qwebカメラで録音、録画するフリーソフト教えて!

logicoolのウェブカメラを買ったのですが普通に会議の会話を録音したり録画するフリーソフトはないでしょうか?

Aベストアンサー

ドライバーのCDについてるはずですが?

Q96kHzに対応かどうか

今使っているユニバーサルDVDプレーヤー(DV8400)に、
接続したアンプが96kHz音声に対応しているかどうか選ぶ設定があります。
今現在ONKYOのプリメイン(A-933)に接続しているのですがその説明には96kHzという用語は一つも出ていませんでした。対応してないということでしょうか?
そもそも96kHzという言葉はAVアンプでしか見ないような気もするのですが・・・

Aベストアンサー

A-933を持っているわけではないので自信がありませんが、A-933にはデジタル入力端子がありますか?
http://www2.onkyo.com/jp/product/products.nsf/view/338B7EEB1BCBDA2A49256F9E002377E7?OpenDocument
を見る限りないような気がします。2005年発売のプリアンプでデジタル入力がない(アナログステレオまで)というのが信じられないのですが...

"96kHz"的な表記はデジタル入出力のみで有効なものですからDV8400での設定はありでもなしでもどちらに設定しても大丈夫だと思います。

DVDに接続するということですから、予算があり、部屋に複数のスピーカーを設置できるようでしたら、Dolby Digitalやdtsなどに対応したアンプに買い換えてはどうでしょうか?音が前から後ろに流れたり今までの音響とは全然変わり映画をより楽しめるようになります。

Qファイルをいちいち保存しなくても、その場で、録音した音を確認できるフリーソフトをご存知ありませんか?

現在、Windows Vistaを使用しています。

ファイルをいちいち保存しなくても、その場で、録音した音を確認できるフリーソフトをご存知ありませんか?


パソコンにあまり詳しくないので、上手く説明できなくて申し訳ないのですが―――


私のパソコン(Vista)に最初から入っているサウンドレコーダーは、マイクから音声を録音すると、ファイルとして一旦保存してからでないと、録音内容を確認できないようになっているんです。私は、録音した音声をファイルとして保存することは滅多にないので、正直、とても面倒です。

10年くらい前のパソコンに入っていたサウンドレコーダーは、ファイルを保存しなくても、一時停止して録音内容を確認することができ、大変便利だったのですが、そういったことができるフリーソフトを探しています。

機能は、それこそ、昔のサウンドレコーダー並みにシンプルなものだとありがたいです。

何か便利なフリーソフトをご存知でしたら、回答をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

最初に・・・
以下に該当する場合は、パソコンのサウンドカード(音に関する回路基盤?)を変更する必要があります。
ノートパソコンだと、現実には変更できないかも、ですが・・・
http://2se.dyndns.org/test/readc.cgi/pc8.2ch.net_dtm_1091138720/616
《内蔵だと録音中に再生ができない仕様になってる可能性もあるんだよ》
・・・つまり、パソコンに内蔵されているサウンドカードそのものが、録音と再生を同時にできない可能性を言っています。
たとえば、回路の一部を録音と再生の両方で共有していると、一方の電流を流しているときは、もう一方は流せない、など考えられます。

以下は、VISTAではないしマイクが無くて、検証ができないので紹介だけです。

《RecPlayの詳細情報 : Vector ソフトを探す!》
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se103910.html
《・・・
番組を録音している途中で録音を止めずに巻き戻し、再生、編集をしたい。
・・・》

なお・・・
《「RecPlay」は、ラジオ放送等の録音用に作ったソフトです。》
・・・とのことで、上記でも「・・・番組・・・」と記載されてますが・・・
《古いレコードやカセットを整理してMDやCD-R、あるいはMP3/WMAプレイヤーに移したい。》
・・・と記載されているので、マイクからの録音も可能だと思います。
マイクからの音が、パソコンのスピーカーまたはヘッドフォンから聴こえることが前提ですが、これはXPなら「サウンドとオーディオデバイス」での、「録音」の問題だと思います。

【「Windows Xp」「Windows Vista」の録音コントロール】
http://homepage3.nifty.com/nanahoshi/linein/line.html

ただし、問題が2つあります。

《ソフト名: RecPlay
動作OS: XP,WinMe,Win2000,Win98,Win95,WinNT
機種: 汎用 
種類: シェアウェア:2,205円(税込)
作者: 高井 亨》

《高井 亨のホームページ》
http://homepage2.nifty.com/takai_toru/
http://homepage2.nifty.com/takai_toru/recplay.htm
http://homepage2.nifty.com/takai_toru/download.htm

現バージョンが2004年ですかね、VISTAが発売される以前だと思います。
調べたところ、VISTAはXPなど以前のウインドウズとはカーネル(「根本」と言えば分かり易い?)が違うので、XP以前で使えるソフトがVISTAで使えないことが良くあるらしいです。

もう一つは、シェアウエア=有料であること。
ダウンロードしたところ、READMEに記載されていました。↓↓↓

《このソフトウェアはシェアウェアです。長期(一ヶ月以上)にわたってご使用される
場合は必ず作者に送金していただく必要があります。
金額は2000円です。
送金方法等はオンラインヘルプをご覧ください。》

・・・以上です。

最初に・・・
以下に該当する場合は、パソコンのサウンドカード(音に関する回路基盤?)を変更する必要があります。
ノートパソコンだと、現実には変更できないかも、ですが・・・
http://2se.dyndns.org/test/readc.cgi/pc8.2ch.net_dtm_1091138720/616
《内蔵だと録音中に再生ができない仕様になってる可能性もあるんだよ》
・・・つまり、パソコンに内蔵されているサウンドカードそのものが、録音と再生を同時にできない可能性を言っています。
たとえば、回路の一部を録音と再生の両方で共有していると、一方...続きを読む

Q24bit96khzでビデオやLDをDVDにしたい

24bit96khzでビデオやLDをDVDにしたいのですが、できますか?映像は少し荒くなっても音はいちばんいい音で記録したいのですが?誰か教えてください。

Aベストアンサー

>24bit96khzでビデオやLDをDVDにしたいのですが、できますか?

できますが、音は悪くなりますし、御手持ちの Player で再生できない可能性もでてきます。

>映像は少し荒くなっても音はいちばんいい音で記録したいのですが?

何もいじらず (変換せず) そのままの型式で Copy するのが一番です。

LD の音声部は CD と同じ 44.1kHz 16bit Linear PCM または最大 384kbps の Dolby Digital (AC-3) で記録されています。

これを 24bit 96kHz に変換すると音が壊れます(笑)。

映像のコマで考えてみてください。

毎秒 24 コマの映画 Film を Digital Scan した 24 Fps (Frame Per Second) の Data を Video TV の 29.4 Fps にするにはどうすれば良いでしょうか?

簡単にするために 29.4Fps を約 30 Fps としても、4 コマ毎に 1 コマを 2 枚並べなければなりませんよね。

・・・ということはその部分で映像がガタついてしまうことになります。

ちなみに 0.5 コマとか 0.3 コマなんてものはありません・・・1 コマ単位ですので・・・。

まあ現在は Morphing と呼ばれる中間画像生成法もあるのですが、生成される画像は当然のことながら原画にはない画像です。

では、44.1kHz の Sampling 周波数を 96kHz に変換すると・・・?

余計な信号が入ってしまいますよね・・・つまり音が壊れます(^_^;)。

では丁度 2 倍となる 88.2kHz 24bit Sampling にしたら?

やはり「中間値」という余計な信号を加えることになりますので、44.1kHz 16bit の信号を原音とすれば 88.2kHz 24bit の信号は原音ではなくなります。

つまり 44.1kHz 16bit で収録されている音を 88.2kHz 24bit で収録し直せばもっと音が良くなるなんてことは有り得ませんし、88.2kHz 24bit で収録すれば 44.1kHz 16bit の信号を「正確に」記録するなんてことも有り得ず、Format を変換すれば必ず Error や余計な信号で Original よりも悪くなるのです。


一方 Analog Audio 信号の Video Tape は原理的に 15kHz 以上の音が殆ど入っていません。・・・入っているとしても 1kHz Peak Level に較べて -40dB (Decibel) 以下、この辺りの S/N 比は 40dB あるかないかですから殆ど Noise と変わりません。

Noise の少ない FM 変調方式 (VHS-HiFi) では FM Radio と同じく 15kHz 以上の音が入って (FM 変調されて) おらず、Tape Hiss Noise がある Stereo Track は毎秒 4cm の Tape 速度ですので毎秒 4.8cm の Cassette Tape Recorder よりも良い性能を得られるものではありません。

従って 48kHz まで収録できる 96kHz 24bit で Samping すると 15kHz から 48kHz までは原音にはない Machine Noise やら Cable に侵入する外来 Noise やらが収録されるだけのことであり、それが 15kHz 以下の原音に悪さをして音が悪くなります(^_^;)。

Cassette Tape と同じ Track 幅で得られる音声 Dynamic Range はせいぜい 50dB 台ですので、96dB の Dynamic Range 幅がある 16bit で収録しても 144dB の Dynamic Range 幅がある 24bit で収録しても差異は出ません。

96kHz 24bit という Format は理論上 24bit × 6dB/bit = 144dB の S/N 比 (Signal to Noise Ratio) を実現できる Format なのですが、殆どの ADC (Analog Digital Converter) Unit は 120dB の S/N 比さえも得られておらず、安価な ADC Unit ともなると S/N 比 96dB の 16bit Sampling すらもまともにできないものですので、96kHz 24bit Sampling しても Peak Level から 90dB 以下は ADC Unit が作り出す Noise や歪みで埋まるだけであり、15kHz 以上は ADC Unit その他の Noise や歪みで埋まることになります。

LD の場合は 44.1kHz 16bit Linear PCM のままが最も良く、Video Tape も ADC Unit の能力を考慮すれば 44.1kHz 16bit か 48kHz 16bit Sampling で充分でしょう。

その代わり、再生装置には 24bit や 32bit の Alpha Processing (DENON) といった Audio 機器専用の良質な Over Sampling DAC (Digital Analog Converter) を使用すれば、初めから 96kHz 24bit で変な Noise や歪みを加えて収録するよりも遙かに良い音で再生できる筈です。・・・勿論 Over Sampling なんか行わずに 16bit の Multi Bit DAC で再生するのが、LD 製作時代の Studio Monitor 環境に最も近い再生方式なのですが、その音と現代の Over Sampling 型 DAC の音とどちらが良い音かという問題は聴く人の好みの問題ですので「Original Format は可能な限り変えずに収録し直し、良い音のする再生装置で聴く」のが一番です。

因みに映像は・・・720i 以上の解像度、例えば 1080p で収録し直しても 720i 以上の画質になるわけではありません(^_^;)。

素敵な Audio Life を(^_^)/

>24bit96khzでビデオやLDをDVDにしたいのですが、できますか?

できますが、音は悪くなりますし、御手持ちの Player で再生できない可能性もでてきます。

>映像は少し荒くなっても音はいちばんいい音で記録したいのですが?

何もいじらず (変換せず) そのままの型式で Copy するのが一番です。

LD の音声部は CD と同じ 44.1kHz 16bit Linear PCM または最大 384kbps の Dolby Digital (AC-3) で記録されています。

これを 24bit 96kHz に変換すると音が壊れます(笑)。

映像のコマで考えてみてくださ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報